虫とり日記3

tyou3.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 05日

しろくま

鹿児島県のかき氷との認識。

昨日、コンビニで見かけて購入しました。
うん、いけるやん!
おいしかった。

という事で、別のコンビニで、しろくま発見。
早速購入するも、ん?、昨日のとは違う。
ただ甘いだけ。
あんまりおいしくないぞ。

よく見ると、昨日のが、”白くま”、今日のが、”しろくま”で、別物。
これってあり?

商品名として許されるのだろうか?
ドードーと売っているので、法律的にはOKなんでしょう。

表示を見ると、種類別にも違いがありました。アイスミルクとラクトアイス。
これって、なんだ?
ググってみましょう。

https://www.glico.com/jp/customer/qa/2737/ グリコのページに説明がありました。
グリコって、キャラメルとかビスケット(と言っていいのか?)のイメージが強いのですが、アイスも販売しているのでしょう。
と、またググると知ってい名前。
企業も商品も知っているけれど、それが結びつかないなんて。

人が作るクルクルって出てくるアイスクリームは時々食べてますが、
コンビニで買う年間アイスは数個なので、認識不足という事で、関係者、許してください。

戻って、アイスミルクとラクトアイスの違いが以下です。

厚生労働省が決めているアイスクリームの種類別の名前です。
アイスクリームとは乳固形分15.0%以上 (うち乳脂肪が8.0%以上) 入っているもの。
アイスミルクとは乳固形分10.0%以上 (うち乳脂肪が3.0%以上) 入っているもの。
ラクトアイスとは乳固形分3.0%以上入っているものです。
この他に氷菓 (ひょうか) があります。乳固形分がラクトアイスより低いか入っていないものです。

ざっくり、乳固形分の量の違いみたい。
なるほどね、アイスクリームは別格やん。
他を同じと思っちゃいかんのですな。あのこってり感の源、常温ではたぶん食べられない。
次がアイスミルク。
今回、フツーにリピーターになりそうなレベルのアイスでした。
これは、原材料費的には高そうな乳脂肪分が、表示的には3%含有しておけばOKなのに4%含有している所に
意気込み(拘り)を感じました。
きっと、口コミで広がる。

ラクトアイスは買うのを止めようと思いました。
好みじゃない。
個人的見解です。

氷菓 (ひょうか)は、ガリガリくんとかになるのか?
これはこれで、”あり”かとは思いますが、これもまた買う確率は低い。

むかーし、子供のころ、近所の商店街の氷やサンのかき氷の風景がふと蘇った。
名前、何だったけか?喉元まで手出来てるのに思い出せない。
きっと親の愛情に守られて、幸せな子供時代だったのだろう。

月曜7日の出張が有るものの今日が、会社に行く最後の日でした。
次は21日。

休み前の仕事をかたずけるのにおおわらわ。
さらに、出張時のレポート、こんな内容ですと報告したのが1日だったか?
概略OKですって言ってたのに、
ボスのボスに言われて、休み前の今日4日に大幅改定ってないやろ。
余裕を持ってやっているのに、あんたが悪いみたいな言いよう、気分を害した。
希望に沿って改訂しましたですよ。

明日から週末はキャンプです、とボスには伝達しました。
ボスのボスの、さらなる要求は届きません、圏外ですから(w




[PR]

by shimabito3 | 2017-08-05 00:11 | Comments(0)


<< 消えてもうた・・      標本画像ですみません >>