虫とり日記3

tyou3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 24日

先週の画像

もうすぐ8月、なのにまだ梅雨は続く。紫陽花からダリアへ、花の季節は夏でした。
田んぼもミドリでした。
b0093800_2141339.jpg


ほうずきが実っていました。お墓参りのイメージが有りますが、宗教的な何かがあるのだろうか。
b0093800_22352564.jpg


同じ赤い色のベニシジミ。
b0093800_22362775.jpg


ツメレンゲに付いていたカメムシです。臭いによる防御のため、あまり触る気がしない虫ですが、その色、形面白い種類が多いグループです。カメムシは、特定の草に集まっている場面を見るので、ツメレンゲにこだわっている本種はもしかして、”ええやつ”かもと思ったのですが、まささんからのご教授で、名前はナガメ、よく見かけるやつだそうです。
b0093800_7562771.jpg


キマダラセセリ、このセセリも良く見る種のひとつです。ええ色合いをしています。
b0093800_2113760.jpg


月日のたつのは早いもので、梅雨明け、本格的な夏です。と思っていたら、会社の営業は来年のカレンダー、手帳のオーダーの調整開始。ちょっと前に、手帳をもらったイメージだったけれど。画像はツバメシジミ、産卵していました。
b0093800_23231851.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2006-07-24 21:41 | Comments(2)
Commented by まさ at 2006-07-26 23:03 x
ナガメですね。春の菜の花畑にツリアブらと一緒によく見ますが、また秋口に個体数を増して、我が家のキャベツに多大な被害を与えます。そして、かなり臭いです。(笑)
Commented by shimabito3 at 2006-07-26 23:59
特定種にこだわるのではなく、たまたまだったのですね。がっかり。ナガメ、ありがとうございます。インプットしました。


<< クロツバメシジミ@南島原市・長崎県      雨の日@自宅近く >>