虫とり日記3

tyou3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 30日

クロツバメシジミ@地島・福岡県

7月30日 明日は早朝から出勤のため、遠くに行くのは止めて近場の島に行くことにしました。福岡県の有人の島には、定期船が出ており、ちょっとした船旅気分が味わえます。今回の地島は、10分程度のミニ・ミニ船旅、釣り客、海水浴客と一緒です。こんな船に乗ってお出かけ。
b0093800_18282944.jpg
島の詳しい情報は知りませんでしたが、椿がきれいな島みたいです。
b0093800_18322839.jpg
九州北部の島のクロツは一般的にタイトゴメを食べており、海岸べたにはえている場所を探すことからはじめます。さて、どこにあるやろかと歩いていると、ええ感じの場所を発見。次はクロツです。おるかなーと見て回ると、発見できました。赤が発達したきれいなクロツでした。
b0093800_1843389.jpg
別個体です。
b0093800_184317100.jpg
道端のこんな感じの場所におりました。
b0093800_18494076.jpg
こちらが、本来の環境だと思われます。
b0093800_18502584.jpg
港近くには蛸壺が並べてありました。面白いので、一枚。
b0093800_18511855.jpg
漁港と言えばやっぱり、猫です。親子でした。
b0093800_1912914.jpg
歩いた範囲には、多くのタイトゴメがありました。今の時期のクロツの発生はバラけているので、生息域が広すぎると、かえって見つけにくくなると思われ、始めの場所以外では、止まるのを待って種を確認しようとして見失った1個体のみの目撃でした。
[PR]

by shimabito3 | 2006-07-30 18:32 | Comments(11)
Commented by nomusan at 2006-07-30 19:41 x
お~、赤が発達した綺麗な個体ですね。やっぱり私は海のクロツの方が好きですね。後翅裏面のツートンカラーがとってもそそります。またまた、shimabitoさんの追っかけをしてしまいそうな私です(笑)。
Commented by shimabito3 at 2006-07-30 20:28
初めて訪れた場所でしたが、ここのクロツは、かなりいけてる!と言う感じでした。

追いかける蝶は、①身近にも居る②変異がある。③長期間楽しめる④分布がある程度広い④極珍では無いが、何処でも居る種ではない。⑤好みの色合いをしている。⑥新産地がみつかる可能性がある。⑦特定の環境に住んでいて探せる。と言うことで、親蝶の季節はクロツ、冬はウラゴの2本柱で行きたいと思っています。
Commented by shimabito3 at 2006-07-30 20:33
島は、やっぱりええです。
今回は、夏で季節が悪いので少数しか見られませんでしたが、タイトゴメはたっぷり有りましたので、居るときにはたくさん居る気がします。タイトゴメが沢山あっても居ないところもありますので、保障はできません。そんなギャンブル性も面白いのかも。
Commented by nomusan at 2006-07-30 20:58 x
例え短時間でも「船に乗って渡る離島」って言うのは何となく非日常の世界に浸れて、エエですよね~・・・。船に乗り込んで出航時間を待つ時や、次第に島が近づいてくるのを眺めているのはすっごい期待と不安で年甲斐もなくわくわく・どきどきしてしまい、とっても楽しいです(笑)。
Commented by shimabito3 at 2006-07-30 21:20
楽しい気分になれるのが一番です。会社でトラブル発生中、そんなことをいっときでも忘れることができかした。まさに、非日常の世界です。でも、非日常の世界は慣れると、それが日常になってしまうこと事を知っている私はどうしましょう?
Commented by maeda at 2006-07-31 06:07 x
福岡の近場で赤紋発達した個体が見られるのですね。
船旅は嫌いではないですが、潮風が当たると塩が体についてべとべとするのが好きでないです。
Commented by shimabito3 at 2006-07-31 22:56
やっぱり、クロツ、いろいろなタイプが居るみたいです。どんな個体かこつこつ見ていくのもお楽しみです。
船は船内に入って、クーラー快適、窓から外を見ています。
外を歩くと、オープンな日当たりの良い場所を好むクロツですので、暑くてかないません。大汗かいて、結局は気持ち悪い状態は同じになってしまいました。
Commented by kenken at 2006-07-31 22:58 x
確かに赤橙斑が発達しています。別個体の写真なので、ひとつの傾向のようですね。
猫写真、よく表情が表されていますね。私のお気に入りの1枚です。
Commented by shimabito3 at 2006-07-31 23:07
青も出て、なかなかええ個体群です。タイトゴメはとっても沢山あるのに、クロツは少ないと聞きました。でも、そこはクロツ、個体数の波が大きい種なので、たくさん飛ぶときもあるのかも。なんせ、餌がたいくさん有ります。
島は、ええです。にゃんこもくつろいでおりました。
Commented by yohbo at 2006-08-02 16:43 x
暑中お見舞い申し上げます。
同じウミクロツでも対馬産とは趣がかなり違いますねぇ。少なくとも赤斑紋がこのように融合する個体は対馬にはいないんじゃないでしょうか?すてきなクロツです。ぼちぼち,クロツの分類でサプライズがあるかもしれませんね…。
Commented by shimabito3 at 2006-08-02 23:38
毎日暑いですね。もう少し湿度が低いとええんですが、汗が止まりません。クロツは、ムフフの話しが、進行しているのでしょうか?。とっても、お楽しみです。対馬のクロツが分けられるとか?なぞがふかまる・・・・・。


<< クロツバメシジミ@大島・福岡県      クロツバメシジミ@南島原市・長崎県 >>