虫とり日記3

tyou3.exblog.jp
ブログトップ

2006年 07月 11日 ( 2 )


2006年 07月 11日

中九州うろうろ3

目的のオオウラギンヒョウモンはちょぼちょぼ飛んでおり、ちょぼちょぼ撮影。大きな♀は格好がよろしい。
b0093800_211556.jpg

天気良すぎで、撮影にはちょっと不向きです。天気が悪いと文句をいい、良ければよくて文句をいう、勝手なモンです。

と言うことで、オオウラギンは終了・移動です。ヒメシロチョウ、ホシミスジがいたよと合宿の夜に教えていただいた場所です。ヒメシロチョウのシンプルさ、とっても好きなのでありました。ホシミスジもどこにでもいる種ではなく、かなり産地は限定されています。
なんやかんやで、現地着。おるかなと見ると、道路わきをホシミスジがスイスイ。1頭だけですが、確認できました。シモツケも教えてもらいました。食草があるという事は、発生地という事です。
b0093800_21301244.jpg
b0093800_21303594.jpg
ヒメシロは何処?と見渡しますが飛んでいません。ちょっと裏手に歩くと、草地がありました。ツルフジバカマも生えとるなーと見ていると、元気にヒメシロがとんでおりました。きゃしゃな、薄い羽ですが、飛翔は思いのほか活発です。と言うことで撮影は無理でした。
b0093800_21472052.jpg
その他、嬉しかった蝶は、カラスシジミ ミヤマカラスシジミ、裏面の変異が有り、密かな人気種です。こんなところにもおったのですね。
b0093800_21405984.jpg
ヘリチャも飛んでいました。いるところでは沢山飛んでいますが、セセリ好きには良い撮影対象です。
b0093800_21463510.jpg
b0093800_21465528.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2006-07-11 21:32 | Comments(3)
2006年 07月 11日

中九州うろうろ2

7月9日 朝起きると太陽が覗いています。これは、嬉しい。台風も心配していたのですが、天気予報はよい方向に外れました。朝ごはんの終了後、合宿は終了、みなさん思い思いの方向に向かいました。本当に、お世話になりました、感謝です。

さて、本日はオオウラギンヒョウモンからスタートです。かつては全国的に普通にいた蝶だと聞きますが、すっかり数を減らし、今では沢山いるエリアの代表は阿蘇周辺です。kこの近辺であれば有名産地に限らず、広く分布し決して珍しいものでは有りませんが、その♀の大きさ、色合いの素晴らしさから、一時期の勢いは無いものの、まだまだ人気種です。

移動の途中で、お弁当の購入かたがた停車し、南限のクロミドリシジミ少したたきましたが、飛び出すものなし。虫屋さんがいらっしゃいましたので、後の祭りだったみたいです。
なんやかやで現地着。オオウラギンは風を避けて、窪地の花に溜まりますので、この谷筋がお勧めですと案内したのですが、そこに立ちふさがるのは子牛を守った雄牛でした。ここで、刺激してはまずいので、遠くから一枚撮影です。緑の草と、青の空が素敵でしょ!
b0093800_0335688.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2006-07-11 00:34 | Comments(0)