虫とり日記3

tyou3.exblog.jp
ブログトップ

2017年 01月 29日 ( 1 )


2017年 01月 29日

今日は(も)リハビリ

早く寝たので、4時に目が覚めました。
気合不十分なので、遠くに行く気にはならず、山梨にお出かけしてきました。
先週からのリハビリの続きです。

具体的には山梨県・旧・武川村から始めました。
理由は、過去に良い場所を見つけていなかったから。
地図見てこの辺どうよ?と行ってみると、
http://tyou3.exblog.jp/17283603/
と同じ場所だった。

暖かな陽気になると、天気予報では言っていましたが、さすがに朝は寒い。
目と耳が痛くなりました。
結果は、イボタが狭い範囲に生えていましたが玉砕。
かじられた跡を発見、鹿?
イボタって、毒があるんじゃなかたっけ。
b0093800_20374188.jpg

移動しながらさらに探して、おいしそうなイボタは有るもののウラゴは見つからない。
なぜ?
北上を続けて白州町に入りました。

景色は気持ちええものの、目的のウラゴには出会えない。
b0093800_20383117.jpg

お山の雪の様子、今シーズンは雪が少ないのかな?
ますます鹿の猛攻が止まらない。

玉砕続き、疲れてきました。
それでも懸命にやって白州のウラゴなんとか、1卵みっけ。
一つって、なによ。
イボタは有るのに、ウラゴが極端に少ない。
ダメージ、でかすぎです、リハビリになりません。

そういえば、小淵沢にあるミヤマシジミの産地にイボタあったなと移動しました。
現地では、想定どうりポチポチイボタは有るのですが、ウラゴはやっぱり見つかりません。
時間を使って最後に、1卵塊見つけたので、当然ながらの分布を確認できました。

1日やって、けっこうな数のイボタをチェックしましたが、見つけられたのは2か所。
落葉しているので、そう感じるのかもしれませんが、空間がすっきりしていて山が乾いてる。
なんというか、ウラゴの好きなごちゃごちゃという感じがしません。
すげー、薄い。この辺のウラゴ、馬鹿にできません。

今日ラジヲから何度か聞いた言葉が、”爆弾低気圧”。
なんじゃそりゃ?

と言う事で、ちょっとググってみた。
これが、聞かなかった説明としてはしっくりきます。
https://thepage.jp/detail/20131210-00000006-wordleaf
2013年のモノ
気象庁や報道各社は使用せず
 そもそも「爆弾低気圧」という言葉は俗語的なもので、気象庁は使用しておらず、「急速に発達する低気圧」と言い換えるようにしています。「爆弾」という言葉が気象用語にふさわしくない、などの理由からです。
 報道各社も、以前は「爆弾低気圧」を使用していましたが、悲惨な事件・事故のニュースの隣に「爆弾」という文字はなじまない、などの理由から使用を控えるようになっています。
「急速に発達する低気圧」の定義は
 気象庁が定めた「急速に発達する低気圧」の基準は、中心気圧が24時間以内に20ヘクトパスカル以上下がる(発達する)もの。
2013年当時は使われなくなったが、今は使われるようになたって事?。

ウェブで明日の天気を見てみました。
爆弾低気圧の文字は見当たらなかったが、強風が吹くらしい。
ラジヲが言っていた爆弾低気圧が原因だろうが、気温は20℃って!、
まだ1月なんだけど。
リンクしている、ウェザーニュースから。
b0093800_21351392.png

大雪だったり、20℃アップになったり、変化が大きすぎるって、生き物にとってええことではありません。
[PR]

by shimabito3 | 2017-01-29 20:25 | Comments(0)