2017年 04月 10日 ( 1 )


2017年 04月 10日

雨の日に虫とって一流

雨の日に虫とって一流って言葉が有ったか?
好んで行きたくは有りませんが、家にも居たくありませんし、
ウラゴの大きさから、小さな葉っぱと大きな葉っぱが必要です。
という事で、行かねばなるまい。

まず小さな葉っぱ。
長野県南信濃に行ってきました。
去年は、GW明けに訪問して、見つけた終齢は全て寄生されてたので時期を変えて再度訪問。
チェックすると、アレ!?の若齢、まだ2mmほど。
葉の上で水没しているように見えましたが、平気なのが不思議。
雨の中、やるもんじぁありませんが、餌とりのついでです。
イボタの葉っぱは十分展開しているけれど、成長が追い付いていない感じ。
低地ではゆっくり成長して大きくなるけれど、寒いエリアでは気温の上昇と共に一気に成長し、大きくなれなく親はこぶりになると言うのが持論。

餌の確保も完了しました。

雨も止んだしこれから探索モードです。
イボタを探して南下、走りながらイボタ発見?
(電池切れで携帯で撮影)
b0093800_23451084.jpg

チィ、クロウメモでした。
遠目には似てるんです。
場所がらベニモンでもついとらんかいな?と見ると、
何か食っとる。

と探すと、

あー、おった。
道っぱたこんな明るい場所におるなんて、と目から鱗。
最近、ベニカラ増えてるって聞いてますが、そのとおりではなかろうか。

だったら、せっかくなので過去に見つけた阿南町に行ってみましょう。
イボタを探しながら、びゅんと移動。
ベニカラ、いましたが、こちらは小さい。
さらに見つけたウラゴも小さかった。

ここまで来たら、泰阜(やすおか)村に行ってみましょう。
こっちは少し大きかった。
標高は変わらないけれど、日のあたりかげんなのかな。

家にあるクロウメだけでは、キャパオーバー?
結果的には、ウラゴよりベニカラの方が多かった。
餌不足になったら、採りに来れば宜しいがな。

大きなイボタの葉っぱを確保すべく、静岡に一泊。
昼には雨も止むって言ってたしね。
海岸線をうろちょろする事しました。
津波が来たら間違いなく水没するであろうエリア、現状を把握するのは大事です。
何事も無かった方が良いのですが、所謂もしもの時に備えての行動です。

朝起きると霧で真っ白でした。
出発しても小雨は続く。
結局1日降ってました、やれやれ。
イボタ多すぎ、かつ平坦な場所に一様に生えているので、的を絞りにくい。
少数確保しました。
エサ取りのミッションは完結しましたが、消化不良の1日でした。
[PR]

by shimabito3 | 2017-04-10 00:03 | Comments(0)