虫とり日記3

tyou3.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2004年 07月 31日

復刻版 虫とり日記

クロツバメシジミ@小国町・熊本 その他
探索場所:熊本県小国町、南小国町
探索日:7月31日

熊本県唯一のクロツバメシジミ産地と聞く小国町に行ってみました。
クロツバメシジミは幼虫のホスト植物に固執し、基本的にはその草が生えている場所にしかいません。
中にはチャレンジャーがいるのでしょう、過去にいなかった場所でも、新たに見つかることもあるらしい。
普段は狭い範囲しか飛ばないのに、自然は不思議。

飼育する場合は、その産地に生えるえさで飼わないと、特徴がでない(地色が変わる)そうであるが、詳細は知りません。
ここのクロツはツメレンゲを食べています。幼虫には蟻が付き纏うので、目印になりますし、食痕が有るので探すのは容易です。

これは、ツメレンゲに食い込んだ終齢幼虫。
b0093800_20491749.jpg

根元で蛹化
b0093800_20494157.jpg

成虫
b0093800_20502526.jpg
b0093800_20503984.jpg

続いて、ゴマの下見もかねて南小国町を回ってみました。何かいるかなと見つけたのはクロシジミの産卵風景。蟻がたかるコナラに無造作に生んでいました。
生まれた幼虫は蟻の巣に運ばれて育てられます。九州では草原が残る場所で、そこそこの数が見られますが、全国的に見ると減少している種です。
b0093800_20511775.jpg

さらに、木をチェックしていると、オオミドリシジミの卵を発見。ここにも分布している事を確認できた。自分的には新ポイント発見ラッキー
b0093800_20513778.jpg

2011年1月追記
熊本唯一の産地って、間違いでした。天草の一部の島にも記録があったり、今も生息しています。
橋でつながっていないので、島のクロツを見に行くのは大変です。

[PR]

by shimabito3 | 2004-07-31 00:00 | Comments(0)
2004年 07月 25日

復刻版 虫とり日記

夏の採集会@九重・大分
日時:04年7月25日
場所:大分県九重近辺

お世話になっているウェブサイトの管理人さんの紹介で、福岡の昆虫同好会の採集会に参加させてもらいました。集合場所は九重の長者原、メインターゲットはオナガシジミでした。
車でオニグルミが生える林道に移動、よくまぁ、こんな場所を見つけたなと言うような場所でした。

しかしながら、夜に降った大雨で林はぐっしょり。長竿でたたくとあっという間にネットもぐっしょり。
これではネットできません。数頭落ちてきたらしいのですが、蝶は少なく、発生時期が微妙にずれているとの判断でした。
採れないものは長居は無用、移動してクロヒカゲモドキを探しに行くことになりました。皆さんの話では、この蝶は最近増加傾向とか。
お昼ごはんの間も蝶談義。同じ趣味を持つ集まりは、楽しいものです。
午後もゼフ母蝶目的で長竿を振り回して一日終了。

皆様、ありがとうございました。

現地解散で私は大分県大山町のクロツに寄り道しました。
途中大雨、雷がすごかった。目的地では雨があがったものの、光不足。フラッシュ撮影したが今一歩のできでしたがのっけておきます。
ここのクロツはオノマンネングサ、マルバマンネンを食べており、ツメレンゲは生えていません。
b0093800_2034513.jpg

2011年1月追記
大分県旧大山町唯一の産地です、ココ。ツメレンゲでは無く、ドチャーと繁茂するオノマン、マルバに依存しているためか、狭い範囲なのに継続発生しているようです。2010年は暑すぎたためか、クロツの発生状況は悪かったようなので、季節になったらぐるっとこの辺り、情況確認に行きたいと思っています。

[PR]

by shimabito3 | 2004-07-25 00:00 | Comments(0)
2004年 07月 24日

復刻版 虫とり日記

オナガシジミ@五ヶ瀬町・宮崎
探索日:04年7月24日
探索場所:宮崎県五ヶ瀬町

九州のオナガシジミは局地的な分布をした珍しい種です。
幼虫の食樹となるオニグルミに固執し、良い条件の樹にでは大小は問わないと本には書いてありますが、私は大きな樹でしか見たことはありません。
昼間に樹の内側の小枝に止まっているところを一度見たことがありますが、撮影はなかなか困難、
と言うわけで画像は撮れませんでした。

親の活動時期は夕方。少し暗くなりかけた頃、オニグルミの樹上をさまようように飛びましたが、活動時間は長くは有りませんでした。
さらに暗くなると、トラフシジミの活動時間に変わるようで、卍飛翔の個体をネットして、がっかり。
[PR]

by shimabito3 | 2004-07-24 00:00 | Comments(0)
2004年 07月 18日

復刻版 虫とり日記

クロヒカゲモドキ@黒川・熊本
探索日:04年7月18日
探索場所:熊本県 南小国町 黒川

黒川と言えば、行ってみたい温泉の上位にランクされます。
温泉街全体の調和を考えた風情が人気の要因だとか。そばを何度も通っているのですが、入ったことはありません。
そんな黒川温泉の裏山にクロヒカゲモドキは住んでいます。住んでいる環境にうるさいと聞きますが、数はそこそこおり、珍しいとは感じませんでした。
でもやっぱりヒカゲの仲間、林の中に住んでいる上、敏感なため撮影は、難しかった。
ほぼ同じ場所にミドリシジミ、ウラミスジシジミなどのゼフも住んでおり、こちら目的でやってくる人もいるらしい。ネオはハンノキをたたけば出てくますが、ウラミスジは少なく、九州産の本種を撮ったことがありません。
林の中のクロヒカゲモドキ♀
b0093800_742314.jpg


実は私、セセリも好きなのです。止まってポーズをとってくれるので、撮影し易いこともありますが、新鮮なセセリは美しいと思います。

黒川までの途中で撮影したセセリたち。
ギンイチモンジセセリ
b0093800_7425228.jpg


ミヤマチャバネセセリ
b0093800_7431553.jpg


コチャバネセセリ(花はツルフジバカマ、姫白蝶を探していたときの一こま)
b0093800_7433375.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2004-07-18 00:00 | Comments(0)
2004年 07月 17日

復刻版 虫とり日記

オオヒカゲ@廿日市市・広島
探索場所:広島県廿日市市
探索日:04年7月17日

九州にはオオヒカゲは住んでおらず、今回の目的地の廿日市市が西限と聞きます。
名前のとおり、ヒカゲの中では大きさNo.1、裏の地色の変化もありなかなかよい蝶だと私は思います。

駐車場に車を止めて、林の中に入ったとたん、複数のオオヒカゲが飛び出しました。これは楽勝で撮影できると思ったら、非常に敏感。2m以内に近づかせてもらえません。
どんなにゆっくり近づいても、ぱっと飛び立ち少し先に止まります。再度、ゆっくり近づきますが、また飛ぶという繰り返しでした。
ピンボケ写真の連続、まいった。
b0093800_7313627.jpg

結局見る割には撮れず、カミキリでお茶をにごす。

b0093800_7315560.jpg
ルリボシカミキリがとんできたので地面に降りてもらって、撮影。どうしてこんなにきれいなの?
b0093800_7325245.jpg

最後に、モウセンゴケの花。ここは以前は湿地だったらしいが、今は見当たらなかった。
b0093800_73398.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2004-07-17 00:00 | Comments(0)
2004年 07月 11日

復刻版 虫とり日記

ホシチャバネセセリ@対馬市・長崎
探索場所:長崎県対馬市中北部 
探索日:04年7月11日

対馬は、変な蝶がいて興味が尽きません。今回は、ジャノメチョウを第一目標に各種蝶を追いかけてみました。
対馬のジャノメチョウは小型だと聞いたことがありますが、他の産地と違うかどうかは知りません。
比べるなら見るしかありません。
対馬での分布は特異で、有明山と千俵蒔山に分布が知られるのみです。
その千俵蒔山に行ってみました。山頂近くまで車で登ることができ、そこはススキが広がる場所でした。
時期が早かったのか、珍品なのか見たジャノメは1♂のみ、これでは違いはわかりません。
この草原的環境に、これまた対馬では非常に稀な(居なくなったか?)クロシジミがいるのではないかと密かに妄想しています。
b0093800_7115586.jpg


ツシマウラボシシジミは環境を間違わなければ見ることができます。木が生い茂りすぎた真っ暗な林道はだめ、食草のヌスビトハギが進入し、小川に沿った、木漏れ日が当たる程度の林道にはたいてい本種が住んでいるようです。近似種のリュウキュウウラボシシジミより明るめのイメージ。木漏れ日の中で、ちらちら飛ぶ姿は愛らしい。
b0093800_7132542.jpg
これは、産卵に来た♀。
b0093800_7124482.jpg


参考としてリュウキュウウラボシシジミ。
b0093800_7193410.jpg

(沖縄本島国頭村 03.10.5)本島産ってところがえらいでしょ。

特産亜種、ウラナミジャノメ。対馬にはヒメウラナミジャノメは住んでおらず、代わりにウラナミが幅を利かせている。普通に見ることができ、日本一密度が高い場所だと思う。
b0093800_7202134.jpg



最後に嬉しかったのは、ホシチャバネセセリ。九州での分布は対馬のみ、最近は激減していると聞きます。とある林道の入り口で複数見ることができました。食草のオオアプラノススキも生えており、私にとっての新産地発見でした。
b0093800_7204161.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2004-07-11 00:00 | Comments(0)
2004年 07月 04日

復刻版 虫とり日記

ゼフィルス@大船林道・庄内町・大分
探索場所:大分県 大船林道(庄内町)~吉部(九重町)
探索日:04年7月4日

天気予報は今一歩でしたが、もしかしたら太陽がでるかもと出かけた大船林道。ここは昔から有名なゼフポイントですが、木が大きすぎて私は成果が上がったことがありません。 
天気がよければ奥に進んでも良かったのですが、現地ではやはりお日様はなし。
ゲートの入り口の橋付近で待つことにしました。
川がちょっとした空間を作っており、ぜフがやってくるはずでしたが、一度、何か横切りましたが、種類は確認できませんでした。それ以降は何も姿を現さず、風も強いためギブアップでした。

近くで見つけたものはアワブキ。スミナガシ、アオバセセリの食樹で、両方の幼虫がついていました。これは、スミナガシの終齢幼虫、風が強かったためピントがきっちり合わなかったのですが、こんな姿です。
b0093800_21524398.jpg



移動して吉部に行ってみました。観光地化が進み、牧場、別荘などで環境が悪化しています。
しかしながら、まだミドリシジミ、ウラミスジシジミ、ハヤシミドリシジミ、アカシジミなどが住んでおり、楽しい場所。80年代中盤までは、ヒメシジミ九州唯一の産地でしたが、ここは畑になって絶滅したと聞いています。
どこかにいるのでは?と探したこともありますが、九州産ヒメシジミを見る事は難しいでしょう。過去にいたという証拠は標本でしか残っていません。

飛び古したアカシジミ。ゼフの中で出現期が早い種類だ。
b0093800_21531426.jpg
ミズイロオナガシジミは新鮮
b0093800_2153399.jpg


ヘリグロ(スジグロ?)チャベネセセリも元気な姿を見せてくれた。
b0093800_21535613.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2004-07-04 00:00 | Comments(0)
2004年 07月 03日

復刻版 虫とり日記

アイノミドリシジミ@五ヶ瀬町・宮崎 編集 | 削除
探索日:04年7月3日
探索場所:宮崎県五ヶ瀬町

アイノミドリシジミが撮影可能な場所が有ると言う話を聞いた03年の夏でした。詳細な場所を聞いていたわけでは無く、わかっていたのは、車で入れる程度の林道ということと、大まかな位置。
行けば何とかなるだろうと、早朝に飛ぶアイノにあわせ、現地着6時が目標、真っ暗なうちに自宅を出発しました。

多分この林道だろうと道を進み車を停車、歩いてみることにしました。V字谷横に作られた林道、まだ日が差し込んでおらず、飛ぶには早いかなと思いながら、アイノを探していると、葉の先にテリトリーを作る個体を発見しました。
少し距離があるので見ていると、人が歩いてきました。ここがアイノポイントであることが確信できましたし、丸秘ポイントではない事も分かりました。
さらに車が入ってきたのでご挨拶挨拶、九州で同じ場所に人が集まるなんて珍しい。
九州のゼフを熟知している方と蝶の写真集まで出している人で、楽しく話を聞かせていただきました。肝心のアイノは飛んできて、高い位置にテリトリーを張りますが、距離が遠すぎます。
道横の低い場所でもテリを張るらしいのですが、今日はギャラリーが多いことに遠慮してか、中々降りてきませんでした。
待っていると願いが通じたか、何とか撮れる位置に止まってくれました。

朝日の中でアイノのグリーンがとっても眩しい。
が、オートでぱちぱち撮っているため、露出が合いません。
きれいに撮るには勉強が必要、もう一度来なきゃ。
b0093800_2135128.jpg


アイノの飛翔は早朝のみで終了。次の目標としてクロミドリシジミを探そうと、蘇陽町に行ってみました。九州では見た事はありませんが、山梨の経験では、縦横とも大きな貫禄があるクヌギが発生木となります。
探した場所は背の高い木はありましたが、貫禄のある木は見つからず決め手に欠けます。
それっぽい個体を見ましたが、確認はできませんでした。
また移動で高森町です。ここでは、ミドリシジミを撮影。AB型の♀はとてもきれいでした。
b0093800_2141130.jpg
b0093800_2155771.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2004-07-03 00:00 | Comments(0)