<   2006年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 28日

クロツバメシジミ@壱岐・長崎県

10月28日 クロツバメシジミを探して壱岐に行ってきました。
『壱岐・対馬』とまとめて呼ばれることも多い両島ですが、過去の背景、現在の様子もまったく異なります。壱岐は対馬よりも開発が進んでおり、道もあちこちの方面に走っています。
とは言ってもそこは島、きれいな海岸線があり、そこにクロツが住んでいます。
壱岐には学生時代に、講座で行ったことがあり、民宿のリーズナブルな料金と、とってもおいしかった料理の記憶がある程度、かなり久しぶりな訪問でした。

福岡からの出発点は、ベイサイドプレイスです。カタカナの名称のとおり、きれいに整備された港です。こんな感じの場所です。
b0093800_21233426.jpg
施設の中には大きな水槽があり、魚が泳いでいます。子供たちは海がめを見て、喜んでいました。
b0093800_21244257.jpg
船の名前はヴィーナス2号でした。ジェットホイールとか言っていましたが、何物でしょう?とっても、静かでしたので、普通の船と作りが違いそうです。博多⇔壱岐(郷ノ浦)を1時間10分でつないでいる点は良いのですが、問題は値段が高い!往復割引の片道が↓のように、4680円でした。
b0093800_21305932.jpg
市営渡船の数百円と、まさに桁が違います。ワゴンサービスでコーヒーやら、ビールやらを売っています。

船に乗り込んで出発。ほとんど寝てました。
b0093800_21351130.jpg
壱岐(郷ノ浦)に降り立った私は、レンタカー屋さんの電話番号をいくつかメモっていたのですが、心配は無用、看板を持った人たちがいたので、声をかけて軽自動車・ナビつきを借りました。
郷ノ浦町の猿岩方向に向かい、途中でクロツをチェックしていきます。まず初めは、こんな場所です。
b0093800_21461946.jpg
海岸線に下りて、タイトゴメを探すとすぐに見つかりました。その周りでクロツがチラチラしていました。このクロツ、えらく小さい。台風でやられたタイトゴメで何とか親になったため、栄養不良になったのでは?と想像しています。例年の発生状況は知りませんが、数は多くはありません。とにかく、パチパチ撮影です。
b0093800_21532728.jpg
b0093800_21534240.jpg
b0093800_21535529.jpg
走っている途中で停車した郷ノ浦町で一箇所、クロツを見ました。こんな環境です。ミヤコグサもたくさんありましたので、シルビアもいそうです。
b0093800_2156827.jpg
クロツはこれ。ウミクロツにしては、ブルーの発達が少ないように感じます。
b0093800_2156324.jpg
b0093800_21564610.jpg
移動で猿岩着。昔はなかった展望駐車場ができていました。猿の横顔です。岩そのものは、昔のままです、懐かしい。
b0093800_223811.jpg
この辺にも分布しているはずですが、クロツを見ることはできません。タイトゴメもちょろっとでした。壱岐のように。広く、普通にクロツが分布している島では、観光地そのものが記録地となっていることが多いように感じます。景勝地は絶壁からなり、そんな場所にクロツが分布しているのですが、観光でうろちょろして、クロツがおった!と言うパターンも多いのでしょう。
b0093800_226176.jpg
さらに北上して勝本町に入りました。記録のある地名に到着するもイメージが違っておる気がしません。ちょろっと見て、ここはパス。
何処か良いところが無いかと車を進めると、こんな場所がありました。この壁を作っている地形は、土台石と呼ばれているそうです。
b0093800_221329100.jpg
b0093800_22134723.jpg
このあたりには、ハイビャクシンなる植物が生えていると、看板がありました。
b0093800_22194688.jpg
実物はこれです。
b0093800_222073.jpg
タイトゴメも生えており、クロツも発見しましたが、鮮度は今一歩でした。
b0093800_22221288.jpg
b0093800_22224076.jpg
さらに前進、イルカパークです。よさげな地形も見えますし、入場料は200円だったので入りました。
b0093800_22244315.jpg
この看板ををみて思い出しましたが、大量のイルカが波打ち際に押しかけて死亡という事件が昔、ありました。見せるものでは無いので、遠めに泳いでいる姿を見るのみでした。サービス精神あふれる1頭がジャンプ一番、おみごとでした。
b0093800_22271042.jpg
めぼしをつけた辺りにはタイトゴメがちょろっとあり、クロツを確認しました。

さて、移動しようと走っていると、曲がる方向を間違えて停車。この車のナビの地図は常に北に向いており、南に向かっているときは逆さまになってしまうのです。この停車した場所にもタイトゴメが生えており、クロツがおるかもと歩いてみると、やっぱりおりました。でも、とっても小さい。
b0093800_22382726.jpg
b0093800_22384476.jpg
発泡スチロールの上のクロツ、この辺にタイトゴメがあるとしょぼ・しょぼの環境にもクロツは住んでいるようです。
b0093800_22432539.jpg
b0093800_2243383.jpg
寄り道しながらうろちょろしていると、あっという間に時間が過ぎ、太陽が傾いてきました。まだ、2町にしか行っていません。急いで、芦辺町に向かいます。記録のある地名に行くと、台風の名残はありますが、ここにはおると直感しました。そして、すぐにクロツを発見。ホワイトバランスを変えたままだったので白くなってしまいました。裏の黒スポットが大きく、他のエリアとは少し違ったイメージです。同じ島の中でも顔は異なります。
b0093800_2252639.jpg
こんな環境です。
b0093800_22534260.jpg
最後に景勝地の左京鼻に移動です。時間が遅いためか、クロツはいませんでしたが、ええ景色です。
b0093800_2256471.jpg
すっかり遅くなり、石田町を残してしまいました。また、今度。港からの夕日です。
b0093800_2258393.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2006-10-28 21:31 | Comments(8)
2006年 10月 26日

与那国にて

キミスジ、発生かなぁ。行きたいが、行けない。悲しいぜ!
リンク先の与那国ホンダさんのページに書いあります。全然行けないので、どうしたの?と思われているかもしれませんが、”少なくとも”生きていますと、このブログをご覧になっていて、行かれる方は、よしなにお伝えください。

あえて行くとすると、金曜深夜便で北九州→羽田。空港で朝まで待って、土曜に羽田→石垣→与那国。無理だぁ~。
[PR]

by shimabito3 | 2006-10-26 23:32 | Comments(3)
2006年 10月 22日

クロツバメシジミの発生地?@屋代島 ・山口県

10月22日 何処へ行こうか迷った結果、夏に痕跡すらつかめなかった屋代島に再チャレンジすることにしました。島といっても橋でつながっているので、車で行くことができます。

結果は、・・・・・、撮るものもなく、最少撮影枚数で終了。
でも、発生地(多分)をつかむ事ができましたので、別の機会を作りましょう。
やっぱり、台風の影響か????
食害にあったと思われるツメレンゲです。卵、幼虫はついていませんでした。
かなり脆く、大きな崖にツメレンゲが散見できましたが、落ちたら死ぬ環境、登れません。3時間ほど下で、飛ばんかなと待ちましたが姿なし。
時々、ノイバラにヤクシマルリシジミが産卵にやってきました。もしかしたら初記録?と思ったら、山のような記録、そう甘くない。
b0093800_19293231.jpg
b0093800_19294753.jpg


13時にギブアップしました。もうひとつの山口県のクロツの記録のある場所、下関市に転戦です。これも、夏にタイトゴメがたくさん有る場所を見つけていたので、えいや!と移動です。

でも、・・・・・かなり、・・・・遠い、・・・やっと、・・現地・着・

曇ってしまいました。時間帯も不十分、台風でタイトゴメがしょぼしょぼ。
おりませんでした。山口県のクロツ、次は私の前に出てきてね。

蓋井島が見えます。ここにもクロツが住んでいます。
b0093800_19354861.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2006-10-22 19:35 | Comments(6)
2006年 10月 21日

おりませんでした。

10月21日 大分県北部を既産地&新産地探しでうろちょろしましたが、止まらず飛び去ったクロツらしき蝶を見たのみで終了でした。

雨が降らないためか、イワヒバも乾いています。乾燥にはクロツは強いはずだが・・・・・なんで・
?やっぱり、台風で吹き飛ばされた?
b0093800_205622.jpg


柿も色づいています。
b0093800_2034182.jpg


斜め45度では無いですが、逆光で撮影。見た目の縁毛はもっと輝いていたのだが、それなりに。
b0093800_207875.jpg
b0093800_2071985.jpg



平成18年(3月~12月)の記録
10月21日の見知らぬ人は私です。多分、このウェブサイトの管理人さんではなかろうかと思っていました。リンクした場合の通知は不要と書いておられますので、直リンしました。撮ったり、採ったりしてる私と考え方が違いますが、蝶が好きという点は同じだと思っています。
[PR]

by shimabito3 | 2006-10-21 20:07 | Comments(4)
2006年 10月 17日

シルビアシジミ@五島福江島・長崎県

10月16日の福江島の続きです。最近、南西諸島亜種が別種との指摘があり、注目種のシルビアシジミを数箇所で見ました。時期的にはスレ個体しかいませんでしたが、九州産の”顔”の勉強のため♂、♀を撮ってきました。夜をこのまま静止して過ごすと思われます。
♂、♀の順番です。
b0093800_0562226.jpg
b0093800_0563424.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2006-10-17 00:56 | Comments(4)
2006年 10月 15日

クロツバメシジミ@五島・福江島・長崎県

10月15日 何やかやで行きそびれていた福江に行ってきました。この島の訪問は3度目ですが、以前はクロツに興味が薄かったため、本種を目的としての訪問は初めてです。

船で行く人が多い福江島です。通常の週末の飛行機はガラガラ、行きは8人でした。これでは、ジェット機での採算がとれないためかプロペラ機でした。

一番初めに向かったのは過去にホシボシキチョウが発生したカワラケツメイが沢山はえた場所です。こんな環境です。
ケツメイはすでに実がなって元気を失っていました。もしかしたらのホシボシは当然ながら姿は有りませんでした。
b0093800_21514446.jpg
b0093800_2152282.jpg


初めての福江のクロツです。記録のある地名を何箇所か訪ねたのですが、見た場所は2箇所でした。しかも、少なかった。台風の影響か、もともとそんなものか?よーわかりません。

西限の産地のクロツです。タイトゴメ食いかと思っていたら、ツメレンゲでした。斜め上からの撮影で角度が悪いのですが、岩が邪魔してこれが限界。でも、苦労した分感動でした。
b0093800_21592039.jpg
もう一箇所、こちらはタイトゴメ食いでした。しょぼいタイトゴメで食いつないだと思われ、えらく小さな個体でした。ごみも落ちており、発泡スチロールの上での開翅、こんなのしか撮れなかった。
b0093800_2213451.jpg
タイトゴメと環境です。
b0093800_222623.jpg
b0093800_2222210.jpg


灯台コレクターとしては、大瀬崎灯台は、はずせません。
車横付けのつもりでしたが、こんな看板がありました。片道20分なら大したことは無いと思ったら、行きはずんずん下り、当然帰りは登りなので、それなりに疲れました。いきあたりばったりなので致し方なしです。それが、楽しいんです・・・・・。
b0093800_2274911.jpg
途中にアマミウラナミシジミがいました。撮影しようとしたら別個体と絡んでどこかに行ってしまい、帰りに撮影。♀もいましたので、発生していると思われます。九州には分布せず、迷蝶です。
b0093800_22124716.jpg

灯台は断崖の上に立ち、周りが開けているためとっても雄大でした。
b0093800_22144771.jpg
灯台からの景色と、道上から絵です。
b0093800_2216934.jpg
b0093800_22163238.jpg


不慣れな福江で、とっかかりができた今回です。お楽しみの場所がまたひとつ増えました。

これも書かないと!
空港から高速まで、信号やらバスやらに邪魔されて、ゲートを通過したのはラジオから聞いた8:00の時報の約30秒後だったので、とってもがっかり。でも出口での金額から通勤割引を獲得したことが分かりました。人生、あきらめてはいけません。
[PR]

by shimabito3 | 2006-10-15 21:52 | Comments(8)
2006年 10月 14日

クロツバメシジミ@大島・福岡県

10月14日 睡眠不足がたたり、予定時間に起きられませんでした。第二候補の旧・大島村、現・宗像市の大島に行くことにしました。
前回訪問した夏は、島のはしごで、地島の後に行き、「港の周りでクロツを見ることは難しそう、歩くには大きすぎる」という事だけを把握して引き返しました。

という事とで、今回はフェリーに車を乗っけての訪問しました。軽トラを安価で借りられるとウェブサイトに書いてありましたが、自分の車で行ったほうが気が楽、マップと、フェリーです。
b0093800_1844457.jpg
b0093800_1845097.jpg


目的はウミクロツですので、i一般的の環境は海沿いに限られます。車で走って、よさげな場所があれば止まってチェック。一番初めに止まった場所にクロツはおりました。でも、なんだか敏感でそばによれません。こんな感じの場所です。あんまり露骨に示すと楽しくないので、雰囲気のみ感じてください。
b0093800_1850378.jpg
そして、ここのクロツはこんな顔です。ブルーが派手なウミクロツ、福岡~佐賀に住むものとイメージは同じでした。強いてあげるならば、裏面後翅の赤は大きめ、ブルーもしっかりのったカラフルなクロツ、宗像市の地の島のクロツに似たイメージです。
b0093800_18531526.jpg
b0093800_18532975.jpg
b0093800_18534254.jpg

もう一箇所で、クロツをみましたがこちらは台風の影響か、タイトゴメがしょぼしょぼになっていました。
b0093800_18582262.jpg
その他、数箇所でタイトゴメを確認しましたので、条件がよいときは各地にいそうです。

この島は観光スポットへの表示がしっかりしており、迷うことはありませんでした。まず、大島灯台。灯台コレクターとしては、はずせません。
b0093800_196150.jpg
遊歩道を歩きました。
b0093800_19251362.jpg
灯台から、風車・砲台跡まで歩けます。遊歩道の途中から、風車遠望です。なかなか、ええ景色。
b0093800_1974089.jpg
風車は動いていませんでした。かざり?
b0093800_1982194.jpg
砲台跡です。この遊歩道は夏だと、死にそうな暑さでしょうが、今はとっても気持ちが良かった。
b0093800_19113165.jpg


宗像大社沖津宮揺拝所です。ちらっと説明書きを読んだときはここの中に国宝があるんだ、と思っていたのですが、撮ってきたものをちゃんと読むと、宗像大社沖津宮がそうなんですね。ここは、揺拝所でした。
b0093800_19243735.jpg
沖ノ島にもクロツが住んでいますが、行けません。
b0093800_1928594.jpg
こんなのもありました。
b0093800_19293247.jpg


車だと、行動範囲が広がります。さすが、文明の力、とっても便利です。
[PR]

by shimabito3 | 2006-10-14 18:45 | Comments(2)
2006年 10月 09日

クロツバメシジミ@対馬


10月9日 五島福江島に行こうとネットでチェックすると、帰りの便が満席。行ってキャンセル待ちをかければ、帰ってこれるだろうが万が一だめだったらまずいことになるので福江はパス。対馬に行くことにしました。

前回は阿連(厳原町)から南下して豆酘崎に行く予定でしたが時間切れのために、阿連で引き返しました。今回は、一気に豆酘崎まで南下したのち、西回りで北上し阿連を通過、あとは行ける所までのクロツ探索計画です。

豆酘崎での目的はクロツもさることながら、ツマグロキチョウがおらんかいな?でした。結果はNGおりません。この蝶、おるところにはおるんですが、いないところにはいない変な蝶です。カワラケツメイは青々としておいしそう。当然痕跡もチェックしましたが未発生の模様、残念。
b0093800_2245567.jpg


迷蝶はよくないということなので、灯台には行かず海岸線に下ってみました。クロツは見たことは有りませんが、タイトゴメはあることは知っていました。こんな感じです。
b0093800_22242245.jpg

親は残念ながら飛んでいませんでしたが、終齢幼虫がいました。これらが親になる頃には数が復活し、今シーズン最後の季節を迎えることと思います。
b0093800_22264412.jpg
続いて移動で、豆酘港のチェックです。ここもタイトゴメがたくさんある予定でしたが、えらくしょぼくなっていました。こりゃだめかもと思いましたが、幼虫を発見。さすがクロツ、しぶとい。環境と幼虫です。
b0093800_2229348.jpg
b0093800_2229181.jpg


北上開始で瀬浦です。春に撮影しようとして逃げられた場所、今回は何も飛んでいませんでした。ここもタイトゴメ食いです。風を避けた片隅に幼虫がいました。
b0093800_22581315.jpg
b0093800_22583867.jpg

道は海からはなれ急坂を登って下り海岸線の集落が久根浜です。
海辺に出ると岩壁があったのでチェックすると、しょぼいながらタイトゴメがありました。親はここにもいませんでしたが、幼虫を発見。いじると丸くなりました。新産地かと思ったら記録があるそうです。
b0093800_2362022.jpg
b0093800_2375455.jpg
b0093800_2365323.jpg

また、北上次の海岸べたは上槻です。ここも、しょぼかった。くずれた斜面にタイトゴメが少々。でも、親を見ることができました。かなり疲れていますが、まぁ良しとしましょう。
撮影しているとふらふらと飛び、戻ってきませんでした。向こうには手が届きませんがりっぱな崖があり、こちらが本来の発生地なのでしょう。このしょぼいタイトゴメにも幼虫は付いていました。
b0093800_2312352.jpg
b0093800_23122044.jpg
b0093800_23123255.jpg

さらに北上すると阿連に行き着きます。こりゃよさげな場所だと遠目から分かります。前回チェックしたのでここはパス。これで、厳原町の西の道路が私の中で繋がりました。

道は美津島町に入ります。一度通った道なので、クロツが確認できた場所はパスです。前回ツシママンネンは見たのですが、クロツはいなかった箕形で停車。別場所でよさげな崖がありました。ツメレンゲがあればしめたものですが、そこにはやっぱりツシママンネン。だめかなーと思っていると黒い蝶がチラチラ。大きさから言ってヤマトシジミか?と思ったのですが、念のためチェック。クロツでした。鮮度も抜群、美しい。yohboさんにお尋ねしたところ、どうやら新産地らしい。
b0093800_23242337.jpg
b0093800_23244094.jpg
b0093800_23245581.jpg
まっすぐ進むと空港ですが、19時の飛行機まで時間があります。以前にけち~竹敷の間にツメレンゲがあるよとのお話をうかがっていたので、そちら方面に向かうことにしました。入り組んだ入り江にはええ感じの壁があり、いかにもツメレンゲが生えていそうです。これはチェックと海沿いを歩いてみました。
ツメレンゲを散見できましたが、規模が小さく、これはおる!という感覚にはなれません。先に進むととってもええ感じにツメレンゲが生えている場所を発見。
b0093800_23333935.jpg
ええかんじでしょ。
b0093800_2334890.jpg
卵が有りましたので、生息を確認。ええ時間のええ時期に行くと乱舞してそうな予感です。
b0093800_23352827.jpg
ここもどうやら新産地らしい。対馬、クロツの楽園です。
[PR]

by shimabito3 | 2006-10-09 22:05 | Comments(8)
2006年 10月 08日

クロツバメシジミ@馬渡島・佐賀県 アゲイン

10月8日 2度目の訪問の馬渡島、目的はクロツバメシジミです。前回はええ感じのナガサキマンネンの群落を見つけたものの、季節が合わなかったと結論付けて敗退しました。
今回は、台風の影響があったとしても山の中だし回復も早く、季節的にもよい筈、ということで出発です。一度歩いているので、まっすぐナガサキマンネンの群落に向かいます。太陽も夏に比べると断然やさしい。恒例のマップです。
b0093800_20292318.jpg
コスモスが揺れています。
b0093800_20301262.jpg
歩いていると、藪ががさがさいってヤギが飛び出してきました。ブラジル移民が持ってきて、今は野生化して、道に糞を大量に残しています。
b0093800_2033536.jpg


てくてく歩いて目的地着。クロツが迎えてくれるはずが、なーんにも飛んでいません。あれーと思いながらチェックしていきますが姿なしです。番所の辻まであがってしまいました。前回は地図が無くて、景色がよいけれど、見回せる島の名前が分からないと書いたのですが、地図はありました。見落としでした。
b0093800_2038171.jpg

何でーと思いながら、下って、卵・幼虫などの痕跡を探しましたが、まったく何も有りません。馬渡島とは相性が悪い?と思いながら、別方向の道に進んだ結果、ようやく1頭見つけました。
b0093800_20412192.jpg
何枚かの画像を見ると表のブルーのラインが一部2重になっていました。ええやつです。ウミクロツにしては、色白のヤマクロツのイメージでした。
背景に写っていますが、治山工事で金属の網を張り、そこへセメントを吹き付けています。これが、クロツへ影響しているのかも知れません。金属の腐食具合からそんなに新しいものでもなく、ナガサキマンネンは生えていますので、影響は少ないのかもしれません。よー分かりませんが、これっきりでした。周りを探索した結果、少ないながら、卵・幼虫はいましたので発生地です。
b0093800_20484476.jpg
この画像はずばり発生地ではありませんが概ねこのような環境です。
b0093800_2050784.jpg

ずんずん下って海辺まで出てこっちはどうだろうと見てみると、タイトゴメが生えています。親はやっぱり飛んでいませんが、痕跡を探すとすぐに食痕が見つかり、幼虫がいました。
b0093800_20525863.jpg


一番初めに考えていた海岸沿いはタイトゴメで、山に生えるナガサキマンネンに食性転換して生息域を広げたのだろうという予想が確認できて個人的には満足な結果となりました。

13時の船で戻り他を回ろうと思っていたのですが、予想以上に難儀した結果、15:45分の船に変更して呼子に戻ってきました。これでは、日が短くなっているため、タイムアップです。ゆっくりできるので、イカの刺身定食を食べて贅沢なひと時。お皿の上でイカは動いています。これをおいしそうととるか、かわいそうととるか?感性と経験の問題です。マクロレンズを付けていたので、このような画像、アップだとグロテスクです。
げぞは天婦羅にしました。
b0093800_2152390.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2006-10-08 20:36 | Comments(4)
2006年 10月 07日

クロツバメシジミ@長崎県

10月7日 kenkenさんのブログにクロツの開翅がかっこよくのっかっていました。私も撮りたい!という事で、トライです。何事もやってみないと始まりません。

目的地は前回はずした佐賀県唐津市馬渡島に決定していたのですが、昨日のお仕事のごたごたがたたって、起きられませんでした。もしかしたら、間に合うかもと出発したのですが、連休の初日、皆様も出足が早く交通量が多いため思うように走れません。途中でこれはだめだと進路を西へ変更、長崎県松浦市、平戸市に行くことにしました。

まず初めは松浦市の産地です。春に訪れた際はタイトゴメがどっちゃりあって、ええ感じと思ったのですが、フライングで見ることが出来なかった場所です。
今日は風が強いなと思いながら、海岸線に到着するとそこは波が押し寄せ、波しぶきが当たり一面を濡らしています。そんな中でも、タイトゴメは生きていました。すごい生命力です。こんな感じです。台風のときはさぞかしすごいことになっていたことでしょう。これでは、当分クロツはだめでしょう。髪の毛がガピガビになってしまいました。
b0093800_21474156.jpg


海岸線に近づける場所をチェックして新産地を探してみたのですが、どこも強風で波がザブーンと押し寄せ、えらいことになっています。思うように探せず、すごすごと退散しました。それならばと旧田平町に移動です。高台にあるので潮の被害は少ないだろうとの予想でした。

●・・・・・・・・移動・・・・・・・・・・・・・・・・・→ 到着

タイトゴメに食痕はあるのですが、親がぜんぜん飛んでいません。幼虫もおりません。
b0093800_22111518.jpg
よくよくチェックしていくと抜け殻がいくつかありました。タイミング悪く羽化して、全部台風で飛ばされたか?とこの時は思いました。
b0093800_22124577.jpg

と、1頭のクロツがぴらぴら。おたー、と追いかけていくと岩の向こう側の風があまり当たらない場所に飛んで行き、そこには複数のクロツが遊んでいました。風を避けていたようです。草が邪魔で撮りにくいのですが、おなかいっぱい遊べました。長崎県・旧田平町のクロツです。
b0093800_22185315.jpg
b0093800_2219678.jpg
b0093800_2219216.jpg


さて、問題の開翅ですが、クロツは静止した後に開くのですが、いったん閉じるとなかなか開いてくれません。たくさん撮ったのですが、見た目の色を出すのは難しい。勉強しなくちゃ!九州産ウミクロツ、ブルーが素敵です。黒のスポットは小さめ、長崎顔?と言うやつかな?
b0093800_22224476.jpg
b0093800_22225677.jpg
b0093800_22231058.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2006-10-07 21:47 | Comments(2)