<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 26日

ウラゴマダラシジミ@犀川・日田・耶馬溪(福岡・大分県)

11月26日 何でこんな時間に目覚ましがなっとるんやろ?と起床です。そうだ、お出かけするんやと、コーヒーを入れて気分をしゃっきりさせます。約束は10時ですが、時間がもったいないので、福岡県 旧・犀川町でウラゴを探してから行こうと計画、起きる時間を早くしたのでした。
雨が降っていたら中止と話していたところ、幸いなことに大丈夫。雨の中を出て行く気はしませんが、出発してしまえば、降ったとしても、環境を見ながらうろちょろしてもそれなりに楽しい。
向こうは多分夢の中です。

あっという間に目的地着。ウラゴの飛翔(多分)を見て、絶対発生地があるはずと何度か探しているけれど、見つからない旧・犀川町です。そして、今回もだめでした。土砂が崩れてやや環境が変わったのですが、それが原因か?、自分がへっぽこなのか?、気長に捜索範囲を広げてやって行くつもりです。
この辺りは電波が届かず携帯が使えません。連絡がつくのは集合地点にほど近くなってからです。前述のように雨が降ったら中止といっていたので、こちらに向かっているかを確認すると、雨だったので中止と判断したそうです。確かに、道路も濡れて、霧雨も降っているので、私のように出かけるほうが??です。それならば一人でウラゴを探しましょう。

初めは日田市に向かいました。今年の夏にウラゴの臭いを感知して生息を確認した場所です。車を止めて少し歩くと、草が茂っているときは分からなかったのですが、今は空間が開いているため状況が把握でき良い感じ、それなりにイボタが生えていました。
道沿いのイボタを手前から見ていきましたが、予想に反して全然ついていません。道をざーと見た後、少し林に入った空間のこりゃ付いているやろ、のイボタでようやくウラゴを発見、これからという時に雨が落ちてきました。だんだん強くなったので車に非難、もうだめ、風邪をひいては困るのでギブ・アップしました。着替えは持ってきているけれど、やっぱりそこはいちを社会人ですので。

次は、これまた夏にうろちょろした時にウラゴの飛翔(多分)を見た旧・耶馬溪町に、草が枯れた状態での環境確認をしようと移動です。目的地に到着しても雨が落ちています。かさをさして道沿いを歩くと、それなりにイボタが生えています。これは、おりそうだなと思っていると、幸運な事に雨が止み、林に突入が可能となりました。がさがさやってこりゃおるやろのイボタを数本チェックしましたが、全てはずれでした。いったん車に戻り、気を取り直して逆側の林に入ると、しょぼしょぼのとりあえず確認したイボタに卵を発見。分かったつもりでも、まだまだ理解できないウラゴの気持ちです。
b0093800_18111477.jpg
また雨が落ちてきたので耶馬溪は止めて、旧・山国町をうろちょろして、ウラゴの環境探しです。傘をさしてまで歩く環境は見つからず、車からの探索で終了。
途中にこんな風景がありました。看板では日本棚田百選とありますが、規模が小さすぎるような・・・・
私的には、石組みといえばクロツ。えーかげんでしたが、双眼鏡でツメレンゲを探しました。まだ花穂が少しは残っていると思っているのですが、見当たりませんでした。という事で終了、早めの帰還です。
b0093800_18184120.jpg
b0093800_18185465.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2006-11-26 18:11 | Comments(2)
2006年 11月 25日

11月25日

今日の天気は↓のような雲の具合。
会社関連の披露宴参加のため、フィールドには出ていません。コンパクトフラッシュを追加購入してカメラマンになってきます。
b0093800_929932.gif

[PR]

by shimabito3 | 2006-11-25 09:29 | Comments(3)
2006年 11月 19日

ゴマダラチョウ

18日の続きです。うろちょろしているときにふと見た榎にゴマダラチョウの幼虫が止まっていました。木の根元の落ち葉の下で越冬しますので、葉が落ちるのを待っているのでしょう。越冬体勢の茶色・ずんぐりの個体です。
b0093800_6115054.jpg
他におらんかな?と探すと、緑・スリムな個体もいました。よく見ると黒い傷みたいなものが付いています。寄生されているのかも。
b0093800_6144798.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2006-11-19 06:14 | Comments(0)
2006年 11月 18日

ウラゴマダラシジミ@別府市・大分県

11月18日 大分県別府市にウラゴを探しに行ってきました。ウラゴ目的では初めてのエリアです。別府と言えば、温泉が有名。地獄巡りは楽しく、行って損はありません。
と言っても、今回の目的はウラゴなので、観光は2の次でした。

昼飯を食べた鶴見岳のロープウェイ駅下の園地で変わった風景を見たのでご紹介です。
台風で葉っぱを飛ばされて事が原因で開花したと想像される桜です。紅葉をバックに桜。
b0093800_1843278.jpg
桜をバックにもみじ。
b0093800_1853887.jpg
春の花と、秋の紅葉が同居していました。

また、ここにはこんなものがありました。
b0093800_18101715.jpg
中はこんな感じ。
b0093800_18141685.jpg
博物館もどき?と思って入ったら、九州各地の焼酎を集めたお店でした。店の人に薦められて、麦焼酎を購入してきました。大分と言えば、やっぱり麦です。

天気が今一歩で霞んでいたので取止めましたが、山頂まで10分の空中散歩です。
b0093800_18172657.jpg


さて、ウラゴですが、1っ箇所目はイボタが少なく、何とか見つかりましたが、よい感じはしません。でかいイボタが幾つか有りましたので、花の時期の方が見やすいイメージです。こんなしょぼい環境にありました。もっとええ感じの場所では見つからず、へっぽこぶりにがっかりです。
b0093800_18254499.jpg
b0093800_1825574.jpg
天気予報では曇/晴だったのですが、昼すぎから雨がぽつぽつ落ちてきました。せっかく来たので、他の場所の環境だけでも見てみようと傘をさして歩いて見ました。こちらの方がええ感じなのですが、雨に濡れた藪には入る気がしません。道沿いのイボタで1卵塊確認しましたので、がさがさやって探すとそれなりに見つかるかも。

低地では雨が降っていない事を期待して、昨シーズンは敗退した旧・安心院町に向かいましたが、希望はかなわず、そのまま通過。結局自宅に戻るまで雨は止みませんでした。

さて、大分県の旧・市町村のマップ、別府市が確認済みの黄色に変わりました。前回は過去に確認した直入町は緑にしていましたが、これも黄色にしました。ちなみに青は、探したけれど確認できなかった場所です。
b0093800_18522341.gif


さらに追加で、福岡県とそれに接する大分県のウラゴ記録マップです。伝聞も含みますので、間違っている可能性があることをご了解ください。
ピンクが記録旧・市町村です。生き物の分布に行政区はあまり意味が在りませんが、分布エリアを知る点では、細かいほうがイメージを作りやすい。
福岡県のウラゴの記録は大分県側にしか無いことが解ります。昔から有名な場所は、旧小石原村、添田町ですが、近年ぱらぱらと新知見も得られています。
これを見ると、犀川、豊前、太平にいるはずですし、宝珠山、杷木、浮羽もくさい、さらに朝倉もいるかも。
犀川はウラゴらしき蝶の飛翔を目撃した場所を探したのですが、未だ確認には至っておりません。英彦山として記録された場所に犀川があるのかもしれませんが。
とにかく、私のアパートから犀川、豊前、太平は手頃な場所なので、ぽちぽちやっていこうと思います。
細かすぎてよく見えないので、クリックして拡大してご覧ください。
b0093800_9294144.gif

[PR]

by shimabito3 | 2006-11-18 18:06 | Comments(6)
2006年 11月 12日

ウラゴマダラシジミ@玖珠町・大分県

昨日は冷たい雨が降り続き、親シーズンは沖縄を除きさすがに終了です。葉っぱは落ちていませんので、まだイボタは見つけにくいことはわかっていますが、今からウラゴ探しシーズンのスタートです。

11月12日 道路は濡れていますが、青空・太陽がいっぱいです。
気温は低め、といっても例年並だと思われますが、大分の最高気温は16℃でした。まず向かったのは、台風できっと大木の枝が落ちているだろうと向かった釈迦・御前岳です。

途中の大分県・日田市で、ツメレンゲの群落を発見。細い道ながら、交通量が多い道の民家の石組みに生えていました。車が通らなければクロツが住むのに十分な量ですが、判断できません。来シーズンのお楽しみがまたひとつ増えました。
山では、予想に反して枝はちっとも落ちていませんでした。ゼフの卵を拾ってこようと企画したのですが、あっさりギブ・アップです。

ぐっと移動で玖珠町です。去年は、ウラゴを探したもの発見できなかった場所の再探索を実行しました。道の拡張工事をしており、便利にはなるのでしょうが、蝶にとっては住みにくい環境になりつつあります。前回より奥に入った結果、これはあるやろうのイボタから3卵塊抜け殻発見。生息は確認できましたが、肝心の生卵は有りません。生息が確認できれば、気力は沸きますが、ちっとも見つかりません。なんでーと思いながら、さらに探した笹の中のイボタからようやく生卵を見出すことができました。
葉っぱが茂り、多くのイボタを見逃しているのでしょうが、ええ感じのイボタにも卵が付いておらず、少ない産地みたいです。

写真は、バッテリーがあがってまったく撮れませんでした。大失敗でした。
帰りは大分道を使いましたが、紅葉が始まったばかりの様子。もっとも、運転しながら、ちらっと見ただけですので、山の上は紅葉しているのかも。

去年からの続きの旧市町村の大分県のマップです。確認できた黄色に玖珠町が変わりました。大分の1/3程度?が黄色になりました。
b0093800_19185588.gif

[PR]

by shimabito3 | 2006-11-12 19:19 | Comments(6)
2006年 11月 11日

ツメレンゲ@豊前市・福岡県

11月11日 沖縄に晴れマークがついている以外、全国的に荒れ模様の雨の土曜日です。
こんな状態なので遠出は止めて、来年のためにクロツバメシジミの幼虫のえさを探して、近場のクロツ未記録エリアをうろちょろしてみました。その結果、豊前市のとある場所で、規模は小さなものですが、ツメレンゲを発見しました。来シーズンが楽しみです。
ちなみに福岡県のヤマクロツの既産地は、旧大平村と築城町の4箇所が知られており、豊前市はその中間、見つかれば、市町村レベルでの新産地となります。
b0093800_15414534.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2006-11-11 15:41 | Comments(2)
2006年 11月 05日

クロツバメシジミ@壱岐・長崎県

11月5日 クロツは終わった・・・・と言ったのですが、yohboさんのページを見ると、クロツに行きたくなりました。対馬を企画したのですが、天気予報を見ると曇り。お日様がないと厳しいため、対馬は止めることにしました。第二候補は、旧4市町村の一つ、石田町を残した壱岐です。こちらは、まずまずの天気のようなので決定です。

またまた、同じレンタカー屋さんで車を借りて出発です。フェリー乗り場のすぐ近く、福田さんのページに紹介されている郷ノ浦町・弁天崎に行ってみました。前回は通過した公園のような場所です。到着した時はお日様が一部にしかあたっておらず、時間的に早すぎたみたいです。少し歩くと弱弱しくクロツが飛んでいました。朝日にあたったクロツを一枚。
b0093800_2039559.jpg
波がかかるような位置にタイトゴメが生えています。
b0093800_20395542.jpg
食痕もありました。越冬幼虫になると思われますが、幼虫そのものは探さなかったので、撮影できませんでした。新鮮な個体も飛んでいます。そして、一般的なクロツのサイズでした。
b0093800_20415371.jpg


今回の目的は石田町なので、すぐに移動です。記録のある海岸に到着しましたが、砂浜の海岸でした。ちょっと違うかな?と思いながら松の防砂林の縁をチェックしていきます。福岡では、そんな環境にも生息していますが、この海岸線はタイトゴメが少なすぎて駄目みたい。さらに、風が強く、あれれという状態になってしまいました。それならば、周りを見渡して、歩くことにしました。目指す環境はタイトゴメが生えそうな平らな岩礁です。てくてく歩いて行くとタイトゴメが生えています。多分記録された場所はここでしょう。風はどんどん強くなり、こりゃ駄目だという状態になりました。それよりも船は欠航せんかいな?と心配になってきました。電話で問い合わせると、このくらいの風ならば大丈夫だが、最終決定は出航の1時間前とのこと。半分安心して、クロツを探すと、風にあおられたクロツが1頭。生息を確認です。今一歩な状況なので、向こうに見える岬に移動です。ちょっと手間取りましたが、目的地に到達。強風の中歩いていると、その風に耐えるように、草にしがみ付いているクロツを発見。
b0093800_2104942.jpg
風の中でも、吹き飛ばされずに同じ場所に戻ってきます。弱弱しく見えるクロツですが、それなりに飛翔力をもっているのだな感じましたが、このような環境に住んでいるクロツです。簡単に吹き飛ばされては生きていけません。岩にしがみ付きました。
b0093800_2164436.jpg
こんな環境です。海のブルーが感動ものでした。
b0093800_2161032.jpg
車に戻ろうと引き返していると向こうの岩礁が呼んでいます。潮も引いて行き易そうです。そして、クロツを確認。やっぱりおりました。
b0093800_21102586.jpg
そして、環境、南の色です。
b0093800_21111493.jpg
石田町で3箇所確認できたので、ミッションクリヤー満足です。風も強いので、早めに引き上げて、うに丼を探しました。ちょっとお高めでしたが、おいしゅうございました。もう少し、量があっても良かったかな。
b0093800_21142586.jpg

船もちゃんと着てくれて、無事帰途につくことができました。揺れるだろうと思っていたのですが、静かなもの。ジェットホイール、優れものです。ちなみに夜に出航する博多→対馬行きのフェリーは時化のために欠航との表示がありました。
b0093800_2117563.jpg
最後にマリンタワー、港にあります。懐かしい人には懐かしい、昔からあるタワーです。
b0093800_21185951.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2006-11-05 20:48 | Comments(11)
2006年 11月 04日

国東半島@大分県

11月4日 普段の週末です。この所よい天気が続いていますが、さすがに11月ともなれば、親蝶の季節も終わりです。追いかけ続いてきたクロツも、また来年です。
ということで、クロツは未分布の国東半島にぶらっと行ってきました。

目的はウラゴマダラシジミの自己的新市町村だったのですが、葉っぱが落ちていない林の中でイボタを見つけるのは大変効率が悪く、一箇所ここはおるやろ!と感じたイボタがまとまって生える場所を見つけたのみで、結局ウラゴは見つかりませんでした。

前述したように、クロツは国東半島では見つかっていません。環境は良いのに何で?と聞きます。クロツの目で今まで見ていなかったので、どんな環境?と回ってみるのが、もう一つの目的でした。イワヒバが生えるこのような地形はたくさん有ります。
b0093800_21273372.jpg
手が届くこのような場所にも、たくさんのマルバマンネンは確認できました。確かに雰囲気的には大変よろしく、私もなんでクロツがおらんの?という意見に賛成できました。
対馬の白嶽でみたのと同じマンネン草?も生えていました。
b0093800_2131426.jpg
b0093800_21311985.jpg


おまけで、散歩途中のワンコです。ひっつきぼに難儀していた姿が面白かったので撮影したのですが、この画像ではわかりにくい。
b0093800_21331483.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2006-11-04 21:33 | Comments(2)
2006年 11月 03日

11月3日

今日は文化の日です。
私はお仕事でした。また、性懲りも無く何処かへいっとるんやろ?と思われている方もいらっしゃると思い、報告でした。
[PR]

by shimabito3 | 2006-11-03 23:55 | Comments(2)