<   2006年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 29日

正月休み

12月29日
昨日は忘年会、今日からお休みに突入です。
暖冬だといっても、冬は冬です。昨日は小雪が舞い、風も強く外を歩くと耳が痛かった。
山は多分雪が積もったことでしょう。

ちょっと、ちょっとで南に避寒してきます。
結果は新年になってから、少しはあったかい画像がお届けできたら良いかな、と思っています。

皆様、良い年をお迎えください。
[PR]

by shimabito3 | 2006-12-29 04:51 | Comments(20)
2006年 12月 23日

ウラゴマダラシジミ@旧・(久住・竹田・朝地)大分県

12月23日 今日もウラゴの休日です。大分県は黄色(確認)の旧・市町村が増えてきました。国東半島を潰すか、南西部を攻めるか?迷った結果、ちゃんちゃんと済めば熊本県に足を伸ばせる、旧・(久住・竹田・朝地)に目的地を決定しました。

天気は上々、放射冷却のため朝は冷え込みましたが、昼間は気温があがり、上着を脱いでうろちょろしてきました。霜が降りたイボタです。この時は寒かった。
b0093800_2048588.jpg
久住町は昨シーズン、卵の抜け殻、あるいは幼虫で生息地を確認できた場所です。ちょっと寄り道しました。2箇所とも卵を確認できました。九州のウラゴは少ない種と言われていますが、いる所にはいるという感じです。旧・久住町、その①です。しょーもない環境です。
b0093800_20541990.jpg
b0093800_20543535.jpg
その②です。こちらは、それなりにいそうな場所です。
b0093800_2056176.jpg
b0093800_20562138.jpg


これからが本番、竹田市です。分布の端に当たる(多分)ので、難易度は高そう。
お隣の旧・直入町は多くの産地が知られているので、同じ水系はないかと地図を見ましたが、どうやら別水系のようです。それならば、直入から入り車で走りながら環境を探りましょう。
直入から竹田市へ続く道は下りでした。どんどん下ると自然度が低くなり塩梅がよろしくありません。途中で引き返し、わき道から林を求めてさまよいました。この辺りの道は民家で終点の場合が多く、これは!という環境には出くわしませんでしたが、それなりに歩いてみました。しかしながら、イボタがありません。イボタがなければ、お話にならないので、さらに元の道を直入方向に戻り、探索続行です。目的地は池(水)に決定し、近寄ろうとしましたが、地図にある道はかなり荒れたダート、歩くことにしました。まず左へ、タイヤのわだちがありましたが、とんでもない道でした。途中で、行き止まりです。車で入らなくてよかった。続いて右へ。明るい笹の中から、イボタが生えていました。葉っぱが細く、木の丈は高い。これがヤナギイボタなのだろうか?
b0093800_2123287.jpg
こんな明るい場所です。
b0093800_2123233.jpg
『イボタが有れば、ウラゴを探せ』の精神で、開けすぎた環境ながらチェックをすると、下枝にウラゴを発見。とってもうれしい。几帳面な親だったのか、産み方もとても美しい。先に進みましたが、見つけたイボタは3本、とても薄いエリアと見てよさそう。GPSで経度緯度を取得し、地図で確認すると、そこは直入町でしたが、自力発見ということで、よしとしましょう。竹田市まで、数百メートルの位置でした。
b0093800_21315419.jpg


かなり時間を使ったので、ここで竹田市は断念。もう一度、日を改めて探しましょう。探したけれど、見つからなかった『青』になりました

次は旧・朝地町です。過去に雨の中を探したけれど見つからなかった市町村です。今回はよい天気、それなりに修行を積んだ身、再チャレンジになります。車で走りながら環境を探り、わき道に突入です。イボタがあったので歩くことにしました。車からでは気が付きませんでしたが、それなりにイボタがあります。やっぱり、歩きが基本です。絶対おるはず、あとは見つけるだけ、と探した結果ウラゴを発見。1卵のみで産んでいる卵が3個。へんなウラゴです。こんな場所でした。夕日が当たって本日は終了です。
b0093800_21504824.jpg
b0093800_2151886.jpg


車で走っているときに気になったお店があったので、ちょっと早い夕飯をとることにしました。奄美料理?なにもの?
b0093800_2158079.jpg


こんな感じでした。11月11日にオープンしたそうです。徳之島から家族で引っ越してきて開店、旧朝地町は、というより九州は寒くてかなわんとおっしゃっていました。そりゃ、徳之島では雪が降らないし、霜もおりません。
b0093800_2212043.jpg


さいごに、まとめのマップです。
b0093800_2281326.gif

[PR]

by shimabito3 | 2006-12-23 20:48 | Comments(4)
2006年 12月 17日

ウラゴマダラシジミ@旧・三光村/本耶馬溪町 大分

12月17日 朝が苦手の方と一緒にウラゴうろちょろの予定でした。いつものように雨天中止、集合は10時です。私は時間がもったいないので、旧・三光村でウラゴをやろうと朝から出発です。8時になったので電話をすると、雨だったので中止と判断したそうです。確かに現地は、青空がみえたり、雨が落ちてきたりと変な天気でしたので、西に行くほど悪かったのかも知れません。一番の晴れ間はこんなにきれいでした。
b0093800_16454822.jpg
防寒態勢もばっちり、雪が降るかも、の予報でしたが、寒さは感じませんでした。手袋もまだ不必要です。

集合する必要がなくなったので、三光村のウラゴを続行しました。イボタはあります。でも、卵は付いていません。考えられる場所をしつこく探索しましたが、結局見つかりませんでした。
いそうな感触はあるのですが・・・・・。5時間うろちょろして、かなり体力を消耗してしまいました。三光村、難しい。探したけれど、見つからなかった 『青』になりました。イボタをのっけておきましょう。
b0093800_16542565.jpg


次に本耶馬溪町に移動です。クロツを探しているときに通過して、ウラゴの臭いを感じたと話したところ、記録があるよと聞いていたエリアです。車を止めて川に沿った林道を歩きました。入り口は、ええ感じだったのですが奥はダメダメ、川から離れ、上に向かった細い道になったので引き返しました。見掛け倒しの林道です。なんやかやで3本目に入った場所でウラゴを発見できました。小川に沿ったイボタについていました。教科書どうりの基本位置です。
b0093800_174040.jpg
卵はこれです。
b0093800_1742885.jpg
本耶馬溪町が黄色になりました。
b0093800_1751768.gif

[PR]

by shimabito3 | 2006-12-17 16:45 | Comments(2)
2006年 12月 16日

ウラゴマダラシジミ@国東半島・大分県

12月16日 曇りながら比較的暖かな土曜でした。と言うよりも防寒態勢ばっちり過ぎて暑かった。さて、出かけるかなとカメラを見るとスイッチ・オンでバッテリーが空っぽでした。少しだけ充電してお出かけ、すぐにエンプィになったので撮影はちょびっと。

本日の目的地は豊後高田市を筆頭にアッチコッチの予定です。まず、いつものように記録の有る地名をナビにセットして出発、豊後高田市に入ってからは、よさげな環境を探すためにスピードダウンです。ふとなんとなく気になったので左折、ダートに入ってイボタはないかいな?とさらにスピードダウンすると、イボタを発見。駐車して本格的に探すことにしました。こんな環境でした。
b0093800_20281311.jpg
道から藪に入ってがさがさ、イボタがそこそこありました。『あるかな?』と探すと直ぐに嫌になってしまうので、『あるはず』と思うことにしています。そして、数本目のイボタで卵を発見。知らない場所で、発見できるととても嬉しい。
b0093800_20352357.jpg
と言うことで豊後高田市は終了、ナビの記録の有る地名はリセットです。
次の目的地は旧・安岐町、記録の有る地名をf再びナビにセット、出発しました。
途中に旧・大田村を通過しますが、すでに確認済みなのでパスしました。旧・安岐町に入ってスピードダウン、またまた気になった場所があったので、イボタを探すとちゃんと生えていました。こんな環境でした。奥に水があります。
b0093800_20422185.jpg
かなりてこずりましたがウラゴを発見、2箇所目クリヤーです。
b0093800_20432249.jpg
またまた記録の有る地名はリセットして、次の目的地旧・武蔵町に出発です。安岐町内でええ感じの場所があったので駐車、イボタはそこそこあるのに卵は見つかりませんでした。絶対おると思うのだけど、不思議????です。じっくり探すこともあるかなと思い経度緯度を地図に書き込みました。
旧・武蔵町では良い環境が見つからないまま、記録のあるエリアに到達してしまいました。わかっているのは地名だけですが、この近所にいるはずです。
川+林道があったので歩いてみることにしました。入り口にはイボタがありましたが、直ぐに杉の植林となりダメダメ。
とにかく前進した結果、植林地を抜けて雑木林になりました。なかなかええ感じです。撮影は、バッテリー切れ、アウトでしたが、ウラゴも見つかり3箇所目クリヤーです。

オオムラサキの越冬幼虫も発見、えのきを見ると葉っぱをめくりたくなる私です。
もしかしたら、武蔵町初記録かも、らしい。いずれにしろ国東半島のオオムラは少ないとのこと。

今日はなかなか感がさえていました。でも、いると思ったきでも当たりはずれが大きく、まだまだ修行が必要です。

今回は、大分県のマップの豊後高田、安岐、武蔵を黄色にすることができました。
b0093800_2122965.gif

[PR]

by shimabito3 | 2006-12-16 20:28 | Comments(4)
2006年 12月 14日

その他の画像・@石垣島

お出かけするとパチパチ。海に浮かぶ船です。中国⇔台湾の直接貿易はできません。日本を経由すれば可能と言うことで、こんな船が沖合いに泊まっているそうです。
b0093800_21181632.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2006-12-14 00:03 | Comments(3)
2006年 12月 11日

クロマダラソテツシジミ@石垣島・沖縄県

2度目の訪問ではありません。前回の12月2-3の石垣での記録です。公の場のネット上ですので、諸般の事情により公開は控えていたのですが、発生も確認できまていました。いまさらですが、個人的記録帳でもありますので、書きとめておくことにします。

事前の情報では、ソテツが見当たらないとのことでしたが、天気も悪く、花で待っても埒が明きそうにないので探した結果、見つけちゃいました。今回の石垣での発生を初めに確認したと思っています。
ただ、新芽を見つけることはできず、やや硬くなり始めた葉っぱで食いつないでいる印象でした。自然相手なので、何処かにええ新芽が有ったのかもしれません。

卵です。既に抜けています。
b0093800_19534042.jpg

蛹です。これも既に抜けていました。
b0093800_19543480.jpg

再度、親です。
b0093800_1955323.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2006-12-11 19:55 | Comments(2)
2006年 12月 10日

ウラゴマダラシジミ@天瀬町・大分県

12月10日 太陽が出た日曜です。朝の道路は濡れていましたが、青空の下で動くのは久々、寒いことは寒いのですが気持ちがよろしい。山の落葉樹の葉っぱの多くは落ちていました。
b0093800_18511244.jpg


スタートは昨日の安心院町です。マップは黄色にしたものの画像も撮れず、不完全のままでは気分がよろしくありません。ダイレクトに行くのも能が無いので、寄り道しましたがイボタを見つけただけで卵はついていませんでした。さて、本命の場所のイボタは乾いていますので卵もちゃんと探せます、こんな環境です。
b0093800_1916093.jpg
b0093800_19161592.jpg
ちゃんとあったでしょ、見間違えじゃありません。

出発するときは,安心院の後に、西に行くか東に行くか迷っていたのですが、西に向かうことにしました。玖珠町でちょこちょこやって、目的地は天瀬町です。この天瀬町は記録のある町ですが、まだウラゴ目的では訪れたことが無い、旧・日田郡です。行政区と生息地は関係ありませんが、区切りとして使用するには旧市町村はイメージが作りやすく、しっくりきます。

玖珠町では、とある林道に入ったのですが入り口の川近くにはイボタがちらほらあったものの、尾根道になってしまい、乾燥しすぎでウラゴの環境ではありませんでした。雑木林が広がっていたのですが、標高は500m程度、緑のゼフには標高が足りません。

続いて天瀬町に移動です。記録のあるエリアに行ったのですが、川は大きめ、ちょっとオープン過ぎるイメージでした。川に下りたところ、笹が広がりダメダメです。ふと見ると榎があったので、落ち葉めくりをするとオオムラサキが越冬していました。オオムラサキは川の横が大好きです。
b0093800_193436100.jpg
大きな木が好みだと思っていたのですが、画像左に写っている程度の木でも良いみたいです。
b0093800_19345168.jpg


先に進むと林道があったので突入、イボタが無いまま伐採地に出てしまいました。林の中にイボタがある事に期待して戻りながら探します。林に入れる場所は限られ、少数ながらイボタがあることが分かりました。そして、数本目のイボタで卵の抜け殻発見。生息している証拠です。卵が1っこ、条件は良い木なのになぜでしょう?
b0093800_19464415.jpg
林の中なのでとっても暗く、見にくいのですがウラゴだと分かります。

いることがわかれば、林の中をガサガサ探します。次に見つけたのはこれ、撮影するとちょっと変です。
b0093800_2012032.jpg
死んでいるかも?と爪で押すと簡単に凹んでしまいました。中は空洞でした。

次こそはと、さらにがさがさした結果、ようやく生卵を発見。やったー、天瀬だーとこの時は感動しました。こんな環境、つる草が絡まった、ちょっと見はイボタがあるようには見えません。画像・左にイボタがあります。
b0093800_2055472.jpg
b0093800_2061198.jpg
移動するには時間が遅いため、撤収決定。地図にGPSでチェックした経度緯度を書き込もうとすると、とっても微妙な位置です。天瀬・玖珠のちょうど境界線にオン・ライン。マップルでは、判別不能です。わからないので、暫定・天瀬町として、大分県の地図の天瀬町を黄色にしてしまいました。
b0093800_20181996.gif

[PR]

by shimabito3 | 2006-12-10 18:51 | Comments(6)
2006年 12月 09日

ウラゴマダラシジミ@安心院・大分県

12月9日
ウラゴを探して旧・安心院(あじむ)町に行ってきました。去年は記録の有る地名を含めて数箇所回り、敗退した町です。
今回は、作シーズンにイボタを見つけた場所を皮切りに、雨が降るまでうろちょろの計画です。また、天気が良くない土曜日なのです。

なんやかやで現地着。車を止めて長靴に履き替えます。雨は降ってはいませんが下草はぐっちょり、空も暗く、いつ雨が落ちてきてもおかしくありません。辺りを見渡して、前回とは別方向に進むことにして歩き始めます。明るすぎますが、イボタはぽつぽつ生えています。環境は違いますが、『イボタを見たらウラゴを探せ』を実践していきますが、やっぱり卵は見つかりません。ずんずん進むと細めのダート道、樹もそれなりに覆いかぶさっており、期待度アップ、手頃なイボタを発見、丹念に見ていった結果、抜け殻を発見しました。記録の有無は不明の場所のため、生息が確認できれば元気百倍、続けて探しますが3mほどのひょろっとしたイボタから抜け殻を追加発見したのみでした。
だめじゃーと方向転換して探しましたが、ひざまで泥にはまって長靴の意味なしという結果で終了、また方向転換して探していると雨が落ちだして、ジ・エンドでした。卵が見にくくなる上、この時期に濡れると風邪の素です。

車に戻って、入ったことが無い、もしかしたらの場所に地図で目星を付けて、どんな環境か見るために移動することにしました。少し走ったところで細い道が林の方向に延びていました。こりゃチェックとUターンして突入したところ、溝(水)がありやや広めながら、もしかしたら!と思わせる環境でした。傘をさしてイボタをチェック、卵がついていました。よしゃー、撮影しようとカメラの用意をしていると、卵がありません。濡れた卵はすれるとすぐに脱落してしまいます。残念なことをしてしまいました。夢を見ていたんじゃないか?との意見も聞こえますが、確かに存在していました。⇒本当!!!!!

とにかく生息が確認できたので、見つからなかった青から、確認できた黄色に安心院が変わりました。
b0093800_14403471.gif

[PR]

by shimabito3 | 2006-12-09 14:40 | Comments(4)
2006年 12月 08日

石垣の蛾

クロツバメ
へらへらと飛ぶ姿ではなく、花に来たところは初めて見ました。なんだか、変な羽の閉じ方をしています。これも、触ると泡を吹くのかな?
b0093800_216646.jpg



名前はわかりません。しかも、ピンボケです。葉っぱに止まっていました。羽にあわせておなかを曲げているのを見て、面白く思い一枚。もう少し、真面目に撮れば良かった。
b0093800_2192368.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2006-12-08 21:09 | Comments(0)
2006年 12月 08日

石垣のチョウ達2

タイワンアオバセセリ
セセリもこのくらいのサイズになると貫禄があります。鮮度も良好、ええ感じです。
b0093800_2056214.jpg


ヤクシマルリシジミ
一昨年前からやいまでヤクルリをよく見ます。それ以前は少ないイメージだったのですが、何か変化したみたい。本種のメスも冬型は見違えるような美しさ。やっぱり、表は撮れませんでした。太陽が有れば、ちっとは開いたかも、ですが、残念です。
b0093800_2115874.jpg


ヤマトシジミ
本種も冬型はとってもきれい。分布地では人的環境に住むので、よく見る蝶ですが、あなどれません。
b0093800_2114177.jpg

ヤクルリもヤマトも裏面のスポットは減退していきます。
[PR]

by shimabito3 | 2006-12-08 21:02 | Comments(0)