<   2007年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 31日

スギタニルリシジミ&ウラゴマダラシジミ@福岡

3月31日 寒の戻りがあったけれど暖冬の今年、スギタニルリでたかな?と見に行ってきました。お天道様は、出たり引っ込んだり、気温も低く、発生しているかどうかどうか、ようわかりませんでした。雰囲気的にはちょっと早いかなというイメージです。
桜は見頃、ええ感じでした。
b0093800_22371937.jpg
b0093800_22381819.jpg

スギルリが住む環境はこんな感じ、岩がごろごろした川原にオスは下りてきます。
b0093800_22403062.jpg

天気は回復しそうにないので、ウラゴの餌とりのために、移動決定。車で走っていると、旧・吉冨村に入りました。記録のない旧・市町村ですが、雰囲気も良いのでイボタを探してみることにしました。地理的には、ウラゴが分布しているだろうと予想されます。

歩いてイボタチェック開始。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イボタは見つからず。
見つかったのは、

食べごろですね。
b0093800_22591182.jpg

保護色だと知っているのか?
b0093800_2342316.jpg


と、うろちょろしていると、とある林道でイボタ発見。こりゃ!と探しましたが、ウラゴの痕跡なし。餌確保は完了しました。イボタはちょぼちょぼと生えているのですが、見つからなかったのが残念です。地図にイボタ○、ウラゴ×と記入です。
どんどん進むと作りかけの林道に突入しました。行き止まりになったので退却、別の道に下りました。するとどうでしょう、イボタがいっぱい生えています。
b0093800_23193899.jpg
こりゃ絶対おると思いました。しかしながら、イボタ多すぎで見つかりません。ウラゴ密度は低いのでしょう。
ぬめっとしたハバチ?が食っているのでいるので、食痕が役に立ちません。地道に、コツコツと探した結果、古い抜け殻ですが、ウラゴの痕跡みっけ、発生地の発見でした。やっぱり、おったーー。あとは幼虫だと探し続けたのですが、そうそううまくありません。そのうち現物は見つけましょう。
b0093800_23375315.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2007-03-31 22:47 | Comments(0)
2007年 03月 30日

やっと週末

桜は東京で満開、ここ九州北部ではチラホラ。3月ラストの週末、何処行こうかな?午前中はお日様が出るみたいです。
b0093800_22285413.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2007-03-30 22:29 | Comments(0)
2007年 03月 25日

ウラゴマダラシジミ@嘉麻市 福岡県・はずれ

3月25日 朝は曇天、昼から天気は良くなるとの予報でした。実際私がうろちょろしていたエリアでは3時くらいから青空が広がりました。

昨日は嘉麻市でイボタを見つけたのですが、雨のためチェックできませんでした。その同じ場所に再確認に行って参りました。密度は高くありませんが、点々と生えているので、きっとウラゴがいるだろうと期待していました。ところがどっこい、世の中そんなに甘くありません。ウラゴのウの字もなく終了してしまいました。
次に、旧・市町村レベルで記録のないと思われる、現・東峰村、旧・宝珠山村に転戦。既産地の日田市と旧小石原村に挟まれた市町村なので、おるに違いないと思っていたのですが、こちらもはずしてしまいました。好適な環境のイボタに痕跡がなかったので、かなり厳しそうです。
今回のどちらの市町村も、既産地に近く、過去に誰かが探していると想像され、それでも記録が出ていないことから、いないか、とっても・とっても少ないんだと思われます。

どこにでもウラゴはおるんちゃうか?!と昨日は思いましたが、そんなもんじゃありませんでした。
[PR]

by shimabito3 | 2007-03-25 18:10 | Comments(3)
2007年 03月 24日

ウラゴマダラシジミ@みやこ町 福岡県

3月24日 昨日は目の覚めるような晴天だったのですが、今日は朝から雨です。フィールドに出るには生憎の天候ですが、仕事上のストレスを発散するためと、餌とりを兼ねてウラゴ未記録エリアでイボタを探そうとの計画です。

まず、以前に車で走っていて良さそうだと思いながら通過したみやこ町の林に行っていみました。小雨が降っているので、車の中からのチェックですが、イボタは見えませんでした。それならばと環境を見ながら徘徊開始、いつものパターンです。目的の市町村が決まっているので、境界線を越えるとUターン。そんなことを繰り返して何度目かに車を止めた場所でイボタを発見、見ていきます。今時は、まだ小さな幼虫ですが、食痕を残しているので、意外と探しやすい。
なんか食った跡があるぞと見ていくと、幼虫が付いていました。期待度が低い市町村でしたので、これはすごい。
福岡県のウラゴは珍品だと言われていますが、薄く・それなりに分布しているのが真実のようです。このみやこ町、市町村レベルでの”初”だと思われます。(このブログ上では、旧・市町村で書いてきましたが、初記録(多分)だと思われるため現市町村名でのアップとしました)
こんなイボタでした。
b0093800_16532255.jpg
じっくり探すには雨が降っていることですし、次回に持ち越し。発生地では餌とりもできないため、別の市町村に移動です。
ナビに決めた場所をセットし、目的に到着するまで環境を見ていきます。途中で変なものがあると寄り道です。蛇巻岩?
b0093800_16591679.jpg
これか?よく分かりません。
b0093800_16595273.jpg

そんなこんなでうろちょろした嘉麻市でイボタを発見。それなりに生えていましたので、これは可能性がありそうです。傘をさしても役に立たないような横殴りの雨になったので、ちょっと見て断念、それでもズポンはぐっちょりでした。
餌用に切った枝にもウラゴは付いていませんでしたが、これは要チェック、もう一度日を改めます。
もし見つかれば、ここも市町村レベルでの”初”と思われます。例えば、kenkenさん御推奨?のグチャット苔が生えてウェティだと分かる壁の上などにもイボタは生えていました。
b0093800_17123553.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2007-03-24 17:08 | Comments(6)
2007年 03月 18日

ウラゴマダラシジミ@豊前市 福岡県 再び

3月18日 昨日は豊前市のウラゴの痕跡をつかんだものの、これは何かちゃう環境だと思いながら、時間切れ・タイムアップと退散しました。このイボタが生えていた道は低山の中腹をぬった林道です。地図を眺めるとこの道に平行した下方に川が流れています。標高が違うだけで、直線距離はたいしたことはありません。もしかしたら、この下の谷が本当の発生地で、たまたま飛来した母蝶がこの山の中腹にあるイボタに産卵したんやなかろうか?と考えました。と言う事で下の谷に行ってみる事にしました。道も付いており、谷の山際を歩くことができます。するとどうでしょう、イボタがそれなりに生えています。イボタがあったらめっけもの、水も流れ、なかなかええ感じです。これは期待大とイボタを見て回ります。
何本目のイボタだったでしょうか?、やっぱりおらんかなとの思いを否定しながら頑張った甲斐があり、去年以前に抜けた卵殻発見、5卵塊でした。新産地の発見です。昨日と違い、ここはちゃんとした発生地的環境でした。
イボタが多すぎ、ウラゴの密度低すぎでかなり手こずりましたが、最終的にはウラゴの幼虫発見、発生が継続していることが確認できました。
この豊前市、公の記録としてはまだ発表されていない市町村です。
[PR]

by shimabito3 | 2007-03-18 21:02 | Comments(4)
2007年 03月 17日

ウラゴマダラシジミ@豊前市 福岡県

3月17日 朝からよく晴れています。太陽は暖かいのですが、風は冷たい土曜日でした。
本日の計画は、まったく孵化しなかった大分県 旧・耶馬渓町のやり直しと、新産地を求めての豊前市としました。この豊前市、イボタがあるので、きっとおるはずと思って2年連行ったものの痕跡なしの場所を含め、発生を確認できていませんでした。

まず、卵を確認できている耶馬溪町に行ってみました。前回は、狭い範囲しか探していないので簡単に見つかると思ったら、全然簡単では在りませんでした。イボタはそこそこ生えているのに、いるのはぬめっとしたハバチ?の幼虫ばかり。最終的には何とか見つかりましたが、時間は思いのほか使ってしまいました。
今後のために、耶馬溪町をみてみようと、行ったことがない場所に車を走らせしばし徘徊。イボタが在りそうな場所があったので駐車して歩くとビンゴ!イボタがありました。ウラゴは見つかりませんでしたが、かなり可能性は高そうです。”おるかも”候補を確保です。
ここでは、ミヤマセセリが飛んでいました。春にでてくるセセリ、九州では少ないイメージの蝶です。発生時期に発生場所に行かなければどの蝶も見ることはできませんが、大分県のミヤマセセリは自己初です。撮影しようとしたのですが、飛んでいってしまい果たせず、残念。

次は予定どうり豊前市のウラゴです。地図でめぼしを付けた道をイボタを探しながら進みます。谷はせまくなり、よくもまぁと言う場所にも人が住んでいます。ナビ上の道はなくなったのですが、林道が続いていたので進みます。イボタは一箇所のみ数本生えていました。どうかな?と見ていくと去年以前の孵化殻2卵発見。発生地の発見でした。水があるものの規模が小さすぎで、ええ感じはしません。周りにイボタはなく、生きたウラゴを確認するのはむずかしそうな場所でした。
ここは何処やろ?と思いながら道を進むと、去年は雪のため進入をあきらめた場所にぶつかりました。場所もしっかりわかったので、今後、範囲を広げて探してみましょう。
[PR]

by shimabito3 | 2007-03-17 20:09 | Comments(0)
2007年 03月 11日

ウラゴマダラシジミ@上毛町 福岡県

3月11日 寒い寒い日曜です。先週のバカポカ陽気がうそみたい。スギタニでるかも!なんていっていましたが、取らぬ狸のなんとやら。

今日もウラゴです。熊本に行こうかとも考えましたが、明日のお仕事内容から、疲れていてはまずいので近場をうろちょろすることにしました。目的地は福岡県のウラゴ未記録エリア、上毛町です。福岡の発表されている記録地は多く有りません。

過去に何度か探したけれど見つけられない市町村、地図には、”イボタなし×”のマークしか有りませんので、まだ行っていない場所を中心に環境を探します。何箇所か、”イボタなし×”と書き込んだ後に行った林道の入り口にイボタを発見。卵~幼虫は付いていませんでしたが、歩く価値ありと判断し、えっちら進むことにしました。
教科書にはいろいろ書いてありますが、先入観は禁物、イボタをみたらウラゴを探せ!が重要です。しばらく歩いた後にイボタを発見。一般的には大きすぎですが、見てみることにしました。やっぱりそう甘くはないわなー、と思いながら見ていくと、昨シーズン以前と思われる古さですが、5卵付いていました。そのうち2卵に孵化した跡があり、ここが発生地と確定。これまでは旧・市町村レベルでの新産地はいくつか見つけましたが、現市町村での”初”は、とっても嬉しい。
b0093800_1938537.jpg

後は幼虫を見つけるだけ!と、木全体をチェックしましたが、見つかりませんでした。それならば、どっかにおるはずと、あちこち徘徊しましたが、やっぱりだめです。イボタが少なく、産卵が集中しそうな状況下で、付いているかも!と思えるイボタさえ痕跡を見出すことができませんでした。
この産地、かなり密度は低そうです。歩き回って疲れたので、しゃーない、親の時期に確認しようと撤収することにしました。

諦めの悪い私は、林道を引き返している途中に駐車可能な場所があったので、車を止め、もう少し見てみることに。それが大正解、こりゃーあるやろ!のイボタを発見、教科書どうりです。狭い空間に顔を出した小さな流れの上のイボタです。そして・・・とうとう・・・・やっとこさ・・・・・幼虫発見。現在も発生が継続していることが確認できました。いやー良かった。こんな環境、雑木林の奥、未発表エリアの画像、大公開です。
b0093800_19411057.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2007-03-11 18:32 | Comments(6)
2007年 03月 10日

ウラゴマダラシジミ@旧・中津江村/旧大山町 大分県

3月10日 新産地を見つけて卵をお持ち帰りした旧・日田郡ですが、孵化しません。どうやら死卵だったみたい。と言う事で、旧・中津江村と旧大山町でウラゴを確保して熊本県に行こうと計画しました。出発時点では良い天気だったのですが、現地に到着したときは曇天。気温も低く、予備の防寒着を着込みました。桜も遅れそうです。

行ったからには別の発生地を見つけたいと思ったため、時間を消費、雨がぽちぽち落ちてきたので熊本行きはギブアップ、撤収することにしました。晴れの予報だったはずが、はずれでした。こんな時もあります。
で、ウラゴのほうですが両市町村で一ヶ所づつ新しい発生地を確認できました。ステージは、1齢の最後でした。かなり移動するので見つけるのは根気がいります。
[PR]

by shimabito3 | 2007-03-10 19:59 | Comments(0)
2007年 03月 04日

ウラゴマダラシジミ探し@福岡県

3月4日 記録的なブログですので今日の出来事を書いときましょう。ウラゴのえさ取りを兼ねて、平尾台をじっくり調べてみようと思ったのですが、野焼きのため通行止め、あれれ。その後あちこちをうろちょろしました。気温は20℃アップ、Tシャツ1枚で十分。ギフでたかな?と思えるような陽気でした。
ギフつながりで、本日見つけたカンアオイです。九州にも有るんですよ。
b0093800_010559.jpg


朝のうちは良い天気だけど、夜は春の嵐になるとの予報でした。初めは正解、朝もやの良い天気、春そのものでした。後半は、嬉しいはずれで、夜まで気持ちの良い天候が続きました。季節・時間を感じられることは、自然を相手にしているこそと思います。
b0093800_0135314.jpg
野外の”春”進行度は本格的なものでした。もし、ここで寒冷な気候になったとしたら、生き物にとって大打撃でしょう。
b0093800_0161074.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2007-03-04 23:57 | Comments(0)
2007年 03月 03日

ウラゴマダラシジミ@旧・波野村(現・阿蘇市)、産山村

3月3日 今日は暖かだった。上着を脱いでちょうど良い気温、ギフ、本当に出るかもと言う感じです。先週に引き続き熊本で遊んできました。

まず、産山村をうろちょろした結果、サイゴク?ヤナギ?、とにかく落葉するイボタを見つけたのですが、ウラゴは付いていませんでした。ここには居ないのか?、いや、どこかにきっと居るはずです。タダイボタは有りませんでした。
b0093800_233097.jpg

時間は遅くなったのですが、記録のある旧・波野村に移動。こちらでも、落葉するイボタを見つけてチェックするとウラゴが付いていました。おるところには、おるんやと妙に納得したのでありました。この落葉イボタ、新芽が出ているため気づきましたが、裸だとわかりません。ウラゴの密度は不明ですが、これは難敵です。こんな環境でした。
b0093800_2332018.jpg

今日のまとめ、産山は見つからず、ブルーのまま、波野をグレーにできました。
b0093800_2027512.gif

[PR]

by shimabito3 | 2007-03-03 20:27 | Comments(1)