虫とり日記3

tyou3.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 10日

夏合宿@芸予諸島 愛媛県

8月9-11日 学生時代の仲間とキャンプをしてきました。恒例行事です。
目的地は芸予諸島のひとつ、大三島でした。広島県から愛媛県まで、しまなみ街道で結ばれており、大三島は橋でつながっています。おりしもneptisさんから、これらの島々の資料(以後N資料と略)をいただいており、どんなクロツがいるか想像しながら訪問したいと思っていた島でした。そんなエリアを幹事のブルメイさんが今年のキャンプ地として選んでくれたのも何かの縁でしょう。
キャンプは土日、私のお休みは金曜からでしたので、3日間お出かけすることにしました。

まず手始めは弓削(ゆげ)島です。この島は橋ではなく、フェリーで渡ります。因島北のインターで降りると虹が迎えてくれました。
b0093800_22441023.jpg

弓削島行きのフェリー乗り場は小さく、わかりにくかった。工事用に資材を運ぶトラックの後ろに並んで、船待ちをしました。橋で繋がっていない島々に住む人にとっては船は、日常の乗り物なんだなと、頻繁に行き来する船とその利用客を見て、思ったのでありました。
b0093800_684789.jpg

前述したように、N資料により記録された地名はわかります。コメントもあるのでイメージがつかみやすい。
まず一箇所目、少ないと書いてある・・・・、ツメレンゲが少量ありました。
見上げてみるも。。。姿なし。
b0093800_8364118.jpg

次に移動、と走りながら海岸線に降りられる道があるとチェック、潮が引いているので海岸線を回り込めます・・・・・この島砂岩が多い・・・・、茶色い崖はだめだな・・・・、赤い石は何だろう?、つるつるでツメレンゲは根が張れそうにないな・・・と思いながら歩きました。
結局ツメレンゲはなし。向こう側の岩なんて、おいしそうなんだけど。
b0093800_8433991.jpg


次の記録地、ツメレンゲが少し、飛んでいません。時間がたつにつれ、雲行きが怪しくなり雨がぽつぽつ落ちてきました。カッパを着るとただでさえ暑いのに、さらに独りサウナ、ザックに入れる雨対策は折りたたみの傘にしようと思ったのでありました。

また移動、海岸線に出てみます。雨は止みました。ざくざく砂の上は歩きにくい。おりしもオリンピック、ビーチバレーやる人はすごいな・などと思いながら一息。さらに進んでツメレンゲを発見、これはおるやろう!と思える程度の量です。でも天気が・・・・・・、見上げていると、多分クロツ、産卵しているみたいです。でも、いっこうに降りてきません。
風に飛ばされて、どこかに・・・・、しばらく待ちましたが次はなし。曇っているので、活性が低いのでしょう。そもそも夏場のクロツは少ない。
b0093800_8574513.jpg

N資料にはない地名です。記録の有る島なので、他の発生地があって当然ですが、自分で見つけるとちょっとうれしい。

記録されている地名に移動、さっき降りた道の逆サイドの海岸線なのね。潮が満ちてきて行けません。失敗でしたが、探すことを基本としているので、思いつきの行動をしています。効率は悪いのですが、それもまたよし、生きていればまた来れます。

走ってまた環境探し、ツメレンゲ見っけ。でもクロツの姿はありませんでした。雨が少ないためか、しおしお、あまりおいしそうにありません。強烈な太陽に照らされた過酷な環境に生える植物、生命力に感心してしまいます。秋だったらおるかもね。
b0093800_913532.jpg

これで降参です。暑いし、環境はわかったので、また来ましょうと撤退決定。宿は尾道にしようと思っていたのですが、決めていません。ここもまた計画なしの私ですが、木曜の夜もなんやかやで遅くなり、眠らずに出発したので、時間がなかったと言い訳しておきましょう。
そのまま直行するのも芸がないので、因島で寄り道、N資料には、数が多いと書いてある地名近くに行くと、道路横にツメレンゲがいっぱい、でもいなかった。
b0093800_9214199.jpg
やっぱり、こんな岩だよな、ツメレンゲが好むのは・・・・

展望台に行くと、あそこが記録地だろうと言う環境が見えました。でも、ずっと下です。でもそこは、近くに行きたいと思う人がいるようで細い獣道が有りました。崖の釣り場でもそうですが、よく見るとルートはあるものです。下るとこんな感じでした。
b0093800_928023.jpg

ツメレンゲもいっぱい、クロツもおりました。やっぱりねと思いながらカメラを向けましたが、夕方で光が足りません。手持ちで1/30秒では無理がありすぎですが、こんな顔でした。
b0093800_9302745.jpg

よしよしと道路に戻ろうと引き返すと、降りてきた獣道がわかりません。しゃーないと斜面を直登すると、そこは葛と棘の道、かなり引っかき傷を作ってしまいました。痛かった。

尾道では、適当にホテルを見つけてお風呂に入り、日焼け止めを落とします。
さてさて、夕飯です。これも泊まったときのお楽しみです。フロントで地の物を食べられるお店を聞いて直行。おいしかったけれど、人が多すぎでゆっくりできませんでした。店の大将とお話をしながらゆっくりと・と言うのが理想なんですが、尾道では無理だったみたい。
帰りにお散歩、レトロな商店街を抜けて、海沿いの道をぷらぷら。夕涼みの人たちがベンチでくつろいでいました。懐かしい&安心感がこの街のキーワードだと感じました。パチンコ屋とコンビニが見当たらず、原色を使ったきらびやかな光がないのがその理由のひとつのようです。
ホテルからの景色をひとつ。夜の海ってのもええですね。
b0093800_9493393.jpg


さてさて、ホテルの朝食を済ませて出発しました。目的地の近くに泊まると朝がゆっくりで調子が宜しい。まず四国本土に一番近い大島まで行き、それから引き返す作戦、橋でつながっている島を回ってみました。
大島のN資料の地名に行くと、一目瞭然、ここだなと分かりました。車を止めるとツメレンゲが生えています。どれどれと見ているとクロツがピラピラ、台地状の既産地、足場がよいのでゆっくり追いかけられます。
b0093800_22141391.jpg
b0093800_22143850.jpg
b0093800_2215267.jpg

この大島は比較的ツメレンゲが多く生えているようで、ちょぼちょぼ見つけることができました。N資料に載っている場所、載っていない場所ごちゃ混ぜでのっけておきます。
b0093800_22272721.jpg
b0093800_2227577.jpg
b0093800_22283418.jpg
b0093800_2229680.jpg


この辺で大島は止めて、伯方(はかた)島に移動です。橋を渡るたびに通行料を取られるのは損をした気分になりますが、フェリーだと時間・お金と余計にかかるので、便利であることは間違いありません。
伯方の塩のことは知っていましたが、ここの島が発祥とは知りませんでした。お菓子にも使われているようです。
b0093800_22503548.jpg

クロツは環境を探して歩いたこんな岩の近くをピラピラと複数遊んでいました。
b0093800_22521921.jpg
一段上がると、ツメレンゲがあるに違いないとよじ登ってみたものの、そこには何もなし?。
榎にゴマダラチョウが産卵していました。対馬でも海岸べたの榎への産卵風景を目にしますが。ここでの越冬は難しそうです。夏と秋は産卵場所が違うのか?
b0093800_22561652.jpg
これが、クロツ、よく見えませんが足場がとてつもなく悪かったということで・・・・
b0093800_231660.jpg

ツメレンゲは?とよくよく見てみると、かなり上方にちょろっと生えていました。季節が良いとこんな感じで、ほかにも産地が見つかるのでしょう。

別産地?、ツメレンゲは、ここにもありましたが親はなしでした。
b0093800_2342820.jpg

さらにN資料の産地、潮が引くと歩けるそうですが・・・・、ちょっと無理でした。
b0093800_2371312.jpg

タイトゴメが在りました。芸予諸島のクロツのメインホスト植物はツメレンゲと言われていますが、タイトゴメがあればきっと食っていると思います。ssp. shojii のタイトゴメ食い、面白いとおもいませんか?
b0093800_821179.jpg
b0093800_8522658.jpg


キャンプ開催地の大三島(おおみしま)へ移動しました。橋を渡るたびに通行料を取られるのは・・・以下同文。
習合時間は11:30分でしたが、虫を探してから行くと我侭言って、他のメンバーの最終到着予定の4:00にキャンプ場に向かうと伝えてありました。もう少し時間がありますので、大三島のN資料の地名に行ってみますが、ツメレンゲを見つけられませんでした。道と海が近い場所ではなさそうなので、歩きましたがちょっと違うというイメージ。
ということで、キャンプ場に行くと、ブルメイ夫妻以外は温泉に行っているとのことでした。オートキャンプ場は整備されていて、子供たちも安全に遊べます。学生時代は、水さえ確保できれば、国立公園、公園、陸橋、何処でもキャンプしていましたが、今はりっぱな大人になりました。
テントを使うのもこの夏合宿だけです。
キャンプの様子を一枚。暗さを写したかったので、車にカメラを置いて、ノンフラッシュ、斜めなのはご愛嬌。
タープに椅子があるなんて、すごいでしょ。昔は地べたに座っていました。個人情報保護のため、ぼかしを入れています。
b0093800_1715596.jpg

晩飯は焼肉、食べるのに忙しくて画像はなしです。
子供のお楽しみは花火でした。私は焼酎を飲みながらぱちぱち、タイミングが中々合いませんでしたが、遠巻きに喜んでいる様子が何とか。子供が喜べば奥さんへの免罪符を獲得したも同じでしょう。
b0093800_17233586.jpg

大人のお楽しみはこれ。今時の学生さんはマージャンをするのだろうか?
数年ぶりにはいを囲みました。やり方を忘れかけ・・・
b0093800_1729515.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2008-08-10 22:44 | Comments(13)