虫とり日記3

tyou3.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 22日

山歩き@福岡県

2月21日 野外ではウラゴの孵化が始まっており、卵を探すなら標高をあげて、幼虫ならもう少し大きくなるのを待つ必要があります。そこで、他のゼフはどうかな?と福岡県のとある林道を歩いてみました。

低地では菜の花もちらほら見受けられ、春の匂いがしてきているのですが、山はまだ冬のままでした。雪が多い年は銀世界になるこの林道、今年は凍った土の道で通行可能でした。とっても寒いので、水の流れが凍っていて、歩きだしたとたんに滑ってしまい、おっと危ない。注意して登り始めました。
歩くとバリバリ音がする道をえっちら登って行って、はじめにチェックする木はアカガシ。キリシマミドリシジミが越冬芽に卵を産んでいる予定でしたが、芽そのものが有りませんでした。このアカガシは隔年に芽を付けると聞きますので、今年は裏年の様子。対馬では多くの芽を付けていたのですが、歩いた場所ではまったくと言ってよいほど芽がありませんでした。これがアカガシです。常緑カシの種類が少ない福岡では、冬の雑木林の中で目立つ樹種です。
b0093800_11485757.jpg

この一帯は天然林が残っており、かつ600~1000程度の標高を林道が走って、福岡県の最後の秘境、貴重な場所です。こんな景色を見ることができます。
b0093800_11593623.jpg

先に進むとメスアカミドリシジミがいます。親を見ることは難しくないそうですが、斜面がきついので、卵を探すには不適な場所です。林道の際にある少ない桜をチェックして行って、卵を発見。沢に下りると手頃な桜があるのかもしれませんが、凍っているので危険、いつかは探してやろうと思いつつ、今日も先送りとしました。これが卵です。白くて、ゼフにしては大きな卵は、トゲトゲが沢山です。
b0093800_1275136.jpg
さらに標高をあげるとブナがあり、フジミドリシジミが住んでいます。フジが好きな暗めな北斜面で様子を見ようとしましたが、落ち葉も土もコチンコチンで足場が確保できません。滑りそうだなと思っていたら、滑ってしまいました。手袋をして服も厚いので大したことはありません、でもとっても痛かった。滑った先のブナ1本だけチェックしましたが、卵は見つからず。過去に倒木から卵を得ている場所ですし、作柄を知ることが目的でしたので、やる気がなくなって撤収決定でした。こんな林道に大きなブナが立っています。青空をバックに1枚。
b0093800_1219419.jpg


成果は今一歩でしたが、天気は上々、何時ものウラゴモードではない虫探しは気分転換になります。
滑ったのは余計だったけど。
[PR]

by shimabito3 | 2009-02-22 11:49 | Comments(2)
2009年 02月 16日

ウラゴマダラシジミ@旧院内町・九重町 大分県

2月15日 季節はずれの温かさの週末でした。全国的に気温が上がったようで、夏日を記録した地域もあり、本当に2月?。鶯も鳴いていました。
暖かい気温は過ごしやすいのですが、寒い時は寒くないと、生態系が乱れるのでは?と心配になります。
現在の九州のウラゴ状況です。走っているときに見つけたウラゴ、旧院内町。私の中では、見つけた産地は多くなく、分布はそれなりに限られると思っています。これは、細かく見ればの話で、全体的にはイボタがあれば、ウラゴも分布と思ってよいと思います。
そのウラゴですが、孵化が始まっています。例年より早めの孵化です。今年の春の進行度はチャクチャク、でも、弱齢のウラゴは見つけにくい。
→の先に止まっています。
b0093800_23134773.jpg

600mアップは、未孵化でした。九重町で見た結果です。
[PR]

by shimabito3 | 2009-02-16 23:16 | Comments(2)
2009年 02月 08日

キリシマミドリシジミ@対馬 長崎県

2月7日 久々に対馬のキリシマに行きたくなりました。ミドリシジミの仲間で、一般的に人気が高いキリシマ、中でも対馬のキリシマは、後翅にもブルーが出るスーパーB型と呼ばれるものがおります。
なんどか虫とり日記2にも書いていますので、詳細はパス。行ったとの記憶に残すためのマイ・ブログです。
アカガシの芽は大量にありました。今どきの対馬の山は、耳がちぎれるかと思えるほど寒いのですが、今回はそれほどでも無く、のんびり林道をぷらぷら。日だまりで食べるお弁当は、とってもおいしく、気持ち良い1日でした。
結果は卵をちょぼちょぼお持ち帰りできました。はたして、スーパーB型が出るかな?お楽しみです。
卵は、アカガシの新芽のそばに産まれています。ウラゴの赤いツブツブもええのですが、キリシマの白い卵もええもんだなと思いました。
b0093800_2022164.jpg
林の中でツシマシカにご対面、向こうは警戒していましたが、1枚パチリ、ええもんでしょ。
b0093800_2075070.jpg


これを書いている8日はお仕事でしたが、不景気な今日この頃、遊べて・お仕事で来て、幸せなことです。
[PR]

by shimabito3 | 2009-02-08 20:05 | Comments(3)
2009年 02月 02日

ウラゴマダラシジミ@国東半島・大分県

1月31日 ウラゴを探しに行きたい!と言うことで案内人をもうしつかりました。
確実に・それなりに楽しめる場所として国東半島を選択しました。天気は回復傾向と言うことで、ゆっくり目の集合時間、ゆっくりしていると早くつきそうとのお電話。アパートから集合場所まで30分です。車を1台にして目的地は、まずオリジナル豊後高田市。先週見つけた場所ですが、少ししか見ていないので、まだまだウラゴの卵はあるはずです。到着して皆さん、卵を確保、ボウズがなくなり、最低限のミッションクリヤー。少し移動して、旧真玉町、ここもまた過去に見つけた場所、竹藪の中です。ここでも卵を確保。真玉が終了したので旧香々地に向かいます。細い道を走っている途中で2か所ウラゴを発見。おる所にはいる大分のウラゴです。旧香々地に入ったのできょろきょろ、ウラゴの匂いがしたので停車してチェック開始。うまい具合にイボタが生えており、ウラゴを発見。向かった場所とは違う場所、とってもうれしゅうございました。最後に旧国見町に行きましたが、薄暗くなってタイム・アップ。楽しんでもらったようで、私も満足です。
[PR]

by shimabito3 | 2009-02-02 00:05 | Comments(0)