<   2012年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 31日

カウンター

2010年に取り付けたカウンターが現在99891です。
1日何度でも回るので、単純に見に来てくれたくれた回数。
自分でも回せます。

あと100ちょいで10万人です。
これって、すごくない?

10万を踏んだ人、


なにか下さい。

何か書かないと極端に訪問者数が減るので、無理やりネタにしました。
b0093800_2331997.png

個人的興味は、魚がもう一匹増えてるかです。
ゼロに戻るって、ないよなー。
[PR]

by shimabito3 | 2012-10-31 23:03 | Comments(4)
2012年 10月 28日

10月28日

この日は何をしていたのだろうか?と、このブログを見返すことがある。
何か書いて残していると、それがきっかけとなって、周辺の記憶がよみがえる。
空白の1日を無くすために、更新しよう。

今日は久しぶりにフィールドに出ない1日だった。
午前中に所要があったのが理由の一つ、さらに午後から雨と言う予報が、外に出る気をなくさせた。
ずっと空は厚い雲に覆われていたが、雨の降りだしは遅く、夕方になってぽつぽつ落ちてきた。
これならば外に出てもよかった、とも思ったがまぁ、よかろう。
[PR]

by shimabito3 | 2012-10-28 17:07 | Comments(0)
2012年 10月 27日

10月27日 山梨クロツの下見

10月27日 今年のツメレンゲの開花は遅れているので、露岩地のクロツはまだいけるーとのお話をいただきました。反面河川敷のクロツは終わっているかもとの話がありました。

関東甲信越エリアでは、露岩地も河川敷もまだまだ経験不足な私、既存産地を回ってまずは基本から学んでいきましょう。
今後のための糧ですね。

天気予報では、昼間は日がさすとのことでしたが、中央道を走行中は小雨が降るバッドコンディションでした。
露岩地は滑って危険なので、候補から外れました。

と言うことで安直産地、河川敷狙いとしましょう。
まずは、記録はあっても個人的新市町村、一宮町をスタート地点にしました。
この辺と教わった場所近くには車を止められなかったので、イボタを見ながら歩くことにしました。
来週は11月、そろそろウラゴシフトの季節なんです。

てくてく歩きながらイボタチェック、卵は付いていませんでした。
実は昨シーズンも一宮町ではイボタがあっても、ウラゴは見つけられなかった市町村です。
記録の有無は知りませんが、居て当然のエリア、何で見つからないのであろうか?
相性が悪いのかもしれません。

さて、ツメレンゲは遠目に見てもわかるほど生えていました。
b0093800_2248251.jpg

曇りで気温が低く、クロツが飛ぶ状況ではありませんでしたので、どっかにとまっとるんちゃうか?と探しましたが姿はなし。
次の手段として、ツメレンゲにクロツの痕跡を探すと、抜け殻を発見できました。
発生地であると確認できたので、最低限の仕事ができました。

次は山梨市の調査です。一宮の続きなのでいて当然と思ったのですが、ツメレンゲに全く痕跡を見出せませんでした。
おらんの?いやいや。
継続して確認してまいりましょう。
b0093800_22573268.jpg


次、春日居町です。居なくなったと聞いていますがそこはクロツ、戻ってきているかもしれません。
環境を知りたいとの思いもありました。

行ってみると、予想以上にツメレンゲが生えていることを確認できました。
もしかしておるんちゃうか?の期待に反して痕跡なし。
ここも継続確認になりました。
b0093800_2313621.jpg


次、石和町です。珍だと聞いていました。
本拠地は山の露岩地で、たまに飛来により発生することもあるという位置づけだと思います。
ツメレンゲは確認できました。
規模が小さいので、確かに継続的な発生は難しいかも。
でも、ここで発生するなら、春日居や山梨で発生してもオカシクナイゾ!と楽しい方向に思考は向くのでありました。
b0093800_6523378.jpg

ここも河川敷ですが、怪しい行動の家族を発見。
どう見ても何かを探している。
ツメレンゲを探しているの?

虫好き家族だったら、ひょんな事からつながりができるかもしれません。
ネットで公開しているので、分かる人だけわかるように?、ボケボケ画像で。
山梨No.のこんな車でした。
b0093800_712553.jpg


次は大きく移動して市川大門町。昨シーズンに探してツメレンゲが見つけられなかった市町村です。
河川敷ではないと教えてもらって、ようやく環境を見つけました。
上の方にツメレンゲが花を咲かせていましたが、親は飛びませんでした。
気温が低いといかんともできません。
低いところのツメレンゲを探しましたが、痕跡は見つけられず。
ピークは過ぎているでしょうし、そんなに甘くない。
来年以降の課題です。
カメラは車に置き忘れて歩いたので、画像はなしです。

最後に三珠町。
ここはウラゴを探した冬にツメレンゲを確認していたのですが、そこにはなかった。
無くなったか?私の記憶違いか?
まーよろしい。
時間も遅くなってきたので、ほかのツメレンゲを探しました。
川の横のばかでかい崖を双眼鏡で見ると、花穂が見えました。
本来の発生地でしょうが、手も足も出せません。

大きな転石が有ったのでチェックするとツメレンゲがありました。
ここにツメレンゲ。
踏み跡らしきものがありましたので、誰かが探しに来たのかもしれません。
b0093800_7185124.jpg

端っこにツメが有るのですが、岩しかわからんですな。


以上で終了。
ツメがある場所は分かったので、次回からはスピーディに回れます。

先に紹介したコメッチさんの『クロツ部屋』によると、山梨県の記録市町村は以下になっています。
その後、新たに見つかっている可能性はありますが、過去の記録を見ただけで広く分布しているのがわかります。いやー、便利、さすがコメッチさんです。

●山梨県の記録市町村(旧市町村です)
 甲府市; 山梨市;西八代郡六郷町;代郡下部町;八代郡三珠町;西八代郡上九一色村;西八代郡市川大門町;大月市;山梨県都留市;中巨摩郡白根町;中巨摩郡敷島町;東山梨郡春日居町;東八代郡芦川村: 東八代郡一宮町;東八代郡御坂町;東八代郡石和町;南巨摩郡鰍沢町;南巨摩郡身延町;南巨摩郡早川町;南巨摩郡中富町;南巨摩郡増穂町;南巨摩郡南部町;山梨県韮崎市;北巨摩郡須玉町;北巨摩郡長坂町;北巨摩郡白州町;北巨摩郡武川村;北巨摩郡上野原町

ネットで山梨県のクロツとしてブログでよく見るのは、韮崎、武川、くらい?
地名はブログに載っていないのでわかりませんが、もしここに書いた以外の市町村(旧市町村)でクロツがおると、新市町村となる可能性があります。
そうすると、発表モンの新知見。
生態画像でも国内では似た種類はいないので、十分報告できるでしょう。
新市町村分布発見者になれるかも。

世界初(新種発見)→日本初→県初→市町村初とエリアが狭まりますが、いずれにしてもタイトルホルダーって、楽しいと思いませんか!

まぁ、ええや。

山梨クロツに戻って、かってにコメッチさんの部屋から画像を拝借。
(だめだったら連絡ください、コメッチさん。見ていない?)


山梨顔の特徴は、1がまっすぐで一番下の点がでかい。
2が太いというのが、私の認識です。
間違っていたら、ご指摘ください。
b0093800_8183581.png

クロツって変異が多いけれどネットで検索しても、どんな内容かてこないという声を聞きます。
そりゃそうでしょう。
ネットで公開しても正式な記録とはならないので(今は)、時間を割いて書く人は居ません。
少なくとも、どの紙媒体に出てるって情報は得られるので、入手しましょう。
[PR]

by shimabito3 | 2012-10-27 22:22 | Comments(0)
2012年 10月 21日

神奈川のクロツ

10月21日。サイコーに天気が良い日曜日でした。
しかしながら、昨日の日記に書いたように風邪をひいてしまい、早起きする気にはなりませんでした。

そこで、近場の調査をやろうと神奈川のクロツをターゲットとしました。
藤野町のツメレンゲは過去に見つけているので、そこの確認及び、ネット上で見つけた愛川町のツメレンゲを探してみようとの企画でした。

そもそも、
静岡 or 山梨 or 群馬 or 長野+クロツ では山ほどヒットするのに、神奈川ではろくな情報がありません。
先輩関東ブロガーのみなさま、もちょっと近くのチョウチョもお願いします。
山梨まで行かなくても、神奈川にもクロツはおるんですよー。

同じ産地への人間の集中は、地元の方の反感を買う恐れがあります。
撮ったり、採ったりする時は周りに配慮する必要があります。ネットだろうが、カメラだろうが、知らない人がやってくるのは地元の人にとっては同じだと思っています。挨拶が基本です。

さて、冒頭で書いた愛川町のツメレンゲの文献はこれです。
http://nh.kanagawa-museum.jp/kenkyu/bulletin/36/bul36-6.pdf#search='%E4%B8%AD%E6%B4%A5%E5%B7%9D+%E3%83%84%E3%83%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B2'

神奈川県中津川のツメレンゲ群落、神奈川県立博物館研究報告(自然科学) (36); 39-42.tanaka,N.,2007
報告書がネットで見られるなんて便利な世の中じゃ!
でも、園芸用として持っていかれたら困るからと、地名は伏せられていました。

内容から、神奈川県愛川町の中津川堤防にツメレンゲが2006年にあったのは間違いありません。

ちなみに、神奈川のクロツの記録(伝聞)は、藤野町 相模湖町 愛川町 清川村となっています。
記録があって、ツメレンゲが有るんだから、クロツが居て当然でしょう。

またまたちなみにですが、

愛川町郷土博物館展示基礎資料調査報告書 第8集
愛 川 町 の 動 物 (抄録)1999愛川町教育委員会

http://loveriver.net/Minna/book/doubutu.html
では、
チョウ類ではクロツバメシジミ(シジミチョウ科)の再発見が特筆に値する.神奈川県では吉く半原の記録があったものの,その後の県産チョウ類の目録上にも現れることがなかった.半原の崖面に生育するツメレンゲに依存し,細々と生息している状況にあるので,その保全策が望まれるところである.

とあるので、もともとは崖に生息しているようです。

またまたまたちなみにですが、
http://www.e-tanzawa.jp/rdb06//2_detail.asp?spc=578
では、以下のようになっています。
b0093800_2084459.png

ⅠA類なのね。

前置きが長すぎました。
さて、探しましょー。
今回は強い味方があります。
これです。
b0093800_20182844.jpg


双眼鏡で怪しげな堤防をチェック!
24倍で見れば、花穂の立っている今なら発見は容易。
b0093800_20193849.jpg

しかし、あるのはオノマンだけでした。
発生することもあるのですが、おりませんでした。
b0093800_2021341.jpg


しゃーない、足で稼ぐしかありません。
川の堤防は両方にあるので、歩くと距離が倍になります。
町中をせっせか歩いていると、一人でお散歩ですか?と声をかけられました。
向こうは親切心と興味心から、話しかけてきたのでしょうが、一人で悪かったね、余計なお世話じゃ!と思いながら、にこやかにご挨拶をする私でした。
地元民と仲良しになる、これ虫探しの基本です。

車で移動+足、よー歩いたわー。
ついに発見、ツメレンゲ。
ブタツメじゃ。

マルバマンネンも有るので、レッドデータに書いている産地の一つは、きっとココに違いない。
もったいないので、ツメレンゲのアップだけ。
b0093800_2043224.jpg


居たのは、ヤマトさんと、ウラナミシジミさんでした。
クロツはおらんみたい。
ちょこちょこ痕跡を探しましたが、株が多すぎて全数チェックする気が起きず。
もう、シーズン・オフ?
いたら、まだ飛ぶでしょう。
居ないの?

よくわかりませんが、そこはクロツ、十年に一回発生の産地もあるとのことなので気長にチェックしていきましょう。

ツメレンゲを背景にヤマトと思ったけれど、ピントがツメレンゲ。
やる気のなさの象徴ですな。
b0093800_20333619.jpg


愛川町のツメレンゲのミッションは終了。クロツがおる予定でしたが、世の中そんなに甘くない。
今後のお楽しみに取っておくとして、藤野町に移動しました。

多分、さいせいきんさんが言っていたのと同じ場所。
西日が当たってええ感じ。

が、飛びません。
やっぱり、すでにシーズンオフなのだろうか?
b0093800_20542098.jpg

無理やり登れば、登れなくもありませんし、落ちてもすりむくくらいの安易な場所でしたが、今回は勘弁したると、イボタチェックを始めた私でしたが、こちらも見つけられずに終了。
まだ、他の木も含めて葉っぱが青々としているので、探すにはやりにくいですな。
まだ、ヒルも活動しているでしょうから、早々に退散したのでした。

お持ち帰りはなしでしたが、外で動くのは気持ちがよろしい。
ちっとは元気になったので、また新たな週頭を機嫌よく迎えられそうです。
[PR]

by shimabito3 | 2012-10-21 20:09 | Comments(2)
2012年 10月 20日

10月20日

雨でない土曜日に家にいます。
何しに行ったか?を期待してご訪問の皆様ごめんなさい。

理由は風邪をひいたから。
昨日はかなり調子が悪かったのですが、今朝は動けなくもなかった。

が、遊びに行くにはしんどく、同僚はお仕事をしていることを想像すると後ろめたくもあり、家にいたのでありました。

と言っても本調子ではないので、グータラしておりました。
もちょっと回復したら、月曜日は元気に会社に行けるかな?

明日・日曜は、天気次第、体調次第ですが、お出かけ予定。
 2日間寝ていたら、それこそうつ状態になるので、健全な月曜が迎えられません。

本当は、チョウシワルーと平日に会社もお休みしたいのですが、やることやらんと、締切に間に合いません。
代わりにやってくれる人、おらんし。
[PR]

by shimabito3 | 2012-10-20 18:09 | Comments(0)
2012年 10月 16日

また、広島

出張です。昨日の予定でしたが、本日火曜日に延期されたからです。
という事で、昨日は本丸でお仕事をして、また行ってきます。
早起きは辛いのう。
今回は日帰り、遊べません。

都会ってやつは、朝早くから電車が動いています。
人も動いておるところが、恐ろしい。
[PR]

by shimabito3 | 2012-10-16 05:12 | Comments(0)
2012年 10月 15日

クロツいろいろ

クロツの変異は、いろいろだということは、なんとなくだが広く知られていると思う。
知らんと言われたら、お話は終わりになってしまいますが、知らない人はそれなりに勉強してもらわないけません。

高梁顔 クロツバメシジミと検索すると出てきますので、これはメジャーな部類なのかもしれません。
USRさんからご指摘にあった前翅裏面は、中央黒点列と呼ばれているもので、変異が現れやすいようです。
適当な標本があれば良いのですが、手持ちの九州産で、クロツビアを作ってみました。
高梁顔は、濃い灰色に塗ったように黒点が位置すると言う理解です。
b0093800_22455938.jpg


シルビアは、ちょっと変だし、クロツも派手顔だし、高梁顔を説明するためのクロツビアを作るには不適だったかも。
クロツはMy-PC上に画像があったので、利用しました。斑紋の特徴から、福岡県宗像市地島産じゃぁなかろうか?シルビアは福岡県行橋市産です。
ここのシルビア、知っている人は知っていますが、知らない人は知らない、プチ自慢できるシルビアです。

ところで、各地のクロツを紹介したページがあります。
http://kurotubeya.choumusubi.com/
です。
クロツバメシジミの部屋、とのタイトルが付けられています。
どこにあるかというと、コメッチさんの、http://www2.bbweb-arena.com/kinaga-y/
「ようこそ、フタオⅡのホームページへ」の中です。ちょっと行きにくいので、あちこちクリックしてみて下さい。
そして、何かご入用なものがあれば、ご注文願います。

コメッチさん、かってにページを日記にアップしましたが、宣伝も入れたので、ええでしょ。
ダメなら、連絡ください。
[PR]

by shimabito3 | 2012-10-15 22:46 | Comments(0)
2012年 10月 14日

広島のクロツ②

10月14日
昨日は海に行ったので、今日は山のほうに行ってみました。
福山市は海にも山にもクロツは住んでいます。

結果は、何処におる?と福山市では見つけられませんでした。
油木→三和→上下と移動して、かろうじて2箇所でクロツを見ることができました。
天気が悪かったし、ツメレンゲやイワレンゲがあっても見たクロツは2頭。
山は終わってた?

油木のクロツ
b0093800_2352931.jpg

三和のクロツ
b0093800_2353166.jpg


三和のクロツって、なんかスゴクねぇ?って思うのは私だけ?

海と違う顔、後翅の黒紋がヤマトシジミとおんなじで、これって、高梁顔って言ってもええですよね。
広島県だけど。
[PR]

by shimabito3 | 2012-10-14 23:54 | Comments(5)
2012年 10月 13日

広島県のクロツ

10月13日 昨日の日記で書いたように広島に来ています。同僚は戻って働いていますが、そんな事をする気はありません。
あいつはつまらん!と思われるかもしれませんが、そのうち、あいつだから仕方がない、と思われるようになるでしょう。

と言うことで、広島の駅前に宿泊。レンタカーも予約していました。さすが広島、24時間営業のレンタカー屋さんがあり、早朝に出発したい私はありがたかった。

昨日の夜は、お好み焼きが食いたい!と言う私のわがままで、現地駐在の後輩君と軽く飲みながら食事をしました。
広島風お好み焼きは、他の県とは違います。あれは、お好み焼きではありません。
前回食べたときは、甘ったるくてまずいと思いましたが、さすが広島に住んでいるだけあって、おいしいお好み焼きを食わせてもらいました。
その他もろもろ、広島ならではかも、と言うのもありました。
たとえば、うにほーれん。個人的には別々に食ったほうがうまいと思ったりしました。

って、食い物の話は止めときましょう。

さて、早朝に広島を出発した私の最初に訪問した場所は、福山市の鞆の浦です。クロツの記録があり、過去に訪問をしたことがないので、どんな所だろうか?と興味があった場所です。

b0093800_2022867.jpg

b0093800_20234337.jpg


昔の町並みは道が狭く、車での探索はちとやりにくい、駐車場に車を止めて、徒歩で探してみることにしました。
b0093800_20432123.jpg

こんなところや、
b0093800_20275332.jpg
b0093800_2028985.jpg
b0093800_20283732.jpg

このお寺の石組みやら、
b0093800_20285551.jpg

屋根もチェック。
b0093800_20301525.jpg

どこにもツメレンゲが見当たりませんでした。
無くなったか?

しかーし、そこはそれ、クロツを探しなれている種類、ほかのエサを食うことを知っています。
そして、ツルマンにしては葉が細いマンネンに怪しい雰囲気を発見!
b0093800_20323758.jpg


どこにおる?とチェックして、蛹を発見。
あまりに小規模なので、たまたま通りかかったクロツがたまたま産卵しただけと思われ、親の姿はありませんでした。
b0093800_2035154.jpg


まー、勘弁したる。
おることがわかって十分満足したのでした。

ツメレンゲは渡船で行くことができる仙酔島に生えているということなので、そこからの飛来かもしれません。
本土側でも確認、それはそれでうれしい。
色は多少黒くなるでしょうが、天然なので、許してあげましょう。
(クロツは、親の裏羽の地色がツメレンゲを食った個体は白く、その他のマンネンでは黒くなります。)

その仙酔島です。手前のお寺?が見える島は弁天島、その向こうのでっかい奴です)
b0093800_20422028.jpg


次に向かったのは、旧沼隈町でした。今は福山市ですが、旧市町村にこだわりがあるのはいつもの事。
海岸線つたいにお隣の市町村なので、エサがあればおる!と踏んだのですが、肝心のエサがありません。

b0093800_2051752.jpg

先に進めなかったのですが、ずっとええ崖が続いていたので、どっかにはツメレンゲが生えているのでしょう。

画像の説明を、よそ様のページからコピペさせていただきました。
阿伏兎岬の10mの岩頭に建つ観音様。本尊は、石仏十一面観音で航海安全の祈願所として、また子授け観音、安産の守護として昔から知られている。寛文7年(1667年)、福山藩主水野勝種が石垣を築き、鐘楼や回廊をつけて、現在に近い姿となった。

そう、安産の守護からなんでしょう、こんな絵馬?がたくさん。
b0093800_2056515.jpg


尾根越えすれば遊歩道があるようでしたが、行く気が起らず、次に進みます。
次なるターゲットは内海島、旧内海町でした。
実はここ、ウラゴを探しにきたことがある島です。その時は、ええ環境にイボタ、絶対おる!と信じて探したけれど、発見には至らなかった島でもあります。

イボタの量からしていておかしくありません。ウラガーの皆様、時間があったら探してみてください。
でも、今回はウラゴ目的ではないので、海岸線を責めました。

どこにおるんじゃ?と崖を見上げながら海岸線を歩いた結果、ツメレンゲを発見しました。
でも、とってもデンジャラス。完全な岩の崖なら登れますが、土が混じったような崖だったので、滑ってとても危険でした。
登れる場所を探して何とか這い上がると、まーまーのツメレンゲの量でした。
しばらく待っていると、クロツがぴらぴらと飛びました。ツメレンゲ群落の端っこに到達するのがやっとなので、とても撮影なんて無理。
落ちたら、命はありません。

と、向こうを見ると崖のしたに釣り人がいて、その上のテラスににもツメレンゲらしきものが生えていました。あっちの群落のほうが大きいみたい。
と言うことで、ぐるっと迂回して、行ってみましょう。
こんなガケです。
b0093800_21185532.jpg

近づいて見上げると、生えていました。
b0093800_2120552.jpg

木が生えている場所までは登れます。

あー、いっぱいある!。
でも、これ以上は無理。
ここも落ちたら怪我だけでは済みそうもありません。
b0093800_21225173.jpg

遠くを数匹のクロツがちらちらしていましたが、こっちもとても撮影できる状況ではありませんでした。
ということで、クロツをお見せすることはできません。

さて、次です。
隣の島、横島に向かいました。初めての島、ここからがウラゴチャレンジでもあったのですが、クロツもウラゴも、エサすら発見できませんでした。
それなりに歩いたのですが、残念。
この島、ウラゴはおらん気がします。山が乾きすぎていました。

クロツも厳しそう。
その根拠は、歩いた範囲ですが、こんな岩質なんです。
b0093800_2131419.jpg

わかりますか?ぽろぽろ崩れるんです。
岩の割れ目に根を張るツメレンゲには不適な岩質だと思っています。
環境は、内海島と一見似ていますが、
b0093800_21332181.jpg

茶色い砂で、海水浴ができそうな海岸はだめ、磯遊びができるような場所がええと思っている私です。
今日はもうおしまいです。
残り時間があまりありません。
関東からは遠いのですが、過去ではありますがマイフィールドだったので、探し物中心で行きすぎました。

クロツの親を撮影できていないのは、ちと寂しい。
止める前に旧因島市に寄り道しました。過去にクロツは確認済みの市町村です。
その時は、おおきな崖にツメレンゲがありました。

そこに向かう途中、小規模にツメレンゲはあったもにのクロツはいなかったところをチェックすると、クロツがちらちら。
あれ、今年はここでも発生してるのね。

いつもいないところに発生すると、クロツとツメレンゲの数のバランスが崩れ、ツメレンゲが食い尽くされることがあります。himesijimiさんがいう、ビックバンですが、近いことが起きていました。
多くのツメレンゲがちりちり。
b0093800_21554735.jpg

食い尽くさないといいんですが、どうなることでしょうね。

画像は、うまくいかなかったカップルとうまくいったカップルです。
b0093800_21564633.jpg
b0093800_2157796.jpg

ツメレンゲ食いなので、白いのはええんですが、
やっぱり、九州のツメレンゲ食いは本州に比べて黄味が少ないとの印象があったのですが、中国以西のクロツは黄色くないんじゃないの?。

さて、さて今は福山のホテルに落ち着いています。
明日も遊んでから新幹線で関東に戻ります。
[PR]

by shimabito3 | 2012-10-13 20:22 | Comments(0)
2012年 10月 12日

広島県

今、広島のホテルです。
お仕事で来ています。昨日日帰りの予定でしたが、顧客の都合で金曜になりました。
だったら、週末はこっちにいるのが当たり前でしょう。
そう考えるのはおかしい?

九州に住んでいたら、日帰り圏内でしたが、関東に引っ越したらそうはいきません。せっかくに機会なので遊ばせてもらいます。
[PR]

by shimabito3 | 2012-10-12 23:21 | Comments(0)