<   2013年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 26日

2月26日

出張で静岡に来ています。
お昼休みにガサゴソしたら::::
ウラゴの産地が近いのですが、足がない。
しゃーないですな、お仕事ですから。

でも、仕事で来るようになって、静岡県が身近になったことは確かです。

それまでの静岡は、車で東名を走行したらずいぶん時間がかかると言う、つまり、通過する場合が多かったのですが、いやいや侮れません。
いろいろ、楽しいです。
[PR]

by shimabito3 | 2013-02-26 20:19 | Comments(0)
2013年 02月 24日

2月24日 伊豆東部のウラゴ

昨日の土曜日はお仕事、5時には帰ろう!なんて言っていましたが、思うように進まず、終了は11時になってしまいました。しかも前日は夜更かしをしたので、かなりヘロヘロ。
でも、せっかくの天気が良い休日の日曜です。家に居るなんて気はさらさらございません。
早起きして出かけようとはさすがに思えず、比較的近くの伊豆半島の東の根本、熱海市、伊東市を攻めてみることにしました。熱海と言えば、観光温泉都市としてチョウ有名です。が、新幹線のこだまに乗った時に停車するくらいで、熱海を目的地とした事は有りませんでした。所謂、未踏の地?です。

ルートは、海沿いを選択。西湘バイパス→真鶴道路を利用。朝日にキラキラする海はとっても、きれい。
夏は、所謂湘南エリアですので、激コミですが、冬の朝なので、スムーズに走行できました。

さて、1番目の目的地の熱海市は地図を見ると、海岸線から直ぐに等高線が密なので、海から直ぐに斜面がきついことが見て取れます。緩やかな斜面にある池、川、田んぼなどから水を連想して、イボタがありそうな環境は地図からは読み取れません。

しゃーない、端っこから攻めるか!と神奈川県に近い側から、川が流れ、谷となっている場所に進路を決め、イボタを探し始めました。
結論から言うと、イボタはありました。北部は、まーおるかな?程度でしたが、中部は絶対おると言う感触。
でかいイボタが多いこともあり、ウラゴは見いだせませんでしたが、周りの分布状況からして生息していると思います。
どんな顔か興味があるエリアですが、見つからないことから、数は多くないと思いました。1日の行動ですので、他にええ場所が有ったのかもしれません。特に北部は、かなり山の上の方までまで民家が存在して、やりにくいと感じました。

季節の便りとしては、途中熱海梅園で梅まつりが開催されていました。会場の横を通過したところ、駐車場は満車、かなり盛況な様子でした。また桜が開花していました。ソメイヨシノではなく、ピンクの色が強くて少し派手、あれが河津桜と言うのかな?、本格的な春までもう少しです。

続いて伊東市に入りました。ここも観光温泉都市ですが、熱海よりは広く、探しやすい。
大室山周辺にはイボタも生えていました。
が、イボタは有っても、なかなかウラゴは見つかりません。
かなり探して、やっとこさ、見つけました。
かなり、大変でしたが、なんとか。
標高が高いせいだと思いますが、まだ未孵化でした。

なんにも見つからず、ただのドライブにならなくてよかった!
そう、見つからなかったら、虫探しではなくて、ドライブと言うタイトルになってしまいます。

今日の結果を追加したマップです。
伊東市;確認済みなのでブルー、
熱海市;探したけれど見つからなかったのでグレーに色付け。

b0093800_2245787.gif


奥野ダムでダムカードをもらいました。
himesijimiさん、お持ちですか?
お持ちでなけでば、進呈いたします。
このダムの周りは、イボタはちょっぴり。車が入れなかったので歩きましたが、二度と歩くことは無いでしょう。
[PR]

by shimabito3 | 2013-02-24 21:59 | Comments(0)
2013年 02月 19日

2月19日 雪

日中に雨から雪に変わりました。
びちゃびちゃな雪、明日の朝は凍結するかも。
まだ2月なので、当たり前の気候でしょうが、孵化したウラゴはさぞや寒かろう。

たばこのマイルドセブン、メビウスって名になってました。

検索すると1月からだったんですね。
文字は変わっていましたが、絵柄は同じなんで気が付かなかった。
人って、雰囲気で認識しているんだなって思った次第。
[PR]

by shimabito3 | 2013-02-19 23:04 | Comments(0)
2013年 02月 17日

2月17日 静岡のウラゴ・続き

掛川に一泊して、静岡のウラゴ分布調査を続行しました。
未調査エリアはまだまだ多いのですが、まず磐田市をやっつけようと地図を広げると、桶ケ谷沼が目に留まりました。
平らで開発された場所、或いは等高線が詰まった急な斜面が多い磐田市なので、行くならココでしょう。
到着すると、自然環境保全地域に指定されている旨の看板が有りました。ベッコウトンボの生息地として知られているらしい。
虫探しをしたらダメなのだろうか?
保護地域と書いてあるので、きっとダメなのでしょう。
とは言え、せっかく来たのでどんな環境か散歩がてら歩いてみました。
緑は多いのですが、何となく管理された公園と言う場所。イボタも少ないながら有りましたが、幼木は雑草として抜かれるのだろうか?大きな木がほとんどでした。
まーそれなりにチェックしましたが、ウラゴは見つかりませんでした。
がさがさやるには気が引ける場所と言うのも有りますが、これなら付いているだろうと思える木にも卵なし。
その後、ビジターセンターを見学。
昆虫の標本も置いていました。それなりに詳しい方が、静岡を中心に一般の方にも理解できるような展示の仕方をしているなと言う感想です。
標本箱の上に厚紙を置いており、捲って見る仕組み、少しでも退色を防ごうと言う配慮に感心したのでした。桶ケ谷沼の蝶の記録が有り、62?だったかなの蝶が確認されているそうです。
その中で、ギフチョウ、クロシジミ、オオミドリシジミと言う名前がありました。
へぇ~、と思って検索すると、昔はイワタカンアオイを食草とするギフチョウが居たそうです。
オオミは静岡ではかなり少ないと聞きますが、今でもおるのだろうか?
クロシジミはどうでしょう?

で、ウラゴの記録はと言うと、リストに有りません。
イボタは有りました。
隣の浜北と袋井では自分も確認しており、居てもおかしくないエリアなのになぜ?
調査不足なのか、本当に居ないのか?、
居ないのならば、その理由が地形の成り立ち上に有るのか?
ちょっと、興味が出てきました。

ネットで調べると、駿河の昆虫 No.213 (発行:2006年3月10日)磐田市桶ケ谷沼のチョウI 5913~5917
と言うものがヒットしました。
この中に、ウラゴが有るかどうか知っている方、おられましたら、連絡していただけると嬉しいです。

ビジターセンターのページも有りましたので、興味が有る方はどーぞ。
http://www.city.iwata.shizuoka.jp/okegaya-vc/okegayanuma.htm
磐田市で他にウラゴがおるとしたら、可能性が有るのは、御前崎市のように海岸近くになるのでしょうが、今回はパス。

森町に移動することにしました。清水の次郎長一家、森の石松の”森”です。
磐田市から袋井市へ入った辺りで、イボタを感じたので停車、歩いていくとイボタが有りました。
チェックすると、ウラゴも見つかりました。
見つかる時は、見つかるんです。孵化していなかったので、お持ち帰り。もしかしたら、死卵かもしれません。
市町村境から1kmも離れていない場所でした。
先に進んで、道端にイボタが1本。もしかしてと見るとウラゴの卵が付いていました。
過去に確認している市町村ですし、既に孵化していたので、そのまま放置。

森町に入るとイボタが有りません。
探すと見つからんものです。
それなりに探したけれど、無いものはない。
やーめたと、これまた未確認の市町村、浜岡町に移動することにしました。
大きく移動になり、道々イボタチェックをしました。
そして、森町の東の端近く、雰囲気がよくなり、線路の脇でイボタを発見しました。
線路の脇では入れません。

だとすると、ここどうよと移動、脇道に入って、ウラゴを発見。
既に孵化していました。
いる事が分かったので十分です。
一枝だけお持ち帰りしました。幼虫が居なかったら、また来ましょう。

さて、目的の浜岡町。
地図で目星を付けたところは外れ、イボタが有りませんでした。
次に行った先は当り!、イボタがあり、難無くウラゴも発見できました。

しかしここも孵化していました。
穴が開いた卵に太陽を反射させると、空の卵は底がキラキラするので分かるんです。
穴が開いていてもまだ孵化していない卵はそうはなりません。知ってました?
何処かおらんか?と探して2幼虫を見つけました。
出たてのようで、枝を歩いていました。
ここのイボタ、芽はまだまだ固いのですが、幼虫の食うものある?と心配になりました。
ちょこっとやって、孵化した卵は放置、未孵化のものを持って帰ることにしました。

日も大分傾いてきました。
そのまま帰っても良かったのですが、最後に榛原町の環境だけでも見ていこうと移動しました。
イボタが多い場所を発見できました。きっと居ます。

さて、結果を入れた静岡マップです。
探したけれど見つからなかった市町村をグレーにしました。
もしかして、分布に空白地帯が有る?
b0093800_2211895.gif

[PR]

by shimabito3 | 2013-02-17 20:41 | Comments(0)
2013年 02月 16日

2月16日 大井川のウラゴ

パワステの修理も終わったことだし、静岡県は大井川に行くことにしました。
かつて、ミヤマシジミを探して、ウラゴを見つけた中川根町、今は本川根町と合体して川根本町も大井川沿いの市町村です。
鬼怒川で、河川敷パターンを学んだので、応用が利くか?の検証も兼ねていました。

パワステの調子は?と言うと、ハンドルを切ると曲がります。
当たり前やんか!と思われるでしょうが、力(抵抗)を感じることなく曲がるのです。
こんなんだったけな?踏ん張っている感じがしないので、限界が分からんのです。
タイヤの寿命がますます短くなりそう。

ウラゴの話に戻りましょう
新東名を島田で降りて、大井川を遡上していきます。この新東名は、内陸部を走っているので、お山方向に向かうのにとっても便利です。
河川敷の状態は?と言うと、荒れた広い河川敷有るんですが、私のイメージ雑木林になっていません。
鬼怒川とは感じが違うと言う結論になりました。
場所によっては雑木林があり、前述の中川根のウラゴもそんな環境に住んでいますが、全体的には違うようです。
と言う事で、普通パターンでウラゴを探しました。脇道にそれて、イボタがありそうな環境を探していきます。
まず、金谷町、今は島田市と合体して島田市です。
一か所目、支流の道横の雑木林でイボタみっけ、これはウラゴもおるな!というイメージを持ちましたが、残念ながら確認には至らず。今後の飼育に為に枝を数本切って、エサを確保しました。芽は既に動き出しているので、ビンざしですぐにエサとして使える状態でした。

支流を変えて2か所目、またイボタを発見しましたがウラゴの確認には至らず。奥に進むと、感じが悪くなったので引き返してねちねちやって1卵塊確認。
どうやら、生息密度は低そうです。

地図を見て、川根町に移動しました。今は島田市に編入されています。
脇道でイボタが沢山生えている場所を発見。
絶対卵が付いているだろうと思えるイボタですらウラゴを確認できず。
なんでやねん!?
おおい川じゃなくて、すくない川やんか、と思ったことは内緒です。
でも、ここ川根じゃなくて、オリジナル島田市だったんです。
見つかっていたとしても、あとでがっかり、と言う事になったでしょう。

あー、過去に見つけた場所に行くか、と中川根に移動しました。
もちろん途中でもイボタを見てきましたが、全然付いていません。

目的地に到着しました。夏と冬では景色が全然違います。
藪の中に、思ったより多くのイボタが生えていました。
夏に卵を確認して、そのまま放置してきたので、どこかにあるはず。
でも、見つかりませんでした。
なんで???

多くのイボタに蔓やなんやらが絡んだり、かぶさっていたのでお掃除して終了。
夏に、卵を産みやすくしたので、来シーズンはバンバン産んでくれるでしょう。

今回、新しく見つけた市町村は金谷町のみ。それがフツーで、今までが出来すぎでした。
マップの更新です。
もしかして静岡のウラゴって内陸部に少ないのではなかろうか?
b0093800_20474562.gif

[PR]

by shimabito3 | 2013-02-16 20:44 | Comments(0)
2013年 02月 15日

2月15日 帰ってきた。

パワステの修理完了。

はえ~な、おい。と言う感じです。
帰宅が遅い私なので、営業中には取りに行けません。
なので、アパートの駐車場に届けてくれます。

コンビニ感覚で便利。。。
きめ細やかなサービス、日本的だと思いました。
でも、修理屋さんと仲良くなるってのも、なんですな。

まぁ、いいや。
明日、どこいこうかなぁ。
[PR]

by shimabito3 | 2013-02-15 22:26 | Comments(0)
2013年 02月 14日

2月14日

車のパワステが壊れた件、やっぱり油圧ポンプだった。
交換しなければならないようです。
めったに壊れない部分とか。

リビルドでもなんでもええから安くてと依頼したけれど、モノが無く、新品に交換しなければなりません。
諭吉さんが飛んで行ってしまいます、ふぅう。
[PR]

by shimabito3 | 2013-02-14 21:55 | Comments(0)
2013年 02月 13日

2月13日 帰ってきました。

オモステの車で帰ってきました。
カーブがきついところは、東名でもハンドルを回すのに力が必要でした。

電話で、近くの修理屋さんに依頼して入院する手はずをとりました。
部品さえあれば、そんなに時間がかからないはずです。

週末は無料で代車が利用できます。
お得意さんですから!
あんまり、嬉しくない・
[PR]

by shimabito3 | 2013-02-13 20:18 | Comments(0)
2013年 02月 12日

2月12日 フェイススブック

実名でやり取りするってことぐらいしか認識していませんが、ちょっと前から参加しています。

そのフェイスブック、最近お友達リクエストがちょくちょく来るようになりました。
何でだろう?

と、疑問に思っています。
使い方がよく分からないんで、深入り?有効利用?、出来ていない私なのに。

でも、このブログの事は書いていません。
お友達、或いは虫関係の知人に、アホなことやっとるなぁと思われても問題なしですが、それ以外の人に実名から検索されて個人的行動を読まれるなんて、なんか嫌なんです。
そう思うのって私だけ?
[PR]

by shimabito3 | 2013-02-12 21:43 | Comments(2)
2013年 02月 11日

2月11日 静岡~愛知のウラゴ Ⅲ

連休最終日でした。明日から静岡でお仕事なので、帰りの渋滞の心配は有りません。
今日もお泊りです。

今日も良い天気、よしよし。
ゆっくり起きて、まず旧豊岡村を攻めようと企画。天竜川の西の村、磐田市、福田町、竜洋町、豊田町、豊岡村が合体し磐田市になっています。
小さな市町村はほとんど無くなった静岡県です。

天竜川沿いを走ってみましたが、開けすぎていて雰囲気が無かったので北上しました。
谷に入ってみましたが、イボタが有りません。
照葉樹で急坂の環境は、どーもあきません。
別のルートで北上、虫生と言う地名が有ったので、どんなところだろう。
虫の字が付く地名って、なんだか楽しくありませんか?
”むしゅう”と読むそうです。
こじんまりとした集落で、温泉があるそうですが、そのまま通過、高度を上げていきました。
道はダートになりましたが、ナビを見ると抜けられそう。
環境を見ながら進んだら、杉の植林あるいは照葉樹、感じるものが無いので、車から降りることも有りませんでした。豊岡村、難しそう。

道は峠を越し、天竜市へと下って行きました。舗装道になったのは良いのですが、狭いくねくね道、前から車が来るとちょっと大変。すれ違ったのは1台ですが、脇に乗り上げて避けてなんとか通過。
が、ここでアクシデント。ハンドルがむちゃ重くなりました。

パワステがなんかおかしいと思ったのは、9日の夕食の後で、ハンドルの切れがなんか不自然だったのですが、ここで完全に油圧を失ったみたいです。ダートを走ったのがまずかったか?。

所謂オモステ状態、曲がるのに力がいります。
あー、最悪。

下っていくとイボタが出てきたのですが、数本ちょろっとチェックするも見つからず。
テンションダウンなので、見つからなくて当然でしょう。

しばらく下って、圏外から脱出したので、ナビで近くのカーディーラーを探して、電話をかけました。
連休なので、営業しているか疑問でしたが、見てくれるとの事。
ラッキーはぎりぎり残っているようです。

パワステを失った車のハンドルは、とてつもなく重いんですね。
気合を入れてハンドルをまわっさないと、曲がれません。

なんとか、修理工場付のカーディーラーにたどり着いてみてもらうと・・・・・

オイルもベルトも異常がないので、ポンプが壊れたのではないかとの見立てでした。

と言う事で、直ぐには修理できないことが決定。
一番恐れていたのは、ハンドルがロックして曲がれなくなる事でしたが、それは無いと言う事。
修理をお願いしたかったのですが、部品屋さんがお休みで、それもムリ。

万事休す、諦めるしかありません。
神奈川に戻ってから、修理しましょう。

ちなみに、ポンプは一体型で5万なにがしだと言っていました。
チョー高くない?
この前ブレーキパッドが無くなったので交換すると1本3.5万でした。
これもチョー高い。金食い虫の車だ。

所で、現在の走行距離は10万キロ目前、あちこちガタ来る頃なのだろうか?
今どきの車は10万キロなんてへっちゃらだと思っていましたが、きっと消耗品扱いの部品は10万キロ耐久を目安にしているのでしょう。

あー、おしまい。






















と普通はなるのでしょうが、せっかくここまで来ておめおめホテルに帰る気は有りません。
安パイだろうなと思っていた湖西市に行くことにしました。
愛知県と接している静岡県の市町村です。
この2日の結果からして、ウラゴは生息していて、数もそれなりのはずです。
途中で、雄踏町、舞阪町、新居町を通過するので、環境も確認できます。

雄踏町通過。。。。通過した範囲での感想ですが、いなさそう。
舞阪町通過。。。。通過した範囲ですが、いなさそう。
            狭い町なので、かなり絶望的。
新居町通過。。。。お、もしかしたらおるんちゃうか?の感じ。調べる価値ありと判断しました。

さて、本命の湖西市、初めに止めた場所にはイボタは有りませんでしたが、2か所目はイボタあり。
巨大な木のそばに止めて、ちぇっくすると死卵ながらウラゴの生息が確認できました。
が、イボタは少ない。
その後、チェックしたイボタは4本ですが、3本に卵が付いていました。
湖西市完了。

強制飼育スタートなので、エサが必要です。
イボタが少ないエリアでエサ取りは止めようとの配慮から、愛知県豊橋市に行くことにしました。
地図を眺めた地形から多分イボタはある。

目的地近くになると、道は狭くなり、急角度で曲がらなくてはならないので、運転が大変でした。
パワステさまさまなのを実感。
世の中、いろんなことが経験で来て素晴らしい、なんて思わないとやってられません。

何とか思った所にたどり着いたら、予想が当たってイボタが多い。
まー、せっかくだからとウラゴを探した結果、生息も確認。
イボタが多い分、1本当たりの期待度は下がりますが、個体数はイボタの数からして多いと予想されました。

時間も押してきたので、宿泊先に行っても良かったのですが、せっかくなので、雄踏町をチェックしましょう。
ここええんちゃう?と予想した地点をナビにセットして走り出しました。

しっかし、ハンドル重過ぎです。
過去にパワステが無い車に乗っていましたが、こんなんじゃなかった。
再度、先ほどのカーディラーに電話しちゃいました。

私:「異常感が有るんですけど?」
ディラー:「エンジンを止めてハンドルを切るのと同じですので、かなり重くなります。タイヤが太いのでなおさらです」
との会話がなされました。

むちゃ重くて当然のようです。
故障ですので、パワステなしの車とは比較してはダメでした。

さて、雄踏町、休耕田?みたいな場所の前に巨大なイボタが1本。ポツンと、あまりにも独立していたので、ダメだろうなと思いつつもチェック。大きいので、付いていそうな場所のみを確認しましたが、ウラゴなし。

休耕田?みたいなと書いたのは、かなり荒れてて、草の密度も高いからで、入るのに躊躇しましたが、今後のためにも行ってみましょう!

・・・・・・・・・・・・・ドボン・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あー、ぐじゅぐじゅ。ずぼんと靴が泥だらけになりました。

有ったのは小さなイボタが2本、卵は・・・・・なし。
直ぐに暗くなったので、本日は諦めましたが、多分おるでしょう。

これにて、静岡、愛知県境付近のウラゴ調査はいったん終了。
密度的に濃いエリアと言うことが分かりました。

この3日間で見つけた産地は全部で12か所でした。
愛知県は4市町村、静岡県は6市町村。

kuronekoさんのお力沿いもあってこその結果、お世話になりました。
ありがとうございます。

で、本日の結果を入れた静岡マップです。
b0093800_20432686.gif

[PR]

by shimabito3 | 2013-02-11 20:43 | Comments(2)