<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 31日

3月31日

ギフを見に行きたい!と思う気持ちはあったけれど、本日は全国的に冷たい雨でした。
皆様、悔し涙を流した?
私は、虫探しの土俵すら上がれず、お仕事でした。

担当では無いけれど、お助けヘルプ!のお願いをされては、やらないわけにはいかんでしょう。
困った時はお互い様、必要とされているだけでもありがたいと思わなければいけません。



で、昨日は?と言うと、あっちこっちでギフ確認の情報はネット上に流れていましたが、私はウラゴのえさとり。
気温が低かったので、まだまだと思っていましたが、今年のギフの発生は早いようです。

孵化しなかった産地やミスで育たなかった伊豆中部を駆け足で訪問しました。+アルファの場所で幼虫を見つけましたが、自分の中では既存産地回り。
そんな、一度訪問した産地でも、見たはずの木に幼虫がしっかりついていました。
自分の目の節穴に乾杯!
失敗が取り返せました。

徹底的にやらず、ちゃちゃっと見て次!って、やっぱりいいかも。
[PR]

by shimabito3 | 2013-03-31 23:59 | Comments(2)
2013年 03月 24日

3月24日

22日金曜日は送別会、気持ちよく送ってあげたかったので飲み過ぎた・・・
ギフを見に行きたかったけれど起きられず。
飲んで帰ってきても、ウラゴのエサ替えは待ってくれず、直ぐに就寝できなかったのが敗因。

と言う事で、23日土曜日は比較的近場、神奈川県寄りの静岡県でエサとり&ウラゴ探し、でした。
裾野市で2か所ウラゴの発生地を確認できました。
餌を持って帰って、新鮮なものに交換。てな事をやっていると、また寝るのが遅くなり、目が覚めたら7時。

と言う事で、24日は近場の神奈川県内をうろちょろ。
松田町でウラゴの発生地を確認できました。やったぜ!
[PR]

by shimabito3 | 2013-03-24 22:26 | Comments(0)
2013年 03月 17日

3月17日

15日の記事に、寒いので週末のギフはムリ?と書きましたが、週末は気温が上がって、発生が始まったようです。
場所は静岡県の枯山、保護されていて見に行くのは簡単、数も多いと聞いていますので、初見が出やすいのでしょう。

私はと言えば、やっぱりウラゴのえさ取り。
切ってきたイボタは1週間もビンざししていると元気がなくなる、いや、使ってなくなるので、毎週のエサ確保は必要なんです。

葉っぱは大きい方がええので低地が候補、孵化しなかった場所の静岡県三島市に行ってきました。
ミシマノウラゴ、裏面が変わった個体変異があると聞いたので、親が見たい。

こんな環境です。
b0093800_21291772.jpg

天気も最高!で、いかにもって感じでしょ。
でも、数は多くないようで、予想に反して時間がかかりました。
この産地を12月に見つけた時は、通りすがりに見た1本目のイボタに卵が付いていたのですが、それが、ラッキーだったようです。
今回幼虫が居たイボタは、デカい木。卵だとムリだったでしょう。
え、餌とりに行ったんじゃないの?と指摘されそうですが、まだウラゴ、探してます。
他のエリアはどうか?とかなり狭い道も走りましたが、イボタが有ったのは見つけた場所のみ。
前述の変なウラゴの産地は何処かは不明との事でしたが、探した感触からして産地は限定されるので、同じ場所ではなかろうか?と思っています。
行きつく所は一緒、と言う事は良くあるので、可能性はそれなに高いはずです。

次は裾野市、かなり手こずりました。
標高が高い神奈川県よりには居ると想像していますが、探すエリアは低地限定でした。
地図を見て、ここ行こう!とナビにセットしても案内してくれませんでした。
理由は、詳細な地図に設定したら出てくるような、細かな林道までは検索してくれない為でした。
多分、ナビの性能にもよるのでしょうが、そんな林道までルート検索すると時間がかかり過ぎるのでしょう。
裾野市、イボタがあまり生えておりません。

ナビが案内してくれないような林道の3本目で、これはおるやろ!のイボタを発見できました。
b0093800_21441027.jpg

ウラゴの幼虫は独自の食痕を残すので、多少木が大きくても探せます。
ん?これは!の食い後が有ったので、懸命に目を凝らしましたが、幼虫は見つかりません。
最小でも1mm程度にはなっているはずなので、絶対見えます。
が、見つかりませんでした。
なんで?
卵の抜け殻は2個見つけたので、居たことには間違いない・・・
冒頭の、”かなり手こずった”のは、産地を見つけるのに手こずったわけで、
幼虫は見つけられなかった。

その後も探し続けましたが、時間切れ、と言うか嫌になって撤収決定。
エサ取りも目的の一つなので、半分はミッションクリヤー。
抜け殻が付いていた枝はエサ用に持って帰ったので、しばらく様子を見ます。
もしかしたら、幼虫がどこぞかに潜んでいるかもしれません。

箱根を超えて帰ろうと思ったのが大間違い。
激混みでした。
桜もまだ咲いていないので、普通に走れるかと思ったら違ってた。

渋滞している車からの箱根登山鉄道です。
b0093800_21552488.jpg


下の方ではイボタも多くあることも確認できました。
ウラゴもきっとおるんでしょう。
[PR]

by shimabito3 | 2013-03-17 21:56 | Comments(2)
2013年 03月 15日

3月15日

三寒四温、よく言ったもので昨日は寒かった。
今週末にギフ発生のニュースが聞けるか?と期待していたがムリ?
[PR]

by shimabito3 | 2013-03-15 07:03 | Comments(0)
2013年 03月 11日

3月11日

震災から2年が経過しました。当時は九州に居たので、直接地震を感じることは有りませんでしたが、生活そのものには大きな影響がありました。

本日は抜き打ちの防災訓練。
やることは同じなので、突然やっても意味ないやんとも思いましたが、それはペーペーの思う事で、指揮系統の役割分担をちゃんとできるか?を確認するには役に立ったのかもしれません。
気温が下がるとの予報でしたが、お日様は暖かったのは助かった。寒いと風邪ひいてしまう。

昨日のモンシロチョウです。その他、モンキチョウ、キタテハ、テングチョウを目撃。
飛んでいる蝶は見ると嬉しくなります。
b0093800_23154515.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2013-03-11 23:16 | Comments(0)
2013年 03月 10日

3月10日 神奈川うろちょろ

いよいよ、春です。モンシロチョウを個人的初見できました。
本日の横浜の最高気温は24℃、東京都心なんて25℃まで上昇したとか。
観測史上一番早い夏日だとニュースで報道していました。モンシロが飛んで当然な気温、と言うより暑い!と言う感覚を覚えました。
早い地方のギフも秒読み段階か?と思いきや、明日は冬に逆戻りで気温は急降下するとの予想です。
気温差は、なんと20℃、皆様、体調管理には十分注意ください。

タイトルに有るように、今日は神奈川をうろちょろしていました。飼育中のウラゴのエサ不足と言う失態をおかし、昨日9日はイボタを確保、エサ替えを遅くまでやったので、早起きをしたくなかったと言う事と、屋外のウラゴはまだ小さく、見つけにくいので頑張る気力が起きなかったのです。

と言う背景で、どのくらい成長しているの?と近場の神奈川県の低地に様子を見に行くことにしました。
場所は大磯丘陵一帯、黒いウラゴが住んでいるエリアです。
朝七時に出発、夏だと渋滞している時間ですが、今の時期は大丈夫、車が多いもののスムーズに進行できました。
でも、この交通量は多いけれど、中途半端にスピードは出ていると言う状況は危険です。特にバイク、すり抜けるように走るので、進路変更をする際は十分に確認する必要が有ります。バイクと自動車の事故を2件目撃しました。
皆様、車の運転には十分注意ください。

結果は、まだ小さい。見えるけれど、よく見ないと見過ごします。
ずらっと列挙します。
大磯町。
こんな環境で、
b0093800_2121372.jpg

こんな幼虫。
b0093800_2125050.jpg


大磯町別場所。
b0093800_2132299.jpg

b0093800_2134784.jpg


中井町、あちゃー、大幅な環境整備、イボタが大幅減少。
b0093800_2183290.jpg

イボタが少ない分、1本当たりの幼虫は多いみたい。今後、数は減ることが予想されます。
公園みたいなさっぱりした環境は、ウラゴには不適だと思っています。
b0093800_21105853.jpg


初めていきました、二宮町。
見つけたイボタは大きなもの一つ。
卵は付いていましたが、孵化していたのは一個だけでした。
これも、やばい?
b0093800_21132074.jpg

別の枝で幼虫を1っこ見っけ。
よく見つけられたものです、ちっちゃー。
b0093800_21143716.jpg


平塚市、本丸は別場所に有りますが、ここにもいます。
b0093800_22462257.jpg

b0093800_22463320.jpg

幼虫も一個見つけましたが最小サイズでした。

小田原まで足を伸ばしましたが、イボタを見たのは1本、天気も悪化してやーめたと撤収決定。
帰りは、何時ものところで渋滞、ヤレヤレ。
西湘バイパスをここでおりました。
b0093800_2252824.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2013-03-10 20:39 | Comments(0)
2013年 03月 03日

3月3日 ひな祭り

今日は桃の節句。
私はいつものようにフィールドに出てました。

目的は、バカの一つ覚えのウラゴです。
飼育している幼虫のエサ取りと、分布調査の続行でまた静岡県。
未調査の、富士川下流を探しました。
まず、富士宮市。大きな市ですが、他もまわりたいので、目的地は富士川沿いでうってつけ。
町中を走っているときは、雰囲気はまったく有りませんでしたが、富士川付近は林が残っていました。
走行中もイボタがチラチラ見えましたが、そこそこの交通量があり、車が止められません。
やっとこさ脇道にそれて、ダートな空き地に停車、そして、1本目のイボタでウラゴ見っけ。

当然孵化しています。
幼虫おらんか?と探すと、1mm程度の大きさでした。
やっと見えるサイズです。
あっけなく富士宮市終了でした。

これは地面に近いところ、太い部分に産卵されていた例です。
デカイイボタは、太い所を見よ!
今年、新たな格言が出来ました。
b0093800_0273547.jpg


はい、移動。
南下して富士市に入りました。
同じく富士川沿いなので、環境さえあれば居るはずです。
またまた、ダートな道に車を止めて、しょぼいイボタでウラゴ発見。
卵は3卵塊くらいあったでしょうか?
半分くらいしか孵化していませんでした。
幼虫は?と探すと、こっちは1mm以下、見える限度でした。
でも、1っこしかいませんでした。
孵化からと数が合いません。
何所かに潜んでいるのか?ちょっきんして持って帰れば簡単ですが、イボタは少なそうだったので、そのまま放置してきました。
機会があったら、回収しましょう。
来年来てもいいしね。
あっという間に2市町村で確認できました。
こんな環境。田んぼの横の雑木林、水が予測されますね。
b0093800_0291036.jpg



次に向かったのは富士川町、今は富士市に編入しています。
富士宮市、富士市に対して、富士川のトイメンにあたるので、橋を渡って、到着。
河川敷にイボタが有るだろうと予想していましたが、河川改修をそんなに古くない過去に行ったようで、林が若く小さく、イボタは全く有りません。
b0093800_0294040.jpg

山が迫っているので、イボタの生える余地なしでした。
ダメやんと地図を見て移動、支流横の道をずっと、上に詰めましたが、イボタがありませんでした。

尾根道で地図を見ながらどうしようかと思案していると、私が道に迷ったと思ったらしく、ケイトラのおじさんが国道に出るならば、ちょっと先を左折してどんどん下ればよいと教えてくれました。
迷っていたわけではありませんが、そこは、ありがとうございましたとお礼を言いました。
人の親切はありがたく受けなければなりません。

ぐっと下ると、由比町に出ました。イボタを探しながら富士川町に戻って、道端にあった50cmくらいのイボタでウラゴ発見。5個のうち、2個しか孵化していませんでした。
幼虫も見つからず。
これも、チョッキンすれば簡単ですが、そのまま放置。
機会があったら、回収しましょう。
イボタを残せば、来年来てもいいしね。

ちょっと先でも、追加の卵塊をいくつか見つけましたが、全て孵化していません。
芽の様子から、未孵化とは思えないので、死卵でしょう。
なんて、孵化率が悪いのだろう。

次に移動、芝川町。
ここは、20年ほど前になるのですが、生まれて初めてギフチョウを見たエリアです。
この辺だったかな~、と車を走らせましたが、雰囲気が異なります。
20年の月日は大きく、環境が変わったのでしょう。
その時は、道のそばの畑の横でギフを見ることができました。
今思えば、そんな場所でギフに会えるなんてラッキー、そもそも数も多かったのでしょう。
現在は、保全対象になって、採集禁止だと聞きます。
♂を少しぐらい採っても減るものではないと思いますが、環境悪化+採集圧、特に♀および卵の採取ははやっぱりダメージになると思われ、生活様式が変化した昨今、ほっぽっていると山が荒れるので、環境保全+採集禁止は必要なことかもしれません。

ウラゴは?と言うと、イボタが少ないのか、見つけた道横のしょぼい木に複数の卵塊が付いていました。
が、ことごとく孵化していませんでした。
畑が近かったので、農薬?
工事現場が近かったので、砂埃や煤煙?
まぁね、人の生活が便利になるためには、その他の項目のプライオリティは低くなるのは、いつもの事です。

これにて本日の任務完了。
富士宮市、富士市、富士川町、芝川町でウラゴの生息を確認できました。
地図の塗りつぶしを行っていますが、ほぼ静岡県全域に分布していると見てよさそうです。
これってすごくない?
年一化の蝶で、これだけ広域に分布している種類っている?
b0093800_19441883.gif

[PR]

by shimabito3 | 2013-03-03 19:44 | Comments(11)
2013年 03月 02日

3月2日 静岡県西部のウラゴ

お仕事は金曜日に終了しました。帰るつもりでしたが、ウラゴ調査の為に1日滞在を伸ばしました。
kuronekoさんが、遊んでくれるって言う事で、ついついお言葉に甘えてしまった私です。

まいどお世話になりました。
怒涛の個人的新市町村、楽しめました。


と言う事で、2日の土曜日朝は、ホテルに迎えに来てもらい、さて何処に行きましょう。

会話の中で磐田市には、ウラゴおらんちゃうか?の私の意見に、そんな事は無いでしょうとのkuronekoさんの答。
では、行ってみましよう。

流石ジモッピーは違います。茶畑と民家ばかりで、まともに林が無い中、あっちでしょうと方向を決め探した結果、イボタを発見出来ました。
チェックはしましたが、強烈な寒風に長続きせず、発見には至らず。
昨日までは暖かかったのですが、気候は冬に逆戻りでした。
とっても、寒い。

風が当たらない方で探しましょう。
先に進んでイボタ発見、やったぜ磐田市のウラゴ確認。
居ないなんて言って、すみません。
おるもんですなー。

と思ったのですが、電柱に袋井市と記されています。
風を避けて移動して、袋井市に入っていたのでした。

チィ、袋井かぁ。磐田市まで数キロなんですが、行政区が違うのでガッカリ。
袋井は確認済みな私です。
卵は当然孵化していました。
太い枝に卵は有り、幼虫は小さくて見えないので放置です。

磐田市方面に移動です。
袋井市にはええ環境が有るんです。
でも、磐田がええ。

坂を上っている途中にイボタが1本。
車を止めてチェックをすると、ウラゴ確認。
ここは何処?

あー、まだ袋井市でした。
磐田まで数百メートル、残念。
環境は今一歩です。

さらに徘徊を続行です。
何となく感じたので、車を止めてもらってガサゴソ。
ウラゴを見つけました!
こんどこそ正真正銘磐田市です。
おりましたねー、磐田市。

居ないなんて言った私の間違い、磐田市にウラゴは分布しておりました。
磐田空白説は見事に崩れたのでした。

次は前回見つけっれなかった、旧豊岡村、今は磐田市です。
キョロキョロしながら進行、何となく感じたので行ってみると、大きなイボタが1本。
大きなイボタは幹に産むと言う事で、探してkuronekoさんがウラゴ発見!
孵化していたので、これも放置。
ラクショウ!前回見つからなかったのはなんで?

さらにちょこっと進んだら、イボタの林がありました。
沢山見つかると思いきや、木多過ぎ、でか過ぎでウラゴは見つけられず。
でも、確実に生息していると思います。

さて、次に移動で天竜市。
エエ所有ると言う事で、案内してもらうと、先日パワステ故障でテンションダウンして、イボタのみ確認した近くでした。
ここ来たことが有ると言うと、なんでこんな所に来たかと逆に不思議がられた私です。
イボタは少なかったけれど、ウラゴは確認。
孵化していたのでこれも放置、まー、予想された結果ですが、産地確認の工程です。

次は?
と言う事で、春野町をリクエストしました。

山は杉だらけ、花粉を抱えた杉は茶色くなっています。
私は花粉症ではないので平気ですが、もし花粉症であればとんでもないことになるでしょう。
ええ環境が無く、少量のイボタが有っても卵は見つからず。

かなり手こずりましたが、最後にええ場所発見。
絶対おる!とネチネチやってウラゴみっけ。
ほら~、おったと嬉しくなりました。

まだ4時過ぎ、日もずいぶん長くなったのでまだまだ行けますが、今日のところはこれで勘弁したる、と探索終了。
孵化がらばかりですが、発生地は5市町村で確認。
まずまずです。

浜松駅まで送ってもらい、新幹線で帰宅したのでありました。
kuronekoさん、まいどありがとうございました。
またまた、宜しくお願い致します。

さて、今回の結果を追加しました。
磐田市、豊岡村、見つけられなかったグレーから、確認済みのブルーに変わりました。
天竜市、春野町が確認済みのブルーになりました。
b0093800_22182520.gif

[PR]

by shimabito3 | 2013-03-02 17:29 | Comments(0)
2013年 03月 01日

3月1日 その2

お仕事終了。

コンテストは無事終了。結果は、〇でした。
やれやれ、ミッションコンプリートです。

金曜日までの予定を延長して、土曜日までこちらに居ることにしました。
お仕事ではなく、虫探し。
kuronekoさん、またまたお世話になります。

本日、九州から中国地方、および関東地方で春一番が吹いたそうです。
今は雨となっていますが、明日は晴れる予報。
天気が変わる周期が早いのは、春の特徴です。
[PR]

by shimabito3 | 2013-03-01 18:57 | Comments(0)
2013年 03月 01日

3月1日

まだまだ出張中。28日は暖かな1日でした。
モンシロチョウが飛んでいないか?と移動中の車の中で見ていましたが、残念ながら姿なし。

私は運転していないので、キョロキョロしてもOKです。
[PR]

by shimabito3 | 2013-03-01 01:12 | Comments(0)