<   2013年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 28日

5月28日

昨日(27日)は九州南部、九州北部、四国、中国地方で、今日(28日)は近畿、東海地方が梅雨入りしました。
福岡県に住んでいた私の感覚でも梅雨入りは6月10日過ぎで、5月は天気が安定し、文字どうり五月晴れ(さつきばれ)なので、今年はとっても早い梅雨入りやん!と思いました。

雨は必要だけれども、週末は晴れて欲しい。
[PR]

by shimabito3 | 2013-05-28 23:55 | Comments(0)
2013年 05月 26日

5月26日

今日はええ天気。
飛行機雲
b0093800_23212753.jpg


先週は見られなかったキベリが遊んでいました。
b0093800_232367.jpg


ミヤマセセリもまだいた。
b0093800_23233084.jpg


飛翔写真の練習をしてきました。
b0093800_23243040.jpg
b0093800_2324561.jpg

なんか文句ある!
[PR]

by shimabito3 | 2013-05-26 23:31 | Comments(0)
2013年 05月 25日

5月25日

先週の土曜と同じで、今日もお仕事じゃった。
足がくたくたになりました。

そして、明日日曜日も同じ行動をとります。
天気は先週よりベター、よし!
[PR]

by shimabito3 | 2013-05-25 21:22 | Comments(0)
2013年 05月 22日

5月22日

今住んでいる横浜は曇天、でも名古屋方面は晴れているようです。
日曜のクモツキ、何処で撮ったと書かなくても、画像と文面からどの辺か推定がつくようで、名古屋在住のantさんから、うずうずするとの言葉を頂きました。
すごいっすね。

”なんで分かるんですか?”
”見えるのよ~”

と言う、九州時代に好きだった、クロスFMの三輪トギ 広さんのコーナーを思い浮かべてしまいました。
ほんの一部の方にしか分からないネタですみません。

でもこれって、一を聞いて十を知る、さすがシャチョー、頭が良くて、経験豊富でないと推定すらできないっすよ。
[PR]

by shimabito3 | 2013-05-22 01:43 | Comments(0)
2013年 05月 21日

週末の出来事

5月18日は終日お仕事。
人手がかかるので、駆り出されました。6人でやって、8:30分から21時まで。
来週の土曜日もお仕事、クソ。
天気も良く、貴重な1日だったのにね。

5月19日は、下り坂の予報でしたが、出かけないわけにはいかないでしょう。
とらおさんに、遊んで―とお願いしてあったのでした。

まず手始めに何時もの場所でミヤマシジミをチェックしました。
おるかな?とカメラ片手に歩くとオスがピラピラ、 既に発生してました。
春型はもちっと大きいと思っていたけど、ちっちゃい。

メスもいましたよ。
b0093800_23481813.jpg

定期訪問です。

今回の目的は、ウラゴの幼虫とアレ!と横浜を出発したけれど、車中での虫談義の中で、あそこに行けば、”あんなの”も、おるかもよ!と聞いちゃー、行かないわけにはいきません。
季節的にも、発生しているはず。
多少薄日もさす時間帯もあり、もしかしたら!!!と言う気持ちで、 アクセルを踏む足にも力が入りますが、そこは安全運転!?←ホンマか?

標高を稼ぐにつれ、季節は春に戻っていきます。
車を止めて、あとは歩きです。
土砂で道がところどころ崩れていて、滑ったら谷底に落ちて死ぬので、危ない場所は慎重に進んでいきました。

ここでも多少日がさす時間があり、期待が膨らみました。

すると白い物体がふわりと飛翔、ここではツマキチョウは見たことがないと、とらをさんはおっしゃっており、これはもしかしてと目で追うと、居ないはずのツマキチョウ、がーん。
飛び方、サイズとも”あんなの”、やったぜと思っただけに、チョー残念でした。

その後さらに進むも、雲が厚くなり、こりゃー飛ばんでしょうと言う事で、思い足を引きずって車までとぼとぼ戻ることになりました。。。ふー。
まだ、雪が有りました。
b0093800_012065.jpg


道沿いにはハタザオの類が生えていました。”あんなの”を 私が最後に見たのはもう、10年以上になります。
今は数種類の蝶しか追いかけていませんが、昔はいろんな蝶を追いかけていました。
九州出身者にとって、本州中央部の高山帯に住む蝶は、チョー憧れだったんです。
画像は、そのハタザオです。
これではなく、”あんなの”はもう少し葉が大きな別種のタネツケバナを好むと、とらおさんはおっしゃっていました。
b0093800_031415.jpg


私はバカの一つ覚えでイボタをチェックして、うー、おらんと思っていると、
とらおさんが、手招きをしています。
望遠レンズしか持っていなかったので、ピンが甘々なのですが、何者だかおわかりになるでしょう。
そう、お日様が無くなって諦めて車に戻る途中にとらおさんが見つけた、”あんなの”でした。

久々にみました。
チョー、感動しました。

足が痛いとおっしゃっていたとらおさんの痛みも吹っ飛んだそうです。

いやー、ええ蝶です。
天気が良ければ、渓谷を飛ぶ雄姿を見られたかもしれませんが、それは贅沢。
諦めていた最後の最後に逆転満塁ホームラン、信じる心が天に通じたんですね。
b0093800_054851.jpg


本来の目的のウラゴとアレに向かって駐車。雨がポツポツと落ちてきました。
それでも、チェックは必須でしょう。

でも見つからなんだ。
時間を使えば見つかったのでしょうが、濡れるのも嫌だし、潔く岐路につたのでした。


何処だか全然分からん!と言う意見が聞こえますが、連れて行ってもらったのでご容赦願います。
[PR]

by shimabito3 | 2013-05-21 00:05 | Comments(0)
2013年 05月 20日

5月20日

新潟のお話が終わらないうちに週が変わってしまいました。

結論を書いておきます。
魚沼市から妙高高原町まで高速を使って移動しました。現地では、何処におるかなー?と車を走らせて、ポンカスを発見できました。
が、芽吹いたばかりのイボタの状態から推定されるように、幼虫も小さく、枝を折ってきたのですが、幼虫は居なかった。

まー、見つけただけでもヨシとします。

さらに標高を上げて、完全なドライブ。
虫探しは終了したのでした。


早春の雪を抱いた山を眺めながらの走行は、それはそれで気持ちの良いものでした。

芽吹きはまだ。
b0093800_2322316.jpg

冬の装い
b0093800_23242341.jpg


でも、日当たりが良い場所に目を落とすとはる!でした。
b0093800_23251614.jpg
b0093800_23253443.jpg
b0093800_23255978.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2013-05-20 23:10 | Comments(0)
2013年 05月 15日

初・新潟・続き

糸魚川市の別場所を探索。
何時ものように、地図をみて目的地を決めました。

その場所は標高が高く、道に雪が残っており、春のイメージ。
イボタも芽吹いたばかりで、ちっちゃ。
これでは、幼虫を探すにはチトつらい。それなりに生えており、卵(ポンカス)を探すものの見つけられませんでしたが、居る雰囲気は濃厚。
b0093800_22455595.jpg


ここが駐車した場所です。
b0093800_22464536.jpg

この杉の辺りをギフが飛びました。
久々のご対面、思わず追いかけちゃいました。
ここは、サイシン食いのようです。
b0093800_22483562.jpg

気温が高すぎたためか、ギフの活動は鈍いようで、その後は目撃することはありませんでした、残念。
でも、春の雰囲気。
ショウジョウバカマがスポットライトを浴び、
b0093800_22514729.jpg

水芭蕉も楽しそう。
b0093800_22524140.jpg

こぶしも、山も輝いていました。
b0093800_22561163.jpg
b0093800_22531375.jpg

ここで、糸魚川市はギブアップしました。

移動です。
姫川流域のクロツがどんな所に住んでいるのか?の下見の意味もありました。
こんな所におるのか?
走りながら撮影。。
b0093800_2303029.jpg


クモツキも近くに住んでいるはずです。
Muraさん、どのくらい歩けばおるもんですか?

で、行った先は旧妙高高原町でした。
[PR]

by shimabito3 | 2013-05-15 22:53 | Comments(3)
2013年 05月 14日

5月12日 初新潟

11日の土曜日はしょぼしょぼ雨。久方ぶりに家に居ました。
これまた久方ぶりにブログの更新などを実施。

12日は、良い天気の予報、世間一般的には早めのクモツキ、或いは遅めのギフをターゲットにするのがフツーなんでしょうが、私は両産地の横を通過しながら、ウラゴの幼虫を探しに行ってきました。

最高の天気に、素晴らしいロケーション。
この時期に雪の上を歩くなんて九州ではありえませんでした。

で、何処に行っていたかと言うと新潟県。
b0093800_2333423.jpg

タイトルに書いていた・・・


中央道を使って松本まで行き、白馬経由で新潟に入ると言う半分ドライブなルートを選択。
十年以上前に訪問した地を新緑の今、走って見たかった。

山そのものは昔のイメージのまま。
最高の天気に、素晴らしいロケーション。
いいっすねー。

車窓。。。
b0093800_2314082.jpg


しばし景色を楽しみながら走行・・・・・

トンネルを抜けると新潟県糸魚川市、ちょっと探してみましょう。
一番最初の画像の、
反対側は長野県小谷村、ピンが枝に有って居るけどご愛嬌。
b0093800_23211565.jpg


季節の進行度合いは、
カタクリは終わって実
b0093800_23221033.jpg

スズランがもうすぐ開花
b0093800_23224714.jpg

ミズナラ若葉
b0093800_2324137.jpg

小鳥は春を謳歌し
b0093800_2325234.jpg

イボタもおいしそう
b0093800_2326244.jpg

でも、おらなんだ。
[PR]

by shimabito3 | 2013-05-14 23:03 | Comments(6)
2013年 05月 11日

やっぱり雨

しょぼしょぼっと降っている土曜の朝。
元気が有れば、雨なんて関係なし!と出かけるのですが、うちにいます。気力の減退か?
他の人には、それがフツーだと言われるけれど、人それぞれのスタイルがあり、私にとって休みに家に居ることは決してフツーじゃぁありません。

ちょっとゆっくりして、おうちの休日を楽しみましょう。
その前に部屋、汚すぎ。そうじしなくちゃ。

と思っているけれど、現実逃避でブログなどを更新。

長崎の画像を乗っけておきます。虫は出てきません。

今回立ち寄った中心はグラバー亭でした。グラバーさんです。
b0093800_951753.jpg

グラバー亭は観光地として有名ですが、そもそもグラバーさんって、何者なんでしょう。
この胸像の下に説明がありました。
なるほどね、そんな人だったんですね、歴史に疎い私でした。
b0093800_102878.jpg


市営駐車場から少し歩いてグラバー亭に向かいました。
その途中の大浦天主堂。
b0093800_10223196.jpg

http://www.nagasaki-tabinet.com/detail/index_102.html、長崎旅ネットのページに説明があります。そのままコピペ。
 
幕末の開国にともなって造成された長崎居留地の中に、在留外国人のために建設され、中世ヨーロッパ建築を代表するゴシック調の国内現存最古の教会堂です。

直前に列聖されたばかりの「日本二十六聖殉教者」に捧げられました。
西坂の丘で殉教した26聖人へ祈りを捧げるために建てられたため、正面は西坂の丘に向けられています。

設計指導者はフランス人宣教師のフューレ、プティジャンの両神父で、元治元年(1864)末に竣工し、翌年2月に祝別されました。この直後の3月に、浦上の潜伏キリシタンが訪れ、信仰を告白したことにより、世界の宗教史上にも類を見ない劇的な「信徒発見」の舞台となりました。

聖堂内を飾るステンドグラスには、約100年前のものもあり、その美しさもぜひご覧下さい。

1933(昭和8)年に国宝となるが原爆で被害を受け、1953(昭和28)年、日本最古の教会堂として国宝に再度指定されました。


付近には、お土産物屋さんが並んでいます。
カステラやらビードロやら、そのたもろもろ。
b0093800_10135856.jpg

その他もろもろです。
限定って言葉に弱いんですよね。
b0093800_10154237.jpg

次、長崎限定って!
そりゃぁそうでしょう。長崎って文字が入っていては、よそでは売れません。
嘘じゃないけれど、本当ではないな。
商売上手ということで大目に見てあげよう。
b0093800_1019598.jpg


グラバー亭に到着です。
b0093800_10244193.jpg

マップ。
b0093800_10281044.jpg

邸内からの景色、今はごチャットしていますが、昔はもっと素敵な景色だったと思います。
b0093800_10292564.jpg


ココには、いろいろな見どころがありました。
例えば、これ。

b0093800_10345781.jpg

だそうです。
b0093800_1035127.jpg
2体の狛犬があり、今回の画像がモデルかは不明です。

ハートストーン。
b0093800_1037714.jpg
b0093800_10364746.jpg


これって、いかにも怪しい。
何がって?、検索すると所謂都市伝説が出てきますが、出来過ぎじゃない?
一個ならまだ、洒落で作ったものとして受け入れられますが、初めの画像の石なんて、ちょっと噂になったので追加で埋め込んだみたい。
って、書くと夢が無いって言われそうなので、これ以上は止めてきましょう。

このグラバー亭、コスプレもできるようで、もー商売上手。
かってに撮影したので後姿のみ。きれいな人でしたよ。
若いってええなー。
b0093800_10444110.jpg


長崎くんちグッズが展示されていました。本物だそうです。
フラッシュをたくと、
b0093800_1050297.jpg

ガラスに反射して、光線を出している龍になってしまいました。
ノンフラッシュで撮影しないとだめですな。

b0093800_10542432.jpg
b0093800_1054475.jpg


蛇踊りの様子をユーツベから持ってきました。
勝手に貼ったらダメなのかな?
http://www.youtube.com/watch?v=QtUulii25p8

b0093800_116145.jpg
b0093800_115584.jpg
b0093800_1165218.jpg


グラバー亭を出て、チャンポンを食べに行きました。
チョウ有名店。
b0093800_1110556.jpg

何時も満席だとか。

おいしかったけれど、スペシャルではなかったかな。
一回はブログネタで入ってOK,次は席が空いていたら入ります。
b0093800_11133978.jpg
b0093800_1114457.jpg

チャンポン発祥の店、その当時のままだから、見た目はいかにもフツーでした。
当たり前だー。

長崎、一か所でも十分楽しいでしょ。
これにて終了。
[PR]

by shimabito3 | 2013-05-11 10:20 | Comments(2)
2013年 05月 11日

5月11日

どっか行こう!と思っていたら、行ける範囲は傘マーク。
今日までの天気の良さは何?、嫌がらせ?
これは、しゃーない、です。動けません

GWの続きです。

4月30日
遊びながら帰省したので、足は有るものの早起きしてはさすがに動けませんでした。
お昼過ぎから近場をうろちょろしました。
日ごろお世話になっている方々へのお土産として、福岡県のウラゴを探しに行ってきました。
が、過去に採卵できた実績地に赴いてもなかなか見つかりません。

まー、そうだよなぁ。
卵とはいえ、1日やって見つからないこともあったし、福岡のウラゴは甘くないと再認識した次第。
かろうじて1幼虫を見つけて終了。

5月1日
色々な思いがありました。九州にはまだまだ宿題を残していますし、季節の挨拶で、阿蘇にオオルリを見に行ってもよろしい。

が、携帯の目覚ましをセットしている途中に眠ってしまい、目が覚めたら7時でした。
あー、ダメやん自分。
熊本方面の九州道の渋滞は、火を見るより明らか。
選択肢は、中国道の山口方面か、大分道の大分方面です。

出発しても迷っていたのですが、行った先は国東半島でした。
計画では日出で降りて北上、ざーっと縦断してあっちこっちのウラゴを確保してやろう!と思ったのですが、しょっぱなから苦戦しました。
居そうなのに、居ないのです。
そうだよなー、九州時代は未熟者ではあったものの、1日使って1市町村で探していたもんなー。

なんとか、日出町と山香町でウラゴを確保。
九州ウラゴ、そんなに甘くはありません。
こんな環境で鍛えられたので、今の忍耐力が付いたのだと再認識したのでした。

5月2日
親に付き合って、お墓の掃除。
周りは孟宗竹が多く生え、竹林の拡大を防ぐためか竹の子がおられていました。
だったら少しくらいもらってもいいよね、と私たちも竹林の拡大を防ぐために、小さなやつを3本折ってきました。

5月3日
親孝行旅行で雲仙です。
クロツの産地に連れてケーと兄に依頼したのですが、時間が無いと拒否されました。
1.5時間も早く旅館に到着したので、行っても良かったのに。

5月4日
一泊二日の旅程です。色々観光するより、ゆっくりと言うスタイルです。
うろちょろ好きの家族なので、めぼしい観光地は既に訪問済みなのでした。
宿でゆっくり朝食、ゆっくり出発。
そして、最初の目的地は、昨日行き損ねたクロツの産地の飯盛町。
親孝行旅行なのにええんかい!と言われそうですが、親も何処に行きたいとの希望が無く、子供が喜ぶ姿を見るときっと嬉しいに違いない。

何年前に訪問したかは記憶があやふやですが、環境が悪化していました。ナガサキマンネンがしょぼしょぼ。
私が過去に確認した産地には居なくなったかもしれません。

次に行った場所はグラバー亭。チャンポンを食べよう!と行った近くにあったのが訪問の理由です。
私の旅のスタイルはいつも行き当たりばったりですが、その起源はここにあったようです。

この親にして、この子あり・・・

昼食のチャンポンは店が混んでいて待たされた事もありますが、3時近くになってしまいました。
チャンポン発祥の店、グラバー亭の近くと言えば、知っている人はしっているお店でした。

これにて、家族旅行は終了。
いいんです。
温泉に家族で行って、ゆっくりが、目的ですから。

さて、旅行を終えて実家に戻り、夕食とったあと、私は8時過ぎに6日の仕事の為に移動を開始しました。
なんたってGW,昼間に走ると何時間かかるか読めません。

5月5日
6日は、静岡で仕事なので、5日中にホテルに入ればよろしい。
夜中に走ったために、車は多いものの渋滞は有りませんでした。
GW後半の初日の夜ですから、さもあらん。
快調に走れて、時間の余裕ができたので、奈良県のウラゴに立ち寄ることにしました。

過去にブルメイさんと一緒に探して見つけた奈良市のマイポイントの近くに到着したのは朝の4時。
暗くて何も見えないので、寝て待つことにしました。

目が覚めて、徘徊開始です。
沢山おると期待したのですが、実際はそうでもなく、少量確保。
見つかっただけでもヨシとしましょう。
なんたって奈良県はウラゴ3珍県の一つです。

ちなみに、残りは宮崎と山口です。個人的には宮崎がダントツNo.1だと思っています。

これで満足するような私ではなく、さらに難易度が高いと思われる宇陀市に攻め入りました。
事前情報は全くありません。
運を天に任せ徘徊。

結果は、見つけちゃいました。
ラッキー、天才かも。

さらに攻め続けます。
次は山添村です。
しばし徘徊するも見つからない。。。

実は8823さんに情報をもらっていました。
そこに行こう!
自分で見つけられないのでしゃーない。
山に行くと、確かにイボタが生えています。
生息地なので、あとは探すだけです。
少しですが、なんとか見つけました。
8823さん、ありがとうございました。
おかげで、山添村のウラゴの顔を見ることができます。

一般的な奈良県のウラゴ記録地の残りは天理と桜井ですが、帰路と逆方向ですし、また今度です。
来年の斜めの会の時に攻めましょう。
ブルメイさんよろしくね。

三重県を通過しながら、どっかにウラゴがおるんやろうな?と思いましたが、さすがに時間がなく探す余裕は有りません。これも、いつの日か。
カイチョー、宜しくお願い致します。

7時にホテルに入ることができました。道の込み具合も大したこともなく、これまたラッキー。

5月6日
世間はGWの最終日でしたが、私はお仕事。
天気は最高ー、悔しい。
と思えたのは、仕事が順調に進み、心に余裕が出てきたからでした。
3時に解放されました。
渋滞のピークは4時で、37kmの予想が出されていました。

ちょっと時間をずらして帰ろう。
また寄り道で、静岡ウラゴを探しました。
うまく育たなかった大須賀町の産地に行こうとしましたが、行きつけませんでした。
なんで?

とらねこさん、再確認させてくださーい。
結果的には別産地の大須賀ウラゴを見つけましたが、ステージは蛹、数は幼虫時代と比べるとぐっと減るようです。
それよりも、芋虫君やケムケムがいるほうが大恐怖でした。
ウラゴは新芽食いなので、成葉食いの種類と時間的棲み分けをしているんだな、と感じました。
イボタって、とっても多くの種類に利用されています。

さて、渋滞の中を帰るか―と高速に乗ったところ、意に反してスムーズ。
滞ることなく帰宅で来て、8時前には到着。
皆様、明日からの仕事に備えて、早めに撤収したようです。

これにて、私のGWは終了。走行距離は3300kmになりました。
よー走った。
[PR]

by shimabito3 | 2013-05-11 01:23 | Comments(2)