<   2013年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 30日

9月30日 ショック・・

週末不摂生したんじゃないの?と会社で言われました。
疲れが顔に出たか?

ショックな出来事。。
カメラを小川村に置いてきた可能性大。
せっかくの画像が。。。
ネタが。。。

明るい時に車の中を精査しよう。

さらにショックは、市川大門、中条村のクロツは♂みたい。
♂は卵を産みません。
虎の子の一個体づつだったのに。

モチベーションダウン。
[PR]

by shimabito3 | 2013-09-30 23:53 | Comments(2)
2013年 09月 30日

9月29日 長野のクロツ探し

ヘロヘロです。遅くまで現地でウロチョロ&事故渋滞、自然渋滞にはまって帰宅は23時を過ぎました。
早く寝ろや!
ですが、最近の訪問者数増加のありがたさを感じています。
どうなったんやろ?との興味があるのではないかと、かってに想像して、まずは結果のみ本日アップします。

今日の成果・・

1.麻績村 ツメレンゲに卵発見。しょっぱなで、まだ気温が上がらず。待てば親が飛んだかも。
2.大岡村 コモチレンゲ、オノマン、ツルマンを見るも痕跡なし。
3.中条村 ツルマン付近で1頭確保。多分珍クロツ
4.信州新町 ツメレンゲに卵確認。岩デカ過ぎ。
5.小川村 ツルマンで発生中。親複数確認。珍クロツらしい。嬉しい!
6.鬼無里村 ツルマン、オノマンを見るも痕跡なし。
7.戸隠村 ツルマンを見るも痕跡なし。

以上、7戦4確認、ええとこでしょ。
もちろん、旧市町村名です。

気力が整えば、画像付きで探索記を書きましょう。
[PR]

by shimabito3 | 2013-09-30 00:11 | Comments(0)
2013年 09月 28日

9月28日 山梨クロツとシルビア

最高の天気の土曜日、深海魚君のリクエストで山梨のシルビアに行って来ました。

時期的には、まー良いはず。足がないという事なので、私の最寄の駅まできてもらいました。
が、いきなり寝坊で、20分の遅れ。
おい、おい。
それくらいの時間ですし、反省しているようなので勘弁してあげることにしていざ出発。

事故渋滞につかまって、無駄な時間を使ってしまいました。
車中の会話で、山梨シルビアはかなりやばいことになっているとの事。

え、そんなはずないやん!    と私。

何やかんやで、シルビア2011年の実績地。
ミヤコはちょろちょろ生えてますが、シルビアの姿はありません。
こっちは、だめでもあっちはどう?とちょい移動。

いません。

また移動で、過去にミヤコ草を確認した場所。
知らなかったけれど、有名ポイントらしい。

が、いません。

も一回はじめに戻って、さらに堤防を歩きましたが、姿なし。
深海魚君はミヤコグサチェックをやっていましたが、痕跡が無かったとのこと。

笛吹川界隈のシルビア、本当にやばいかも。
原因は去年の大干ばつとの噂らしい。

今、居るはずのところにいなかった事実、かなり重く感じました。

このブログをご覧の皆様、2013年に笛吹川界隈でシルビアを確認された方いらっしゃいますか?
メッセージ、コメント、非公開コメント何でも良いので、情報希望です。

b0093800_22392781.jpg



クロツの話題です。
シルビアの前にクロツに寄りました。
場所は一宮市です。

ここにツメレンゲがあると過去に教えてもらった場所に行こうとしたら、ナビが道がない方向に指示をだしました。しょーがないので回りこもうと先に進んだら別場所でツメレンゲを発見。
居ないだろうと思いながらも、チェックを開始しました。

あ、卵あるやん!

気温が上がってくると、クロツがぴらぴら。
個人的初市町村の一宮市のクロツです。
やったぜ。
個人的というのは、公式に記録が有るからです。
b0093800_2353256.jpg

山梨顔のクロツですね。
当たり前だ。

この勢いに乗って、石和に攻め入りました。
過去に記録は有りますが、しばらく未発生の地です。
ここで見つけていたら天才ですが、おりませんでした。
ツメレンゲは勢いを増していました。
いつの日か、発生することもあるでしょう。
b0093800_23145174.jpg

春日居、山梨など記録とツメレンゲがある場所のチェックを予定していましたが、深海魚君がシルビアに行きたがっていた雰囲気なので、今回はパス。いずれも暫く発生が確認されていないエリアです。

シルビアでダメージを食らった後、市川大門のクロツに転戦。
去年、やっとこさツメレンゲを見つけた場所です。
やや日が傾いていましたが、無事にクロツを発見。
これは、かなり嬉しい。
ツメレンゲの規模からして、発生量は少ないはず、やったぜ。
1メス確保しました。
産ませます!
ここのクロツの評価は高いと思っていますが、いかがでしょう?

明日もええ天気。
という事で、長野を攻めるべく、宿泊しています。
時期適に厳しいかも知れませんが、今後の下調べの意味もあります。
どうなるか?
ドキドキですな。
[PR]

by shimabito3 | 2013-09-28 22:39 | Comments(4)
2013年 09月 24日

9月23日 東京インセクトフェア

毎年9月23日はフェアの日です。
日本で一番でかい規模でしょう。

私はお仕事だったので、参加できませんでしたが、すごく盛況で2000人ほどの入場者数だったそうです。(伝聞)
フェア後の仲間内の懇親会には参加しました。
いろいろ盛り上がった?のですが、虫の話では無いので、ここでは触れないでおきましょう。

これで良い?
ネット用語、勉強します。
[PR]

by shimabito3 | 2013-09-24 01:26 | Comments(4)
2013年 09月 22日

9月22日 栃木のシルビア調査

栃木 シルビア とググると、さくら市の保全の話と、車のシルビアがほとんど。
ウェブ上に現在の状況はないの?

見つけたもの、

・レッドデータブック栃木
http://www.pref.tochigi.lg.jp/shizen/sonota/rdb/gaisetsu/index.html
では、現状について有益な情報は無いけれど、過去の分布(記録)図が載っていたので、コピペ。
b0093800_22465940.jpg


【分布域】の所の赤丸横の文字が読み取れないのではっきりと分からないが、比較的近年(1990年?以降)では3箇所しか記録されていないように見える。

さらにもういっちょのレッドデータ2002
http://lepi-jp.org/nature/red_tochigi_2002.pdf
こちらは、2002年10月に発行されているのだけれど、以下のようになっています。
b0093800_22584128.jpg

これは、参考文献である2000年発行の新・栃木の蝶に何か載っていると推定されますが、持っていないので分かりません。

こんなのも見つけました。
月刊むし 2001年1月号(通巻359号) 
シルビアシジミを栃木県小川町で採集

うー、内容を見たい。

宇都宮 シルビアで検索しても結果は同じでした。

以上のことから分かることは、保護されているさくら市のシルビア以外はウェブ上で市町村名入で出てこないという事です。
あー、つまらん。

なんでこんな調べ物をしたかというと、栃木でシルビアの調査を本日実施したからです。
もちろん、さくら市や宇都宮市以外のところです。
結果は、厳しい。
餌と環境がある過去の記録地でも、いないものはいない。
何が原因なのだろうか?
そこのところが分からないと、現在保全されているらしい(行ったことが無いので詳細不明)さくら市でも突然いなくなる可能性があります。
[PR]

by shimabito3 | 2013-09-22 22:46 | Comments(2)
2013年 09月 21日

9月21日 晴れ

世間は3連休?

私のお休みは明日、22日だけになりました。
くそー、グレてやる。
[PR]

by shimabito3 | 2013-09-21 08:32 | Comments(2)
2013年 09月 19日

9月19日 中秋の名月

中秋の名月が満月とは限らないらしい。

そんなの常識?

旧暦の8月15日にあたる、本日9月19日の月が中秋の名月との事。
次の中秋の名月で満月になるのは8年後だと、同期が言っていました。
豆知識として覚えておこう。

先日の16日の祝日、台風が来て遊べなかったのですが(遊んでいた人もおるようですが・・・)夜には月が出て、何を今更と苦々しく、適当に月を撮ったのですが、中秋の名月と聞いて、再度、大きなレンズを持ち出して、撮影したのでした。

確かに丸い。

b0093800_22412360.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2013-09-19 22:42 | Comments(0)
2013年 09月 17日

9月17日 晴れ

台風一過の晴天。
朝おきて、
空を見上げて、
大きなため息をついたので有りました。
それでもちゃんと会社に行く私はえらい。

長野県のクロツの話をしましょう。
”長野 クロツ”でググると、コメッチさんの、クロツバメシジミの部屋 がヒットします。
以前にも紹介しましたが、ココです。
http://kurotubeya.choumusubi.com/simpleVC_20101130132839.html

2005年までの記録です。

●長野県の記録地
 下伊那郡阿南町;下伊那郡松川町;下伊那郡上村;下伊那郡泰阜村;下伊那郡大鹿村;下伊那郡天竜村;下伊那郡南信濃村;下伊那郡喬木村;駒ヶ根市;伊那市;更級郡上山田町;更級郡大岡村;佐久市; 小県郡真田町;小県郡長門町;小県郡丸子町;小県郡武石村; 小県郡和田村;小県郡東部町;小諸市;松本市;上伊那郡宮田村;上伊那郡高遠町;上伊那郡中川村;上伊那郡長谷村;上伊那郡飯島町;上高井郡高山村;上高井郡小布施町;上水内郡鬼無里村;上水内郡戸隠村;上水内郡小川村;上水内郡信州新町;上水内郡中条村;上田市;埴科郡坂城町;埴科郡戸倉町;須坂市;大町市;長野市;東筑摩郡本城村;東筑摩郡坂井村;東筑摩郡坂北村; 東筑摩郡波田町;東筑摩郡四賀村;東筑摩郡生坂村;東筑摩郡麻績村;東筑摩郡明科村;南安曇郡梓川村;南安曇郡穂高町;南安曇郡豊科町;南佐久郡佐久町;南佐久郡小海町;南佐久郡川上村;南佐久郡南相木村;南佐久郡南牧村;佐久郡八千穂村;飯田市;北安曇郡美麻町;北安曇郡小谷村;北安曇郡松川村;北安曇郡池田町;北安曇郡白馬村;北佐久郡立科町;北佐久郡北御牧村;北佐久郡軽井沢町

凄すぎます。
これだけ調べられているので、新市町村を出すのは難しい。

が、
天竜川中流部のクロツバメシジミ新産地 『蝶研フィールド』22(6)252号(2007) 38頁に
高森町と豊丘村の記録が発表されました。
それ以降は知りません。
これらの分布地をマップにしたものです。
クロツ屋さんの言う、標本すら見たことがないと言う極珍産地は黄色です。
・・・・伊那・・・・、記録があるんだ。
ミヤマシを探して歩いて、ツメは無かったけれど、オノマンだかツルマンは生えていました。
天竜川の続きだし、もしかしたら。
それよりも、ミヤコグサはたんと生えていました。
当然チェックはしました。
居ませんでしたが、天竜川だし、、、もしかしたら。。。なんて妄想はとめどなく広がります。
b0093800_21485860.gif


しかしすごいなー、全部行くのに何年かかる?


って行くきかい!
[PR]

by shimabito3 | 2013-09-17 21:49 | Comments(10)
2013年 09月 16日

9月16日 月夜じゃ

台風一過、月が出ています。
もー、嫌がらせ?
明日はお仕事です。
b0093800_21542033.jpg

この週末の続きです。
宿を8時位に出発しました。
目指すは長野県、雨の降っていないエリアです。
北に行けば行くほど、台風の雨雲は届いていないとの目論見でした。

雨の中、北に向かいました。
高速を使うとお金がかかりますし、遠回りなので一般道を使いました。

峠を超えて南信濃村、今は上村、南信濃村が飯田市に編入して飯田市です。
分岐を右に進めば上村に行きますが、今回は左へ進みます。
そぼ降る雨の中、石組みがあるとツメレンゲが生えていないかとチェックします。
今頃から先は、花穂が立つので探しやすい時期です。
季節が進むと白い花は遠目にもわかるようになります。
双眼鏡を常備しているので、怪しいと思うと確認しますが、民家周辺ではこちらが怪しいと思われるので使えません。

南信濃では3箇所ツメレンゲを確認できましたが、いずれの地でも痕跡がありませんでしたので、発生は無いようでした。
安定的に発生していなくても、何処からか飛んで来る場合があるので、地図にツメレンゲと書き込み、ナビにも記録しました。これから先、ここを通過する際にはチェックを入れていきましょう。

●雨に濡れた石組み
b0093800_22553360.jpg

●ツメレンゲも濡れている
b0093800_2256277.jpg


居なかったので、環境を公開していますし、この辺のクロツはそれなりに分布していると聞いており、こんな感じの場所を探すといいよ、との例でもあります。

南信濃の名残発見。
b0093800_23105899.jpg

稲刈の時期のようです。
b0093800_23112293.jpg

先に進んで天龍村に入りました。今でも昔のままの名前、良い名です。
b0093800_03328.jpg

この時間になると雨が止んでくれました。
最悪環境チェックと思っていたので、超ラッキー、フィールドに出てなんぼの世界です。
そして、
こんな石組みで、
b0093800_072641.jpg

クロツが飛んでくれました。
b0093800_083057.jpg


その後何箇所か回りましたが、クロツは見つからない・・・、残念。
例えば、ココはコモチレンゲでの発生地。猫の額ほどです。
去年は居たんですが、強烈な集クロツ力のある、ミセバヤに卵が無かったので、今年の発生はないみたい。
●コモチレンゲ
b0093800_056040.jpg





















虫とは関係なく、
別日記を立てる方が適切かもしれませんが、
なんとなくダラダラと、
そして唐突に、


なかいさむらいえき
b0093800_124366.jpg


飯田線の無人駅です。
なんでこんな所に!?という場所にあり、鉄ちゃん心をくすぐる様で、検索すると記事がヒットします。
たとえばコレ、http://openarms.tumblr.com/post/18039133931

こんな内容が書かれています。
昔、中井侍駅の付近に住む女子高生が、飯田市内の高校に合格し、中井侍駅から飯田線で通学することになりました。
 しかし、女子高生の通学時間には、中井侍駅では快速列車が1本しかなく、しかもその列車は。中井侍駅を通過していたのです。

 都会の人間であれば、「列車がないから、自転車などで通学すればいい」と思われるでしょう。
 しかし、中井侍駅周辺は田舎なので、交通が不便なために列車しかありません。(中井侍駅の隣は、以前「1軒の民家のためにある」と紹介した小和田駅です。)
 その列車が通学時間にないのですから、彼女にとっては大ピンチになったのです。

 この話を聞いた鉄道当局は、ある決断をしました。
 「せっかく受かった高校に通えないなんてかわいそうだ。彼女のために朝の快速を中井侍に停車させよう」
 こうして、女子高生は飯田市にある高校へ3年間通学することができるようになりました。

 やがて3年の月日が流れ、女子高生が高校を卒業する日が来て、快速が中井侍駅に停車する最後の日になりました車掌さんから彼女に対して、以下のようなメッセージが車内放送で流れました。

 「3年間利用してくれてありがとうございました。
  明日から中井侍へは止まりませんが、これからもがんばってください。 卒業おめでとう」

 鉄道会社側の計らいで3年間高校に通うことができた彼女にとって、最高のプレゼントになりました。


この話、美談かどうかは微妙ですが、ネタとしては面白い。
そして、隣の駅、小和田には車では到達できない秘境駅として有名らしい。
そんな所に駅があるなんて、すごいと言うかなんというか・・・・。
 
逆サイドの伊那小沢駅です。
こちらは車で到達可能、
b0093800_1423149.jpg

クロツも記録が有りますが、今回は居ませんでした。
無理やり駐車・・・、車は一台も通過せず・・・・無駄な行為でした。
b0093800_1452231.jpg


ここまで読み進んで来て頂いた皆様、お気づきでしょうか?
影が写っています。
そう、天気は大幅に回復、青空になりました。
b0093800_1521331.jpg

なかいさむらいでは、オノマンがありましたが、クロツの痕跡なし。
b0093800_1531892.jpg

知らない花が咲いていました。
b0093800_1534958.jpg

キアゲハが居ました。
1/1000で撮影しているので、羽ばたきは止まります。
b0093800_1553387.jpg


先に進みましょう。

次は阿南町。
阿南高校にツメレンゲがあったそうですが、去年案内されて訪問した時には、なくなっていました。
実見していませんが、多分古い石組みにツメレンゲが生えていたと想像され、改修されてしまったのではなかろうか?
でも、別場所の石組みにツメレンゲが生えていることを知っています。
少ないのですが、こんな感じ。
そして一つ、クロツが飛んでいました。
b0093800_72172.jpg

b0093800_722595.jpg


どんどん移動します。
b0093800_7242330.jpg

この、飯田、豊岡、喬木、全てクロツの記録があります。

しかしながら、飯田市はいつもいるとは限らない産地です。
全て人工的な石組み等に生えるツメレンゲに依存していますが、本拠地がどこかにあるのいでしょう。
その根拠は、たまに発生する時は、飯田市独自の顔をしているそうです。
今回も飯田市で二箇所、ツメレンゲが多い場所をチェックしましたが痕跡なし。
発生していませんでした。
クロツが居ないので、ツメが多いのか?等と想像してしまいます。
時々発生する産地では、爆発的にクロツが増え、ツメを食い尽くして自滅って事がしばしば起こります。
そして、数年後にまた戻ってくる。
10年に一度と言う産地がある理由です。
安定して発生している産地ではクロツの個体数は多くないのが普通、天敵がいて、数がコントロールされていると思っています。
b0093800_7395926.jpg


喬木村によってみました。去年見つけた産地です。
その時は多数の花穂が立っていましたが、今年は少ないみたい。
ツメレンゲは3年草で、花が咲けば枯れます。種を落として増えるのですが、多い・少ないの周期があるのかも。
クロツは飛んでいませんでしたが、幼虫を確認しました。

さらに進んで豊岡、近年記録が出た市町村です。
ここも親は飛んでいませんでしたが、蛹を確認しました。
卵もありましたので発生初期、来週あたりがええ時期なのかも?


雨の日に虫とってなんぼ!
今回はまずまずの出来だったと思います。

本来ならば、松本辺りで一泊して、さらに北上して珍クロツの住むエリアに行こうと計画してたんですが、流石に止めました。
月曜の朝は暴風雨でしたが、そのうち風も収まったので、いきゃー良かったかも、と少しだけ思いました。
[PR]

by shimabito3 | 2013-09-16 21:54 | Comments(2)
2013年 09月 16日

9月16日 台風じゃ。

せっかくの3連休ですが、台風がやってきて、おうちに居ます。
という事で、更新です。

連続更新が滞った理由は、連続100が途絶えたから。
何?と申しますと、訪問者の数です。
サボっって更新しないと減少、書くと増加、と当たり前のことですが、訪問数に変動があります。
自分の記録的日記だからなんちゃらと能書きを書いていますが、訪問数は書く気持ちに影響を与えたりします。

と、また能書きがながくなるので、この週末の行動など。

14日は、ど真ん中サミットと称する集まりでした。オフ会というものです。
ネットで知り合った方々と、昼はフィールド、夜は宴会と言うことで年一回、日本の真ん中、静岡県浜松市で開催され、今年で4回目?だったでしょうか。
現役でフィールドに出ていて、ネット環境に顔を出している方がたって、高確率で過去にお会いしてたりします。
今回お初にお会いした方は2名でした。
今後共よろしくお願い致します。

集合場所は静岡県内の天竜川河川敷でした。過去に何ども訪問しているエリアなので、遅れてもOKよとのお言葉に甘えて、午前中は安倍川のミヤマシジミの調査に当てました。
大昔の経験では、いっぱいいると思っていたのですが、最近はへっているようです。
とは言っても、昨シーズンに一箇所ですが発生地を見つけたので、まだまだおるんちゃうか?との検証でした。

高速を降りて、安倍川の河川敷を探していきます。台風の影響を受けて、雲が多くて時折小雨も振りましたが、調査そのものへの影響は軽微です。
大きな群落は有りませんでしたが、コマツナギはそこそこ見つかりました。
しかしながら、ミヤマシの姿は有りません。
天竜川の上流部の勢力が強いエリアでは、幼虫の餌があれば居ると言う感触があったので、餌があってもいない状況からミヤマシが減っていると言う事は間違いないようです。

あっちうろちょろ、こっちうろちょろとしましたが、見つけられず過去の実績地まで来てしまいました。
どうかな?と見てみると、飛んでいました。
b0093800_131414.jpg
b0093800_13141422.jpg


ミヤマシ、きれいな蝶です。
表は・・・・
光の加減か、開いてくれなかったのでご紹介できません。
少なくとも、”2013年9月14日には安倍川のミヤマシは健在である”と確認が出来たので、移動しました。

そして、もう一箇所でミヤマシ確認。
こちらは開いてくれました。
オスメスとも翅表はとっても美しい。
この地点より上流部にミヤマシは生息している!とかってに結論づけたのでした。
b0093800_13263098.jpg
b0093800_13263519.jpg
b0093800_13272148.jpg

ミヤマシ、きれいな蝶です。
スレ個体もいたので、誰も知らないマイポイントとなりました。
と言ってもスゴク狭い範囲です。

あっという間に時間が過ぎてお昼近くになっていました。予定時間超過、急いで天竜川に向かいました。

ビュンと移動で河川敷、主催者のとらおさんと、ななうめさん、すみちゃんさんが待っていてくれました。
皆様、強者です。
いろいろな武勇伝をお持ちで、お話を聞くと、感心しちゃいます。
うなぎを用意していていただいて、昼飯、ちゃちゃっと食べて、静岡のウラナミジャノメで遊びました。
静岡西部~愛知東部にかけて過剰紋が出ることが有名、過去の日記のどっかにそんなウラナミジャを紹介しています。
今回は、変な個体を見ることは有りませんでした。
2化はちっちゃいですね。
ヒメウラジャよりは大きいのですが、1化の2/3くらいでしょうか。
夜は宴会、去年は若手がいたのですが、今回は私が最年少だそうで、虫屋の高齢化が進んんでいることの証明?

翌日は朝から雨が落ちていました。
大型の台風が接近しており、風は有りませんが、雨雲の範囲がとても広いようです。
皆様、この時点でフィールドに出るのは諦めたようです。
シルビア、ミヤマシ、クロツが秋の御三家と呼んでええと思いますが、皆様のターゲットと違うという事もあるのでしょう。
しかし私はみんな大好き、今回はクロツ三昧の予定でしたので、集合写真撮影の前に出発しちゃいました。
ろくにご挨拶もせず、お出かけしてしまい申し訳ありません。

雨の日に虫と遊んでなんぼ!とよく言います(言わない?)ように、フィールドに出ることが重要、アホちゃうか?と思われたかもしれませんが、そんな気持ちを理解できる方々と思っています。
[PR]

by shimabito3 | 2013-09-16 13:14 | Comments(0)