<   2014年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 30日

晴れの土曜と雨の日曜

木・金とお仕事で出張しておりました。
金曜の帰りが遅くなり、何時ものように起きられない土曜でした。
お疲れモード、気力なしモード、何とでも言ってください。
起きられないものはショーがない。
そして今日は雨、涙雨ですね。
桜は咲き始めなので、散る事は無いでしょう。

土曜29日は起きられなくても、餌取りに行かねば、という事で、静岡県岡部町、島田市辺りをうろちょろしてきました。
b0093800_17291720.jpg

桜は青空によく似合う。

本日・日曜30日は、行ける範囲は全部雨の予報でした。
常識的にはフィールドワークは無理ですが、起床時には雨が落ちていなかったので、発作的に着替えをザックに詰め込んで出発しました。
今が探し頃のウラゴは待ってくれません。

いざ出陣・・・・、直ぐに雨が落ちてきました。
最近の予報はよく当てます。

目的地は神奈川県南足柄町、あまり調べられていないので面白いと聞いては是非ともどんな顔か検証しなければなりません。2卵塊のうちひとつは出てこず、成長中の幼虫さんが一個の現状では不十分です。

雨の中、現地着。下調べをしているのでイボタの場所はわかっています。
傘をさしてチェック開始です。
中々見つからず、枝を引っ張るので袖がグチョグチョ、下草でズボンが濡れてちべたい。
気温は13℃、寒くはありませんが、濡れるには低い温度でした。
なんとか発見、1齢の後半、まだ小さかった。
見つけたので宜しい。転戦する気も起きず、環境を探しながら帰ることにしました。

雨の中走っていてイボタがあったのでチェックを入れると
b0093800_17433699.jpg

なーんと、ウラゴが付いていました。
こんなこともあるんだな。
はじめの場所ではなかなか見つけられなかったのが不思議なくらいあっけなく幼虫がいる。
ラッキーだったのか、南足柄のウラゴは多いのか?
前者だと個人的には考えています。

よし、ラッキーであるならば、そのまま帰るのはもったいない。
山北町に寄ってみましょう。

ここどーよと入った道の川横でイボタの林を発見しました。

枝を引っ張って食跡を探します。
雨の中でやるこっちゃないな・・・・
アホやな・・・・
いいんです、濡れたら着替えたらよろしい。

2個見つけたので生息は確認できました。
ヤーメタ。
着替えて終了、帰りに髪を切りました。
4時過ぎたら青空。
お天気の神様、嫌がらせ?

山北町の東名の下。
ガスに霞む桜もまた一興かも。
b0093800_1753331.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2014-03-30 17:53 | Comments(0)
2014年 03月 26日

3月21~23日、遊んじゃいました。その3

三重県の何処をうろちょろしたかメモっておきましょう。
カーナビに記録した場所を紙の地図に落とせば、その場所がはっきりしますが、気が向くままにうろちょろしたので、今は曖昧なんです。
この状態だと、記憶も直に薄れてしまうので、忘れないようにするためのもの。

高速を走っていると、雑木林が広がり我慢できなくなりました。目的地の伊勢市にはまだ距離が有りましたが、降りました。
ココドコ?
多気町でした。
イボタないか?と探すと、生えていました。
どっこらしょと探してしょぼいイボタでウラゴ発見でした。1齢の末期、もう少し大きいほうが探しやすいけれど、まー見つかったから宜しい。
歩くとイボタは少ないながら有りましたが、追加は得られず。
気温が上がらず寒くて仕方がありません。
直ぐに嫌になってしまい、伊勢に向かいました。
空の半分は青、半分はグレー、前線なのか?グレーでは小雨でした。
b0093800_1213090.jpg


3月30日追記
期限切れアウトです。
まとめます。
多気町 ○
玉城 イボタのみ×
伊勢市 通過。
市町村合併前の、旧・伊勢市ってわかラなかった。走行中にイボタは確認
磯部町 ○
今は伊勢市になっているのでカーナビの表示で伊勢市確保と思っていました。
大王町 ×。
宿泊地。ぽんかす発見。でも、幼虫はおらなんだ。時間を使いましたがNG.
浜島町 ○ 後で調べると、浜島町初記録の地名でした。ほぼ10年前の記録です。
南勢町 ○ 多分です。南島町に入っていないと思いますが未確認
南島町 ○ 先日の”探し方”で書いた場所です。
度合町 × ポンカスのみで幼虫は見つからず。標高があったので、小さすぎで見えなかったと考えています。
大宮町 × 大きなイボタはありました。ミヤマイボタか?
9戦5勝、1不戦敗。
2日間で、下調べなしでの5勝、勝率5割。
そんなもんでしょう。
[PR]

by shimabito3 | 2014-03-26 01:21 | Comments(0)
2014年 03月 24日

3月21~23日、遊んじゃいました。その2

この3連休の計画はというと、『伊勢・志摩でウラゴ遊び、条件が合えば、ギフに会いに行く』、でした。
実際の行動は、気温が上がる23日の日曜日をギフにあて、見事目的を達成できたのでした。
このギフはお世話にならなければ、無理だったでしょう。

ウラゴの目的は、青白紋が広く美しい個体群として有名な伊勢志摩エリアを自分の目で探したい!でした。
しかしながら片道500kmなので、余裕を持ちたいと考えていました。
最近大人になったので、あんまり無理をしないんです。

何時ものパラパラ地図を拝借して、今と市町村合併前の行政区を比べてみましょう。
b0093800_22541658.jpg

かなり市町村合併が行われたことが見て取れます。
この県もあまり馴染みがなく、通過した経験は有りますが、目的地にしたのは初めて、よって地図を持っていませんでした。
三重に入り、コンビニで購入しようと目論んでいましたが、簡易版やガイドブックは置いてありましたが、県別マップルはなし。
ようやく入手できたのはちゃんとした本屋を見つけた夕方でした。
アホですね、しょーがない、突発的な三重県でした。

さて、動いた様子を残しておきましょう。私の行動のメモなので、お時間があれば読み進んでください。
眠くなったらSAで仮眠を取ろうと、アパートを出発したのは1時すぎでした。
夜中の東名はトラックが多く、それなりの交通量がありました。
皆様、お仕事をなさっているのですね、遊びに行っている私は申し訳なくなりましたが、でかいトラックは視界を遮るし、かなり鬱陶しい。

さて、ウラゴは?と真髄に触れる前に気力ダウン、続きを書くかどうかは未定です。
今日のところは、ウラゴの探し方@南島町を載っけておきます。

ウラゴを見つけられるかは、イボタを見つけられるかにかかっています。
イボタが生える場所で停車できるか、と言い換えることが出来ます。
今回は、見つかった例です。
イボタは水を好むので、川やら池、谷にある田んぼがキーワードです。
川に注目しました。
土石流危険ということからも、斜面があると推定できます。
b0093800_23454874.jpg

進みましょう。
b0093800_23462094.jpg

イボタがありました。
ちょっと明るすぎ?
いやいや、イボタがあるとウラゴを探せ!です。
b0093800_23474586.jpg

引っ張って、食痕を探します。
幼虫が居ると、当然食っており、卵を探すより見つけやすいんです。
大きな木での卵探しはまず不可能ですが、幼虫であればなんとかなります。
b0093800_23483558.jpg

食痕有ったどー、とパチリ。
え、幼虫付いとるやん、と撮ったあとに気がつきました。
ブログネタ作成時のノンフィクションです。
人間の目って不思議です。
隣りに居ても見えない。探す対象を明確にする必要があります。

多分ケムケムと書いたように、ウラゴ以外の虫さんもイボタを食っていますが、慣れれば区別が出来ます。
例えば、ヌメヌメの米粒のようなハバチさんは穴を開けますし、ケムケムさんはキャベツ状態の新芽の先端をまるごと食うんです。ウラゴはサイドから食うことが多いようで、小さいうちは丸ごと1枚の葉を食わず、少し食べたら他の葉に移動するようです。すなわち、新芽の塊に複数の食った跡があれば、ウラゴの可能性が高い。シャクちゃんは少し似ているので、あー、食っていると思って、シャクちゃんが居ると、残念!となりますが、個体数が少ないので、そんなパターンは少ない。
b0093800_23512749.jpg

食っているのに幼虫おらんと思ったら、木の股にも静止しているのでチェックは必須です。
b0093800_2352075.jpg

以上、幼虫の探し方でした。
[PR]

by shimabito3 | 2014-03-24 23:52 | Comments(6)
2014年 03月 23日

3月21~23日、遊んじゃいました。

楽しかったです。
無事帰還したとの意味を込めて、ちょっとだけ。
トラオさん、またまたお世話になりました。
今年の静岡県枯山、チョー不作とのこと。
初めてなので、いつもがどんなだか知りませんですが、ワンチャンスだったことは間違いありません。
出てきた~、と追っかけて静止。
b0093800_2302631.jpg

パチパチやっていると、藪の中に消えてしまいました。

あ~、行っちゃったと思っていたら、戻ってきてくれました。
初めて見たギフの吸水。
b0093800_232897.jpg


ふらふらっと飛んですみれで吸蜜。
短時間で、遠かったので、おもいっきりトリミング、でも、ええんです。
幸せでした。
ありがとうございました。
b0093800_2335062.jpg


その後、引佐町でウラゴ三昧。
久留米木、西久留米木、東久留米木、もういっちょ、なんだったけ、川名?
重箱をつつく作戦での探し物、こっちは広く分布しているようです。
[PR]

by shimabito3 | 2014-03-23 23:07 | Comments(2)
2014年 03月 19日

3月19日 ウラゴ前蛹になる。

2月23日の大宮でのフェアの帰りに埼玉県吉見町のウラゴをお持ち帰りしました。
またフェアでは宮城県久慈市産の卵を購入、そのまま室温に置いておくと直ぐに孵化、と言っても出てきたのは三つでした。
累代品と想像していますが、あまり孵化率が良くなかったので、ハズレを引いたと思っています。
ウラゴは何が影響するのか、孵化率が良い時もあれば、ぜーんぜん出てこない場合が有り、その理由はよく分かりません。

まず、埼玉産のウラゴ、前蛹になり始めました。屋内の暖房が効いた部屋での飼育なので、幼虫期間が大幅に野外と比べると短縮された結果でした。
それに対して、宮城県産の幼虫はまだ小さい。
同じ条件での飼育ですが、地域によって成長速度が違っているようです。
いや、もしかすると東北のウラゴは小さいと聞くので、直に蛹になるのか?
だとすると、むちゃくちゃ小さな親になってしまう。まさか。。。
[PR]

by shimabito3 | 2014-03-19 07:43 | Comments(2)
2014年 03月 16日

3月15.16日愛知東部と、静岡西部。

この週末はタイトルの地域をうろちょろしていました。
何しに行ったかというと、半分何時もの国盗り。
15日のお昼までは愛知県に出没するというクロアゲハを探しにひとっ走りしたのでした。
愛知県の何処かまでは、その時間に県内に行かねば分かりません。
で、行ってみると尾張東部ということが判明。
尾張東部ってどこ?と調べると、豊田市やら、瀬戸市が該当します。
昔、ギフと遊んだ場所です。

という事で、クロアゲハ、盗れました。
b0093800_7231679.jpg


アホちゃうか?、えーんです。遊びですから。

そして、もうひとつの目的、そう、これまた何時ものウラゴでした。
これは気力があったら書きます。

うろちょろしていたら、携帯に着信、狭い道を運転中だったのでその時は取れず。
駐車して、コールバックすると、ギフチョウを見に行かない!?、とのお誘いでした。
静岡界隈をうろちょろしているだろうと見透かされていたのでありました。
愛知だからちょっと違うけれど、似たようなものでした。
フライング覚悟で、ダメだったらウラゴを探しましょうと言われると、断る理由がありません。
今年”初”のギフ、ええ響きです。

浜松に一泊しようとしましたが、どこのホテルもいっぱい。
何か、催し物があったのか?
仕方なしに、愛知県豊橋市に一泊。
安かったけれど、古めかしく、もう宿泊することは無いでしょう。

16日、びゅーんと現地着。
とても広くなった浜松市にある枯山が、日本で一番ギフが出るエリアの一つです。
採集は禁止されており、こんな看板がありました。
b0093800_23275240.jpg


結論はと言うと、連れて行ってもらった場所では現れませんでしたが、遊歩道で2頭出たそうです。
撮影もされたというので、この情報はあっという間に広がるでしょう。
平年並みの発生、いよいよ親のシーズン・インとなりました。
という事で、kenkenさんの予想、予想日「3月15日±1日」ずばり正解でございました。

私も春の蝶を探して、ミヤマセセリ。
これはこれで、嬉しいものでした。
b0093800_23384030.jpg

ミヤマセセリって後翅の黄色いスポット、こんなに小さかったかなぁ。
[PR]

by shimabito3 | 2014-03-16 23:29 | Comments(8)
2014年 03月 10日

3.11

あれから3年経過しました。
もっと過去のような気がします。
その当時、私は九州在住でした。

今日は抜き打ちの防災訓練でした。
まー、今日辺りやるんじゃない?と噂されていたので、会社の魂胆は見透かされていたのでした。
昨日の大井川でも、似たような体験をしました。

緊急地震速報と同じようなシステムかなぁ。
b0093800_23463189.jpg


そう、スマホに変えた私だったのでありました。
[PR]

by shimabito3 | 2014-03-10 23:45 | Comments(0)
2014年 03月 10日

3月9日 何時ものウラゴ/静岡県 ・パート2

9日も静岡県をやりました。
低地でまだ行った事が無いのは・・・・・と、地図を見て大井川町、吉田町に決定。
名前のとおりの大井川の近くにあった大井川町は、現在では焼津市になっています。
焼津市も行ったことがないけれど、その範囲の狭さと宅地化度合いから、無理ちゃうか?と思っています。
もういっちょの吉田町は現存、取り残されたのか、意志を持って市町村合併しなかったかは不明です。
こんな位置関係、大井川河口の東西の町です。
いいでしょ、合併前の地図。
旧市町村で探すには必須です。
b0093800_7314717.jpg


大井川町には環境が有りませんでした。
畑と建物しかなく、イボタはなし。
河川敷には小規模な林が有りましたが、オフロードバイクの遊び場になっていました。

海方向です。
b0093800_7361236.jpg

河口より0kmの表示です。0kmっていらないのじゃないの?とも思いましたが、数字が入っていない看板を発注して、距離ごとの数字を入れているんでしょうね、きっと。
b0093800_7443224.jpg

大井川町でのウラゴ生息の可能性はかなり低いとの結論でした。

対岸の吉田町に行ってみましょう!
こちらも小さな市町村なので、おるとすると河川林だろうと、チェックを入れた所、
小規模な林に、
b0093800_7535287.jpg

イボタはありました。
b0093800_754736.jpg

でっかいイボタも。
b0093800_7543225.jpg

環境は、過去にシルビアで有名だったエリアの天竜川河川敷みたい。

直射日光を防ぐような背の高い木が無いので、あまりイメージは良くありませんが探してみましょう。

これだけ葉が展開していれば、食痕から探せるハズです。
イバラに悪戦苦闘しながらやりましたが、結果はNG、見つけられませんでした。
大きな木が無いという事は、過去に更地になった事も示しています。
どうだろう?
えさが有るので、いないとは言い切れませんが、難しい。

嬉しかったのはモンキチョウ、新成蝶を見たのは今シーズン初でした。
b0093800_803691.jpg


次、行きましょう。
目的地は金谷町としました。
b0093800_22414422.jpg

茶の町と掲げるだけあって、茶畑があちこちにありました。
b0093800_22425199.jpg

桜も綺麗。
b0093800_22432221.jpg

でも、開けすぎで一般的にはウラゴには不適と言ってええでしょう。

林を求めて標高を上げました。
そして、こんな環境でイボタを見っけ。
b0093800_2246829.jpg

どうかな?と見てポンカス発見。
幼虫はどうかと言うと、ちっちゃー。
こりゃー、無理ですな、見えへん。
b0093800_22464871.jpg


周囲にイボタはあまり無いためか、この木に3卵塊で50個程の卵が産み付けられていました。
スッゲー、時期をずらして行かねばなるまい。

b0093800_22541046.jpg
b0093800_22542184.jpg

帰宅して確認して分かったのですが、この金谷町、過去に大井川周辺で確認できていた市町村でした。現地ではすっかり忘れてたのでありました。
親にはできなかったけど。

帰りの東名高速は事故で25km渋滞と言っていたので、大井松田で降りて下道を使う事に。
高速と平行に走るR246はいつも混んでいる為、ここはあえて海沿いを走りましょう。
が、R1に出ると見事に渋滞してました。
何箇所かの合流が元凶ですな。
違う道を探さんととあきません、あまりの酷さに疲労困憊したのでした。
b0093800_2383188.jpg



この週末の成果です。
確認できた2市町村がブルーに、探したけれど見つけられなかった2市町村がグレーになりました。
b0093800_22592137.gif

[PR]

by shimabito3 | 2014-03-10 07:40 | Comments(0)
2014年 03月 08日

3月8日 何時ものウラゴ/静岡県

行きたいまだ見ぬ地のウラゴは、雪が残っている可能性があり、冬タイヤを持っていない私にはちょっと危険。
昨日も降ったみたいだし。
という事で、本日は低地の調査に行ってきました。
雪が無いイコール、既に孵化していると予想されます。問題は大きさで、1齢は小さくとっても見にくい。
2齢は寄生がないし、孵化した数だけ幼虫を見ることだって可能なので、一番良い季節だと思っていますが、それはソメイヨシノが咲く頃ですので、まだ早い。

少しでも成長していると期待できて、行ける範囲の暖かいところといえば、やっぱり静岡県になります。
という事で、行ってみましょう。

気合が入っていないので、遠くにいけません(起きられない)
まだ行ったことが無い、富士川下流域の蒲原町をターゲットとしました。今は、静岡市(清水区)になっています。

さて、どうかな?と車を流すと、低地ではイボタの芽が展開、見える程度の大きさにはなっていそうでした。
が、見つからなんだ。
ええ木があってもおらん。

しゃーない、林を求めて標高をあげましょう。

当然ながらイボタの芽は小さくなってしまいます。
しばし徘徊、やっとこさ見つけました。
ひょろっと有ったイボタに合計23卵、4卵塊、その内、17卵が孵化していました。
どっかにおるはずと懸命に探して、なんとか4幼虫みっけ。1mmくらいでした。
視力が低下しているので小さな幼虫を見つけるのはとっても骨がおれます。
でも、やったぜ、自分。
富士川なので、黒いと予想されます。

次、富士川町を探しましょう、今は富士市です。
徘徊していると、山中に野田山健康緑地公園なるものがありました。
倒木のため通行不可能となっていた道沿いですが、なんとかなるもんです。
モリアオガエルがいるとか。
これって、珍しいの?
b0093800_22412954.jpg

目的はカエルではありません。
池は凍っているし、雪も少し残っている季節の進行度、冬眠中ですよね。
b0093800_22455493.jpg

水があるところに生えている事が多いイボタを探しましたが、こちらはなし。
植栽されたイボタ風の木はありました。
あれがライラックというのか?丸い葉で、少しよれていました。
ちょこっとチェックは入れましたが、付いてなさそうなので、深追いはせず。

先に書いた、倒木の原因は雪だと思われます。
重い雪が植栽された杉を倒したのでしょう。人工的な杉は根が浅く、耐えられなかったと想像しています。
折れた木が散見されました。
b0093800_2351856.jpg


走行中の富士山がとっても綺麗でした。
こんな景色の中に居られるだけで幸せです。
b0093800_23145794.jpg


進むとはたご池こっち、と標識がありました。
ちょっと寄り道。
b0093800_23193738.jpg

水があるところにイボタが目的でしたが有りませんでした。
ここでも富士キレイ。
b0093800_23205582.jpg


さらに進んでポンカス見っけ、でもイボタの芽は固い。
幼虫さんは、まだ小さすぎて、とっても・とっても・見つけるのはムリ、と直ぐに悟りました。

次行きましょう。
次は由比町です。今は静岡市清水区になっています。
何時ものようにここどうよ、と行ってみたもののハズレでした。

1本道をずらそうと計画、最短ルートをナビに従って走るととんでもない道でした。
でも、そんな無茶な移動が功を奏してウラゴの生息を確認。
ポンカスなので、”生息を確認”なのでした。
b0093800_0144471.jpg


もっとイイモノを見つけました。
それは絶景。
画像でもそれなりかと思いますが、実際に見ると、もっと素晴らしかった。
b0093800_0165535.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2014-03-08 23:05 | Comments(2)
2014年 03月 02日

1日雨な日曜日

時々外を見ていましたが、終日しとしと雨でした。
雪じゃぁ無かったのが、良かったというところ。
という事で、部屋で標本整理をしていました。
DCCと言うメーカーから、その標本整理のための箱を購入。
中々対応も良く、満足です。
[PR]

by shimabito3 | 2014-03-02 20:06 | Comments(0)