虫とり日記3

tyou3.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 30日

また遊んできました。3

目的のお山について触れておきましょう。
http://tyou3.exblog.jp/22685308/
で書いたお山の再訪でした。
その節はお世話になりました、とらおさん。

目的は、所謂高山蝶、長野県なので採っちゃいけな仲間であり、見るだけです。
お楽しみの世界ですね。
見たかったのは、美山・白蝶と、雲間ベニ日・陰でした。
↑、あえてこの当て字、これならロボット君も見つけられまい。

場所は、長野の主の住みか、ネタばらしすると書いていましたね、、
大鹿村でした。これで、分かる方には分かります。

山登りする気は無く、林道をぷらぷらしました。
スヌさんの日記にて、この林道で通常はもっと上に住んでいる雲間ベニ日・陰を見せてもらったからでした。

登山者と少しお話をしました。
山道を歩いて3時間ほどは展望は利かないとのことでした。
何処ぞにガレバは有るのだろうか?
2時間も登れば美味しい湧水があり、さらに2時間歩けば、ここでのハイライト、塩見岳の雄大な姿を見る事ができるそうな。
4時間かぁ、ちと辛い。
何でかって言うと、誤解されそうで網を振れない事。

今回もウラゴを見たのですが、網が無いため捕獲できず、顔を見られませんでした。
イボタは確認済みだったので、居るとは思っていましたが、現物を見てはじめて生息確認です。
どんなだったかなぁ、心残り。
b0093800_233740.jpg


目的2種も雨に追い返されて、成果なしでした。
居たのはベニヒカゲ、拘っている人には変異が多く楽しい蝶ですが、如何せん、規制が多すぎます。
’きせい’を変換したら、’寄生’が出てきました。
親を調査出来ないって、寄生も規制も同じだがや。
協力している人もいるんだから、保全すべき蝶を的確に、地域を含めてちゃんとやって下さいましね、長野県。

こんな画像が撮れました、今一歩ですが、ええーんです。
b0093800_1363180.jpg


歩いて、何かおらんか?と探していると、雨がポツポツ落ちだして強制終了でした。
折りたたみ傘は車の中ですが、レインコートがザックの中のはず、と思っていたら無かった?
入れたはずなのに!!!
しばし歩いて、木の下で雨宿り。
同じような人が少し先に居ました。でも、あちらは傘を持っているのになんで?

少し小振りになったので、意を決して歩く事にしました。
すれ違う時に先ほどの方、男性3人と女性2人を観察すると、スプリングネットをお持ちでした。
まずいんじゃないの?

後で冷静に考えると、
1.雨が降っているのに、網を出している。これは、こそっと採りたい人の行動では無い。
2.白いタオルを振りまわしていたのを遠くから目撃した。
3.雰囲気が素人っぽい。

これは、アサギマダラのマーキング調査だったのだろうとのマイ・想像でした。
[PR]

by shimabito3 | 2014-07-30 01:37 | Comments(0)
2014年 07月 28日

また遊んできました。2

楽なタイトルつけやがって、、、
ええやん、マイ・ブログだし。

うだらの夏の様相を呈しているようで、吞むさん、コングラチュレーションでございます。
先週は知ってて行かはったんですか?、それとも野生のカン?と関西弁で聞いてみる。

本日のお題はまたクロツです。
今回の目的のお山は、長野の主が住んでいる市町村でありました。(ひっぱりますですよ)
これが長野の主です。
b0093800_2314695.jpg
後日、市町村のネタばらしは致しますが、そんなんまっとれんと言う御仁は、このブログに既出なので、検索してください。

そのお山に向かう途中、寄り道は何時もの事です。
ナビに従って走行中、過去に登録している中川村のとある場所の横を通過しました。
ちょっとよってこーと停車。
過去に見つけていた餌はコモチレンゲ、なんとも少なくて継続発生するのか?と思っていた産地です。
こんな場所。
b0093800_23321857.jpg
b0093800_23322533.jpg

フケフケ個体が一個だけ、まー、おって良かった。

せっかくなので、イボタを探しましょーとガサゴソをやってみました。
河川敷パターンでイボタが有れば、ウラゴの可能性大、何時もの下見ってやつですね。
しばし探索、ダメじゃはえとらん。

唐突に・・・

探し物は何ですか~?
見つけ難いものですか~?

・・・・途中略・・・・

探すのを止めた時、見つかる事はよく有る話で

by 揚水

目線を変えると、探し物が見つかるって事ですかね。
ツメレンゲを見つけちゃいました。
そこには複数のクロツ、なんだ~、こっちが本丸だったのね。

b0093800_85272.jpg
マイ・お楽しみポイント確保です。
過去にここの話をした時に沢山おったでしょの意味がやっとこさ分かりました。

次の産地は、帰りの大鹿村。河川敷の石組みで発生していたと聞きますが、過去に探してもみつからなんだ。
いっぱい居たそうですが、河川改修で潰れてしまったと思っています。
多分、このバス停の近くだったんでしょう。
b0093800_23485573.jpg

しかし何?この本数、バス利用による観光は、考えておりませんな~。
住民の足としても・・・・・、
日帰りで、戻ってこれんやん。
もしかして、終着点なので戻りの便は掲載されていないのか?
ネタとして撮影。


過去に探して見つけたクロツの場所は、天然崖での発生でした。
さて、どうでしょう?と確認しました。

複数飛んでいたので安泰。
時期的にはフケフケ、記録的ブログに付き、2014年の本日の日付でこんな感じと分かれば、目的は十分達成します。
きれいじゃ無くたって、まったくもってOKなのでした。
でも、願わくば、きれいな個体のほうが嬉しい。
b0093800_2356275.jpg

これにてクロツ編終了です。
[PR]

by shimabito3 | 2014-07-28 23:56 | Comments(2)
2014年 07月 27日

また遊んできました。

もう7月も終わりですね、梅雨も明けてまさに夏。
暑いはずだ。

この週末も遊んじゃいました。
メジャーな蝶のお話は後で書くとして、ちょこっと情報です。

こだわっている人にとってはニュースですが、何処でもエエと言う方には、それが何?の出来事。
それは、長野県下伊那郡松川町のクロツです。2年前だったか?で発生を確認しておりまた。

himesijimiさの御意見によりますと、ランク4の珍産地です。
このブログに、ダイレクトな町名は書いたかどうか曖昧な記憶ですが見つけておりました。
去年は行っていません。

久しぶりにどうなったか?と見に行くと、
ツメレンゲのみ確認できて、クロツは居なかった場所・・・・、ビックバンが起こっておりました。
ナニソレ?と思われる方、ブログ内検索をしてくださいネ。
こんな感じ。
b0093800_233518.jpg

花穂は立っていましたが、新しくツメレンゲは育っていませんでした。
何故かと言うと、蛹殻多数・・・。食い尽しですね。

b0093800_2352151.jpg
そげナですか?、と過去に見つけた場所に(ココは比較的広いので安心していたのですが)行くと、ここもツメレンゲがほとんどありませんでした。
そんな小さな株に産むか!の株に卵、比較的広かったので壊滅は免れていましたが、今が自滅の最終段階でした。

想像の道筋です。
過去の産地は工事で消滅。珍ランキング4となる。
数年経過。

何処か手の届かない産地で発生していたクロツが飛来して、個人的過去に見つけたツメレンゲで発生。
もともと居なかった場所なので、寄生ハエやら蜂の圧力を受けず、ネズミ算的に増殖。
ネズミは哺乳類なので手ぬるい、クロツ算と言っておきましょう。
エサは直ぐに乏しくなり、拡散を開始した。

2年前は居なかったツメレンゲにたどりつき、爆発的に増殖。
そうして、食い尽しで自滅。
クロツ・アルアルです。
あー無情、ジ・エンド。

しかーし、幸いながら、松川町にツメレンゲが他にも生えていた!
ビックバンにより住み家が無くなったクロツは、放浪したのでしょう。
見つけたツメ三ヶ所、全てクロツの痕跡(卵、幼虫、蛹、蛹からのいずれか)が有りました。
今年は、クロツを探していませんが、去年の夏がべらぼうに暑かったので、もしかしたら、うひょーの産地に現れるかもしれません。

詳細を希望の方、電話ください。
松川町の今年、チャンスです。
と言うより、ビックバンが起こる前に行かなくちゃ、ランク4に逆戻りになるかも。

松川村じゃぁ無いですよ。
そんなんわかっとる!、
失礼いたしました。
[PR]

by shimabito3 | 2014-07-27 23:34 | Comments(4)
2014年 07月 25日

おまつり

今日は会社のお祭りでした。
住宅地にある工場なので、地域住民にたいする些細な貢献?
b0093800_2150931.jpg

自分ならなら絶対行く事は無いでしょう。
b0093800_21511150.jpg


そう言えば、親に連れられて企業祭なるものに、11月に行っていた記憶。
まだあるのかな?とググると、

現在では八幡の秋の風物詩として定着しており、毎年60万人以上の人出がある。
失礼しました。
規模がちがうがな。
[PR]

by shimabito3 | 2014-07-25 21:55 | Comments(0)
2014年 07月 24日

3連休終了しました。5

月曜休みだと、1週間が短い。
毎水曜提出の週報、早く出してねーと催促されてしまった。
そっか、今日は木曜日だった。

週末の出来事も最後、ヒメオオクワガタを新穂高で拾いました。
ヒメが付くだけにオオクワガタの形では有るけれどかわいいサイズ。
お土産に持って帰ろうかと思ったけれど、殺すだけだなと思い、撮影後に釈放しました。
これも初めての虫。
b0093800_21561410.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2014-07-24 21:56 | Comments(2)
2014年 07月 23日

3連休終了しました。4

月曜日は海の日、晴れマークの予報でしたが、起きた時は曇天でした。
何処に行くか?

3連休の最終日、間違いなく渋滞します。
アパートと逆方向に行くのは、どーもねー。
と言う事で、霧ヶ峰に行く事にしました。

去年、ゼフの乱舞にスゲーと思った場所に向かいました。
ヒメヒもいい頃か?

太陽が出るまで待って、やっとテリを張る時間になりましたが、とっても少ない。
今日年の乱舞は夢だったか?

しかも時期遅でした。
b0093800_23255480.jpg


駐車場に戻ると、人&車がいっぱい。
こりゃーあれですね、止めましょう。

昼前に撤収したのでした。
[PR]

by shimabito3 | 2014-07-23 23:28 | Comments(0)
2014年 07月 22日

3連休終了しました。3

ヒメヒと遊んだ後、一番近くの町である諏訪に泊ろうと楽○トラベルでビジネスホテルの空きが無いか検索しましたがダメでした。
松本もフル、幸い茅野でホテルを見つける事が出来ました。
これでゆっくり眠る事が出来ます。

ホテルで明日20日の天気予報をチェックすると。。。
b0093800_7335950.jpg

お天気おねえさんは、
b0093800_7343699.jpg

チィ、ダメかぁ。
事前の予報でも、土日は雨で、月曜日には晴れ間が出ると言ってたし、天気には勝てません。

しかーし、さすが長野県、山の天気なるものもやってました。
画像は目的地と違いますが、予報は同じ。
b0093800_7375293.jpg

なんでも有りの予報ですが、この晴れ と言う言葉が出た時点で決行です。

何を?何処に?
今の時期のお山のチョウと言えば、やっぱりセセリ虫でしょう。
長野県では採集禁止ですが、岐阜県では規制がありません。
厳しい環境に住んでおり、規制をかける事に疑問がありますが、長野県の方針ですので致し方なし。
私は撮ったり、採ったりしたいので、目的地は岐阜県です。
憧れのチョウ、見た事が無いチョウ、
沢山採って箱に並べる趣味は有りませんが、自然の中で自分の目で見て、自分の手で採りたいって、
これって悪?、いろいろな考え方が有ると思いますが、自然を壊さない程度におすそわけしてもらうのは、個人的には問題無しだと考えています。
だって、自分の手で触りたいでしょ。
見るだけでは、満足できないんです。

と、何時ものようにグタグタと書きました。
噂では新穂高のセセリ虫、よく耳にします。
でも、見た事が無いので、どんな環境かは想像するのみ、お助けヘルプで情報をもらいました。
さすがに、何も知らずに突撃する気にはなりませんでした。

お世話になった皆様、ありがとうございました。
イニシャルトークも、なるほどね、でございました。

歩き出した時は雨は落ちていませんでしたが、空は厚い雲に覆われ、ダメだったら明日また来れば宜しいと、お気楽モードです。
まず、一度訪問しなければ、イメージが出来ません。
b0093800_2056887.jpg

テクテク、パチパチ撮りながら進んで行きます。
何事も楽しまなくちゃ。
こんな曇った日は、まさにピ虫日和、沢山いました。
種名は不明ですが、見ただけ撮れ!
珍虫堂さん、ええもん入っている?

b0093800_2105212.jpg
b0093800_2105449.jpg
b0093800_211287.jpg
b0093800_2112915.jpg
b0093800_212824.jpg
b0093800_212841.jpg

まだあるけど、くどいので略。

しばし進むと、少しずつ明るくなって、ゼフのバトル、多分メスアカでしょう。
b0093800_2145665.jpg
b0093800_214454.jpg

たまに、この位になるまで回復しました。
b0093800_2164812.jpg

ヒメシもおりました。
記録としては採らなくちゃいけないのだろうけれど、触手が動かず。
撮影のみで終了しました。
まさか、ここで居なくなる事は無いと思います。
b0093800_2183458.jpg

後は花など。
b0093800_2194778.jpg
b0093800_21101359.jpg


てな事をしながら進んで目的の沢に到着しました。
看板を見ると、山道を使えば沢の上に行けそうです。
では、行ってみましょう。
濡れているので、滑って登りにくい。
・・・・・・・
・・・・・・・
看板のイメージとは違って、距離がある。
・・・・・・・
直ぐかと思ってたのに
。。
やっとこさ、沢が見えました。

ガレが上から沢に落ちた場所がありました。ここがポイントか?
誰かが来たとしたら、何処かに踏み跡が有るはずだが、見当たらない。

よくわからんが、もしかしたら、この上?
行ってみましょう。
b0093800_21241698.jpg

画像では分かりませんが、かなり急、しかも浮石だらけ。
少しよじ登りましたが、危険です。
晴れていたら、行く価値アリですが、今日は止めときましょう。
踏み跡(不自然な崩れた後)ないし、人が入ったようには見えなんだ。

さらに登山道を少し先に進むと雪渓がありました。
7月に雪、九州人には想像もできません。
簡易アイゼン持って行った方が安全よーとアドバイスをもらっていましたが、納得です。
b0093800_21295540.jpg

食草らしきものが生えていたので、昼飯などを食いながら待ちましたが、セセリ虫はおろか、虫が飛ばない。
太陽が無いとやっぱりダメなの?
向うに見える細い葉っぱの草がエサか?
b0093800_2135884.jpg


待ちの時間、つかの間では有りましたが、太陽がやってきた。
最大のチャンス到来、と期待しました。

でも、飛ばず。
ふー、雨がポツポツ落ちだして終了しました。

ま、今日は環境を見に来ただけ、こんな日に見られるほど甘くない。
戻って、もちょっと詳細を聞けば宜しい。
そのための2日間です。

下りは登りよりも滑ります。
踏ん張らねばいけないので、筋肉をよけいに使う。

やっとこさ分岐点まで戻ってきて、もう一度大きな沢を見上げて、ココを登るのが正解なのだろうか?
でも、踏み跡なんて残りそうな感じでもないしなー。
なんて思いながら、パチパチ撮影していると、日がさしてきました。
先ほどは雨が落ちだしたと言うのに、今さらおひさま?

これは、もう一度登れと言う啓示か?
前向き、粘着質、なんでも宜しい、もう一度登ってみましょう。
今度は、ダイレクトに登って行きました。
オウギが有りました。
花が咲いています。
ココだったら、ヤリガタケになるんでしょうか?
花の時期=成虫の時期だと思われ、おるって聞いたことが無いので、分布していないのでしょう。
b0093800_21531343.jpg

これがセセリ虫のエサ?
b0093800_21564311.jpg

それともこっち?
b0093800_2157049.jpg


ふと見ると、オレンジのちっちゃい物体がちょこりと止まっていました。
これは、もしかして!!!!
おりました、人生初のセセリ虫、すっごく明るい色に見えたのは脳内美化の為でしょう。
やっと会えました。

慎重に近づいて、シャッターを押すと、カシャ・カシャ・カシャっと言う音、あれ~やってもうた。
設定のダイヤルが回っていて、変なモードで撮影しちゃいました。
そして、ふらっと飛んだ彼女(多分♂だけど)は、一旦止まりましたが、そのまま向うへ行ってしまいました。
撮る事も、採る事も出来なかった。
二兎追うものは一兎も得ず、良く言われる格言です。
なんてバカバカバカバカ・・・・

家に戻って、画像を取り出すべく検索です。
単純にはPCで表示出来ないのは知っています。
なるほど、こうすれば宜しい。

ということでセセリ虫。
現地ではすっごい別嬪さんに見えたけれど、画像では少しすれているし、しゃきっとしとりませんなー。
b0093800_23132151.jpg


何処かに静止していないか?と歩きましたが、見つけられません。
スニッカーズの真新しいパッケージの断片が落ちていたので、ここいらに人が来たと言う証拠、ゴミは拾ってお持ち帰りしました。

日が照らないか?と見上げると、雲がどんどん流れています。
暫く待つと雲の切れ間から太陽が出そう。

山の上部も見えてきました。
b0093800_23205758.jpg

もうちょっと・・・

明るくなるといいんだけど・・・

そして太陽。。。。

すると、
セセリ虫が出てきました。

ありがとうございます。あなたに会いたかった。
この時は初めのファイルが再現できるとは、思っていなかったので、やっとこさミッションコンプリートだと思いました。
あの時日がささなかったら、また登ろうとは思わず、見る事は出来なかったでしょう。
人生なんてそんなもの、不確定要素が多い中、どんな選択をするかで結果は変化します。
ダメだったら、天気がよいであろう21日に再訪しようと考えていましたが、もう満足しました。
もし、再訪して、天気が良かったらもっと沢山のセセリ虫が出迎えてくれたかもしれませんが、それはたら・ればの世界、逆になんだよーとなったかもしれません。感じるままに動け、です。

画像は拙いですが、セセリ虫、心に残りました。
ちなみにですが、長野県では規制の対象ですし、山登りが必須です。
マイ調査対象にはなりえません。
b0093800_23361144.jpg
b0093800_23361196.jpg

本日終了、思い出に残る1日になりました。

残り1日、これまた新穂高のオオイチを狙うか?
でも宿がありません。
走行中に温泉宿に空き室ありと表示してました。
電話すると、
おひとりですか?
部屋が大きいので、素泊まりで15000円だとか、やーめた。
これまた、分かれ道でした。
オオイチ、ばいばい。

また楽○トラベルで検索するも、ホテルはフル、3連休なので予測できました。
ネットは便利では有りますが、多くの人が利用するので、満室になることは経験済みです。
そんな時はどうするか?
もう一つの文明の利器、カーナビを利用します。
検索をして直接電話、はい、見つかりました。
今宵の宿は松本に決定しました。
[PR]

by shimabito3 | 2014-07-22 07:38 | Comments(2)
2014年 07月 21日

3連休終了しました。2

吞むさんの魂を解放してって奴と同じです。
ちびちびやりながら書いてます。

本当はお疲れモードなので、眠っていたのですが、携帯の着信に起こされた。
登録していない人の着信、出ます?
たいがいは、勧誘か間違い電話なんですいねー、迷惑。

検索ロボットを避けて種名を書かないように別日記、そうヒメヒのお話から続けましょう。
場所は前回書いた、迷いそうになった場所での撮影、うろちょろしていると飛んでいました。
道を失ったのは致命的だとは思っていなかったので、まったくもって、余裕あり、です。

これまた前回コピペしたように地域指定種なので、採っちゃだめです。
ダメだからいっぱい居るのか、そもそも指定しているのが間違いなのか?
いずれにしろ居る所に毎年居る、これって、大事なのでありました。
環境保持を含めてって事です。

初めて見る種なら、おー、と目の色が変わるかもしれませんが、既にマイ・既存種、気持ちはおおらかでした。
これって、後進は育ちませんね。
人って、欲、探究心とも言いますが、見るだけでは満足できるモノではございません。

そのヒメヒ、チャコールブラウン、好きな蝶です。
低地では湿地な蝶ですので、高原にいる長野と時期と環境が異なっているのが面白い。
では・
見つけた時は、おったー
b0093800_23144178.jpg

裏が好き!
b0093800_23143653.jpg

表は、ぴらっと見せてくれると、
グットジョブ、サンキュと言いたくなります。
b0093800_2318189.jpg
b0093800_2317160.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2014-07-21 23:17 | Comments(0)
2014年 07月 21日

3連休終了しました。

渋滞が嫌いなので、早々に現地を撤収。
ヘビーにやると疲れちゃうのと、撮ろうと企画したゼフが少ない上に、既に時期遅だった事が原因、
楽しかったら、どげんかなるさーと何時までも遊んでいるけれど。

九州、梅雨明けだそうです。

!ですね。

以前は夏大好きだったけれど、最近はそうでもありません。暑すぎます。
35℃越えなんて、日本じゃありません。
電力事情だとかで、職場は冷房も抑えられるし、もー、いや。






自分的記録のブログ、何時、何処そこに行って、どうだったって書き残すって後で見ると役に立ちます。
と言う事で、書き残しておきましょう。

まず土曜日、天気予報は良くありませんでした。
憧れのチョウに会いに行きたかったけれど、無理そうなので、ヒメヒでお茶をにごしました。
ヒメヒカゲ 長野とググると色々情報が得られます。高ボッチ高原は採集禁止なので、地名が伏せられる事も無いのいでしょう。

実行動は・・・
現地には、そんなことを書いた看板が無かったので(行きつかなかっただけ?)、周知徹底はされていないみたい。
と言うのは、車が止められて、良さげな斜面があったので行ってみたら、縦横無尽に獣道。
シカさんの落とし物があったので、獣道と判断したのですが、これが厄介でした。
ちょっと上まで行ってみよーとピークに登ったら、
さらに奥まで行けそう。

もちょっと行ってみよーと先に進んだまでは良かったのですが、さ、引き返すかとおもっっても道の選択肢が多すぎです。
あれ?こっち方向のはずだが?
目印がない。
下りは、方向が少しずれるととんでも無い方向に降りてしまいます。←過去に経験済み。
げ、やば。
遭難するような山では有りませんが、時間と体力を使うにはもったいない。

こっち!とカンを信じて進みます。
街中では方向音痴な私ですが、フィールドでは意識しているので、たまにしか迷いません。←たまにかよ!って、つっこみ入れてね。

ガサガサ降りて行くと林の向こうに道が透けて見えました。
ほっ、良かった。
ずんずん降りて行くと、ダート道でした。
ちゃうやん。

きっと、舗装道に繋がっているに違いないと、歩いたところ、一旦登った道は山を巻いて下っています。
これは、違う。
では逆方向に進んで行きましょう、
が、道は思っている方向に道は向かいません。
こ、これは、いわゆる、迷子?

思っている方向にあるのは、獣道!
しゃーない、進むしかありません。
ガサゴソやって、やっと車道に戻れました。
危なかった。
フィールドをなめちゃぁいけません。
ちゃんとした道を外れる時は、方向が分かる特徴的な景色を目印とすべきでした。今回はちょっと先に行ってみよう→獣道が沢山→方向にずれ→変な所に降りてしまいました。

どうして道を失ったか?を検証するために、もう一度歩いてみました。
今回は間違えないように、特徴ある山の形の方向を認識しながらの進行です。

なるほどね、分かりました。
平らと思っていた場所が微妙に下っていていました。
戻る時にちょこっと登れば良かったんです。

距離にして20mくらいでしょうか?、もちょっと進んで左方向に行けば車道は直ぐそこだったんですが、手前で左に行ったのが間違いの元でした。
お気楽モードで先に進むとロクなもんじゃありません、反省。

と言う事で多くはちゃんとした道を進まなかったのfで、あったかもしれない看板には行きつかなかったのでした。

検索して見つけたもの
『県民ホットライン』 http://www.pref.nagano.lg.jp/soumu/koho/hotline/shosai/koukai/2011/05/2011000049.htm
以下コピペです。
・採集禁止の蝶について

ご意見(2011年5月30日受付:Eメール)

 問い合わせですが、教えていただきたくメールしました。
 長野県内にて、6月中旬以降蝶採集を予定しています。
知らずに採集してトラブルになるケースがあると聞いています。トラブルを防止したいため、採集禁止の蝶、および採集禁止の区域を教えていただきたいと存じます。
 なお、ご多用中誠に恐縮ですが、市町村の禁止種についても併せてお願いいたします。
 よろしくお願いいたします。

回答(2011年6月6日回答)

「信州・フレッシュ目安箱」にお寄せいただいた、“採集禁止の蝶“に関する質問について、文化財・生涯学習課、自然保護課所管の下記法律・条例に関してお答えいたします。

                                    記

1 文化財保護法(国指定の文化財) 長野県文化財保護条例(県指定の文化財)

(1) 種を指定してある天然記念物(場所に関係なく当該種の採集が規制)

 ア 国指定天然記念物にあたる蝶の種:本県に生息種なし

 イ 県指定天然記念物にあたる蝶の種:高山蝶10種
    ミヤマモンキチョウ
    ミヤマシロチョウ
    クモマツマキチョウ
    タカネヒカゲ
    ベニヒカゲ
    クモマベニヒカゲ
    オオイチモンジ
    コヒオドシ
    タカネキマダラセセリ
    ヤリガタケシジミ(アサマシジミの地域個体群)

(2) 地域を指定している天然記念物・名勝(動植物の種に関係なく全ての採集が規制)

  国指定名勝・天然記念物(特別名勝・特別天然記念物含む)と県指定名勝・天然記念物は、本県教育委員会の ホームページから一覧をご覧いただけます。
  全体の目次ページはこちらです。
http://www.pref.nagano.lg.jp/kenkyoi/jouhou/shougai/bunkazai.htm
 
 国指定文化財の個々の関連ページは次のURLをご参照ください。
   http://www.pref.nagano.lg.jp/kenkyoi/jouhou/shougai/tokumeisho.pdf
   http://www.pref.nagano.lg.jp/kenkyoi/jouhou/shougai/tokutennen.pdf
   http://www.pref.nagano.lg.jp/kenkyoi/jouhou/shougai/kunimeisho.pdf
   http://www.pref.nagano.lg.jp/kenkyoi/jouhou/shougai/kunitennen.pdf
 
 県指定文化財の個々の関連ページは次のURLをご参照ください。
   http://www.pref.nagano.lg.jp/kenkyoi/jouhou/shougai/meisho.pdf
   http://www.pref.nagano.lg.jp/kenkyoi/jouhou/shougai/kentenen.pdf

2 自然公園法、長野県自然環境保全条例
  (場所により全ての採集を規制、場所により種を指定して採集を規制)
  国立、国定公園では特別保護地区において全ての昆虫の採集が規制されています。
   http://www.env.go.jp/nature/np/animal_prot/index.html
   http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/hogo/shizenkouen/kouenitiran.pdf
   http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/hogo/shizenkouen/map220818.pdf
   http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/hogo/shizenkouen/shizenkouen.htm
  また八ヶ岳中信高原国定公園の特別地域においてミヤマシロチョウの採集が規制されています。
   http://www.env.go.jp/nature/np/animal_prot/fauna/insc06_ah_japonica.html

3 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律
 
  国指定国内希少野生動植物種(本県に生息種なし)

4 長野県希少野生動植物保護条例(県指定の希少種)(当該種の採集が規制されます)

(1) 指定希少野生動植物(3種、5亜種及び2地域個体群)

 ア 種の指定

   タカネキマダラセセリ(北アルプス亜種)
   タカネキマダラセセリ(南アルプス亜種)
   クモマツマキチョウ(南アルプス・八ヶ岳連峰亜種)
   ミヤマシロチョウ
   ミヤマモンキチョウ(浅間連山亜種)
   オオルリシジミ
   オオイチモンジ
   タカネヒカゲ(八ヶ岳亜種)

 イ 地域個体群の指定
  
   ヒメヒカゲ(岡谷市・塩尻市個体群)
   チャマダラセセリ(木曽町開田高原個体群)

(2) 特別指定希少野生動植物(1種及び1亜種)
 
   ミヤマシロチョウ
   タカネヒカゲ(八ヶ岳亜種)
 
   http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/hogo/kisyou2/H17musekituisiteishu.pdf
   http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/hogo/kisyou2/kisyou-pamphlet.pdf

 なお、上記以外に、市町村による採集の規制もありますが、これについては採集等を行うご予定の市町村に直接ご確認ください。
 また、上記以外の法律・条例や、集落や土地所有者の意向等もあり、今回の回答に該当しない場合であっても、採集が合法であることの保証は致しかねますので御理解願います。

【問合せ先:教育委員会事務局 文化財・生涯学習課 文化財係 電話026-235-7441 メールbunsho@pref.nagano.lg.jp 】

【問合せ先:環境部 自然保護課 自然保護係 電話026-235-7178 メールshizenhogo@pref.nagano.lg.jp 】

2011000049


何度か読みなおしましたが、すっきりしません。
種、或いは地域個体群が規制の対象になっているチョウ、かぶっとるやん!
どんな罰則があるのか分かりませんが、

ヤツでクモツキを採ったとすると、
1 文化財保護法(国指定の文化財) 長野県文化財保護条例(県指定の文化財)
に違反
4 長野県希少野生動植物保護条例(県指定の希少種)
に違反
それが、特保だったら、
2 自然公園法、長野県自然環境保全条例
  (場所により全ての採集を規制、場所により種を指定して採集を規制)
  国立、国定公園では特別保護地区において全ての昆虫の採集が規制。
に違反

スゲー、さすがヤツクモツキ、格が違う。
近年居ないと聞きますが、法律で守られているので、調査が出来ない為?
まーいいや。
ヤツクモツキはとってもええチョウですが、がんじがらめのチョウはマイ・調査対象ではありません。

このリストの中で見た事が無い種、地域個体群は
タカネキマダラセセリ
ヤリガタケシジミ(アサマシジミの地域個体群)
のふたつ、です。

勉強不足、このヤリガタケ、何処が該当するのか良く分かりません。
上高地は、ダメなのは知っていますがね。

検索ロボットが右往左往しているので、簡単に一度で美味しい、って嫌なんですよねー、他のページも見てねってことで本日終了。
[PR]

by shimabito3 | 2014-07-21 17:33 | Comments(0)
2014年 07月 18日

3連休は

天気予報を見ると、中部~関東地方、こんな事を言ってます。

3連休は雷雨・荒天に警戒
3連休は荒天の恐れがあります。20日(日)をピークに激しい雷雨になって突風やヒョウの恐れも。夏休みもスタートしますが、アウトドアのレジャーは控えた方が安心です。

近畿地方
3連休前半は荒天に警戒
3連休前半は荒天の恐れがあります。激しい雷雨になって突風やヒョウの恐れも。夏休みもスタートしますが、山のレジャーは控えた方が安心。21日(月)は天気が回復します。

うーん。
[PR]

by shimabito3 | 2014-07-18 08:02 | Comments(0)