虫とり日記3

tyou3.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 31日

8月31日 夏は終わったの?

小豆島、フェイスオフでこれからか!で、更新していませんでした。

期待させておきながら詐欺やん!
すみません。
返す言葉がありませんが、小豆島は、結果的には下見に終わりました。

台風直後では、さもあらん。
その後に、それなりの知見も得られたので、気力のある時に加筆します。

色々と時間を取られて、あんた何!の状態でした。
会社でも気合いを入れる所は入れます。
優先順位を決められるって、余裕があるって事かも。
手のひらの上で遊ばされてる、そっちのほうが楽です。

昨日は休日出勤でしたが、対価は求めません。
良い結果が出なかったから。


と、今日中途半端でおしまい。
[PR]

by shimabito3 | 2014-08-31 21:45 | Comments(2)
2014年 08月 20日

小豆島訪問

11日、やっとこさ台風11号が抜けてくれました。
よかった。

出発は書いたように姫路港、大きな港に大きなフェリー、いよいよ出発です。
1時間40分の船旅、バイバイ姫路。
b0093800_2333269.jpg

今回はスル―切符なるものを利用しました。
姫路港→小豆島・福田港/小豆島・土庄港→高松と、名前の通りスル―するものです。
b0093800_23352183.jpg

フェリーの中は広々、瀬戸内海ということもあるのでしょうが、揺れもほとんどなく快適、小さな船とは別世界でした。
b0093800_1154815.jpg


国獲りの話で恐縮です。
島の近くを通過するので、色々盗れました。
例えば、家島。
b0093800_1223284.jpg

ここもウラゴ目的でいつかは訪問したい島です。
と言っても、記録が既にあげられているので、何かの寄り道にでも。

直江さんも、お共に加わってくれました。
b0093800_1252636.jpg


小豆島も手中に!
b0093800_1282975.jpg

389/600道のりは遠い。

たまたま移動する鷹に遭遇。
前にも書いたので詳細は略。
東讃って何処よ、ここやん!。
b0093800_13615.jpg

既に持っているので、盗っても意味が無いのですが・・・
b0093800_1394298.jpg

すみません、意図した方向じゃないですね。

てなことをして遊んでいるうちに小豆島・福田港に到着。
いよいよ、フェイスオフ。
b0093800_1414695.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2014-08-20 23:38 | Comments(0)
2014年 08月 20日

えらいめにあいました

8月10日、台風は夜のうちに通過すると甘い見込みでした。
朝起きても・・・・大雨特別警報は続行中・・・・
えらいこっちゃ、のろい台風11号は7時で四国上陸。
b0093800_04654.jpg

b0093800_0513026.jpg

避難指示って言われても、高速は通行止めのままだし・・・
下道を使って、三重脱出だー、と走りだしました。
雨も風も、特別では無かったけれど・・・・
あちこちで通行止め
b0093800_0555085.jpg

b0093800_0579100.jpg

三重県から抜け出せません。

長いものには巻かれろ?、気象庁から命を守る行動をしなさいと警告されると、避難より流入を防止するのが、市町村としては、適切な動きと想像されます。
何度も通行止めをくらいながらも、奈良県になんとか入れました。
そこは、奈良県曽根村でした。
ここって、ウラゴを探して冬に来たぞ!見おぼえがある道でした。
やれやれ、なんとかなった、とこの時は思いました。
まだまだ甘い・・・

高速に乗りなおしてゴーウェスト
ところが、

またしても兵庫で高速通行止め。。。
黒い部分が通行止めです。
あちゃー、降りるしかない。
b0093800_1212584.jpg

でもね、でもね、
下道も通行止めなのでありました。
b0093800_195350.jpg

渋滞につかまって、時間ばかり浪費しました。
誘導員が動けない車に、何処に行くのか?と確認、指示をしていきます。

私。九州まで行きたいのだけど。
誘導員。通行止めの為、一般道では行けません。渋滞していますが、通行止めは解除されたので、高速を使うしかありません。

あー無情。
しぶしぶ宝塚ICまで引き返したのでありました。
それも、ひどい渋滞。
b0093800_1162323.jpg

ブログネタじゃー、と割り切らなかったら、発狂してたかも。

あー、へろへろ、1日走ってました。
小豆島に行きたい!と企画しておりまして、フェリー最短時間航路は日生からですが、そこまで走る気力は無かった。
と言うことで、姫路からの航路を選択。
姫路に一泊したのでありました。
[PR]

by shimabito3 | 2014-08-20 00:48 | Comments(2)
2014年 08月 19日

長野クロツの続き

何時もは加筆するのですが、長くなるので、たまには別タイトルで続きを書いておきましょう。

中川村を後にして、いよいよ本命松川町。
おるかな?と見てみると、クロツがピラピラ。
民家の石組み、車が横を通過するのを狙って1枚。
b0093800_21505126.jpg

大きく1枚、羽化直かな?
過剰紋も出てますな。
なかなかええ。
b0093800_21522463.jpg

卵やら、
b0093800_2153542.jpg

幼虫さんもおりました。
蟻さんにたかられて、自分だったら我慢できへん。
b0093800_21541948.jpg

続いて富岡村、比較的最近見つかった市町村とのこと。
赤が大きく豪華なクロツです。
これまた、なかなかええ。
b0093800_21582231.jpg

さぁ、次だ。
と言ってもキョロキョロは基本です。
ツメレンゲみっけ!と停車すると、黒いのがピラピラ、よしおったとマイカーと1枚。
b0093800_2283971.jpg

が、ヤマトさんでありました。
ふけふけの、弱弱しく飛ぶヤマトはクロツと間違えてしまいます。
やられた。
が、せっかくのツメレンゲなので、痕跡を探しました。
そして、蛹殻発見。ここでも発生していたことの証拠です。
b0093800_22122340.jpg

先に進むと、オノマンネン、よく見る風景です。
b0093800_2217692.jpg

なんで、ここで止まったかと言うと、黒い蝶がピラピラしていたから。
慣れると、走っていても見えるんですなー。
b0093800_2218346.jpg

オノマン発生です。
餌が沢山だから、秋にはチョーいっぱい飛んでいる予感。
b0093800_22203480.jpg

一市町村抜かしていた、高森町。
ビックバンが起きて一時は居なくなったそうですが、ここ数年は継続発生していることが確認できました。
ここも、どうなっているか?を見ておきたかった産地。
ツメは減少傾向みたい。
b0093800_22225866.jpg


さて次、喬木村。
たくさん飛んでました。ビックバンが起きなければええんですが、どうなることやら。
b0093800_22312690.jpg

b0093800_22314853.jpg
b0093800_22315898.jpg
b0093800_2232455.jpg
b0093800_2233130.jpg


次も本命、飯田市。
おる時もあるらしいのですが、数年チェックするも発生を確認できていません。
今回もおらなんだ。
発生するときは、飯田市の顔をしているらしい。不思議なもんだ。
b0093800_22404027.jpg


本日ラスト、泰阜村です。
ここのクロツはまだ見たことが有りませんでした。
かつての発生地は、草に押されて無くなったらしい。
過去に別場所でツメレンゲは見つけていましたが、発生は見られませんでした。
今回はどうか?
おりましたよー、嬉しい。
近くに来ませんでしたので撮れませんでしたが、今後が楽しみ。
9月になったら、また行かなくちゃ。

薄暗くなったので西向けて移動開始しました。
台風に向けて移動開始とも言います。

三重県に入ると、大雨特別警報が発令されていました。
この特別な警報、気象庁のページによると、

気象庁は、平成25年8月30日(金)に「特別警報」の運用を開始しました。

「特別警報」が発表されたら、ただちに命を守る行動をとってください。

気象庁はこれまで、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけていました。これに加え、今後は、この警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼び掛けます。

特別警報が対象とする現象は、18,000人以上の死者・行方不明者を出した東日本大震災における大津波や、我が国の観測史上最高の潮位を記録し、5,000人以上の死者・行方不明者を出した「伊勢湾台風」の高潮、紀伊半島に甚大な被害をもたらし、100人近い死者・行方不明者を出した「平成23年台風第12号」の豪雨等が該当します。

特別警報が出た場合、お住まいの地域は数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。周囲の状況や市町村から発表される避難指示・避難勧告などの情報に留意し、ただちに命を守るための行動をとってください。


やばいやん!
特別警報が出た場合、お住まいの地域は数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。周囲の状況や市町村から発表される避難指示・避難勧告などの情報に留意し、ただちに命を守るための行動をとってくださいって言われても、高速は通行止めなので、先に進めません(抜け出せません)。
まさにその、避難指示が出ている四日市に宿をとらざるえませんでした。
その時は、明日になったら台風も通過し、移動も可能だろうと甘い認識だったのでありました。
[PR]

by shimabito3 | 2014-08-19 21:55 | Comments(0)
2014年 08月 19日

迷惑メール

皆様の携帯へも迷惑メールって来ます?
私は初期設定のままのアドレスなので、自分でも覚えられない長い暗号みたいなアドレスなので、意図せず送られてくるってありえません。

そこへ、
ヤマト運送より⇒再配達日をお選びください。お荷物お届番号【0233****】
http://spainsoccerlive****

これは、悪質だぁ。
単純な誘導メールなら、またかと即削除ですが、実際あるメジャーな、正確にはヤマト運輸ですが、企業名を使うって、ありえん。
フツーは、アドレスをみて気がつくだろうけれど、たまたま荷物が届く予定のタイミングだと、やられちゃうかも。
[PR]

by shimabito3 | 2014-08-19 07:56 | Comments(0)
2014年 08月 18日

お盆のできごと

画像共に残しておきます。

8月9日の目的は長野のクロツ、先日見つけた松川町産の親が見たい!でした。

と、まっすぐ行くのは、マイスタイルではありません。
何時ものように寄り道です。
この寄り道の最中で何か見つかれば、さらに楽しい。

まずは、飯島町。
ここのクロツはかっこええと聞いていました。
何処がどうか?、大事なところは忘れちゃいましたが、ここいらは、上伊那顔と言われる個体群です。
こんな顔
b0093800_2311465.jpg

ちょこっと解説してみました。
b0093800_2317209.jpg

画像に見えているように石組み発生、餌はツメレンゲ、多く生えているためクロツも多い産地です。
b0093800_23182553.jpg


この画像は中川村、発生が早い産地のようで新鮮個体は見ませんでした。
b0093800_23434875.jpg

b0093800_23443984.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2014-08-18 23:18 | Comments(0)
2014年 08月 17日

8月17日 お盆休みは終わったのじゃ。

仕事をしていても時間はあっという間に過ぎるのですが、お休みはもっと早くすぎます。
仕事はやらないといけない事に追われて、お休みはやりたくても出来なかった事を集中して行うので、時間がいくらあっても足りない。
これって、幸せな事でしょう。

でもね、
これでも、色々あるんですよ。
書いてないだけ。
ドロップアウトせずに、真面目に社会人しているだけ偉いと思うのは私だけ、キッパリ。

お盆休みの事を記録しておきましょう。
2014年の夏の出来事です。

まず、8月9日(土曜)
台風11号がのろのろと北上していました。
予報を見ると、長野県は何とかなるか?と言う状態。
という事で、長野経由で九州へ帰省を開始しました。
目的はクロツでした。
色々確認したかったんです。
詳細は別途、今日はインデックスです。
ぐっと西に移動したかったのですが、予想以上に台風は強烈で、三重県に大雨特別警報が出ました。
ナニソレですが?
特別な警報なので、テレビやらラジオからは、危険なので外に出るな!と報じていました。
が、現地では確かに雨量は多いものの特別感は有りませんでした。
長いものには巻かれろ?的なものか、本当に危険か不明ですが?高速が通行止めの為、先に進めません。
三重県に足止め、四日市に宿泊しました。

8月10日
まだ、特別警報は解除されていません。
という事で、高速は通行止めのままです。
では、下道で西に向かいましょう。
風は強いものの、車で走行するには支障なし。
特別警報が出ている三重県から脱出しようと試みましたが、幹線は通行止め、
なんじゃそりゃ!!!
避難できんやん。
感じたのは、現地に居る人は身を潜めるように指示、他県からの流入を防止しているみたい。
何度か脱出を試み、何度かの通行止めをバカヤローと迂回、奈良経由でなんとか三重を抜けました。
西に向かうとまたまた高速が通行止め、解除を待って兵庫県入り、姫路で一泊しました。
ナビは日生からのフェリーを選択していましたが、あちゃこちゃ1日走りまわされたので、体力気力とも限界、時間は余計か翔りますが、のんびり船旅もきらいじゃない。

8月11日
姫路からフェリーで小豆島入り。
お初の島でした。しまびとと名乗っているように島大好きなんです。
なかなかええ島でした。
『あずき』からは想像つかない程険しい島、どうしてこんな名前が付いたのだろうとググって由来を検索すると、ポリネシア語からだそうだ。ほんまか?と思ったけれど、知らないことはとっても多い。

またイコーと思いました。
スルー切符を使って、フェリーで香川県入り、高松で一泊。

8月12日
香川本土のクロツを見ようと企画しましたが、崖をよじ登っている最中に多分クロツを目撃したのみで終了。
本州に戻るには、しまなみ海道、或いは瀬戸大橋を使うのが普通でしょうが、ここはあえて今治からフェリーで岡村島に渡りました。
この辺はウラゴを探して何度も訪問しているのでお手の物です。
安芸灘 とびしま海道を使うために、四国と繫がっていない岡村島に行かねばならなかったんです。
広島で一泊しようかと企画しましたが、高い宿しかなかったので、呉で一泊しました。渋滞がひどかったため、適切な選択でした。

8月13日
実家に戻らねばなりません。
直接帰るのもなんなんで、地図を眺めて、まだ行ったことが無い島に行こうと計画、山口県笠戸島により道しました。
しまびとですからね、島は外せません。

8月14日
お墓詣りを合わせての家族旅行@山口県。
自分も歳をとっていますが、親はもっと歳をとっている感じです。
何時まで一緒に旅行で来るか?と感じました。
無償の愛と言う言葉がありますが、まさにそう、ありがたい。
感謝の気持ちは幾らあっても足りない。

8月15日
一泊家族旅行の寄り道で津和野。
計画無いんかい!!!
育った環境ですね、今の行き当たりばったり、よく言えば臨機応変んな自分がある理由です。

8月16日
仕事に戻るべく夜に出発。
次に母親に会うのは正月、元気でいてね。

8月17日
今日ですね。
明日の出張の為に静岡県に来ています。
Uターンの為に車は多く、時間がかかりました。
岡山北部ゴマ最盛期なんて誘惑がありましたが、天気も悪かったので、ここは誘いにのらず進行、酷い渋滞に合わなかったため、ホテルのチェックイン3時には時間があります。
名古屋でうろちょろ、目的はそうぞうどうり。
慌ただしい1週間、充実しているというのか?
[PR]

by shimabito3 | 2014-08-17 21:57 | Comments(0)
2014年 08月 08日

出鼻をくじかれたのじゃ。

月、火曜は会社のカレンダーでは出勤日、できるものなら休めということで、言葉に甘えることにしました。
でもね、
でもね、
台風が。

ふぅ。

西には向かえません。
[PR]

by shimabito3 | 2014-08-08 21:00 | Comments(0)
2014年 08月 06日

夏の大キャンプ大会2014 4

池の平を紹介しましょう。
b0093800_2245863.jpg

b0093800_22636.jpg
b0093800_2253391.jpg

b0093800_684372.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2014-08-06 22:06 | Comments(0)
2014年 08月 05日

夏の大キャンプ大会2014 3

ミヤマモンキもよかったんですが、私はミヤマシロの方に興味がありました。
個人的には入笠山でしか見たことがありません。
当時は、たくさん居たけれど、今は居なくなったと聞きます。オリジンは放蝶説も聞いた記憶、淘汰されたのだろうか?
ベニヒカゲも居なくなったとか、これは鹿害だと思っています。

八ヶ岳の方は、ぽんぽこさん達が保全活動をやっていますが、湯の丸山周辺も保全活動を行っているようです。これはググった結果、知ることができました。
実際は、山登りの途中で出会った、各種・保全活動をされていると想像される、緑の腕章をしたおばちゃんに、ミヤマシロチョウはどの辺で見られますか?とお聞きしたところ、チョウの事は分からないとの返答をもらいました。
これって、ちょっと・・・、まぁーね、各種・ボランティアだろうし、しょうがない?、いや、その程度なのか?、いろいろ勘ぐってしまいます。
たまたま、聞いた人が悪かったと思いましょう。

てくてく登った烏帽子岳の途中、まだ林の中で、クガイソウに止まっている姿を見つけた時は、とっても嬉しく思いました。
ゆるゆる飛ぶ姿は優雅、というか、飛翔および草に止まるのはへたっぴで、かわいらしく感じました。
時期的に少し遅く鮮度は悪かったけれど、それはそれで宜しい。

これが、そのミヤマシロ。
やさしい雰囲気な画像、イメージぴったりでしょ。
b0093800_2212090.jpg




くっきり撮ると、違うイメージです。
高根の花は、しっかり見えず、かすんでいる方がふさわしい。
直視できないってやつです。
b0093800_22171546.jpg
b0093800_22173769.jpg

鱗粉が剥げています。これは、♂の執拗な求愛によるものだと聞いたことが有ります。

烏帽子岳の稜線に出ると、あっちでふらふら、こっちでふらふら、なんて幸せな風景。
特定の植物に固執していました。
b0093800_2222230.jpg


飛翔写真もゆらゆら、ゆっくり飛ぶので狙いやすい。
b0093800_22272451.jpg

b0093800_22322914.jpg


固執していたのは産卵場所を探しているからでした。
ヒロハノヘビノボラズ、呪文みたいな名前の植物です。
メギとは、対象的。
近くを飛ぶとバサバサと乾いた羽音、持っていたイメージと違う力強さを感じました。
厳しい環境で生きているのですから、強くって当然です。
そりゃそうだ、母は強し。

見ていると葉裏に止まって、産卵を開始しました。
b0093800_22372765.jpg

一定時間をあけて、一卵一卵産んでいました。

>時期的に少し遅く鮮度は悪かったけれど、それはそれで宜しい。
と初めに書きましたが、その理由は、産卵風景を見られたからです。

産み始めると、もう止まらないようで、カメラを近づけて粛々と生の営み。
自然って、すごいなー。
b0093800_2242878.jpg


居る所に行けば、チョウが飛んでいる。
これって、大切なことです。
それが、保全活動なる人の手が関与しなければ維持できないほど、不安定なものなのか?
そこの所は不勉強なのでよく分かりません。
ミヤマシロと言う種に対してです。
専門家の御意見をお願いします。

と言うのは、例えばオオイチモンジ、長野県では県指定の天然記念物ですが、これって、採集OKだとしても決して居なくなるチョウではありません。生態から断言できます。
採っていいって、言っているのではありませんが、もっと、なんというか、皆が納得できる状態になって欲しいものです。
最近、いろいろと批判的になっている私なのでありました。
[PR]

by shimabito3 | 2014-08-05 22:01 | Comments(4)