<   2016年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 30日

「13 – 9 = 4」小学生1年生の解き方が謎すぎる

「13 – 9 = 4」小学生1年生の解き方が謎すぎる、どう解釈するか大人たちが頭を抱える事態に
と嬉しがられているようですが、それは論理にギャップがあるからだと思います。

元ネタはこれ。

13から3をひいて10になったほうから2ひいて5。
そして5になったほうから4ひく。
こたえは4

小1の子は、暗算できないと想定しましょう。
頼るのは指です。
13から3をひいて10

両手は10本だから、足も助けてもらう。
ただこの小1の子は足の指は嫌いななので、引いて(借りて)と表現した。
言い方を変えましょう、
13は両手の指では足りないので、足の指3本を借りた。
片手5+片手5+足の指3で13。
引く数は、9なので、両手の5+5=10の指から9引いて残りは1本、足の借りた3本と足して答えは4
が一般的思考です。
これが、13から3をひいて10の半分の意味合い。

でも、10になったほうから2ひいて5。
そして5になったほうから4ひく。
の説明がつかない。

では、こんな説明はどうでしょう。
まず、10になったほうから2ひいて5の部分。
手と違い、足の指は折り曲げられないから、分かりやすいように足の指をフルに5本使うことを優先した。
そのため、足の指を見やすいように5本にするために、片手5指の2本を足指に貸して足指5、片手3、もう片手の指5で、合計13にした。

ここで初めて引く数9登場です。
9は、両手、両足の指の数5+4です。

見難い足の指5をまず消して、残り4。残っている指は片手5.もう片手3.
4を消すには3では足りないので、5から4引いて1.もう片手3と足して合計4
ここの個人的ギャップは、無理やり手の指の2本を、足の指に持ってきて足の指を5本にした事。
これって、意思入ってますよね。

足の指に代わって答えましょう。
なんだよ~、いきなり3の指定があったかと思えばさらに+2かよー、確かに不器用な足指にとっては、まとまった5が分かりやすいので戦力になる、と思った瞬間全部持ってかれた。
なんだよー。

フツー、足の指3本は置いといて、自由になる指10本から9引いて1.借りていた足3と足して4.
繰り返しになりますが、これが一般的思考だと思います。

出題の意思が、一般的意思を超えているとしたら凡人(私)には皮肉な回答しかできません。
分かりにくいEメールと同じ。
肝心な部分をはしょってくれるな。
[PR]

by shimabito3 | 2016-11-30 22:51 | Comments(2)
2016年 11月 27日

心機一転

11月がもうすぐ終了。
この月、よきにしろ悪きにしろ、心が乱れます。
気持ち的・要らないものの整理をしました。
自分、ちゃんとしていこー。

本日、ツシマウラボシシジミでググると、
ツシマウラボシシジミ生息域外保全
と言う記事がありました。

だから、指定の動きがあったのかと、納得。
ここで、実力みせちゃるーって、ことか?

でもこれは一時しのぎ。
対馬がもとに戻らないとダメだと思います。
人がちょこっとやって、種を保てるほど自然は甘くない。

対州人さん、どう思われますか?
現地での対策はいかに?

鹿の食害だと一般的に言われがちです。
対馬鹿、悪者にされてる。

でもこの対馬鹿でググると、
http://www.tsushima-net.org/nature/animal.php
ツシマジカ
 化石種である「ニホンムカシジカ」に近い形態を残しているとされる対馬在来のシカ。長崎県の天然記念物に指定されています。美津島町ベイパークの鹿牧場などで見ることができます。

悪者にされているツシマジカは、長崎県の天然記念物に指定されているということです。

http://jbcs.exblog.jp/

ツシマウラボシシジミ
ツシマウラボシシジミは、日本では対馬だけに生息するチョウです。食草(ヌスビトハギなど)が鹿に食べられたことなどにより、絶滅が心配されています。当協会では、数年前からツシマウラボシシジミの保全を進めています。私自身も2014年の秋から繁殖飼育メンバーに加わっています。
裏面の模様は♂と♀で違いがありませんが、♂の表面は青い輝きがあるのに対し、♀は焦げ茶色です。
上から順に♂表、♂裏、♀表、♀裏。
卵は食草の蕾・若葉・実などに産まれます。直径は0.6mmほどですが、拡大して見ると綺麗な凹凸模様があります。
産卵から4~5日で孵化します。初齢幼虫の体長は1.5mmほど。長い毛が生えています。
幼虫は、淡緑色~綺麗なピンク色を帯びた淡緑色になります。終齢幼虫の体長は12mmほどになります。
蛹は緑色で体長7.5mmほど。食草の茎などで蛹化します。
現在、都内で300頭ほどの幼虫が概ね順調に越冬中。
対馬の生息環境も徐々に改善しつつあります。
暖かくなると蛹化が始まり、続いて羽化となるので忙しくなります。
(ごま@横浜在住)

貼ったアドレスの内容ですが、対馬の生息環境も徐々に改善してる、って具体的には何だろう?
教えてもらいたい。
天然記念物のツシマシカは駆除の対象にはならないと思われ、体力のなくなった対馬で、どのように改善されているのだろうか?

それに幼虫300って数、決して多いとは思いません。虫ですよ、1♀いたらどれだけ産むことか。
血が濃くならない事希望、法律が制定されたら譲渡禁止、血の交流ができなくなってしまいます。
結果が出るのは5年後、3年後かもしれない。
悲観的ですが、今後ニュースになることなく、ツシマウラボシは対馬(日本)から消えていくような気がする。
そして、現存の大部分の標本は、法律が制定されると譲渡禁止になり、カツオブシムシの餌になって消滅。
日本からって書いたのは、亜種は知らないけど、海外には同種がいるからです。
自分的には、人生の中で、種の繁栄と消滅に立ち会えて感慨深い。
九州時代は時間ができれば、対馬に飛んでいたのはこのブログにも記録されています。

色々調べていると、
ツシマジカ
http://www.city.tsushima.nagasaki.jp/policy/post_123.html
天然記念物解除されてた。
今検索して出てきた、
美津島町ベイパークの鹿牧場などで見ることができます

って何?
勝手だ。
[PR]

by shimabito3 | 2016-11-27 21:11 | Comments(0)
2016年 11月 25日

書くなって事?

最近PCを変えたって書きました。
ピィと画面をなぞると、スクロールします。
(状況わかる???)
まるで、スマフォみたいって書くと笑われる?

でも、投稿の途中の書きかけでやると、別のページに行ってしまいます。
あ、消えた(不可抗力)、となる訳で、

これは書くなと言ってるんだな(誰が?)と言う風に理解して、
自分的反省の意味で、自分だけわかる言葉で記録に残します。

・営業トークと知れ。
・マイ・手相、いいものみたい。過去にも言われた記憶が。
・そっか、なるほど。
・   (削除)

これで何がわかる?
自分に分かればOKですから。

今日も虫はなし。
[PR]

by shimabito3 | 2016-11-25 20:58 | Comments(0)
2016年 11月 24日

ホンマに雪や

曇った窓を掌で拭って外を見るとうっすら雪化粧。
11月の降雪って、
〇〇年ぶりってきっとニュースになるんだろうな。

チェーンの音はしないから、道は大丈夫と思う。
でも、滑るのと濡れるの嫌だから、山靴はいて会社いこー。
[PR]

by shimabito3 | 2016-11-24 08:02 | Comments(0)
2016年 11月 23日

明日雪になるかも

昨日はとても暖かかったのに、明日は雪になるかもとの予報。
皆様、風邪などお召しにならぬよう、
気合で行きましょう。

今日の私はお仕事でした((+_+))
休日出勤ではなく、会社のカレンダー上の出勤日だったのですが、
周り(社外)は、静かで、帰るー、と試合放棄で7時過ぎには帰宅しました。
一連の作業は、今日中に終わらず、どこかで区切らなければいけません。

疲れたら、ミスが増え効率低下。
朝も、頭が起きてないから効率悪し。
いつなら?
気合が入ってない証拠。

風邪、引いてしまうかも。
[PR]

by shimabito3 | 2016-11-23 23:56 | Comments(0)
2016年 11月 23日

地震で目が覚めた

福島県を震源とした地震が発生、ここ神奈川でも揺れたようです。
と言うのは、いったん目が覚めましたが、何事?と思いつつもまた眠りについたため、しっかりとした記憶はありません。

アホちゃうかと思ったニュースはデマを流す輩が居るという事実。
まったく理解不能です。
何が楽しいのだろうか?

愉快犯をやほー知恵袋で見てみると、

そうですね。心理学かなんかの本に書いてあったことなんですが、
愉快犯は、「冷情性」と「現実感喪失」という特徴を持っているそうです。
「冷情性」とは、人格的な冷たさで病気の人とか怪我している人や弱い人に対していたわる気持ちや人に感謝する気持ちなどが欠けている事を示しており、「現実感喪失」は、自分がやった事を分かっているのに、まるで他人がやったかのような感覚を持っている事を示しています。
そんな感じで、愉快犯の心は常識の範囲を超えているようですよ。

どうやら私は常識内なので理解できなかった、と言う事です。
[PR]

by shimabito3 | 2016-11-23 01:01 | Comments(0)
2016年 11月 20日

ちゃんとすればいいのに

国内希少野生動植物種の指定等について、環境省がパブコメを求めています。
http://www.env.go.jp/press/103237.html

平成28年11月17日
に報道発表資料として公開、下の方に貼った内容です。
締め切りはと言えば、

本政令案による改正内容について、国民の皆様から広くご意見をお聞きするため、
本日から11月24日(木)まで
の間、郵送、ファックス及び電子メールにより、ご意見を募集いたします。


1週間で国民から広く意見を聞けるなんて、思っているの?
久しぶりに言っていい?
あんたバカァ!
勝手に拾い物
b0093800_1001818.png

最近はやりのパロ元、エヴァから持ってきました。
でも元カレがカオルってネタはつまんなかったと思う。あ、火曜のドラマの話ね。

本題のパブコメの話。
蝶しか分かりませんが、ツシマウラボシシジミが国内希少野生動植物種に指定されるようです。
現在、まじか!と思えるほど、減少していますので、対策を打つ必要は感じます。
でも、唐突に1週間で決めるなんて、おかしすぎる。
だから、環境省はxXXのいいなりなんて陰口をたたかれるんです。
譲渡禁止にするのが一番の問題点だと思います。
高額での取引防止が目的なんでしょうが、対馬までの旅費を考慮すると、採りに行って売ったろなんて考える業者は居ないと思います。それほど居ません。
もっと、なんというか、ちゃんとして欲しい。
他種でも同じような例があり、がっかりなので、ボヤいてしまいました。

ちなみに、ツシマウラボシシジミは対馬にしか居ないというのであれば、タイワンモンシロチョウも何らかな手だてが必要です。やいまのは迷(たぶん)なので、対馬にしか居ない蝶です。



報道発表資料

ホーム 報道・広報 報道発表資料 「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令の一部を改正する政令(案)」 に対する意見募集(パブリックコメント)について(国内希少野生動植物種の指定等)
平成28年11月17日
自然環境

この記事を印刷
「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令の一部を改正する政令(案)」 に対する意見募集(パブリックコメント)について(国内希少野生動植物種の指定等)
環境省では、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」に基づいて、絶滅のおそれのある野生動植物種を「国内希少野生動植物種*1)」に指定し、個体の捕獲、譲渡し等を原則禁止するとともに、必要に応じ生息地等保護区の指定や保護増殖事業を実施することにより、種の保存を図っています。
今般、国内希少野生動植物種(33種。うち特定国内希少野生動植物種*2) 5種)の指定等を行うため、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令の一部を改正する政令(案)」を取りまとめました。
本政令案による改正内容について、国民の皆様から広くご意見をお聞きするため、本日から11月24日(木)までの間、郵送、ファックス及び電子メールにより、ご意見を募集いたします。

*1)国内希少野生動植物種:我が国に生息・生育する絶滅のおそれのある野生動植物の種であって、政令で定めるもの。捕獲・採取、譲渡し等が原則禁止となる。現在ヤンバルクイナ、イリオモテヤマネコ等175種の動植物を指定。
*2)特定国内希少野生動植物種:国内希少野生動植物種のうち、商業的に個体の繁殖をさせることができる等、一定の条件を満たすもの。現在、ハナシノブ、キタダケソウ等11種の植物が指定されている。
1.改正内容(概要)
1-1.国内希少野生動植物種の指定
環境省では、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律に基づき、我が国において絶滅のおそれのある野生動植物種を「国内希少野生動植物種」として同法施行令に基づき指定し、個体の捕獲、譲渡し等を原則禁止するとともに、必要に応じ生息地等保護区の指定や保護増殖事業を実施することにより、種の保存を図っています。
この国内希少野生動植物種の指定は、環境省が実施する生息状況調査によりその指定に必要な生息情報が把握できた種のうち、指定要件(※)を満たすものについて行っています。
今般、以下33種について、新たに国内希少野生動植物種として政令により指定しようと考えています。
1 ) Luciola owadai(クメジマボタル)
2 ) Pithecops fulgens tsushimanus(ツシマウラボシシジミ)
3 ) Satsuma amanoi(アマノヤマタカマイマイ)
4 ) Satsuma hemihelvus(ウラキヤマタカマイマイ)
5 ) Satsuma iheyaensis(イヘヤヤマタカマイマイ)
6 ) Amamiku occulta(カクレサワガニ)
7 ) Geothelphusa levicervix(トカシキオオサワガニ)
8 ) Geothelphusa miyakoensis(ミヤコサワガニ)
9 ) Geothelphusa tenuimanus(ヒメユリサワガニ)
10) Arisaema heterocephalum ssp. okinawense(オキナワテンナンショウ)
11) Pothos chinensis(ユズノハカズラ)
12) Asarum caudigerum(オナガサイシン)
13) Asarum okinawense(ヒナカンアオイ)
14) Asplenium oligophlebium var. iezimaense(イエジマチャセンシダ)
15) Hymenasplenium subnormale(ウスイロホウビシダ)
16) Crepidiastrum lanceolatum var. daitoense(ダイトウワダン)
17) Cyrtomium macrophyllum var. microindusium(クマヤブソテツ)
18) Chamaesyce sparrmannii(ボロジノニシキソウ)
19) Tripterospermum distylum(ハナヤマツルリンドウ)
20) Uraria picta(ホソバフジボグサ)
21) Vigna vexillata var. vexillata(サクヤアカササゲ)
22) Chionographis koidzumiana var. kurokamiana(クロカミシライトソウ)
23) Ryssopterys timoriensis(ササキカズラ)
24) Goodyera fumata(ヤブミョウガラン)
25) Habenaria stenopetala(テツオサギソウ)
26) Hetaeria oblongifolia(オオカゲロウラン)
27) Odontochilus tashiroi(オオギミラン)
28) Platanthera okuboi(ハチジョウツレサギ)
29) Polygala longifolia(リュウキュウヒメハギ)
30) Persicaria attenuata ssp. pulchra(アラゲタデ)
31) Persicaria japonica var. taitoinsularis(ダイトウサクラタデ)
32) Rhamnus kanagusukui(ヒメクロウメモドキ)
33) Elatostema yonakuniense(ヨナクニトキホコリ)
1-2.特定国内希少野生動植物種の指定
国内希少野生動植物種のうち、繁殖技術が確立されており、その流通を認めたとしても種の保存に影響を及ぼさないと認められるものについては、特定国内希少野生動植物種として、事前に届出を行った事業者による商業的取引を認めています。
1-1で指定する33種のうち、以下の種については、特定国内希少野生動植物種の指定要件(※)を満たすため、今般、この特定国内希少野生動植物種に指定することとします。

10) Arisaema heterocephalum ssp. okinawense(オキナワテンナンショウ)
12) Asarum caudigerum(オナガサイシン)
13) Asarum okinawense(ヒナカンアオイ)
22) Chionographis koidzumiana var. kurokamiana(クロカミシライトソウ)
27) Odontochilus tashiroi(オオギミラン)
1-3.採取等の禁止の対象となる卵及び種子の追加
1-1で指定する33種のうち、以下の種の卵又は種子については、採取等の対象となるおそれがあることから、採取等規制の対象とします。

<卵>  2 ) Pithecops fulgens tsushimanus(ツシマウラボシシジミ)
<種子> 19) Tripterospermum distylum(ハナヤマツルリンドウ)

(※)国内希少野生動植物種及び特定国内希少野生動植物種の指定基準
希少野生動植物種保存基本方針(平成4年総理府告示第24号)(抄)
第二 希少野生動植物種の選定に関する基本的な事項
1 国内希少野生動植物種
(1)国内希少野生動植物種については、その本邦における生息・生育状況が、人為の影響により存続に支障を来す事情が生じていると判断される種(亜種又は変種がある種にあっては、その亜種又は変種とする。以下同じ。)で、以下のいずれかに該当するものを選定する。
ア  その存続に支障を来す程度に個体数が著しく少ないか、又は著しく減少しつつあり、その存続に支障を来す事情がある種
イ 全国の分布域の相当部分で生息地又は生育地(以下「生息地等」という。)が消滅しつつあることにより、その存続に支障を来す事情がある種
ウ 分布域が限定されており、かつ、生息地等の生息・生育環境の悪化により、その存続に支障を来す事情がある種
エ 分布域が限定されており、かつ、生息地等における過度の捕獲又は採取により、その存続に支障を来す事情がある種

3 特定国内希少野生動植物種 
特定国内希少野生動植物種については、国内希少野生動植物種のうち、商業的に個体の繁殖をさせることが可能な種を選定する。ただし、その国内希少野生動植物種が、ワシントン条約附属書1に掲載された種(我が国が留保している種を除く。)又は渡り鳥等保護条約に基づき、相手国から絶滅のおそれのある鳥類として通報のあった種に該当する場合には、商業的に個体の繁殖をさせることが可能な種であっても、特定国内希少野生動植物種には選定しない。
2.意見の募集
上記の改正内容について、広く国民の皆様のご意見を募集いたします。ご意見のある方は、別紙の「意見募集要項」に沿って、ご提出ください。
皆様からのご意見は国内希少野生動植物種の指定に当たっての参考とさせていただきます。
ただし、ご意見に対しての個別の回答はいたしかねますのであらかじめご了承ください。
添付資料
(別紙)意見募集要項 [PDF 77 KB]
(資料1)国内希少野生動植物種の指定候補種の概要 [PDF 448 KB]
(資料2)意見提出が30 日未満の場合の理由 [PDF 42 KB]
連絡先
環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室
直通 03-5521-8353

(資料2)意見提出が30 日未満の場合の理由
を貼っておきます。
b0093800_21403664.png

もっともだと思われる方がいたとしたら、間違っています。
十把一絡的な対応、ツシマウラボシに関しては当てはまりません。
皆を納得させての対応が必要だと思います。
とりあえず、ルールだからパブコメで意見は聞くけれど、国内希少野生動植物種の指定に当たっての参考であり、指定は決まっているのよ、と読めませんか?

さらにリュウキュウウラボシはどうでしょう。
本島のウラボシの保全はいかに?
世間を騒がせている高江のヘリパッド問題、環境省殿がどのような意見をお持ちか聞いてみたい。
[PR]

by shimabito3 | 2016-11-20 09:46 | Comments(0)
2016年 11月 15日

十六夜

”いざよい”です。今日はきれいな月を見ることができました。
言葉の響きから、ヒーローものの必殺技をイメージした私の知的レベルが知れる。

じゅうろくちゃを連想したのも稚拙か?、
CMのフレーズが出てきた。

はとむぎ げんまい つきみそう~♪
どくだみ はぶ茶 プーアール~♪
そうけんびちゃ♪

あれ、おちゃの種類ちゃうやん。

じゅうろくちゃをぐぐると、がっき(注釈は過去のぶろぐ)のCMが出てきた。

ゆいはまだ、じゅうろくだから♪

昔からパロってたんだな。
今、ドラマやってるけど、途中から見る気がしないし、オンデマンドで後でみよ。

と、くだらない内容で始まるいつもの拙ブログです。

昨日の月の画像を見て、
しばらくお籠りしていたようだが、やっと外でたか。
心配ばかりさせるやっちゃと私を知っている人なら思ったかもしれません。
秋から冬への季節の変わり目は、どうしても弱ってしまいます。
動く気がしない。

先の週末は11月とは思えない気持ちよさの小春日和でした。
気温も高くこれならいけるかもと言う陽気。

何がと言うとクロツ。
某日記で、ココスケさんがデンジャラスな神奈川クロツと対面成功、続いて今まで姿を見たことも無かった他の産地でも対面したと書かれておりました。

デンジャラスな産地は落ちたら★になるので、腰が引けてしまいます。
でも、他の産地って、きっとあそこに違いない。
紅葉を楽しみがてら行ってみよー。

まず、愛川町のツメチェック。
いつもの寄り道でした。
過去に記録は有りますが(伝聞)、しばらく発生していない場所です。
以前のブログに書きましたが、当時探してやっとこさ見つけたツメ、継続的なチェックが必要。
結果、発生していませんでした。
b0093800_22465267.jpg

ススキからも晩秋の趣がうかがえました。
ふぅ、気が滅入る。
b0093800_22483222.jpg

こんな感じの所付近にツメがあります。
河川敷パターン、探すヒントになったでしょ。

さて、ここだろうと思っていった、相模原市。
見ると飛んでますがな、神奈川県産クロツ、初対面。
でも、遠い。
60mmマクロしか持って行ってなかったので、これが限界でした。
やったー、うれしい。
ココスケさん、ヒントありがとうございました。
聞いてもらえれば、教えたのに~ときっとおっしゃるでしょうが、
あんまり、おんぶにだっこじゃ申し訳ないと思うシャイな私でした。
b0093800_22592874.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2016-11-15 22:59 | Comments(0)
2016年 11月 15日

スーパームーンだが

月って、地球からの距離で大きく見えたり、小さく見えたりしているらしい。
今日の明るさは3割増し!(VS 一番小さかった時)、68年ぶりの大きさ!なんて言われていましたが、関東は雨、見ることはかないませんでした。
国内で見られた人はラッキーです。

昨日は十四日月、ほぼ満月。
完璧がかなわないなら、80%でOKと思っている私。
これは、仕事も一緒。
時間との戦いの中、100%が無理と判断すると、完璧じゃなくてもいいじゃない。
そんな中途半端なスーパームーン前日の月です。
b0093800_0182218.jpg

アレ、なんで横?
めんどいので、取り合えずそのまま。
[PR]

by shimabito3 | 2016-11-15 00:09 | Comments(0)
2016年 11月 10日

今日は飲み会

忘年会にはちと早い。
今日は還暦祝いでした。
と言う事で、乾杯。
九州人としてはやっぱり焼酎です。
b0093800_22421096.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2016-11-10 22:39 | Comments(0)