<   2017年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2017年 03月 27日

ウラゴ三昧 五日目

新宮で一泊しました。
うまいものを食いたかったのですが、観光客が泊まるエリアではないのか、雰囲気が違う。
地元優先って感じでした。
ピンポイントを外したのかもしれません。
でも、そこはちょっと前の日本って感じで、味がありました。
和歌山の文化圏は関西だと思ってますが(確かに和歌山市と大阪は近い)、新宮まで来ると距離的には名古屋の方が近いのか?

ちょっと興味が出たのでウィキ先生に聞いてみましょう。

新宮市

新宮市章
2006年(平成18年)4月1日制定
新宮市(しんぐうし)は、和歌山県の南部、熊野川の河口に位置する都市である。旧東牟婁郡。
概要[編集]
熊野川の河口の西側に位置し、熊野三山の1つである熊野速玉大社の門前町として盛えて来た。また、熊野本宮大社への入口として、熊野川の舟運を利用した木材の集散地でもあった。現在でも、熊野地方(旧牟婁郡)の中心的な都市の1つである。
1942年に、市制施行により新宮市が発足したが、2005年に実施された東牟婁郡熊野川町との合併により、新市制での新宮市が発足した。

あまり多くは語られてなかった。
和歌山県の南の中心ってイメージが有りますが、高速を使ってダイレクトに入れないのがネックと思われます。
地元九州で言えば、宮崎県って感じ?



ウラゴを探しに行ったのでした。
天気予報では午後から雨だと言ってました。
もしかして良い方向に変化するのでは?期待してましたが、変わらず。
朝起きたら雨、
って事も経験してますが、なんとかもちそう。

近くの残した市町村、古座川町を探す事にしました。昨日話した海岸ウラゴのおっちゃんも古座川では見たとおっしゃっていました。

適当に走りながら探しました。
川沿いには大きなイボタが数本、少しやりましたが見つけられず。
親の時期なら、このコースを飛ぶだろうなと見えましたが、玉砕しました。

今の時期では、本流沿いは無理。
と、視点を変えて探します。

そしてイボタみっけ。
奥に入ると、ここもか!のイボタ林。
個体数は多いと容易に推定できますが、1本当たりの期待値は低い。
イボタはでかくて多い。

運と根気、視力が重要、ここいらのイボタ、枝が太く、葉っぱがいっぱいなので探しにくい。
そしてやっとこさようちゅうちん発見。
画像に収めようと思ったら、カメラのバッテリーの蓋が開いていていました。
電池が無ければ、カメラは作動せず。

ポチポチ雨が落ちだして強制終了になりました。
さぁ帰ろう、2週に分けて紀伊半島を回ったのでした。

え、それでいいの?
三重県南限更新は??

はい、やりますがな。

いつか。
[PR]

by shimabito3 | 2017-03-27 23:20 | Comments(1)
2017年 03月 27日

ウラゴ三昧 四日目

まだまだ続きます。
紀伊半島を一周する予定が半周では終われません。
という事で、前回引き返した和歌山県串本をスタート地点としました。
工程は、三重県から和歌山入り
今回の出発はガソリンを入れて、2時20分。
b0093800_21422842.jpg

先週に比べて燃費が上がっています。
これは、トラックに挟まれて高速道路を80~100kmで走った結果です。
ゆっくり走れば10kmオーバーになるんですね。
でもこれはアクセル上で足を浮かせながらの運転になるので疲労します。
真夜中はトラックも少なく、アクセルに足を乗っけて走られるので、運転が楽であることが分かりました。

で現地到着が8時30分、下道も走るのでいいペースではなかろうか。
串本に行くなら、三重経由の方が早い。

最初の産地は海岸べたで特殊な環境との事、見てみたかった。
手作りみたいなトンネルを通って、脱輪するとえらいこっちゃの道を走って、
b0093800_21425637.jpg

目的地到着。
海風で片方に流されたイボタが有りました。
b0093800_2144730.jpg

もちょっと寄ってみましょう、面白いでしょ。
b0093800_21444090.jpg

さすがにこの木には付いていないだろうと思いながらもチェック。
枝が密すぎて探しにくい。

別の木を探して何とか確保。
ネットを持ったおじさんがいらっしゃったので、少しお話しました。
サツマ狙いだそうですが、低温すぎて飛ばないとの事。
と言うより、発生しているか分からないらしい。
ウラゴが居ることはご存知でした。
そして、検索してもブログで海岸線のウラゴの記事を見ることができ、たぶん同じ場所。
それなりに有名産地なのかも。
こんなようちゅうちん、枝が太くて探しにくいイボタでした。
b0093800_2156662.jpg


西へ移動です。
幹線を走りながらも、イボタを見ることができました。
海岸線に住む特殊なウラゴと言うより、この辺りに広くイボタがあり、ウラゴ密度が高く、その端っこが海岸線であるとの感想を持ちました。

西隣は那智勝浦町です。朝来るときにイボタを見ていたので駐車。
車がバンバン通るわきの小規模な林でようちゅうちん発見できました。
イボタ林より効率が宜しい。伝授された場所ではなく通過点で那智勝浦終了。

次は太地町、面積が小さい市町村です。
この辺か?と歩きましたがイボタが有りませんでした。
少し移動、分かりにくいとの言葉をヒントに探して、環境見っけ。
確かに分かりにくい。
b0093800_22213810.jpg

桜が咲いているのにようちゅうちんは細かった。
b0093800_22222448.jpg

これで、伝授してもらった産地回りは終了しました。
最低限のミッションクリヤーでした。

次は新宮市、かつて採幼したイボタは無くなり、その後の記録は無いとの事。
では、探しましょう。

適当な川筋に入ってイボタチェック。
全部歩けばよいのでしょうが、私には体力と時間が有りません。
車で走りながら探します。
雰囲気が良ければスロー走行、或いは停車。
それなりの雰囲気の場所でイボタ見っけ。
期待が膨らみましたが、ようちゅうちん発見には至らず。
大きなイボタも数本あり、優良物件でした。
今の時期では無理でも、もう少し大きくなれば見つけられるはず。
いや、今年いなくても、何時かは親が飛来して発生しそうです。
T-uragoさん、新宮でいいイボタって見つけてます?
写真、撮ってなかった。。。

これにて4日目終了。
[PR]

by shimabito3 | 2017-03-27 21:45 | Comments(0)
2017年 03月 26日

ウラゴ三昧 三日目

白浜から南がターゲットです。
数年前、帰省時に紀伊半島を一周して関東に戻った経験が有りますが、渋滞していたことも手伝って三重を抜けるのにとても時間がかかりました。
今回のオリジナルの計画では、新宮で泊まって探索モードに入る予定でしたが、時間が足り変更することにしました。行きと同じく大阪ルートで帰ることを選択。
道があまり混んでいない時間に一気に白浜から串本市へ移動、戻りながら探そうとの魂胆です。

まず串本市、個体は多いとの事。
何処?と探して、ええイボタ発見。
b0093800_21435090.jpg

見ていくと、食い跡発見。
b0093800_21444315.jpg

この辺におるはず。
みっけ。
b0093800_21454081.jpg
さすが、本州最南端、ここのウラゴだけ少し大きい。

少し移動してすさみ町。
ここは、押さえておきたい場所とのこと。
この辺と伝授された場所は、地図上では道が見当たりませんでした。
現地に行きゃ何とかなるやろ、と行ってみると、この先?
歩いてならいけそう。
そして発見。
b0093800_2151890.jpg

b0093800_21513157.jpg

情報なしで、短時間で見つけるにはまず無理、よーこんな所入りましたね、感心しました。
ありがとうございました。

移動して白浜町。
良い産地の事、たしかに、イボタが沢山生えてました。
親には良くてもちっこい幼虫を見つけるのは無理がある。
でも懸命に探して一個みっけ、見つかれば満足。
これで帰られる、13時30分。
b0093800_21555350.jpg


北上する道、あちこちで渋滞、画像はいつもド・渋滞の亀山ジャンクションです。
b0093800_21583974.jpg

道の横の赤ラインは渋滞マーク、ナビはギリギリ12時前に到着と言っていました。
この時間はもう一つの難所の東名は45kの渋滞でした。
b0093800_2221581.jpg

途中で夕食をとって11時とナビより多少早く帰りつきましたが10時間以上かかったわけで、ハードな帰り道でした。
[PR]

by shimabito3 | 2017-03-26 21:46 | Comments(2)
2017年 03月 24日

3連休ウラゴ三昧 二日目

さて、二日目。
疲れている筈が、慣れていない環境ではよく眠れません。
実は私、繊細なんです。

暗いうちに目が覚めて、7時前には出発しました。
和歌山のウラゴは内陸部の調査が今後の課題との事なので、やってみましょう。
探すのもお楽しみ。

昨日貼ったウィキ先生の言葉にあるように、和歌山県は平野部は少なく内陸部に行くと標高がぐっと上がりました。
道々、イボタを見つけてはチェックしていきます。
転々と生えており、生息している雰囲気は十分。
b0093800_02234100.jpg

b0093800_0224971.jpg

b0093800_023494.jpg

でも、見つけられませんでした。
低地でも小さいので、山間部ではさらに小さいと想像されますが、痕跡すらつかめない。
調査不足ではなく、居るとしても密度は低いと思われます。
でも、環境はあるので、居ないはずがありません。
今後の課題に私もなってしまいました。
イボタが有って居そうな場所をナビに残しながら移動、こんな感じでうろちょろしました。
b0093800_0311982.jpg


午前中でチャレンジ終了、1日まるっと探索に使う心の余裕は私には有りませんでした。
だって、初・ウラゴ和歌山、ひよたってええじゃない。

と言う事で、御坊市に向かいました。
適当に谷に入れば居るとのエリア、適当に谷に入るとイボタが沢山。
b0093800_0414039.jpg

直ぐに食い跡発見
b0093800_0421885.jpg

卵よりようちゅうちんが探しやすい理由は、この食い跡にあります。
食っていれば、何かが居る証拠です。
切ブログにも何度か書いていますが、イボタはヌルヌルちゃんや、ケムケム、緑のイモちゃんが食います。イモちゃんが一番似てますが、各々特徴が有るので、大雑把には区別できます。

と言う事で、無事ようちゅうちん発見。
b0093800_0494835.jpg

イボタ密度が高いので、全体の個体数は多いのでしょうが、1本当たりの期待値は低い。
卵塊の数も少ないのではなかろうか?

御坊市の南は印南市、ここのウラゴは和歌山県内で一番白いらしい。
え、何処におるの?と言う印象でしたが、この辺りとの教えに従って探すと、ココなのね、イボタがはえてました。
b0093800_113681.jpg

狭いので、効率は宜しい。ざっとチェックできます。
みっけ。
b0093800_1142325.jpg

さらに別の印南市、イボタでかいし、数が多い。幼虫小さいし、一個確認で終了。
b0093800_2122298.jpg

b0093800_212522.jpg

ここまでは伝授していただいた場所、残りは探し物に使いましょう。
さらに南のみなべ町、
こんなみちっぱたで見っけ。
b0093800_215590.jpg

b0093800_2153926.jpg

さらに南の田辺市、太陽もだいぶ西に傾いて、イボタが黄色く写ってます。
b0093800_2172472.jpg

見つからない・・
先に進んで、薄暗くなってきました。
良さそうでしたが。。。見つけられない。
b0093800_2185225.jpg

これみて二日目終了。
前日に懲りて、宿は確保ずみ、白浜に宿泊したのでした。
[PR]

by shimabito3 | 2017-03-24 00:31 | Comments(0)
2017年 03月 22日

3連休ウラゴ三昧

公開OKよとの了承をT-uragoさんから頂いたので、初訪問の地である大阪、和歌山の工程を記しておきます。
今回は、教えていただいて助かりました、多謝です。。
自分で探すのも楽しいのですが、何度も足を運ぶにはちょっと遠いし、初訪問での成果は雲泥の差が出たでしょう。
分かってきて探しても遅くはないと実感しました。

まず、和歌山って何?を知るために、和歌山の現・行政区をパラパラ地図から拝借してきました。
和歌山県って、こんな感じ。
b0093800_20281046.png
ウィキ先生に聞くと、和歌山県ってこんなところ。
和歌山県(わかやまけん)は、日本近畿地方都道府県県庁所在地和歌山市。日本最大の半島である紀伊半島の西側に位置する。県南部には大規模な山地を有する。

概要[編集]

令制国では、紀伊半島の由来ともなった紀伊国の大半に当たる(一部は三重県となっている)。江戸時代は初期には浅野家、のちに御三家紀州徳川家の領地(紀州藩)であった。附家老として田辺安藤家新宮水野家を置いた。古くから「木の国」と謳われたほど山林が多く(中山間地域の比率が7割超)、紀伊水道熊野灘を挟んで変化に富んだ海岸線が続く。また、このような深山幽谷の地形から高野山開基による仏教寺院や熊野三山などの神社信仰が発達しており、その一方で中世から近代にかけては紀ノ川沿岸を中心に全国から見ても大規模な都市が形成されていた。

和歌山市を中心とする県北部は阪神工業地帯に属し、沿岸部には製鉄所石油製油所などの重化学工業が盛んであるが、太平洋ベルトから外れた立地条件の悪さや平地が少ないことと自然保護政策の一環で確保できる工業用地の貧弱さ、そしてそれによる機械工業の不振から大阪府兵庫県の様な過密都市圏の工業と比べると生産量は至って少ない。その他、県全域で果樹栽培を中心とする農業が盛んで、特に県中部でのみかん栽培や御坊市を中心とする花卉栽培、田辺市を中心とするなどの特産品があり、他に小規模であるものの水産業林業が盛んで、各地でのブランド育成が進んでいる(詳細は下記経済の項を参照)。近畿地方では唯一、ここ40年間の国勢調査(1970年-2010年)で人口減となっている県であり、他の2府4県がいずれも15%~40%の高い伸びとなっている中で顕著な特徴となっている。和歌山市では大阪圏などへのストロー現象が深刻で人口減少が続いている一方、岩出市、橋本市など諸都市のベッドタウンとして顕著な人口増を続けている都市も見られる。

地理・地域[編集]

  • 日本近畿地方
  • 隣接都道府県大阪府 - 奈良県 - 三重県 - 兵庫県 - 徳島県
  • 総面積は4726km2、このうち山地が3832km2で、総面積の約81%を占める[1]
  • 紀伊山地は、中央に大峰山脈が南北には連なり、奈良県との県境を紀和山脈(陣ヶ峰:1106m、護摩壇山:1372m、安堵山:1184m)を経て果無山脈に続き、それから分かれて竜門・長峰・白馬・虎が峰などの山脈が北から南へ並行し、さらのその南に大塔山 (1122m) を中心とする山塊が半島の南端近くまで迫っている[1]
  • JR西日本紀勢本線(きのくに線)が海岸沿いを走り、和歌山線紀の川沿いを東西に走る。紀勢本線にほぼ併走する形で、国道42号が紀伊半島を取り囲んでいる。
  • 東牟婁郡北山村の全域と、新宮市のうち熊野川町玉置口・熊野川町嶋津が飛地で、三重県と奈良県にはさまれた場所にある。
  • 潮岬は、本州の最南端に位置し、太平洋から瀬戸内海へと続く海に面する。中央構造線と並行する紀の川沿いの中規模な平野を除き、そのほとんどが山であり、道路・鉄道は海岸線に沿って走る部分が多い。
  • 中部南部は奈良県、三重県へと繋がる山塊にあり、内陸に向けて標高は高くなる。
  • 大きい河川は紀の川が平野を流れる以外、有田川日高川富田川日置川古座川熊野川のいずれもが山間を非常に蛇行して流れ、険しいV字谷を形成する。地形は南の方がより急峻になっている。
  • よく発達した照葉樹林に覆われ、崖地ですら森林が発達する。しかしその多くは伐採されて、人工林になっている。それでも人家周辺の二次林的なシイ林なども含めれば、自然林が残っている地域である。近年では、山林でシカ、農村部でアライグマなどの食害が目立ち始めている。
  • 海は特に南部では黒潮の影響が強く、串本付近ではサンゴ礁とは言えないまでも、それに近い状況の地域がある。また、チョウチョウウオのような熱帯に棲む魚も、南部沿岸部では釣れることがある。詳細については紀伊半島を参照のこと。

知名度は低くないけれど、観光、産業の目玉は何?って聞かれると困る県かも。
南部の印象が強いせいか、温暖な地と思ってました。

さて、始めましょう。

3月17日(金)
仕事を早めに切り上げて少し仮眠。出発時間を残しておこうとガソリンを入れて1枚。
22時51分に神奈川を出発しました。

b0093800_23542525.jpg

深夜の高速は渋滞はないものトラックが多くトロトロ走るのは燃費向上には効果的ですが、緊張感が無いので睡魔が襲ってきます。

3月18日(土)
途中で仮眠、初めの目的地大阪府岬町に到着したのは、7時半くらい。
最近黒化型が侵入してきたと聞くエリアです。
産地に向かう途中で、イボタあるやんと止まってチェックしたところ、食い跡発見。
どこかにおるはずと見ていくと、孵化ガラ発見。
ようちゅうちんは何処だ?

こんなイボタ。

芽吹いては居ますが、予想より葉が小さい。
b0093800_00030088.jpg
そして、見つけたようちゅうちんは小さい。
ま、見つかったから宜しい。
孵化ガラは多かったので、密度は濃そう。
目的地に行く前に終了。
b0093800_00053283.jpg
移動して、岬町 その2
ここも本来の目的地に到達する前のこんなイボタで、
b0093800_00101616.jpg
ようちゅうちん発見。
でも、やっぱりこまい。
葉は、少し大きめでしたが、ようちゅうちんの大きさは一緒。
よけい見つけにくいやん。
b0093800_00123022.jpg

深追いしても時間が無くなるので、和歌山県に移動です。
まず、和歌山市。
開発で潰れた産地が多いそうですが、環境が残っているという場所を教えてもらってました。
ここでええのか?、で駐車。
歩くことにしました。

b0093800_20304059.jpg
奥でイボタを発見。
b0093800_20320357.jpg
次いで、ようちゅうちん見っけ。
b0093800_20325718.jpg
またまたちっこい。
目視確認はできますが、2mmほどの1齢でした。
まだ緑になっていません。
このサイズの幼虫は葉には静止せず、アップした画像の位置に居る事が多い。

伝授された場所で見つけるだけではのうが無い。
と言う事で、紀ノ川の南を探す事にしました。
その名も紀の川市。
b0093800_20520101.jpg
イボタはちょぼちょぼ。

b0093800_20455704.jpg
b0093800_20453953.jpg
ここなんか最高だったけど、
b0093800_20485924.jpg
見つけられず。
うむ、どこでもおる訳ではなさそう。
時間も押してきたことだし、海南市に移動しました。
こんなイボタで、
b0093800_20555737.jpg
ようちゅうちん発見。
b0093800_20563753.jpg
峠の向こう側の別地名で生息を確認できたものの、”おる”と伝授されたエリアでしか見つけられなかったのは、ちょっと悔しい。
裏を返せば、教えてもらってなければ、かなり苦戦していたと思われ、情報のありがたさを味わったのでありました。
ありがとうございます。
地名が載った地図を掲載します。
b0093800_22463151.png
赤のアンダーラインを入れたのが、記事の中に登場した地名です。
大阪府の岬町は淡路島の対岸です。
近年、淡路島にウラゴが侵入してきたと思っていますが、その延長線上に岬町が有るので、これまで見なかった黒化型が居ると言う事は、
さらに、分布を広げている最中ではなかろうか?
データを取っていれば面白いのでしょうが、たかがウラゴ、無理でしょう。
たぶん、劇的に変わっているはず。

矢印の島が気になるところ。





何時もの感覚で、行き付いたところで宿を取ろうと思ってました。
大阪南部、和歌山北部がちゃちゃっと終わったら、白浜辺りまで移動もありかと。
結果的には、和歌山市近辺での探し物で終わってしまったので、和歌山市で泊まろうと何時ものアプリで検索しました。

が、

有りません。

さすが、連休、どっこも満室。
最悪車中泊も致し方なしと思っていたのですが、かつらぎ町で宿を確保できました。
うまいものを食す!と言うのもお楽しみの一つですが、望むべきもなし。
あまり寝てないので、足を伸ばして眠られるだけでも、HP回復になります。
これにて、初日終了。





[PR]

by shimabito3 | 2017-03-22 00:20 | Comments(0)
2017年 03月 21日

紀伊半島はでかかった

戻ってきました。
タイトルにあるように紀伊半島の大きさを甘く見てました。
さらに、ようちゅうちんが小さかった。
静岡よりもきっと暖かいから、成長してるはずと思っていましたが、ほとんどの産地が1齢、
イボタを探すにはいい時期ですが、幼虫を探すのに手こずったのも時間がかかった一因。
半周で終了でした。
走行距離は1500kmほど、さらに渋滞付き。


[PR]

by shimabito3 | 2017-03-21 00:32 | Comments(0)
2017年 03月 17日

買い物したら777円だった。

まったくもって偶然。
何かいいことあるかも!と期待です。
元居た部署はそれ処ではない旨のメールが回ってましたが、私は3連休を謳歌させていただきます。
皆様、ごめんなさい。
と、今は思っていますが、出発すると忘れちゃうでしょう。

目的は紀伊半島一周、反時計回りで進みます。
情報はT-uragoさんから頂きました。
お世話になりました。
抑える所は抑えて、あとは臭いを嗅ぎながら進軍、楽しみ。
お初のウラゴ@和歌山、あわよくば三重南限更新、出発前が一番楽しい。
ちょっと寝て、深夜に出発します。


[PR]

by shimabito3 | 2017-03-17 18:59 | Comments(2)
2017年 03月 12日

3月11、12日

ギフは飛んだし、本格スタートと言っていいでしょう。
ラジヲでは、春めいてきたけども、まだまだ寒いって言っていましたが、
それはフィールドに出ていない人の感想で、
もう、春です。
b0093800_21422185.jpg



静岡県本川根を狙いましたが、いざ行ってみると、標高が有る場所が多い。
居るはずだけど、難易度がぐっと上がります。
玉砕してしまいました。

平地の静岡県、現在1齢末期、2mmくらいになっています。
イボタの芽は一部展開、探しやすくなってきました。
確認できたのは、山梨県南部町、静岡県芝川町、富士川町、島田市、金谷町。
御前崎だとかの海沿いはもっと大きくなっている事でしょう。

画像も有りますが、位置情報が残っているので、消去してから掲載します。


[PR]

by shimabito3 | 2017-03-12 21:42 | Comments(0)
2017年 03月 11日

今日の夕食

そろそろ終わりですね、キンメ。
b0093800_19574735.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2017-03-11 19:56 | Comments(0)
2017年 03月 08日

ギフ飛んだ?

フィールドうろちょろの状況から春は早いと感じていたものの、
早すぎる。

確かな情報源を知りません。←いい加減な奴。


[PR]

by shimabito3 | 2017-03-08 00:30 | Comments(2)