虫とり日記3

tyou3.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2017年 08月 31日

8月、終了。

テンション、下がる。


同日加筆

帰宅時、気温の寒さにさらに⤵
でも、
Wカップサッカー、予選突破。
多少テンション⤴
乾杯、家族旅行の画像を利用(*^_^*)。
b0093800_21591487.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2017-08-31 08:02 | Comments(0)
2017年 08月 27日

50km渋滞

昨日は家でグタグタ、何もしないと鬱になりそうなのでお出かけしました。
目的はミヤmがどの辺までおるか?

まずは有名産地の長野県宮田村、河川改修されており以前いっぱい居た場所にごく少数のみ。
コマツナギは有ったので、いずれ復活することを願う。
でもあんな遊歩道みたいなやつ要らない。

時期的に良い事は分かりました。
カメラ忘れたので画像はなし。

次、駒ケ根市。スレが多いもののいっぱい(個人的には指で数えられる以上)飛んでた。

さて、探しましょう、産地を知りません。
次、飯島町。
クロツとミヤmは一緒に居る事が多いので、知ってる産地に行くと、クロツは少数ピラピラしていたが、狭すぎるか?
ちょっと違うと言う事でハズレ。
中川村、松川町、高森町、豊岡村では産地発見。
伊那谷だもんね、広くおるようです。
南に行くほど少ないイメージ。

では、帰還しましょう。
中央道はタイトルのように大渋滞。
8月最後の日曜だから、お出かけした人が多かったのでしょう。
何時ものように峠道を使って帰ってきました。
そのまま乗ってたら・・・
多分アパートに戻るころには日付が変わっていた。

ミヤm 長野でググると、この伊那谷、保護活動が盛んなようです。
知らなかった。
現地では、そんな雰囲気を感じませんでした。
ネット上の情報を読んで、思ったことは、植栽などせず、種をどんどん、あっちこっちにばらまけばいいんじゃないの?
狭い範囲では、餌が有るから周りから来ただけ。

各地でへたっている種ですが、それは血が濃くなっているからだと思ってます。
私が感じるにはシルビアと一緒、広範囲に餌が点々とあることが重要、行き来する必要が有るんです。
ピンポイントではダメです。

ミヤm研究会の皆様、自分のフィールドに限らず、各地にいっぱい楽園作りましょう。
今ならできる。
それとも、あちこちにフツーに居るようになると、価値が下がる??




[PR]

by shimabito3 | 2017-08-27 21:45 | Comments(0)
2017年 08月 25日

休み明け1週間が長かった

あー、ゆっくりしたい。

画像は、既に過去の出来事。
家族旅行での露天風呂、向こうは海。
b0093800_21590475.jpg
そして、乾杯!(^^)!
b0093800_21591487.jpg
至極のひと時

[PR]

by shimabito3 | 2017-08-25 22:00 | Comments(0)
2017年 08月 24日

福岡のビア画像

過去に確認した産地を巡りました。
大雑把には変化なし、とのイメージを持ちました。
ビアは、衰亡していない、むしろいっぱいおるってのが福岡の現状です。

探す人のヒントになれば、と思って更新。
そして、新市町村が出れば、こっそり教えてくださいませ。

☆探すエサはミヤコに限らず。
現状確認できているのは九州以南ですが、ヤハズソウやらコメツブを食ってます。
例えば、こんな環境で向こうは海@福岡県椎田町、
b0093800_22242336.jpg
ミヤコグサは生えていましたが、コメツブもいっぱい。
b0093800_22262274.jpg
♂♀です。
b0093800_22301805.jpg
b0093800_22264019.jpg
ビアの卵だと思ってます。@コメツブの上。
(過去には産卵を確認してます)
b0093800_22270568.jpg
もう一か所の椎田町、こっちはミヤコもあるが、ヤハズソウもいっぱい。ちょっと変な顔。♀は潜り込むので取りにくい。
b0093800_22330514.jpg
こんな環境、向こうは海。
b0093800_22332168.jpg

築城町は、しょーもない荒れ地で発生してます。
こんな場所。
b0093800_22353767.jpg
先入観にとらわれず探せば、あっちこっちでみつかるかもよ。

[PR]

by shimabito3 | 2017-08-24 22:36 | Comments(4)
2017年 08月 23日

いのちのたび博物館

福岡県北九州市にある博物館で、世界の昆虫展をやっていました。
実は何かで見て、地元で昆虫展が有るらしいってのは知ってましたが、”世界の”がついてるなんて、知らなんだ。
こんな感じ。http://www.kmnh.jp/2013summer/info.html#TOP から。
b0093800_19021855.png
盛りだくさん。
世界のクワガタ、カブトが人気なのか?すごい人出で、チケットを買うのに長蛇の列でした。
九州で、生きたでっかいクワガタやらカブトを見る機会はそうそうないかも。

でも、個人的にはあまり興味がなく、日本の蝶のラベルを見たかったのが本音でした。
標本の方は、世界の蝶がすごかったのは事実。

実物は初めてみました。・・・たぶん。
b0093800_19150681.jpg
こんな蝶。
b0093800_19153634.jpg
他、説明はなかったけれど附属書Ⅰ指定。これらは過去に見たことが有ります。
b0093800_19190583.jpg
b0093800_19193552.jpg

コルシカキアゲハはワシントン条約種附属書ⅠからⅡへ格下げされたそうなので、全三種が同時に見られるだけでもすごい。
博物館では、故人のコレクションが寄贈されたときに特別展で公開されることが多くあります。この方のコレクション。
b0093800_19200866.jpg


これくらいのものではないと、博物館は引き取ってくれないのかもしれません。
すみません、知らない。と言う事で、トクラーナをググってみました。

オークションに号外版なるものが出ていました。コメントは、差し控えましょう。
号外では無いものは、ENTOMO SHIROGANE(トクラーナ発行会)がヒットしましたが、詳細は不明。個人でやっていた印象を受けました。
それにしてもこれだけの標本を集めるのにどれだけの金を使ったか?銀行やサンってそんなに儲かるの?って、思ってしまいました。
それを見ている人たちも、すごいねー、きれいねーみたいな感想を漏らしてました。
撮影してる人も多かった、人気はきれいどころ。
b0093800_21015777.jpg
私が虫採っていると、可愛そうだとか、よく言われますが、基本的には同じこと。お金的価値は全然違いますが、気持ち的価値は勝っている!(勝ち負けではないが)
いかん、またひがみ的、愚痴になってしまった、ヤメヤメ。

もう一つは、クワガタコレクション、この方のもの。
b0093800_20255379.jpg
ほぼ全種ってところがすごい。

採るって行為は、今や時代遅れかもしれない。でも、記録に残すってことが重要なことも確か。

種の多様性は、素人の努力によって明らかにされた。
そして、それらの標本は、博物館で保存されるなら、、、公の資料になれたからこそ貴重。
でも、スペースその他の理由で、個人の標本が博物館に行く例は少ない。
虫好きの高齢化が進み、自分の標本をどうしよう、と思われている方も多い。興味のない人にとっては、ゴミに等しいものだから。
b0093800_07465352.jpg
ちょっと、ウィキ先生に聞いてみた。

ヨナグニマルバネクワガタ N. i. donan Mizunuma, 1985
与那国島に生息。体長は♂で35.4mm - 62.7mm(飼育下では65.0mm、2011年)。生息地はハブが生息していないため飼育用の材をとるための採集者が増えるとともに、開発が進んだため近年生息数が壊滅的に激減し、「幻のクワガタ」とも呼ばれる。2011年に種の保存法に基づく国内希少野生動植物種に指定され原則採集や譲渡が禁止された[6]。採集品だけでなく市場に大量に出回っている飼育品の譲渡もできなくなったため、愛好家や研究者は、野外で絶滅すれば飼育品も残らずに種自体が絶滅するとして、特定国内希少野生動植物種に指定するか与那国島のみでの採集禁止にするよう求めている。環境省第4次レッドリストでは絶滅の可能性が最も高い絶滅危惧IA類 (CR)環境省レッドリスト)に指定されている。

譲渡禁止、フツーの人は死んだら一緒に燃やしてもらうしかありません。私も種の保存法指定は反対です。
昔はいっぱい居た、との証拠かも。
b0093800_20390643.jpg
個人的に興味があったのはちっちゃいやつ。
例えば、これ。
b0093800_20442311.jpg
むかーし、後輩君が本種が欲しいと頼まれてあげたら、小さい個体ばかりだと言われたと嘆いていたことを思い出しました。
九州のはちっちゃい個体が多いとの事。

http://atoz2000.dip.jp/syasinnkann/hyouhonnsyasinn/koku-kuwa/koku-kuwa-nisikoruri-kyuusyuukoruri.htm
国産クワガタ標本写真館に種の説明があった、こんがらがりますが、今はキュウシュウニセコルリクワガタと言う独立種になったってことか?


キュウシュウニセコルリクワガタ 

Platycerus viridicuprus kanadai

分布:九州(福岡県、大分県)

生態:5~6月に出現しする。成虫はブナやトネリコなど開きかけた新芽に飛来し、葉柄などをかじりにじみ出てくる樹液を吸う。
従来はシコクコルリクワガタと同じミナミコルリクワガタとされていたが、ニシコルリクワガタの亜種キュウシュウコルリクワガタとして記載された。
ニシコルリクワガタより、更に小型の個体が多いようである。
成虫は生息地の芽吹きの頃に活動を始める。短命な種類で1月ほどで活動を終える。成虫はコルリクワガタと同様に開きかけた新芽に飛来する。

その他、生きたやつ。タランチュラやら、
b0093800_21195410.jpg
バッタの類、これはナナフシだけど、個人的注目は、この葉っぱ、アワブキちゃう?餌として優れているいるのだろうか?

b0093800_21202598.jpg


ロボットちゃんに引っ掛かるので、種名はできるだけ控えて書いてます。
が、”ちっちゃい”と言う表現を何度も使っているのに、お気づきでしょうか?今回最も感銘したのが、ちっちゃいものだったからです。

地元での活躍、喝さいものです、スイコンスキナンジャーでググってくださいませ。ダメだったら、魚部。
いのちのたび博物館の学芸員だし、顔見えないので、掲載OKですよね。ダメだったら、関係者、連絡を、ってみてないか。
他のメンバーは実際に見に行って確認をしてください。
全部で5人、ブルー、グリーン、バイオレッド、オレンジ、イェロー、楽しんでますね。
TVでは、レッドが隊長でピンクが女性が鉄板ですが、どちらも居ないと言うのが、虫関係らしい。
b0093800_22254324.jpg
展示も見事。

知らない人にいかに興味を持たせるか、そこまで行かなくても、分かり易くするかがポイントです。これが良い例。
手に乗っけることで、サイズが分かります。まさに、ちっちゃい。水槽をのぞき込んでいる女の子、とても良い表情をしていたのですが、個人情報なので目隠ししました。

b0093800_22304586.jpg
このフレーズ好き。
見えないのではない、見るんだ。
b0093800_22430344.jpg
ブルースリーかい(*^_^*)


新種ってフレーズ、"すごい"に直結。
2016年、記載ホヤホヤの種。
b0093800_22314541.jpg

小っちゃすぎて目視ではよー見えないので、虫メガネを利用しているのに感心。
ラベルに関心、位置情報は、いちお、見えないようにしておきます。
パラタイプだ。
いや、十分すごいのですが、ホロタイプ、無理なんでしょうね。
b0093800_22311581.jpg
キボシチビコツブゲンゴロウ。
ググっても出てこず、何となくしか知りませんでしたが、詳細をしりました。
アセスの方、頑張れば報われるかも。
b0093800_19351280.jpg

b0093800_19352309.jpg







[PR]

by shimabito3 | 2017-08-23 19:02 | Comments(0)
2017年 08月 23日

画像無いと、淋しいよね。11日

出勤2日目、なんだかイライラ。
始まったばかりなのに、電話会議っている?が原因の半分、まだ結果出てないぞ。

タイトルとそれた。
福岡県北九州市のビア環境です。
b0093800_23591859.jpg
レッドデータブックでは、絶滅危惧Ⅱ類 の位置づけ。
でも、おる所にはいっぱい居るので、もっとランクダウンしてええ種。
とは言っても広域な血の交流が必要な種と思っています。そこが難しい。
既知のおる所だけの保全では、いずれ居なくなることは明白。
それすらしてないけど。




[PR]

by shimabito3 | 2017-08-23 00:00 | Comments(0)
2017年 08月 21日

お盆休みの行動、続き。

10日 お腹がいっぱいになって幸せ。
次のターゲットはどうしよう?
USRさんが、岡山に居るならばお世話になろう!とまた思い付き。
ゴマに会いたい。
と、Telを入れるも、残念ながら別の地にいらっしゃいました、残念。
明日から移動で大分に行く計画らしい。
岡山なら蒜山くらいしか残っておらず、まだ早いかもとのアドバイス。
だったら、〇〇のゴマって行ってみては?とのお言葉。
え、おるんですか?知らなんだ。
ゴマはやっていませんが、ラベルにはいささか拘りが有ります。
アレの場所のちょっと手前の湿地と言う事でした。
多分ヒメシがおる辺りやなぁ、ありがとうございました。
と言う事で、目的地決定。

ビュンと移動で広島で一泊しました。
平日なので割引が無い高速料金は高すぎる。。
割引されてても高いと思っています。

11日、目的のお山に近づくにつれ雨が落ちだしました。
でも、負けない。
車を止めて、傘をさして、くさっぱらを泳ぎます。
ワレモコウもあり、おるなら花の先にちょこっと止まっている筈。
パンツまでぐしょぐしょになりましたが、出会いは無し。
完敗でした。

もーいいや、帰ろう。
ダイレクトに帰省はしたくないので、福岡県北九州市のビアを覗いてみましたが飛んでいない。
ちょっと移動で同県行橋市、一つおりました。
九州は良い天気、暑かった。両方ともええ産地(*^-^*)

12日、実はMuraさんにおねだりして情報を貰ってました。
まだ未発表だから、公開しないでねとの事で詳細は内緒。
自分の記録として書いてます。
ソコ、過去に訪問した場所ですが、その時は居なかった。
分布を広げたのでしょう、幼虫をお持ち帰り。

13-14日、家族旅行で山口県萩へ。
兄が計画、母親を喜ばせたいとの思い。
最近特に物忘れが激しくなってて、2017年夏、みんなで萩に行ったこと、覚えていてくれるのだろうか?

15日 北九州市にあるいのちのたび博物館で開催されていた大昆虫展を見に行きました。
とっても盛況、駐車場に入るだけで大変。チケットを買うのにも長蛇の列。
時間を持て余したので、ファイスブックに投稿。
すると、すぐにお帰りなさい との返事が返ってきました。
なんか、嬉しくなりました。

〇〇君がフェイスブックに出てくるなんて珍しいと言われた。
繋がってるんですね。
私、久々のログインだったけれど、そんなに頻繁に見ているものだろうか?

16日 福岡のたぶんクロツ未記録市町村のツメを見に行きました。
GWに訪問した際は、大きな群落にこりゃー期待大と思っていましたが、九州北部の大雨の影響でほとんどの株が流されてました。
復活するのに数年かかるな。

17日 シルビア三昧をしてきました。
全て福岡県、過去に確認済みな産地を現在も発生が継続しているかが目的。
田川市1、親は飛んでませんでしたが、幼虫は居た。
田川市2、おらなんだ。
椎田町1、飛んでた。
椎田町2、いっぱい居た。
行橋市、先に確認できたのとは別の場所、当時は親を確認。
コメツブオンリーの砂浜海岸でイメージ的には特殊、今回はおらなんだ。
豊前市 ここは食材(魚)の調達と探索。過去にはコメツブを見たけれどミヤコはなしの場所。やっぱりおらん。
築城町  親は飛んでませんでしたが、卵はあった。
豊津に行こうとしたら大雨になって撃退されました

18日 アパートに戻るべく11時に出発。既に書いたように富山で一泊。
19日 少し遊んで、富山→新潟・糸魚川IC(北陸自動車道)→下道 長野・安曇野IC →上野原IC(中央自動車道)→下道 アパートと戻ってきました。




[PR]

by shimabito3 | 2017-08-21 18:28 | Comments(2)
2017年 08月 20日

またかい!

サーバー内でエラーって何?
消えた。
書きなす気が失せたので画像のみ
b0093800_09044589.jpg

b0093800_09014607.jpg

b0093800_09140118.jpg



b0093800_09133224.jpg

b0093800_09123042.jpg
b0093800_09304267.jpg
b0093800_09120698.jpg
b0093800_09113974.png
こっちの方が想像力がかきたてられて良い?
一旦は気分が萎えたのですが、気を取り直して加筆します。
これからは、文章中心になるので、アップする前に他のソフトに保存しよう。


私の夏休みは8日からでした。行きたかった富山県は台風5号の進路に当たり出鼻をくじかれました。
と言う事で8日はアパートでグダグダ。
9日も自堕落になりそうだったので、尻を叩いて出発しました。
平日の高速があんなに車が多いなんて知らなんだ。あちこちで渋滞してた。
行ける所までゴーウェストのつもりでしたが、大阪で挫折一泊しました。だったら南紀白浜まで足を伸ばそう、私の行動は思い付きなんです。
10日。
目的はGWに見つけた田辺市のミヤコにビアがおるんちゃうか?と言う調査と、食べそこなったおさかなちゃんを食すという2点。
先の2枚がビアの結果です。1枚目、親を見た白浜市の環境です。
残念ながら、訪問した日にはおらなんだ。

2枚目、何か所か田辺市をチェックしましたが、親は飛ばず。
一か所のみ卵が有りました。既に抜けていましたがようちゅうちんは見つからず。
ツバメやウラナミシもミヤコを食いますが、個人的にはビアだと思ってます。
秋にまた行かねばなるまい。

3枚目以降が魚を食べるための行動、とれとれ市場なるものに寄ってみました。
これまた平日にも関わらずとっても混んでた。学生さんたちは夏休みか?若者の姿が多いとの印象。
さて、何を食べる?と目に付いたのがウニ弁当、3枚目。
イクラと等価なんてあり得んぞ、これまでの自分、騙されていたのか?ウニは別格だと思ってた。
選択したのはマグロの3色丼+マグロのなんちゃら、4枚目。
大トロ、中トロ、赤身で3色、絶品でした。
油たっぷりの大トロは沢山食べると気分が悪くなりますが(これはウニやらさしたっぷりの牛も同じ)、ちょびっとが一番おいしい。
購入しませんでしたが、のどぐろの一夜干し、山口県産、うまそうだが高価、5枚目。
遠くから持ってくると高いのか?そもそものどぐろって、北の魚かと思ってました。
6枚目、伊勢海老、最近まずいエビは拒否反応が出るんのですが、新鮮ウマウマは大歓迎、現金なものです。
マグロを選択した理由が7枚目、解体ショーをやってたから。
すごいっすね,集客力抜群、私も乗せられた。

最後の2枚がトレトレ市場の看板です。
最近のカメラは位置情報を記録する機種があります。
何気なくアップした画像に位置情報が載っていて自宅がバレバレじゃー、なんてこともあり得る。
でも、正確には違います。

仕組まれた誤差+αが含まれるので正確な位置は特定できません。
でも、だいたいは分かるので、まずい位置情報は削除する必要があります。
拙ブログの画像、蝶の画像は、めんどくさいと思いながら消してます。
と言う事で、どのくらいずれているか?を検証してみました。
かなりずれていますが、これくらいの誤差を含むと知っていれば、探せる距離です。
皆様も注意してくださいませ。

[PR]

by shimabito3 | 2017-08-20 09:09 | Comments(0)
2017年 08月 19日

戻ってきました。

九州から一気に移動で富山県で一泊。
11時出発で到着は20時、9時間程の所要時間、800kくらいだったか?。
行きに行こうと思ってましたが、先に書いたように台風5号の進路に当たるので帰りに寄り道。
〇〇〇〇さんの情報による、釣り堀的行動。
ごっつぁんでした。
何をナニしてきました。
時期的に遅かったようで、多数(指で数えられる以上)飛んでいましたが、きれいな個体のみお持ち帰り。

橋の上から見ただけでは、餌あるなんて見えなんだ。
よー、行きましたね、と言う感想でした。
さすが、目の付け所が違う。

それだけでは、ダメでしょう、足りない。
ここに居るんなら、他にもおりそう!と探して、

自分的イメージで見つけた、
抜群の環境・・・
餌もたくさんある・・・、
もらったと思いましたが。。。。。
居ません。

なるほど。

確かにピンポイント、納得できました。

採集圧とか、大きな環境変化とかではなくて、居なくなってしまう事、
有るんです。

種の勢いが低下しているのでしょう。
ホスト植物は生き延びても、それを利用している蝶は耐えられない程度の変化だと思います。








[PR]

by shimabito3 | 2017-08-19 23:56 | Comments(2)
2017年 08月 13日

家族旅行

ゆっくり移動、特別な目的無し。

ホテルの部屋はオーシャンビューでした。
食事は、美味しかったけれど、コスパ的にはNG。
こう言う時じゃないと、利用はしない。
お金、余ってませんから。
b0093800_15392874.jpg

[PR]

by shimabito3 | 2017-08-13 15:34 | Comments(0)