「ほっ」と。キャンペーン
2017年 02月 06日

やばい

久々にスーツで出張、4時間の打ち合わせで、体力消耗しました。
で、タイトルの何がやばいって言うと、ズボンがやばかった。
久々のにはくと困ったことになってました。
腹がやばい。
新調するか、引っ込めるか、が問題。
冬シーズンは出不精だったことの反映です。
[PR]

# by shimabito3 | 2017-02-06 22:17 | Comments(0)
2017年 02月 05日

2月5日

予報では崩れるという天気でしたが、関東地方の朝は青空でした。
宿泊しても良かったかも。
ただ、体調も風邪か?と思える状況、運気もあまり良く感じないので、
休養して正解だったと思っています。
明日は久々の出張、作業着ではなくスーツです。
相手は自分が正義だと思っている輩、上司付きですが、ちょっと暴れてやる。
[PR]

# by shimabito3 | 2017-02-05 23:40 | Comments(2)
2017年 02月 05日

初候 東風解凍

2月4日土曜、今日は立春。
住んでいる地方にもよるのでしょうが、ここ関東では何となく春を感ずることができる季節になりました。
あす日曜は、天候が崩れる予報だったので、泊りは止めて、比較的近場を選択してお出かけしてきました。
秩父に行こう!と走り出したのですが、出発6時では渋滞が始まってた。
と言う事で、圏央道を途中脱落。

走行途中に出くわした、埼玉県 毛呂山町。
初訪問の地、国盗りで領地獲得。
冬キャンやってますが、毎年同じなので頑張る気力がなく、最近はあまりアクセスしていません。
毛呂山?けろやまと読んでしまいそうですが、”もろやま”が正解でした。
wぃき先生によると、以下でした。

地理[編集]
東京都心から50km圏内の入間郡南西部に位置し、東西約9km、南北約7.5kmで、
中央部がくびれた形をしている。
秩父山地と関東平野が接する八王子構造線にまたがり、西部の緩やかな山地は標高約300 - 400m
で、外秩父山地の東縁部にあたり、秩父古生層が広く分布している。
一部が県立黒山自然公園に指定されており、農業用灌漑貯水池である鎌北湖は
その中心となる湖である。
この湖から飯能市の天覧山まで奥武蔵自然歩道が伸び、ユズをはじめとする果樹園や畑が多く
自然環境に恵まれていることから、観光客がハイキングなどに訪れている。
南部の丘陵地帯には武者小路実篤が理想社会を目指して創設した「新しき村」があり、
1939年に宮崎県から移住して以来、現在も農業を基盤とした共同生活を続けている。
中央部から東部にかけては越辺川(おっぺがわ)と高麗川に挟まれた標高約60m前後の平地で、
表面は関東ローム層に覆われている。
東武越生線は坂戸駅で東武東上線に接続し、沿線は東京都内および埼玉県内の川越・志木などへの
通勤圏に入るため1980年ごろから宅地化が進み、市街地が形成されている。
主な地目別構成比は、山林40.2%、畑14.0%、その他13.8%、宅地13.5%、雑種地12.8%、
田4.7%、原野0.9%、池沼0.1%となっており、宅地やその他の地目が増加し、
森林や農用地等の減少が進んでいる。
また、首都圏からのアクセスも良く地形が適当であったことからゴルフ場も多く開発されている。

宅地化が進んでましたが、雑木林が残っており、寄り道してウラゴを探す気になりました。
臭いを感じたってやつです。
結果、1本目のイボタに卵が付いていたのでラくショーかと思いきや、かなり厳しかった。
こんなイボタで、
b0093800_453729.jpg

発見!
b0093800_461046.jpg


せっかくなので、隣町の越生町で探しましょう。
里山ふれあいなんちゃら、ちょっとしたハイキングでした。
なまった体のリハビリによろしい。
b0093800_4311145.jpg

イボタを探しながら歩くも、下の方で見つけたのみ。
全体的に杉山でNG
下に貼った看板、温暖化防止は、わかる。
花粉を少なくって、杉林の中に書かれても説得力なしです。
これから、変えようというのかな?
杉を切って放置すれば、自然にもとに戻るって思うのは認識不足なのだろうか?
b0093800_4374466.jpg

遠くにビル群が見えました。
b0093800_438483.jpg

少し先まで進みましたが、”よくない”と判断して探索は止め、ブログネタの仕込みで終了。

”ウラゴを探す”が主目的でしたが、最近始めたぽけもんの卵を孵化させるには歩かにゃならん。
これまでの私なら山には上がらなかったと思う。
人の行動原理って単純。
小川が流れていたので、クラゲが居たのかな?
b0093800_4474426.png

その後、走って探してええ感じのイボタはあれど卵は無し。
最近頑張ってないので、流れに乗れてないって感じ、運を味方にできてません。
ナビに登録し、地図にイボタ〇ウラゴ×と記載するばかりなり。

先に進みます。
龍ヶ谷地区、あちこちに地形の説明看板がありました。
例えば、これ。
b0093800_4585438.jpg

ここが好きすぎで、皆に見てもらいたいって気持ちを感じましたが、なんというか、看板多すぎ。
過ぎたるは及ばざるがごとし、ってこのことだろうな。
通りすがりの人(私のことね)に印象付けられたので、成功なのかも。

その後、ときがわ、飯能と抜けました。
途中の檥峠。
ホンモノとポケストップの画像です。
b0093800_543793.jpg
b0093800_55170.jpg

少し先にええ感じの環境が有りましたが、ウラゴは×。
居ないはずが無いので、このエリアは薄い?
それとも今年が良くない?
私は前者だと思います。

ところで、檥峠って、読めますか?
あまり見ない漢字ですが、ぶなとうげと読むようです。
奥武蔵グリーンラインの途中にありました。
舗装道なのですが、警告文が言ってたように冬タイヤがないとちと危険、雪が凍ってました。
峠の少し先の下り坂、アイスバーンは恐ろしかった。
スロー走行にかかわらず、滑りました。
横滑り防止機能が発動して、警告灯が黄色く点滅、こんな感じなんだ。

気分を害したのは白のBMにまくられたこと。あんな狭い道でアホちゃうか?
その車が来るまでは、ゆっくりイボタを探しながら走っていたのですが、
追いつかれたなと思い、迷惑をかけないように通常速度+αで走ったのに、ピタッとつけられました。
こいつ、うざい。
先に行かそうにも、狭くてカーブの連続なのでよけられませんでした。
仕方がない、さらにスピードアップしましたがついてきます。
基本こっちが速いのですが、急カーブのブラインドでは事故りたくないのでブレーキ。
お互いに、ちゃんと端っこを走っていれば衝突する事は無いのでしょうが、往々にしてカーブではふくらみます。
過去に同乗した車の運転者に、カーブではみ出すと危ないやんと進言しても、前から車が来ていないから大丈夫との返事をもらった経験が有ります。
もし、はみだし運転者の想像以上に、ルートを守っている対向車がスピードを出しているとすると、回避できくなります。
つまり、ブラインドカーブでは、自分がルートを守っていても相手のコースが不明なのでスピードダウンは必須。

と、追いつかれます。
広い所で、道を譲りました。後ろをあおり返しだーとは大人げないのでやってません。
危ないので、あおり運転は止めましょうね。

その後、ゆっくり走ってイボタが有ると停車するもウラゴは×。
雪が凍ってたので、そのままかっとんでいたら、ノーマルタイヤの私では事故る可能性があり、行動は正解でした。タイヤはとっても大事です。

今日は(も)かなりの数のイボタをチェックしましたが、ろくな成果なし。
[PR]

# by shimabito3 | 2017-02-05 03:34 | Comments(0)