2004年 06月 20日

復刻版 虫とり日記

湿地の蝶@大和町・豊栄町@広島
探索日:6月20日
探索場所:広島県大和町・豊栄町

朝6時の関門橋、走る車は少ない。交通量が少ないことが、九州近辺の魅力のひとつです。
高速をつかっても時間が読めるのが嬉しい。

今回の目的は湿地の蝶達でした。
人間の生活に役に立たない湿地は、埋め立てられたりして減少し、そこを生活圈とする蝶も減少しています。
一番は、ヒョウモンモドキでした。画像を無くしたので取り直しです。
全国的に減っている、と言うより広島県の一部にしか残っていないと言ったほうが正しい蝶です。
法的な採集禁止では無く、蝶に詳しい人の指導の下、保護活動が盛んだと聞きました。
地元住民と協力しながらの、納得できる活動には賛同します。

残念ながら、過剰反応の感じもあり、カメラを持っているだけでも変な目で見られるため、採集(進入)禁止と書いてあるエリアには、近づかないほうが良いと思いました。
入るなと書いている所に入るのは、不法侵入となり犯罪と言えばそうなんですが、もっと和やかな雰囲気でいきたいものです。
撮影は容易、アザミの花が好みのようで、夢中になるとカメラを近づけて飛び去ることは少ない、おっとりとした蝶でした。
b0093800_2102858.jpg
b0093800_215075.jpg
b0093800_2152222.jpg
b0093800_2153851.jpg


目標を達成したので、同じく湿地の蝶、ヒメヒカゲを探して、豊栄町に移動しました。03年に教えてもらったにも関わら見つられなかった場所でした。
どこかなぁと探していると、菖蒲の花が湿地の存在を知らせてくれました。奥に進むと良い湿地。ヒメヒカゲが飛んでいました。この蝶は撮影しようと近づくと、ひらひら湿地の横に飛び去ってしまいます。
葉の上には良く止まるのですが、雰囲気の良い写真は撮りにくい。
ヒメシジミも同じ湿地に住んでいました。
ヒメヒカゲ
b0093800_2164810.jpg

ヒメシジミ
b0093800_217520.jpg


ヒメヒカゲが住む湿地には、ハッチョウトンボが住んでいることが多いようです。
日本最小のトンボ、2cm程度の大きさです。
b0093800_2173236.jpg
b0093800_2175559.jpg
b0093800_2113543.jpg

[PR]

# by shimabito3 | 2004-06-20 00:00 | Comments(0)
2004年 06月 19日

復刻版 虫とり日記

ウラナミジャノメ@宗像市・福岡
探索日:04年6月19日
探索場所:福岡県宗像市

昆虫展で見たラベルで知った場所に、一化めのウラナミジャノメを見てみようとお出かけしました。
時期が遅かったようで、新鮮な♀もいましたが大部分がスレ個体。
新鮮なものは敏感で近づけず、撮れたのはこのような個体のみでした。

発生場所は、林と空き地がある公園。
すぐ横の道は交通量が多いのですが、安定した状態が維持管理されるであろう公園、滅びることは無さそうです。
b0093800_20331531.jpg

[PR]

# by shimabito3 | 2004-06-19 00:00 | Comments(0)
2004年 06月 14日

復刻版 虫とり日記 

カラスシジミ@内大臣峡・熊本
探索日:04年6月14日
探索場所:熊本県矢部町

カラスシジミ目的で内大臣峡に行ってみました。地図を見ながら、道を進みましたが、目的地に到達できませんでした。あれ~と思い、人に尋ねると土砂崩れのために通行止めになっていた道が、奥に進む道でした。行ける所まで行って、あとは歩けばいいやと思って進入したところ、崩れ方は軽微で、車で十分通れました。
さらに奥に進むと、椎谷峠に到達しますが、道はがたがた、普通乗用車の私にはちょっと危険らしい。
途中でネットを持った人がいたのでお話をしました。この方はミスジチョウ狙いでした。
カラスシジミならと、栗が生える場所を教えていただけました。

シータテハです。九州では、山奥の蝶。
b0093800_653171.jpg

栗の花は満開をとおに過ぎた状態、早いかな?と思っていたのですが、カラスシジミはスレスレ、実際は遅かったようです。
今年の季節の進み方はずいぶんと早い。
ウラゴマダラシジミもいましたが、こちらもボロかった。これは、ようやく撮れたウラキンシジミ。大きな栗の木では、なかなかそばに来てくれず、せいぜいこの程度が限界でした。
b0093800_65429100.jpg


2011年1月 追記
今はウラゴ大好きですが、この時はそうでは有りません。だから、感動なく書いていますが、ここのウラゴは実は変わっています。森林型と言われる、黒いタイプのウラゴです。とっても、ええもん。今なら、大感動なんでしょうが、知らないって、もったいない。

[PR]

# by shimabito3 | 2004-06-14 00:00 | Comments(0)