「ほっ」と。キャンペーン
2004年 04月 30日

復刻版 むしとり日記

オオルリシジミ@白水村・熊本県 編集 | 削除
探索日:04年4月30日
探索場所:熊本県白水村

阿蘇山周辺はオオルリシジミの多産地が多い。大型のシジミ、裏に赤色紋があり美しい。飛翔も活発、ブルーの色も見つけやすい。一般の人が、これがそうだと認知できるので、観光資源としての意味があるのだろう、保護されていて採集禁止、グリーンパトロールが見回っている。
住んでいる場所は草原、もちろんクララが生えていることは必須となっている。
朝早いほうが撮影には適しており、気温が高くなると、活発に飛ぶためチャンスは少ない。
オオルリは、いないかな?と歩いていると、三脚をすえた撮影者がいたので覗いてみると、クララに複数とまっているオオルリがいた。朝日が当たって翅を広げるのを待っているのだ。
b0093800_2337699.jpg


周りにもオオルリはいっぱいいて、パチパチ撮影、こんな感じでした。
b0093800_23374710.jpg
帰りは杖立温泉でひとっぷろ。大きな温泉かと思ったら家族風呂しかなかった。
川の横に小部屋の温泉が並ぶ。一人でのんびりつかって一日終了。川には鯉幟が泳いでいました。


# by shimabito1 | 2004-04-30 00:00 | 蝶探索 | Trackback(1) | Comments(0)
[PR]

# by shimabito3 | 2004-04-30 00:00 | Comments(1)
2004年 04月 26日

復刻版 むしとり日記

ギフチョウ@大野町・広島      編集 | 削除
探索日:04年4月26日
探索場所:広島県大野町

先輩が前週に行った場所、目的はギフチョウでした。
この蝶は人気があり、私も大好きです。
低地の里山から高層湿原までいろいろな場所で出会っていますが、飽きません。
模様は、基本は同一ですが、細かな変異があります。標本を見て、その特徴から産地が当てられる人もいると聞きますが、私は、なんか違っても、雰囲気がちゃうなと思うだけで、あーだこーだと議論できる技量は持ち合わせません。

発生時期は、西日本では一般的に桜の花の時期と連動し、飛んでいる期間は、約2週間程度です。
会社勤めをしていると、動けるのは週末に限られますで、同一産地のギフを見るチャンスは、一年間に2回ということになります。
この時期の週末の天気は、とっても気になり、2週連続週末に雨が降ると、来年まで待たなければなりません。

ということで、お出かけしました。
ギフを探して山のピーク、尾根を歩きましたが、現れてくれませんでした。ちょっと時期が遅かったが、ひとつぐらい来てくれてもよかったのに、残念。

いたのは、つつじに吸蜜に来たアゲハ。
b0093800_2113967.jpg



# by shimabito1 | 2004-04-26 00:00 | 蝶探索 | Trackback | Comments(0)

以上が当時の日記でした。言葉が少し乱暴(偉そう)なので、です、ます調に修正しました。
>先輩
は、時々カキコをしていただける、当時広島在住の大先輩です。その節はお世話になりました。
何年後かに再訪問して、ギフに出会うことができましたが、大破個体でした。この場所、縁がないのかもしれません。

[PR]

# by shimabito3 | 2004-04-26 00:00 | Comments(0)
2004年 04月 24日

復刻版 むしとり日記

エゾスジグロシロチョウ@香春町・福岡    編集 | 削除
探索日:04年4月24日
探索場所:福岡県香春町

エゾスジグロシロチョウを探して香春町に行ってみました。なんでわざわざと、思われるでしょうが、福岡のエゾスジグロの発生が確認されている場所は限られ、多い種類では有りません。
お世話になっているウェブサイトの管理人さんがおしゃるので、間違いありません。
この香春町の産地もそのひとつです。
車を止めて歩きだすと、まず目に付いた蝶はジャコウアゲハでした。ウマノスズクサを探してみると、土手に生えており、卵もたくさん付いていました。この蝶も、どこにでもいる蝶ではありません。
b0093800_20444964.jpg



引き続き歩いていると、ぴょんぴょんと跳ねるように飛ぶ、ヒメウラナミジャノメを発見。こちらは、いろんな場所で多くの本種を見かけます。
数が多いためか、この種類の模様が不安定なのかはよくわかりませんが、翅の目玉模様が多い個体も時々見かけます。この画像は、そんな過剰紋が出た個体です。
b0093800_204689.jpg


エゾスジグロも時々飛んできましたが、とっても元気がよく、なかなか止まってくれませんでした。やっとこさ撮れたのが、この画像です。
b0093800_20452868.jpg
b0093800_20454342.jpg


# by shimabito1 | 2004-04-24 00:00 | 蝶探索 | Trackback | Comments(0)

以上が当時の日記です。最近はお家賃を滞納しているので、中々書き込みができない『福岡市の蝶』が、文中の
>お世話になっているウェブサイトの管理人さんがおしゃるので
で、ございます。pierisさんとも、現在はお目通りがかなっております。

さらに、このエゾスジグロシロ、今はヤマトスジグロシロと名前が代わっております。
[PR]

# by shimabito3 | 2004-04-24 00:00 | Comments(0)