虫とり日記3

tyou3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 17日

5月13日に見つけたオニグルミ

福岡県・豊前市をうろちょろした時に見つけたオニグルミです。オナガシジミの食草で、川沿いに生えている場合が多い木です。変わった花を付けるのですね。開発と共に伐採されて少なくなったと聞きますが、意外と身近にも生えています。
b0093800_22362449.jpg

[PR]

# by shimabito3 | 2006-05-17 22:36 | Comments(2)
2006年 05月 16日

週末対馬 5月14日 イボタ

対馬で見つけたイボタです。ウラゴマダラシジミの食草です。対馬では、この蝶の分布は知られていません。長崎県にもいないと思います。
とは言え、興味がある種類関係のものには、ひとりでに目が行きます。
花が咲いているということは、他の分布エリアでは、親が飛んでいるということですね。
b0093800_2236188.jpg

[PR]

# by shimabito3 | 2006-05-16 22:36 | Comments(2)
2006年 05月 14日

週末対馬 5月14日

5月14日 例年ですとミカドアゲハの季節です。去年の今頃、ミカド目的で行って、何気なく撮った蜘蛛が、新種かも?と話があったのですが、現物を確保していなかったので、「画像だけでは無いのもいっしょ」と言うことで、その時は終了しました。この蜘蛛は、花で獲物を待っていたので、同じ時期に同じ場所に行けばきっとおるだろうということで、行ってみました。

ミカドアゲハは、オガタマノキを見上げても飛翔しておりません。地元のおじさんと少しお話したところ、「今年の春は寒かった」とおっしゃっていました。私は覚えていなかったのですが、このおじさんは、私を覚えていたみたい。やっぱり、挨拶とマナー、重要ですね。何人かの地元の方とお話しましたが、皆さん好意的、自分の行動をちゃんとしないと!と再認識したのでありました。
季節の進み方は、つつじも、まだ咲いています。1~2週間遅れているイメージです。まだ、ミカドは未発生と見てよいでしょう。

さて、蜘蛛のほうはおりました。少し小ぶりなので、同じ種類か私には分かりませんが、確保です。♂をおんぶして蛾を咥えた♀がおりました。こんな生態をもっているんですね。
b0093800_22123553.jpg
普段は花に隠れて獲物を待っていますが、いじると落ちました。
b0093800_2213215.jpg
つつじに黒系アゲハが来ているのですが、こちらは破損しており、時期遅です。
せっかく南に来ているので、厳原町のクロツの環境を見ながらうろちょろしてみることにしました。まず、佐須瀬に行ってみました。
何処におるんやろうと海岸に下りると、しょぼしょぼとタイトゴメが生えておりました。今一歩と思いながら歩くと、クロツがちらちらと飛びました、これです。
b0093800_22325338.jpg
撮影していると、どっかに飛んでいって戻ってきません、終了です。何処かにいく場合は本来の発生地ではなく、もっとええ場所が有るのでは?と感じています。環境はこんな感じです。
b0093800_22351628.jpg
良好な発生地とは思えません。背後に大きな崖があり、こちらにもタイトゴメが在りましたが、見上げるのみです。
b0093800_2236192.jpg
少し歩くと、ミヤコグサがありました。当然シルビアチェックです。結果は、言わずもがな。
b0093800_22372693.jpg

次に西浦浜に移動です。かつてのシルビアシジミの産地です。
ミヤコグサは健在なのに、シルビアはやっぱり居ません。ここは、クロツの産地でもあるのですが、姿はありませんでした。タイトゴメはたくさんあり、過去にクロツを見たことが有る場所です。
b0093800_2240062.jpg

次に移動で、豆酘崎に行ってみました。ミヤコグサがたっぶり有るのですが、シルビアはやっぱりいません。
b0093800_22431933.jpg
海岸に下りて、かつて見つけたクロツの様子を見てみました。崖にタイトゴメがあるのに、クロツの姿なし、でした。時期があっていないみたい。ここは、多分一般的な場所では無いと思っています。
b0093800_22453968.jpg

次に、灯台の周りを、もしかして迷蝶がおらんかな?とチェックを入れましたが姿は有りませんでした。去年は、もう少し後の今頃、コモンマダラ系が多数飛来したのですが、そんなことは毎年続かない、ということが確認できました。

ここは急峻な崖にタイトゴメが生えておりクロツが発生しています。
b0093800_2251348.jpg
道に超ぼろのクロツが飛んでいました。やっぱり遅かったのね。
がけ下には釣り人がいます。何処から降りるんやろか?、よくやります。写っているのですが、遠すぎてよう見えません。
b0093800_22502161.jpg
柏を見ると、ウラジロミドリシジミの終齢幼虫がいました。ずいぶん例年より発生が遅れている様子です。教科書どうりの静止位置でした。この光景、図鑑では知っていたのですが、自分で見ると、なるほど?!と嬉しくなりました。その他、本来落ちるはずの新芽の葉柄を綴って隠れている個体もおりました。まさに、先人の知見に感服です。
b0093800_22564069.jpg

次に豆酘の町に行ってみました。タイトゴメはびっしり生えていたのですが、クロツはいません。だめだめですな。
b0093800_22583549.jpg
次に上槻に行ってみました。何処かの崖で発生しているのでしょうが、タイトゴメはしょぼい崩れた土の上に見つけただけです。
b0093800_2324076.jpg
このどっかにあるのでしょう。
b0093800_2332847.jpg
これにて、週末対馬終了、クロツの1化は終わりみたい、また今度です。
[PR]

# by shimabito3 | 2006-05-14 22:14 | Comments(5)