2004年 05月 01日

復刻版虫とり日記 

シルビアシジミ@鎮西町・佐賀、ジャコウアゲハ@福岡市・福岡
探索日:2004年5月1日
探索場所:佐賀県鎮西町波岬戸岬~福岡県福岡市


波戸岬に春に出る大型のシルビアを見に行きましたが、風が強く全くだめでした。
飛ばされないように、草にしがみついているのでしょう。

ここは、観光地なので、周りには海産物を食べさせくれる店があります。
お昼ごはんに『ええもん』を食べようと、うにどん。
b0093800_233663.jpg


2011年1月 追記
『この頃から海栗丼好きだったんですね。
2010年度はいっぱいいたと聞きましたが、有名産地でいっぱいなんてと、あまのじゃく気持ちが出て、行きませんでした。』


移動して福岡市のジャコウアゲハを見に行ってきました。ここは、桃色の弓月紋がどーんと拡大する型が多く出現する特別な地と教えていただいていました。

詳しい人のお話では、03年までは、ウマノスズクサが生えるエリアは広かったけれど、駐車場を作ったこと、及び植栽のため生息域が狭くなってしまったとの事です。
面白い場所が、失われることがなんて多いことでしょう。

卵が産まれていましたが、スズクサは小さく、大部分は餓死してしまうだろうと推測されます。
b0093800_2385193.jpg

2011年1月 追記
『世間ではこの産地は潰れたと言われているそうですが、狭いとは言え、ウマノスズクサは生えており、ジャコウも存続居ていると思っています。』

[PR]

# by shimabito3 | 2004-05-01 00:01 | Comments(0)
2004年 04月 30日

復刻版 むしとり日記

オオルリシジミ@白水村・熊本県 編集 | 削除
探索日:04年4月30日
探索場所:熊本県白水村

阿蘇山周辺はオオルリシジミの多産地が多い。大型のシジミ、裏に赤色紋があり美しい。飛翔も活発、ブルーの色も見つけやすい。一般の人が、これがそうだと認知できるので、観光資源としての意味があるのだろう、保護されていて採集禁止、グリーンパトロールが見回っている。
住んでいる場所は草原、もちろんクララが生えていることは必須となっている。
朝早いほうが撮影には適しており、気温が高くなると、活発に飛ぶためチャンスは少ない。
オオルリは、いないかな?と歩いていると、三脚をすえた撮影者がいたので覗いてみると、クララに複数とまっているオオルリがいた。朝日が当たって翅を広げるのを待っているのだ。
b0093800_2337699.jpg


周りにもオオルリはいっぱいいて、パチパチ撮影、こんな感じでした。
b0093800_23374710.jpg
帰りは杖立温泉でひとっぷろ。大きな温泉かと思ったら家族風呂しかなかった。
川の横に小部屋の温泉が並ぶ。一人でのんびりつかって一日終了。川には鯉幟が泳いでいました。


# by shimabito1 | 2004-04-30 00:00 | 蝶探索 | Trackback(1) | Comments(0)
[PR]

# by shimabito3 | 2004-04-30 00:00 | Comments(1)
2004年 04月 26日

復刻版 むしとり日記

ギフチョウ@大野町・広島      編集 | 削除
探索日:04年4月26日
探索場所:広島県大野町

先輩が前週に行った場所、目的はギフチョウでした。
この蝶は人気があり、私も大好きです。
低地の里山から高層湿原までいろいろな場所で出会っていますが、飽きません。
模様は、基本は同一ですが、細かな変異があります。標本を見て、その特徴から産地が当てられる人もいると聞きますが、私は、なんか違っても、雰囲気がちゃうなと思うだけで、あーだこーだと議論できる技量は持ち合わせません。

発生時期は、西日本では一般的に桜の花の時期と連動し、飛んでいる期間は、約2週間程度です。
会社勤めをしていると、動けるのは週末に限られますで、同一産地のギフを見るチャンスは、一年間に2回ということになります。
この時期の週末の天気は、とっても気になり、2週連続週末に雨が降ると、来年まで待たなければなりません。

ということで、お出かけしました。
ギフを探して山のピーク、尾根を歩きましたが、現れてくれませんでした。ちょっと時期が遅かったが、ひとつぐらい来てくれてもよかったのに、残念。

いたのは、つつじに吸蜜に来たアゲハ。
b0093800_2113967.jpg



# by shimabito1 | 2004-04-26 00:00 | 蝶探索 | Trackback | Comments(0)

以上が当時の日記でした。言葉が少し乱暴(偉そう)なので、です、ます調に修正しました。
>先輩
は、時々カキコをしていただける、当時広島在住の大先輩です。その節はお世話になりました。
何年後かに再訪問して、ギフに出会うことができましたが、大破個体でした。この場所、縁がないのかもしれません。

[PR]

# by shimabito3 | 2004-04-26 00:00 | Comments(0)