虫とり日記3

tyou3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 13日

中九州うろうろ6

ヒメシロチョウを後にして、帰途に着きます。阿蘇から九重を超えて、湯布院インターから大分道に乗る予定です。

そんな九重は、飯田高原を抜ける山並ハイウェイです。九州の昆虫界のメッカとも言える地、開発が進んで、畑、牧場、建物、昔を知る人たちには目を覆いたくなるような状況ですが、山そのものは昔と同じく、雄大な姿を見せてくれます。
b0093800_20291627.jpg

そんな一角に、規模はずいぶん小さくなってしまったのですが、ミドリシジミが住む場所があります。ちょっと覗いてみようか、という事で寄り道。九州産の裏面はちょっと茶色、他のエリアと比べ少し変異があると言われます。
見てみると、くれかけたハンノキの上を元気に飛び回るネオがいました。
羽化不全の個体ですが、とりあえず。
b0093800_20314584.jpg
しばらく遊んで、一日終了。いやいやグッドな一日でした。
b0093800_2032322.jpg

[PR]

# by shimabito3 | 2006-07-13 20:32 | Comments(2)
2006年 07月 12日

中九州うろうろ5

いろいろ行きたいところはいっぱいで回りきれません。時間的にも厳しくなってきたので、移動することにしました。目的はヒメシロチョウです。前日の宿に向かって走行中に、飛翔中の本種らしき影を見た場所です。付近にいるとの話は聞いていたので、きっと発生地に違いないと確認したかったのです。

どこやったかいな?と走りながらこの辺やろ!とスピードダウンすると道をシロチョウがヒラヒラ。種類を確認すると、ヒメシロチョウ、ビンゴでした。夕方のためか、飛翔も緩やか。ええ蝶です。連荘でご紹介。
b0093800_2101335.jpg
b0093800_2103238.jpg
b0093800_21047100.jpg
止まっている草は、ツルフジバカマ、食草です。花は咲いていませんでした。吸蜜個体もちらほら、です。
b0093800_2133548.jpg
不自然なヒメシロがいたので近づくと、蜘に捕食されていました。自然の営みの一つであり、かわいそうなどとは思ってはいけないと考えます。蜘も生きているのですから。
最後にこんな環境でした。
b0093800_2175039.jpg
端っこになぞの人物が写っているのがご愛嬌。
[PR]

# by shimabito3 | 2006-07-12 21:00 | Comments(4)
2006年 07月 12日

中九州うろうろ4

またまた移動で、次の目的はオオムラサキです。クヌギの林はあちこちに有るのですが、樹液が出ているか否かが状況を左右します。結果としては、オオムラサキを見ることは有りませんでしたが、ちょっと探った草地にヒョウモンチョウが群れていました。
まずは、オオウラギンヒョウモン。標高の兼ね合いも有るのでしょう、ここは♂が新鮮でした。阿蘇周辺では広く分布する種ですので、いることは十分予想されますが個人的には初めて見る場所でした。
b0093800_114127.jpg

オオウラギンスジヒョウモン♀です。九州産はサイズも大きく、裏のチョコレート色も渋く見ごたえ十分。横長のシルエットが少し嫌いですが、そこは個人的な感じ方の世界です。
b0093800_1173398.jpg
ウラギンスジヒョウモン♀です。”オオ”がつかない分いくらか小ぶりです。これも全国的には減少傾向と聞きますが、私の行動範囲では少ない蝶とのイメージはありません。
b0093800_1202533.jpg
ウラギンヒョウモンもいたのですが未撮影。どうも、あちこちで見るので撮影意欲が湧きませんでした。
同じく、あちこちで見かける種のミドリヒョウモン、こちらは普段見かけるもののイメージが違います。雄大な阿蘇の地が育んだ大きなミドリを見直しました。なかなかきれいです。
b0093800_1232614.jpg
名前の由来の緑色、侮れません、好いです。たくさん、撮っちゃいました。
b0093800_1255597.jpg
b0093800_1261475.jpg

周りを見ると、阿蘇五山の一つ、根子岳の雄姿が望めました。ギザギザの姿は寝観音の顔の部分です。
b0093800_20235871.jpg

[PR]

# by shimabito3 | 2006-07-12 01:14 | Comments(3)