虫とり日記3

tyou3.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 28日

復刻版 虫とり日記

ハヤシミドリシジミ@冠高原・広島
探索日:04年11月28日
探索場所:広島県・廿日市市・冠高原(旧吉和村)

ベニカラ目的の帝釈峡から移動、冠高原に行ってみました。目的はミナミアカシジミ。キタアカの亜種だとか、別種だとか言われていますが、どんな感じの環境だとか、産卵位置も知らずに、地名オンリーの無謀な探索。
現地に到着して見ると、なんだかパッとしない環境。どこが良いのだろうかと車を走らせると、山口県に入ってしまった。ぜフの宝庫だと思っていたのですが、それはもう昔の話かもしれない。
田舎道にしては車の量も多く、排気ガスが、ゼフを減らす原因になっていると感じているのは私だけでは無いと思う。

探す木は柏。ごつごつとした樹形と、枯れてはいるが落葉せずに残っている葉、でかい芽で判定は簡単。どんなところに卵が有るか知らないため、柏の見ることができる範囲を探すが、何も付いていない。基礎情報を集めなかった事を後悔、もしかしたら高いところにあって、見当違いの探し方をしているんじゃないのか?と思うと気合が入りません。少し歩くと、台風で折れた大きな柏を発見。これならば、上の方の枝をチェックできると探索開始。
林縁にあるし、一般的なゼフの産卵木として見るとよさげな感じでした。産卵位置を知らないので、太目の枝から頂芽までを見ていくので時間ばっかり食ってしまった。それでも何とか卵を発見したが、見た目からはハヤシミドリシジミ。折れて枯れた枝なので、ここで孵化しても餓死するのみ。お持ち帰りしたが、見つけた卵は少数。↓がハヤシミドリシジミ。
b0093800_238492.jpg


ハヤシではない卵もひとつ見つけたが、先輩に後から聞いた結果、単独卵ならタダアカだろうという判定にがっかり。情報収集の後にリベンジを誓ったのであった。

 これがハヤシではない卵。
b0093800_2383529.jpg

[PR]

# by shimabito3 | 2004-11-28 00:01 | Comments(0)
2004年 11月 28日

復刻版 虫とり日記

ベニモンカラスシジミ@帝釈峡・広島
探索日:04年11月28日
探索場所:広島県・帝釈峡

ベニモンカラスシジミは、珍蝶だと思っていました。03年度に初めてこの蝶の探索に先輩に連れて行ってもらい、こんな感じのクロウメモドキに付いていると伝授していただきました。その時に、新規ポイントも開拓。中国地方(帝釈峡)のベニカラは決して珍しくないと言うことがわかったのです。
探す木のクロウメモドキは、初冬まで黒紫の実がなっており、かつ葉が残っているので判定は簡単ですが、葉を落とした後は独自の樹形(小さな枝が幹からたくさん出ていること)、芽の横に鋭いとげがあること(画像参照)から、探し出さなければなりません。他の木に先立って芽吹くので、早春の林の中では目立つらしいのですが、冬の林の中では見落としが多いことでしょう。 産卵位置は、そんなに高くありません。枝を引っ張って見ることができる範囲で十分です。細い枝の先方に多い感じでしたが、頂芽の下から枝の分岐が探す場所になります。太めの枝の分岐では卵塊になることがありますが、こちらは混生しているミヤマカラスシジミかもしれません。ベニカラの卵のほうが大きいと聞きますが、卵のサイズがばらつく事が知られており、幼虫が大きくならないと種の判定はできません(私は)。
多産地ならではの環境かもしれませんが、林の縁のやや明るい場所に生える木に産卵し、林道の脇の木を見て回れば卵を発見できます。付いている木には沢山産んでいましたが、近くの木には全然ないって事もあり、微妙な好みがあるみたいです。
今回は、ベニカラ飼育したい!という知り合いの希望による短時間での採卵でしたが、03年度に比べると不良という作柄でした。
b0093800_2229512.jpg

[PR]

# by shimabito3 | 2004-11-28 00:00 | Comments(0)
2004年 11月 27日

復刻版 虫とり日記

キリシマミドリシジミ@対馬・長崎
探索日:04年11月27日
探索場所:対馬市 上見坂(かみざか 旧美津島町)

対馬は福岡空港から30分、エアーの便もよく日帰りも十分可能なため、時間ができると、ぷら~とお出かけする島です。レンタカー屋さんとも顔見知りになり、顧客リストの目的欄は『昆虫採集』となっています。
キリシマミドリシジミ対馬産は特徴的な変異があり、♀は大きく青が発達する個体が期待できます。
探す木はアカガシ。日が十分当たる丸々として薄茶色の頂芽には卵は無く、道から見える程度までの林の縁の木が良い。暗い林の中も宜しくありません。産卵位置は低めですが、大きな木であれば、陰になったような部分の中段までは付いています。有名産地での見やすい場所は、先客がお持ち帰りしているため、木登りが必要となります。
今回の探索場所である旧美津島町上見坂は有名産地であるためか、やはり手の届く範囲には卵はありませんでした。また、ガイドブックでは自衛隊演習林が良いとも書いてありましたが、こちらは、木が密集しすぎで良い感じがしませんでした。
そうなれば、登るが勝ち。アカガシが生える明るい林に入り、条件が良く、登れそうな木を探して、木登りしました。数はあまりなかったので、少しだけお持ち帰り。去年よりはましでしたが、対馬のキリシマは、ばかばか採れる気がしません。
b0093800_2136040.jpg


2011年2月追記
今思えばこの頃が、どん底から少し復活しだした年だと思います。今シーズンはあまり良いとは言えませんが、この時よりはベターです。

[PR]

# by shimabito3 | 2004-11-27 00:00 | Comments(0)