虫とり日記3

tyou3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 14日

週末対馬 5月14日

5月14日 例年ですとミカドアゲハの季節です。去年の今頃、ミカド目的で行って、何気なく撮った蜘蛛が、新種かも?と話があったのですが、現物を確保していなかったので、「画像だけでは無いのもいっしょ」と言うことで、その時は終了しました。この蜘蛛は、花で獲物を待っていたので、同じ時期に同じ場所に行けばきっとおるだろうということで、行ってみました。

ミカドアゲハは、オガタマノキを見上げても飛翔しておりません。地元のおじさんと少しお話したところ、「今年の春は寒かった」とおっしゃっていました。私は覚えていなかったのですが、このおじさんは、私を覚えていたみたい。やっぱり、挨拶とマナー、重要ですね。何人かの地元の方とお話しましたが、皆さん好意的、自分の行動をちゃんとしないと!と再認識したのでありました。
季節の進み方は、つつじも、まだ咲いています。1~2週間遅れているイメージです。まだ、ミカドは未発生と見てよいでしょう。

さて、蜘蛛のほうはおりました。少し小ぶりなので、同じ種類か私には分かりませんが、確保です。♂をおんぶして蛾を咥えた♀がおりました。こんな生態をもっているんですね。
b0093800_22123553.jpg
普段は花に隠れて獲物を待っていますが、いじると落ちました。
b0093800_2213215.jpg
つつじに黒系アゲハが来ているのですが、こちらは破損しており、時期遅です。
せっかく南に来ているので、厳原町のクロツの環境を見ながらうろちょろしてみることにしました。まず、佐須瀬に行ってみました。
何処におるんやろうと海岸に下りると、しょぼしょぼとタイトゴメが生えておりました。今一歩と思いながら歩くと、クロツがちらちらと飛びました、これです。
b0093800_22325338.jpg
撮影していると、どっかに飛んでいって戻ってきません、終了です。何処かにいく場合は本来の発生地ではなく、もっとええ場所が有るのでは?と感じています。環境はこんな感じです。
b0093800_22351628.jpg
良好な発生地とは思えません。背後に大きな崖があり、こちらにもタイトゴメが在りましたが、見上げるのみです。
b0093800_2236192.jpg
少し歩くと、ミヤコグサがありました。当然シルビアチェックです。結果は、言わずもがな。
b0093800_22372693.jpg

次に西浦浜に移動です。かつてのシルビアシジミの産地です。
ミヤコグサは健在なのに、シルビアはやっぱり居ません。ここは、クロツの産地でもあるのですが、姿はありませんでした。タイトゴメはたくさんあり、過去にクロツを見たことが有る場所です。
b0093800_2240062.jpg

次に移動で、豆酘崎に行ってみました。ミヤコグサがたっぶり有るのですが、シルビアはやっぱりいません。
b0093800_22431933.jpg
海岸に下りて、かつて見つけたクロツの様子を見てみました。崖にタイトゴメがあるのに、クロツの姿なし、でした。時期があっていないみたい。ここは、多分一般的な場所では無いと思っています。
b0093800_22453968.jpg

次に、灯台の周りを、もしかして迷蝶がおらんかな?とチェックを入れましたが姿は有りませんでした。去年は、もう少し後の今頃、コモンマダラ系が多数飛来したのですが、そんなことは毎年続かない、ということが確認できました。

ここは急峻な崖にタイトゴメが生えておりクロツが発生しています。
b0093800_2251348.jpg
道に超ぼろのクロツが飛んでいました。やっぱり遅かったのね。
がけ下には釣り人がいます。何処から降りるんやろか?、よくやります。写っているのですが、遠すぎてよう見えません。
b0093800_22502161.jpg
柏を見ると、ウラジロミドリシジミの終齢幼虫がいました。ずいぶん例年より発生が遅れている様子です。教科書どうりの静止位置でした。この光景、図鑑では知っていたのですが、自分で見ると、なるほど?!と嬉しくなりました。その他、本来落ちるはずの新芽の葉柄を綴って隠れている個体もおりました。まさに、先人の知見に感服です。
b0093800_22564069.jpg

次に豆酘の町に行ってみました。タイトゴメはびっしり生えていたのですが、クロツはいません。だめだめですな。
b0093800_22583549.jpg
次に上槻に行ってみました。何処かの崖で発生しているのでしょうが、タイトゴメはしょぼい崩れた土の上に見つけただけです。
b0093800_2324076.jpg
このどっかにあるのでしょう。
b0093800_2332847.jpg
これにて、週末対馬終了、クロツの1化は終わりみたい、また今度です。
[PR]

# by shimabito3 | 2006-05-14 22:14 | Comments(5)
2006年 05月 13日

週末は、

週末は、残念ながら天候不順な様子です。
と言うことで、まだおきています。
明日は、椎田、豊前(福岡)近郊のミヤコ草探索をやろうと思っています。
この辺り、まだ調査が進んでいないエリアと聞きますし、シルビアの可能性を見てみます。

起床すると雨でした。予報では回復方向とのことですが、気温は低めです。一番初めは豊前市の既産地に行ってみました。ミヤコ草の勢いが増しているので、もしかしたら居るかもとの話を聞いておりました。
現地では、雨は落ちていないものの下草ぐっしょり、雲もたっぷり、とても飛ぶ状況ではありません。ウマノスズクサの上に水滴が乗っかっています。
b0093800_2015658.jpg
これでは無理やなーと思いながら、ためしにびしばし草をしばいてみると、ブルーがふらふらと飛び出しました。なにもの?と確認するとシルビアシジミでした。夏のしょぼしょぼ状態のミヤコ草を知っているので、よくいてくれた!と言う感想です。
b0093800_20154336.jpg
何処かに、本当の発生地が有るのでは?と歩き回りましたが、果たせず。ちょぼちょぼ撮影しながら歩きました。働き者の蜂は、多少の悪条件でもせっせと蜜を集めていました。
b0093800_20171429.jpg
これは、イワレンゲかな?一軒の家のみでしたので、栽培種なのでしょう。
b0093800_20243890.jpg
マンネングサも生えていました。
b0093800_20202196.jpg
麦秋とはよく言ったものです。
b0093800_20223294.jpg
車で移動しながらミヤコ草がありそうな、場所を見ていきます。池のまわりなど、有る程度人の手が入って草刈をするような場所にしか、この草はありません。何箇所かちょろちょろ生えている場所を見つけましたが今一歩の環境。当然ながらシルビアも見ることはありません。どこかにええ場所は無いかと、探索を続行した結果、とある池の周りにミヤコ草の群落を発見。これは、おるかも!と感じるに十分な量でした。
b0093800_20371350.jpg
天候不良のため、飛んでいることは期待できませんので、草をびしばししばいて行きます。結局は飛びませんでしたが、生息の可能性大有りです。福岡県内では数箇所しか発生地が確認できていない蝶、新産地発見になればとっても嬉しい。
ここは、どこや?とナビで確認すると、上毛町でした。ヤマクロツの既産地に近いので見に行くことにしました。これです。やっぱり、クロツはかわいい。
b0093800_20425259.jpg
b0093800_20431497.jpg
福岡での一般的なウミクロツはタイトゴメ食いですが、福岡県産ヤマクロツは、ツメレンゲ食いです。
b0093800_20435622.jpg

[PR]

# by shimabito3 | 2006-05-13 01:59 | Comments(5)
2006年 05月 11日

航空会社の株主優待券

航空会社の株主優待券なるものがあります。名前のとおり、株主への優待券なのですが、これがあると、チケット代が50%オフとなります。しかも、予約だけ入れておけば、当日購入可能、ピーク時も使用可能と、かなりお得なしなもの。その優待券の年末に発行されたものが、5月31日に有効期限が切れます。そう、もうすぐただの紙っきれになるのであります。
そんな株主優待券がネットオークションに多数出品されており、GWも過ぎた今が底値だと思われ、1枚2000~3000円で落とせます。もう少し期日が迫れば安くなるのかもと、動向注目中。

期限切れぎりぎりで買って、どないするの?と思われるかもしれませんが、期限内で購入したチケットは90日間有効なのです。つまり、5月末にオープンで買っておけば、90日間、お盆休みの先までチケットそのものが有効。目的地が決まっていて、何か来れば行こう!、何もなくてもちょと見に行こうと思うむきには、とてもお得なのであります。

もし、1枚2000円で落とせたとすると、福岡⇔沖縄(那覇)の通常運賃24200円が50%オフで12100円、優待券のオークション落札代込みで14100円、これはANAの旅割(28日前に利用便決定購入&予約変更不可)の14300円よりお得で、しかも予約変更が可能。バーゲンの10000円よりお高いですが、予約変更可能と言う点が、ミソです。
という事で、ネット・オークションの動向をにらんでいる今日この頃。とにかく高いと思う日本のエアーのチケット代、少しでもお金はセーブしたいと思っています。ツアーに乗っかれば安くいけるのですが、何かあると行けなくなる私は利用できません。

ちなみにHISに過去に聞いた、フリーの週末西表は、40000円台でした。これは、石垣までの往復エアー、西表までの往復船代、一泊の宿代込みです。ネックは1週間前までに確定して払い込みを終了しなくてはならない為、私の場合お仕事の都合上、止めました。世の中、時間に余裕を持てば、安くあげる方法は見つかります。
前述の代金は、私の希望によって作った個人ツアーであり、土日で西表まで行くようなアホなツアーは存在しませんでした、当然です。
[PR]

# by shimabito3 | 2006-05-11 23:56 | Comments(14)