虫とり日記3

tyou3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 28日

クロツ・ウラゴ探し日田市・大分県

5月28日 今日もどんよりした天気なので、親蝶と遊ぶには不向きな日曜です。という事で、クロツ・ウラゴの環境・幼虫・蛹を探して日田市をうろちょろしてきました。
日田市のヤマクロツの産地がそんなん簡単に見つかる分けないやん!と言われたのですが、そんなもんは、関係ありません。見つかればラッキー程度、外をうろちょろしたいだけです。

さて、出発です。曇っていますが、雨は落ちておらず、幼虫・蛹であれば十分な天候です。今回は英彦山を越えて旧・山国町を経由し日田市に入りました。その旧・山国町で景色でも撮ろうと駐車した場所の榎の葉っぱが何者かに食われています。テングチョウでも大発生したか?と見ると、ヒオドシチョウの仕業でした。この蝶は卵塊をつくり、多量の幼虫が榎を食い荒らすので、目に付いたのです。寄生率は高く、今回も多くの脱皮かわの痕跡や、穴が開いた蛹がぶら下っていました。集団で大きくなり、数で勝負、少し生き残ればいいやの戦法です。
b0093800_18442512.jpg
b0093800_18444536.jpg
幼虫の時期に遭遇していたとすると・・・・・、あの気持ち悪い姿を想像すると・・・、蛹で良かった。同じ生き物なんですが、幼虫は苦手です。

いつもの行動パターンですが、目星をつけた地名をナビにセットし、案内してもらいながら環境を探ります。ええところが有れば、ここは何処やと確認後、地図に落とし、○○チョウと記入します。いろいろ教えてもらった情報も書いてありますし、地図はかなりくたびれていますが、とっても貴重、買い替えはできません。
そんな感じで、車を走らせていると、ウラゴの匂いがしてきました。スピードダウンでイボタが無いかチェックしていると生えていました。早速駐車で様子を伺います。ハバチでしょうか、白っぽい幼虫にもだいぶ慣れました。こいつも生きており、食痕を残しますので、私にとって厄介者には変わりありません。イボタはちょぼちょぼ生えており、おりそうな雰囲気はあるのですが、幼虫・蛹とも見つかりません。しばし、探索を続けてた結果、卵を発見。生きているような赤です。
b0093800_191887.jpg
いくらなんでも、卵には早すぎます。指で軽く押すと潰れ、中は空洞でした。この冬は、お持ち帰りしたものの、孵化しなかった卵がたくさんあったのですが、自然界でも同様だとわかりました。意外と赤が残るんだと、ひとつ勉強です。2卵塊で7卵、同じ木に付いていました。画像を見ると小さな穴が開いたようにも見えます。だとすると何者かに寄生されたのでしょう。そんな、痕跡が無い卵も見えます。病気?無性卵?、よくわかりません。同じ枝には孵化した卵も付いていました。昨シーズン以前のものか、孵化したものは色が変わるのか、これまた不明ですが、こちらはいかにも、”抜け殻”という色をしています。
b0093800_199446.jpg
とにかく、生きた個体を見ることはできませんでしたが、いる事の証拠は掴めました。また、冬に再チャレンジの場所が増えました。

もう一つのターゲット、クロツですが、厳しいというだけあって、見ませんでした。今は第1化が終わって、幼虫の時期なのでその痕跡を探したのですが、見つけることはできませんでした。食草はいくつか有りました。例えば、畑横の石組みに生えていたオノマンネン、こんな場所です。
b0093800_19225947.jpg
もうひとつ、民家の壁のオノマンネン、
b0093800_19234047.jpg
民家と畑の間のマルバマンネン
b0093800_19242438.jpg
ツメレンゲは見つかりませんでした。これらのマンネングサは群落が大きいので、食痕を見逃す可能性も多く、探しにくい植物です。

ちなみに、旧山国町の既産地でも親は飛んでいませんでしたが、ツメレンゲは健在でした。季節になれば、きっと飛んでいるはずです。
b0093800_19291325.jpg
別場所の既産地(個人的には初)を覗いてみたところ、周りの木が大きくなって崖が湿潤になっていました。見上げて、一株のツメレンゲは確認できましたが、あそこにはもういないでしょう。暗すぎです。自然の推移ですので、致し方なしです。その他、数箇所、クロツ、ウラゴをやったのですが、オールはずれでした。ま、こんなもんです。痕跡は認められませんでしたが、もしかしたらおるかもの場所は有りました。
今回は、とにもかくにも早めに撤収しました。散髪完了、さっぱりしました。
[PR]

# by shimabito3 | 2006-05-28 18:44 | Comments(2)
2006年 05月 28日

迷惑メール

迷惑メールがやってくる。その都度、次は来ないように直接削除フォルダに行くように設定しても、あちらも承知で送り先を変えてくる。削除がめんどくさいだけで、実害はないのだが。
内容は、矛盾だらけで、可笑しい。
[PR]

# by shimabito3 | 2006-05-28 00:07 | Comments(0)
2006年 05月 27日

ゼフの幼虫@大分・熊本

5月27日 天気予報は雨でした。九州では春の蝶が終わり、夏の蝶が始まるまでのちょっとした中休み。北海道や、やいまは、ええ季節だと思いますが、近所の蝶はそんな感じです。ならば、じっとしとけと言われそうですが、私は家には居たくありません。と言う事で、予報的中の雨の中出発です。

目的地は小国町・熊本ですが、途中で何箇所か寄り道しました。まず、大分県・九重町は飯田高原です。風光明媚な場所として観光地、九重連山の登山口として有名です。開発が進んだと言え、まだまだ虫も”行く価値あり”のエリアです。
初めの目的は、オオミドリシジミの幼虫です。他の場所では見たことがあるのですが、九重では見たことがありません。九州のオオミはそれなりにレアな存在なんです。話はそれますが、福岡のオオミは記録が絶えて久しく、是非とも再確認をしたいと思っている種類です。

なんやかやで、現地着。適当に車を止めてオオミはおらんかいな?と小雨の中を歩きます。林の中は木々が傘になって、足元は濡れますがたいしたことはありませんでした。
しかしながら、オオミは見付かりません。がしがしやれば居たでしょうが、雨の中では辛いので、記録のある場所に、安直に移動です。かの地は、ウラゴの記録もあるので、イボタチェックもはずせません。車で少移動⇒駐車完了。

雨は、ほぼ止んでいますが、風が吹き荒れています。おかげで葉っぱの雫は振り落とされ、濡れることは有りませんでした。どこにおるかいな?と探した結果、オオミを一個発見。もしかしたら蛹になっているのかもという不安を払拭できました。これです。暗いためぶれていますが、成長度合いはわかると思います。終齢初期というところでしょうか。
b0093800_21465916.jpg
この葉っぱについていました。同じ食痕の葉っぱ有りますので、どこにいたかがわかると思います。地上約1mの高さでした。暗さ&風でパタパタしているので、これが限界です。
b0093800_2148199.jpg

オオミは葉脈をかむので、萎れて目印になるのですが、柏は葉がでかいのではっきりしません。食痕を目当てに探すと、各種幼虫様たちが隠れています。小さなものはまだ我慢ができるのですが、大きな幼虫嫌いにとって、かなり心臓に悪い葉っぱめくりでした。
実は私、柏食いのオオミも始めて見ました。オオミ イコール コナラと思っていたのですが、違うのですね。ならば、対馬のオオミも柏食っているかもという考えが出てきます。あそこは、ウラジロミドリが幅を利かせていて、柏を食っていますが、どうなのか知りたいところです。
結局ここでのオオミは、ひとつしか見つけられませんでした。へたくそなのか少ないのか?
もう片方の狙いのウラゴもひとつ見つけることができました。
b0093800_2264612.jpg
もう、蛹かと思っていたのですが、終齢末期です。初めても場所なので、とっても嬉しい。寄生されていないことを願います。引き続き探したのですが、見つからないのでまた、少移動。有名な場所ですが、私は始めて訪れる場所です。こちらでは、オオミをちょぼちょぼ見つけることができました。ぼけていますが、こんな感じでした。
b0093800_22114697.jpg
b0093800_22115885.jpg
ここで、嬉しかったのはウラミスジシジミを見つけたことです。やっぱり柏に付いていました。(小さく写っています)
b0093800_22132040.jpg
ここにも、ウラゴがいるはずですが、こちらはギブ・アップ。葉っぱが茂った林の中で、イボタを探すのは大変、見落としばかりなのでしょう。
次は中移動で熊本県・小国町に入ります。ここでの目的はウラゴで、数はそれなりに居るとのことです。適当に車を止めると、犬に吠えられました。犬は尻尾を振りながら、なんであんなに吠えるんだろう?嬉しいときに尻尾をふるんじゃないの?
と思いながら、林の中に突入、イボタを探します。小さな苗木はあるのですが、今一歩。道路に出て、車に戻る途中で、ちょっと道沿いすぎるが念のため、と見たイボタに蛹が付いていました。標高が低い分だけ、成長も早い。蛹は色づいていますので、来週あたりは親を見ることができそうです。蟻さんがたかっていました。蟻をひきつける物質が出ているのですね。冬に再度来よう!
b0093800_22213750.jpg
さて、最終目的地ですが、雨が本降りになり、少し探したのですが、すぐに試合放棄。あんな状態ではみつかる気がしませんでした。と言う事で、雨の中を帰ってきました。
[PR]

# by shimabito3 | 2006-05-27 21:48 | Comments(2)