虫とり日記3

tyou3.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 22日

東北があつい

戻ってきました。
21日、福島県北部、22日、福島県中部をうろちょろしてきました。
東北があついの”あつい”は、暑い。
31℃までアップ、汗が目に入ってしみました。
ボケてるけど。
b0093800_21233275.jpg

飼育しているとようちゅうちんは、屋内飼育では暑さでダウンと思っていたけれど、野外のこんな暑さでもしっかり成長しているので、
温度より湿度が悪さをしているのでしょう。

そう、目的はウラゴでした。
で、こんなことしていいの?、無断転載。
福島県の記録地です。見えないからパラパラ地図のマップと併記しました。

b0093800_21245835.png












会津は未記録市町村が多い。県北、浜通も同様との説明がありました。
この稚ブログにて、桑折町(こおりまち)・公式記録なしの市町村で過去に採卵したと書きました。
ウェブ上では記録になりませんが、見つけた!と宣言するのはかって(w。

継続発生してる?と見に行きましたが、実績イボタはきれい、という事でようちゅうちんは見られませんでした。

はれ?
少ないのか?

天気は良いし、歩きましょ(((´∀`))
山菜取りのおじさんとお話し、今はこごみくらいしかないとか。
ジモッピ^とのコミュニケーションは重要。

探した結果、居りましたよ。
偶産ではなかったの証明。
発表もんだな、適切な希望があれば、データお渡しします。

せっかくなのでイロイロ探しましょ。
県北の記録は少ない・・、だったらの思い。
知らずに探したほうが楽しい。
結果、
国見町(未記録)2幼、見っけ。
やったね。

続いて梁川町(やながわまち)・現伊達市、よめんちゅうねん。
ウラガーさんの記録有りだった。環境はよくイボタはたくさん、4幼。
山町・現伊達市、1幼(未記録地)
という事で、未記録旧市町村3か所+既存市町村1っ個でみっけ。
未記録と知らずに探して居る時は、ええ感じだけれどちょっとしかおらんと思ったけれど、少ないんでしょう。
と帰宅して新福島県の蝶を見て感じました。
他の未記録市町村も探せばきっと見つかる。

宿泊は次の探索地の起点である郡山で探しました。
が、宿がない。
booking co×。では近くの候補地を教えてくれます。
で、本宮市に宿泊決定しました。
東北道を走っていて地名は知っていたけれど、訪問は初めてでした。
wぃっきっ先生に聞いてみると、

現在、福島県内の市では人口が最も少なく、また面積も最も小さい。2005年4月に施行された新・合併特例法に基づく新設合併は全国初である。福島県の中部に位置し、東北自動車道などの交通網も充実しており、県を代表する内陸工業地帯となっている。

いちばんちっちゃいんだ。
駅前だったんだけど、飯は居酒屋さんでとるしかなく、しかも品ぞろえが残念なお店でした。
選択ミスだったのかも。

せっかくなので、本宮市で探しましょ。
ここどーよと地図見て行ってみると、なかなかええ感じ。
でも探せど・探せど見つからん。
優良物件多いのにまさかいないの?と諦めかけたときようやく見っけ、1幼。
ここも、帰ってから調べると未記録市町村だった。
未記録と知ってたら、居なくて当然と、途中でやめてたな。
ちなみに、1卵塊8個、全て抜けていて喰い跡あるのにおらん、と言う事象あり。
大きくなれなかったようで、弱いエリアなのかもしれません。

次は郡山市、過去に数幼見つけた場所。
直ぐに見つかり、発生継続を確認できて、エサ確保も完了。
先週の宮城・福島以外は全て蛹化したので量はいらない。

郡山から始めて、南下しながら帰ろうとの計画、うまくいけば茨城まで調べられるか?。

次、須賀川市。
実績地だけれどもおらん。
おらんと時間を使ってしまう。
で、歩き回って見つからず、2市町村目で計画が破綻してしまった。
まー、しょうがない。

次、小野町。
小野小町(おののこまち)のおのとの認識だったけれど、これもまたwぃっき先生に聞いてみた。
以下。

生誕地に纏わる伝承[編集]

生誕地については、伝承によると現在の秋田県湯沢市小野といわれており、晩年も同地で過ごしたとする地域の言い伝えが残っている。ただし、小野小町の真の生誕地が秋田県湯沢市小野であるかどうかの確証は無く、平安時代初期に出羽国北方での蝦夷反乱で出羽国府城輪柵山形県酒田市)に移しており、その周辺とも考えられる。この他にも京都市山科区とする説、福井県越前市とする説、福島県小野町とする説[3]熊本県熊本市北区植木町小野とする説[4]神奈川県厚木市小野とする説[5]など、生誕伝説のある地域は全国に点在しており、数多くの異説がある。東北地方に伝わるものはおそらく『古今和歌集』の歌人目録中の「出羽郡司娘」という記述によると思われるが、それも小野小町の神秘性を高めるために当時の日本の最果ての地の生まれという設定にしたと考えられてもいて、この伝説の裏付けにはなりにくい。ただ、小野氏には陸奥国にゆかりのある人物が多く、小町の祖父である小野篁は青年時代に父の小野岑守に従って陸奥国へ赴き、弓馬をよくしたと言われる。また、小野篁のいとこである小野春風は若い頃辺境の地に暮らしていたことから、夷語にも通じていたという。


諸説あるってやつだった。

ここはイボタ多すぎで過去には見つけられなかった場所、なんとか見っけ。
次に行こうかと思ったけれど、ブレーキの音からどんどん危険度が増している感じ。
日産ディラーは直ぐにどうのと言う減り具合ではないと言ってけれど、スバルディラーは危険と言ってた。
止め、帰ろう。

常磐道、首都高速が大渋滞、東北道を使うべきだった。
帰宅は21時、結果的には早めの撤収で正解でした。

最後に見つけた市町村のまとめ。
福島県・
桑折町(未記録)〇
国見町(未記録)〇
梁川町・現伊達市(記録有り)〇
山町・現伊達市(未記録)〇
本宮市(未記録)〇
郡山市(記録有り)〇
須賀川市(記録有り)×
小野町(記録有り)〇
2日で8市町村探して7勝1負、うち4町初記録だったらええんちゃうの⁉
未発表なだけかもしれないけれど、今後の発奮材料。
たかがウラゴだけどね、東北が熱い。

そうそう、桑折町ではミヤカラみっけ。
これもまた、未記録町です。






[PR]

by shimabito3 | 2018-04-22 21:05 | Comments(0)


<< 朝帰り      今日は出張でした >>